「すぐたま」徹底解説。ANAマイルとプリンスポイントが貯まる最強ポイントサイト!

ANA陸マイラーがマイルを貯める目的といえば、「旅」ですよね。

そして、旅といえばホテルがつきもの。陸マイラー生活が軌道に乗るとマイルがガンガン貯まるので、マイルでの無料フライトのように、ホテルの宿泊も貯めたポイントで無料宿泊する「ホテルポイ活」を並行して行わないと、折角マイルを貯めてもホテル代が家計を圧迫してしまいます。

このため、貯めたマイルで無料フライト+貯めたポイントでホテル無料宿泊で超お得旅行!というのが陸マイラーの理想形なんです。

そして、「ANAマイル」とプリンスホテルに無料宿泊できる「プリンスポイント」の両方をセットで貯めることができるかなり便利なポイントサイト、それが「すぐたま」です。

ANA陸マイラーにおススメのポイントサイト「すぐたま」を徹底解説します。

スポンサーリンク

「すぐたま」の概要

まずはポイントサイト「すぐたま」の概要からごく簡単に。

すぐたまは、ポイント交換所サービスである「Net Mile」(ネットマイル)を母体とするポイントサイトです。このため、すぐたまで貯めたポイントは全て「Net Mile」のポイント単位である「マイル」の形で貯まります。

概念図はこんな感じですね。

ネットマイルは設立が西暦2000年、創業約20年の企業です。そして、ポイントサイト「すぐたま」の運営開始が2015年なので、実はネットマイルとしての「ポイント交換サービス」の歴史の方が長いんです。

ネットマイルとすぐたまは、もちろん安心のプライバシーマーク取得企業ですし、ポイントサイトの業界団体である「JIPC」(日本インターネットポイント協議会)にも加盟しています。

このように、「すぐたま」は老舗のポイント交換サービス「ネットマイル」を母体とした、安心・安全のポイントサイトだとご理解ください。

スポンサーリンク

ANAマイルとプリンスポイントが貯まる!

そして、すぐたまがANA陸マイラーおススメのポイントサイトである理由。

それが、冒頭にもご紹介したとおり、ANAマイルを貯めるためのキーとなるポイントサイト「Gポイント」、そしてプリンスホテルに無料宿泊できる「プリンスポイント」の、どちらにも交換ができることです。

これまでGポイントには交換ができず、ANA陸マイラー的には若干中途半端なサイトだったんですが、Gポイントへの交換開始によりかなり使い勝手が上がりました。(※Gポイントへの交換は2019年10月17日に正式に開始されました!)

しかももちろんGポイントには完全等価・手数料無料で交換可能ですし、プリンスポイントには「手数料無料チケット」を利用することで手数料無料で交換できます。プリンスポイントの手数料無料チケットを利用しない場合は20%の手数料が取られますが、後述する通りプリンスポイント自体の価値が滅茶苦茶高いので、それでも十分お得です。

つまり、すぐたまで貯めたネットマイルは、ANAマイルにもプリンスポイントにもほぼ業界最高倍率で交換可能なんです。つまり、マイルにホテルにと、ハイブリッドに使えるポイントサイトってことなんです。貯めたポイントをANAマイルにも、プリンスポイントにも交換できる・・この利便性はかなり高いです。

スポンサーリンク

ANAマイルを貯める方法

まずは、ANAマイルに交換する方法をおさらいしましょう。

ネットマイルからGポイントへの交換開始により、業界最大倍率でANAマイルを貯める通称「LINEルート」が利用できます。

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

Gポイントを経由してLINEポイントにポイントを交換、その後東京メトロ経由でANAマイルに交換することで、0.81倍(1円=0.81マイル)という業界最高倍率、しかも4回のポイント交換、2か月の期間という実用性のある交換回数・交換期間でANAマイルへの交換が可能です。

ただし、GポイントからLINEポイントに等価交換するためには手数料無料広告の利用という「ひと手間」がかかりますのでご注意を。手数料無料にする方法は、下記の関連記事で詳しく解説しています。

Gポイントの手数料還元サービスで交換手数料を無料にする手順と方法

プリンスポイントを貯める方法

そして、プリンスポイントへの交換方法がこちら。ネットマイルから直接プリンスポイントに交換ができるので交換自体は全く難しくありません。

ここでのポイントとなるのは、ネットマイルからプリンスポイントへの交換手数料です。普通に交換してしまうと手数料が20%(2,000ネットマイル交換に毎に500マイル)取られてしまうんですが、これ、手数料無料チケットを利用することで無料にできます。

この手数料無料チケットを手に入れるには、手数料チケット対象の広告を利用する必要があります。広告の種類によっても違いますが、手数料チケットは一回の広告利用で複数枚もらえます。ただ、このチケット2,000マイル(1,000円分)交換するごとに1枚必要になるので、全額手数料無料というのは結構ハードル高いです。

ここから検証しますが、プリンスポイントの錬金術効果はかなり高いので、0.8倍の交換率でもかなりお得だと思います。

スポンサーリンク

プリンスポイントのお得度検証

では、この「すぐたま」で貯めることのできるプリンスポイントを利用したプリンスホテルの無料宿泊の破壊力って、一体どれくらいお得なんでしょうか。そのお得度を検証してみたいと思います。

まず、ご覧いただきたいのがプリンスホテルの無料宿泊に必要なプリンスポイント数です。(いずれも1泊1室大人2名・ツインのお部屋)

5,000プリンスポイント
  • 品川プリンスホテル(メインタワーツイン(17~27階))
  • 新横浜プリンスホテル(ツイン)
  • 富良野プリンスホテル(ツイン)
  • 屈斜路プリンスホテル(ツインB)
  • 釧路プリンスホテル(スタンダードツイン)
  • 函館大沼プリンスホテル(モデレートツイン)
  • 雫石プリンスホテル(スタンダードツイン)
  • 苗場プリンスホテル(4号館ツインBまたは6号館ツインB)
  • 万座高原ホテル(こまくさ館)
  • 嬬恋プリンスホテル(モデレートツイン)
  • 日南海岸 南郷プリンスホテル(ツイン)

上記は最も少ないポイント数である5,000プリンスポイントで宿泊できるホテルの一覧です。(いずれも、ピーク時期など一部に宿泊除外期間あり。)

※5,000P以外にも、6,000P(8ホテル)、7,000P(3ホテル)、8,000P(4ホテル)、10,000P(7ホテル)、12,000P(3ホテル)、20,000P(4ホテル)、40,000P(4ホテル)、70,000P(1ホテル)がありますが、最もリーズナブルな5,000プリンスポイントで宿泊可能なホテルで検証します。

そして、再確認ですが、すぐたまからプリンスポイントへの交換レートは以下の通りとなっています。

1,000円分のポイント移行毎に250円分の手数料が取られます。都合、手数料込で6,250円分のネットマイルがあればこの5,000プリンスホテルポイントで泊まれるホテルに宿泊できるってことです。

そして例えば5,000Pで宿泊できる品川プリンスホテルの無料宿泊対象である18階~27階のメインタワーツインルームの場合、宿泊料金が25,000円以上(上記の事例では30,000円)というのが当たり前の世界です。JR品川駅真正面という立地を考えれば、当然の価格です。

そして、もう一度よく考えてください。約6,250円の価値である5,000プリンスポイントで、約30,000円の宿泊料金の品川プリンスホテルに無料宿泊できるんです。これ、冷静に考えると凄くないですか?

Netmile→プリンスポイントの錬金術
  1. すぐたまmile1円分→0.8プリンスポイント
  2. 5,000プリンスポイントで30,000円のお部屋に無料宿泊可能
  3. 1プリンスポイントの価値=6円以上
  4. すぐたまmile1円分=0.8×6円=4.8円以上の価値

この、すぐたまのネットマイルのプリンスポイント交換による錬金術を解説したものが、上記のとおりです。すぐたまのポイントであるNetmileは1円=0.8プリンスポイントに交換ができます。

そして、プリンスポイントは1P=5円とか6円の価値で使えてしまうので、すぐたまmlie1円分は、プリンスポイントに交換することでなんと4円~5円の価値で使えてしまうんです。手数料無料チケットがあればさらにその価値は上がりますが、無くても十分お得であることはお分かりだと思います。

その他、プリンスポイントで獲得できる宿泊券で泊まることのできるプリンスホテルの一例がこちら。

例えば40,000Pで宿泊できる一番下、マウナケアビーチホテルのビーチフロントスイートって、こんなお部屋ですからね。

部屋の広さ、なんと117㎡もあります。凄すぎです。まともに宿泊すると1泊10万円以上は確実なこのお部屋に、なんと40,000円分のポイントで泊まれてしまうんです。クレジットカード3~4枚発行すれば泊まれちゃう計算です。凄すぎですよね。

陸マイラーやってなかったら、ビジネスクラスやファーストクラスなんて絶対の乗ることができなかったと思いますし、ホテルポイ活やってなかったらスイートルームになんて泊まれないでしょう。

この「手が届かなかった世界に手が届く」のが、陸マイラー&ホテルポイ活の「夢のある話」だと思います。

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

タイ国際航空A380ファーストクラス搭乗記。バンコク~成田/TG676便

シェラトンワイキキ「オーシャンフロントルーム」宿泊記。改装後客室は超快適だった

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ANAマイルとプリンスホテルの両方を貯めることができるANA陸マイラー御用達ポイントサイト「すぐたま」のメリットについて解説しました。

2019年前半まではGポイントに交換できず、さらにプリンスポイントにも交換手数料が掛かるということでちょっと強力に推せない感じのポイントサイトだったんですが、Gポイントへの交換開始&プリンスポイントへの交換手数料無料チケットの配布開始により、ANAマイラーにとってかなりおススメのポイントサイトになりました。

そもそも「すぐたま」はポイントサイトの中でもクレジットカードやFX案件のポイント還元率が高く、例えば陸マイラー必携のソラチカカード案件では最高値の常連サイトです。つまり、ポイント還元率の面でも他のポイントサイトと全く引けを取らないサイトなんです。

是非、大量ANAマイル+プリンスポイントを貯めて、お得な陸マイラー生活を満喫していただければと思います。すぐたまへの登録は、以下のバナーからどうぞ。

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD