クレジットカード入会キャンペーン渡り歩きで大量のマイルを獲得する方法

陸マイラー活動をはじめる前、管理人は数年間に亘りMUFGマスターカードにほぼすべての決済を集中させていました。今考えると、本当に無駄なことをしていたと思います。

今日は、クレジットカードの新規入会キャンペーンの渡り歩きによるマイル大量ゲット方法を紹介したいと思います。

新規入会キャンペーンと1点集中の比較

管理人は電子マネーも使いますし、基本的にはクレジットカードですべての決済を行っています。

このため、クレジットカードの支払いが月平均すると30万円程度あります。

この金額をMUFGカードに一点集中した場合と、新規入会キャンペーンを活用した場合で比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

MUFGカードのポイントは

MUFGカードのポイントプログラムは「グローバルポイント」です。カードの利用1000円ごとに1ポイントが付与されます。

また、私のようなヘビーユーザーは、年間100万円を超える利用をすると、「グローバルプラス」が適用され、翌年のポイント付与率が1.5倍、つまり利用1,000円ごとに1.5ポイント貯まることになります。

月間 300,000円 × 12ヶ月 = 年間 3,600,000円

年間 3,600,000円 ÷ 1,000円 × 1.5P = 5,400P

上記計算式により、年間で獲得できるグローバルポイントは約5,400Pであることがわかります。

グローバルポイントは、交換先により交換率が異なるのですが、もっとも交換率がよい交換先は楽天ポイントかMUFGギフトカードになります。1ポイント=5円相当ということです。5,400P×5円 = 27,000円 = 楽天ポイント27,000Pですね。

このまま楽天ポイントを利用すれば、ポイントの還元率は0.75%(27,000円÷3,600,000円)となります。

また、グローバルポイントをANAマイルに交換する場合、大垣共立銀行のポイントという超マイナーなポイントを経なければソラチカルートに乗せることができません。実質的にはTポイントに変換し、マイルにするのが一般的だと思います。

グローバルポイントからTポイントの交換率は 1ポイント = 4.5円となります。このため、貯まるTポイントは 5400×4.5円 =24,300Pとなります。Tポイント → ANAマイルへの交換率は 1ポイント=0.5マイルですので、貯まるANAマイルは年間で12,150マイルとなります。

12,150マイル・・一応、国内路線であればいろいろなところに1人×年1回はいけるマイル数が貯まりますね。

クレジットカード入会キャンペーン渡り歩き戦略とは

例えば、今現在は少し寂しいソラチカカードのキャンペーンですが、過去には大規模なキャンペーンを開催していました。これまでの実績は、以下のとおりです。

  1. 2016年8月15日(月)~10月15日(土) お申込み分
  2. 2016年5月 1日(日)~ 9月30日(金) お申込み分
  3. 2016年10月1日(土)~11月30日(水) お申込み分

現在管理人が挑戦完了したキャンペーンは、3番(2016/10~11月末)のキャンペーン。

かなりの大型キャンペーンでした。その概要は、以下のとおりです。

①入会マイル +1,000マイル

②25万円以上の利用で +4,500マイル

③支払い名人に登録し設定金額3万円以下で15万円以上利用すると +20,000マイ

順に解説していきます。

①入会マイル +1,000マイル

これは、今行われているキャンペーンと同じですね。これはいつでも行われている、いわゆるデフォルトのキャンペーンです。

②期間中25万円以上の利用で +4,500マイル

これも地味ですが、簡単な案件です。メインのカードにすれば、難なく達成できるレベルですので、ぜひもらいましょう。

ちなみに、管理人一家の利用状況は以下のとおりです。

【管理人の利用状況】

12月支払分(10月16日~11月15日):186,407円

1月支払分(11月16日~12月15日):96,297円

2月支払分(12月16日~1月15日):310,161円

3月支払(1月16日~2月15日)分:194,783円

入会~2月15日の総支払額:787,648円 → 目標達成。

【妻の利用状況】

1月支払分(11月16日~12月15日):190,184円

2月支払分(12月16日~1月15日):44,008円

3月支払(1月16日~2月15日)分:27,546円

入会~2月15日の総支払額:261,738円 → 目標達成。

妻が結構ぎりぎりでしたが、何とか、目標は達成です。これで9,000マイル分のOkiDokiポイント(3,000ポイント)をゲットです。

ちなみに3,000ポイントはソラチカルートに乗せると13,500ANAマイルになります。

スポンサーリンク

③支払い名人に登録し設定金額30,000円以下で15万円以上利用すると +20,000マイル

リボ払いですので手数料がかかりますが、キャンペーン事務局に確認したところ、支払いが確定しさえすれば、繰上げ返済は可能とのことです。

また、初回の手数料は0円ですので、実質手数料はかからないですね。

このキャンペーン、よくよく見ると「第一弾」「第二弾」に分かれています。

第一弾:10月16日~1月15日

第二弾:1月16日~4月15日

それぞれの期間で15万円ずつ利用する必要がありますので注意が必要です。

なお、②の25万円と③の15万円×2回は重複可能です。管理人一家の場合、以下のとおりクリアしました。

【管理人】

12月支払分(10月16日~11月15日):186,407円 → 第一弾クリア

3月支払(1月16日~2月15日)分:194,783円 → 第二弾クリア

【妻】

1月支払分(11月16日~12月15日):190,184円 → 第一弾クリア

4月支払分(2月16日~3月15日)(予定):263,645円 → 第一弾クリア

これで、6,668Okidokiポイント×2=13,336OkiDokiポイントをもらえます。

このOkiDokiポイントですが、そのままマイルに移行すると、「ボーナスマイル」扱いとなり、通常の1OkiDokiポイント=5マイルではなく、3マイル換算となります。

このため、いったんメトロポイントに変換(1OkiDokiポイント=5メトロポイント)し、ソラチカルートに乗せてマイルに交換する手段が一番賢い手段です。

通常ポイント分を先にANAマイルに交換(1ポイント=5ANAマイル)してから、残りのキャンペーンポイントを1ポイント=5メトロポイントでソラチカルートへ

ここで注意すべきなのは、通常ポイントはそのままANAマイルに移行したほうがおトクということ。

通常ポイント:1P=5ANAマイル

キャンペーンポイント:1P=5メトロポイント×0.9=4.5ANAマイル

1ポイントにつき、0.5ANAマイル損をしてしまいます。OkiDokiポイントの交換は、通常ポイント→キャンペーンポイントの順に充当されるという法則がありますので、まずは通常ポイント分をANAマイルに直接交換した後、キャンペーンポイントをメトロポイントに交換するようにしましょう。

ただし、ソラチカルートは渋滞が予想されますので、場合によっては「キャンペーンマイル」と考えてそのままマイルに移行するのも「あり」だと思います。

スポンサーリンク

実際に獲得したポイントを確認

【管理人】

  OkiDokiポイント ANAマイル換算
通常ポイント 1,407 7,035マイル
ボーナスポイント 8,168 36,756マイル
入会マイル 1,000マイル
合 計 9,575 44,791マイル

OkiDokiポイント(通常ポイント)は100円=1ポイントですので、使った金額は約140万円(使いすぎ(笑))。

100円当たりのマイル数は3.2ANAマイルですので、ANAマイルの還元率は3.2%となります。

しかしながら、マイルの価値は1ANAマイル=2円換算というのが常識。特に、国際線ビジネスクラスの特典航空券に交換した場合、往復30万円近いチケットを60,000マイルで交換できたりしますので、1マイル=5円近くまでその価値は跳ね上がります。

安く見積もって1マイル=2円としても、還元率は6.4%ということになります。

【妻】

  OkiDokiポイント ANAマイル換算
通常ポイント 533 2,665マイル
ボーナスポイント 8,168 36,756マイル
入会マイル 1,000マイル
合 計 8,701 40,421マイル

妻の場合はさらに強烈な還元率です。使用したお金が53万円で、得たマイルは40,421マイル。

マイル還元率は7.6%。1マイル=2円換算で、15.2%です。驚異的な還元率ですね!!妻のカードは完璧にキャンペーン攻略だけを目的に使用しましたので、すさまじい還元率を達成しています。

管理人一家のこの半年の還元率は

上記のとおり、11月~5月の間にこのカードをメインで使用し、使用した金額は約190万円。

一方、獲得したANAマイルは85,212マイル。

マイルの還元率は約4.5%。1マイル=2円換算で9%の脅威の還元率です。このように、入会キャンペーンを上手に活用し、次のカードのキャンペーンにチャレンジする・・・を繰り返すことで、脅威の還元率を達成することができます。

スポンサーリンク

さらに、入会キャンペーン以外でもいろいろともらえるのでこまめにおトク

このようにもはやチャレンジしないのが大損ともいえる入会キャンペーンで、がっちりANAマイルをゲットしたうえに、さらに上記で紹介したANAワイドゴールドカードの「ウリボー生誕10周年!Thank youキャンペーン」のように、新規入会者にはなんだかんだでプレゼントがたくさんもらえる傾向にあります。

例えば、上記でも紹介した陸マイラー必携の「ソラチカカード」でも、

Apple Pay10%キャッシュバックキャンペーンで5,000円(上限です)をキャッシュバックしてもらったり、

Apple Payで919キャンペーンで919円キャッシュバックしてもらったり、

支払い名人登録・利用で1,500円キャッシュバックしてもらったりと、とにかく、少額ですがこれまでにないほどたくさんのキャッシュバックをもらえます。

以前ご紹介したことがあるのですが、管理人がこれまで使っていたMUFGのゴールドカード。に300万円は決済していましたが、こんなキャッシュバックなどこれっぽっちももらった覚えはありません

それくらい、新規入会者を優遇しているのがクレジットカード会社なのです。この優遇には乗っかるしかないですよね。

スポンサーリンク

新規入会キャンペーンを渡り歩こう

実際は支払いのタイミング等もありますので、4ヶ月×15万円 = 60万円での達成というのは理論値であり、カード請求の計上時期のずれなどから、ピッタリの計画的な達成は困難だと思います。

金額についてはある程度コントロールできますが、期間についてはやはり半年、6ヶ月は見ておくべきでしょう。しかし、6ヶ月程度あればうまく支払いのコントロールを行えば条件を達成するのは難しくないと思います。

今回紹介したソラチカカードの入会キャンペーンですが、他にもいろいろなカードでキャンペーンが行われています。半年後に別のカードに切り替えて同様にキャンペーンをクリアすれば、さらにマイルを獲得することができます。

アメリカンエクスプレスやダイナースなどは時折大型キャンペーンを行いますので、タイミングが合えば次は他のカードの入会キャンペーンを狙っていくのがよいと思います。

入会キャンペーンの活用でビジネスでハワイにいける

ラチカカードのキャンペーンでゲットできるANAマイルは約75,000マイル。半年後別のカードのキャンペーンがたとえば1枚あたり30,000マイルだとして、妻と併せて60,000マイル単純な合計で135,000ANAマイル。ビジネスでハワイを往復できるマイルが貯まります。

※ホノルル線のレギュラーシーズンのビジネスクラス特典航空券(往復)は65,000マイル

MUFGカードのグローバルポイントが約12,000マイルですので、10倍以上違いますね。

また、還元率でみると1マイル=2円計算で約270,000円ですから、約7.5%の還元率となります。

スポンサーリンク

まとめ:渡り歩いて自分にピッタリのカードを見つけよう

入会キャンペーンの利用・・一見非常にお得ですが、もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが永遠に続けられるわけではないと思います。いずれ、加入できるカードがなくなってしまうと思います。

そのときのために、自分にピッタリのカードを、大量にマイルをゲットしつつ見つけていく・・・これが基本的な戦略です。私も今後申し込む予定ですが、アメリカンエクスプレスやダイナースにはいろいろな特典があり、自分がよく使うサービスとの相性しだいでは、高額な年会費の元がすぐに取れてしまいます。

カードの決裁額が多い方は、少し手間はかかりますがカードのキャンペーンの活用について、考えてみてはいかがでしょうか。


AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください