海外で急病! 必要な医療費と、カード付帯の陸マイラー的疾病保険の重要性について

海外で病気! ものすごく不安ですが、単なる風邪でもなさそうだし、これはまずい・・・となると、病院にいくしかありません。

病院にいくのは当然だとして、心配なのは、費用。海外で病院に掛かった際の費用と、海外旅行保険の必要性について調べてみました。

海外での医療費は、とりあえず実費負担

海外で病気!管理人も何度か苦しい思いをしましたが、言葉の問題もあり、何とか病院には掛からずにすませたいところです。

しかし、人間ってすごいと思うのですが、「あ、これは(病院にいかないと)駄目だな」という時は自分でわかります

こういう時は、我慢していても良くはなりませんし、誰も褒めてもくれません。おとなしく、病院にいきましょう。

海外では、当然ながら日本の健康保険は対象外となります。

請求された医療費は、とりあえず実費で支払う必要があります。

海外での医療費も帰国後申請すれば一定額が戻ってくる・・・が。

海外で一旦自己負担となる医療費ですが、帰国後、必要書類とともに所属する健康保険組合(国民健康保険を含む)に申請すれば、原則として国内での医療費と同様の3割負担となり、7割分が健康保険組合から戻ってきます。

戻ってくるのは、「日本国内で療養した場合」の7割!!

ここからが注意が必要なところですが、健康保険組合が負担してくれるのは、あくまで日本国内で同等の治療をした場合の7割分です。

海外での治療費が日本での治療費より高い場合、その分まで負担してくれるわけではありません。

特に医療費の高額なアメリカ医療費の請求についてかなり曖昧な国(どことは特定できませんが、例えば中国などは、地域によって医療費の請求のブレが大きいようです。)については、日本での治療費を上回る分までカバーしてくれるわけではありません。

健康保険が負担してくれるのは、「日本国内で療養した場合」に掛かる標準的な医療費の7割です。このため、海外での医療費が上記日本国内での標準的な医療費を大幅に上回る場合結局、持ち出しになってしまいます。

事例で比較してみる

例えば、海外での急な胃腸炎で日帰り通院した場合で検討してみます。

日本国内なら、たぶん初診料や診察、検査、投薬、全て含めても高くて20,000円位でしょうか。自己負担で6,000円ですので、14,000円は戻ってくる計算です。

これが、例えば医療費の高額なアメリカならどうでしょうか。ここではあえて試算しませんが、多分10万円以上は請求されると思われます。それほど、アメリカの医療費は高額です。アメリカの市販薬の効き目が強いのも、なんとなくわかりますね。

スポンサーリンク

また、外国人旅行者が診察してもらうだけでも大変です(アメリカでは医療保険加入有無で、受診できる医療機関も左右されます。)

もちろん、他の国でも同様のことはありえます。かなり高額の医療費が請求される可能性があることは、承知しておいたほうがよいと思います。

日本国内での医療費しか戻ってこない

ここが非常に重要ですが、例えばアメリカで10万円の医療費を支払ったとしても、国内での医療費相当額しか、健康保険からの還付はありません

上記の例でいうと、結局戻ってくるのはアメリカで支払った10万円に対して、還付は日本での療養相当分の14,000円のみです。

しかも、その還付には、診療内容明細書や、領収明細書等の証拠書類が必要になります。

万が一のためにも、上記明細書の雛形は常備しておいたほうがよいと思います。

海外旅行傷害保険やエポスカードは当然、さらに明細書等を発行できるよう準備を

先日も紹介したエポスカードの疾病保険や、海外旅行傷害保険などの請求にも、結局診療内容明細書や、領収明細書等の証拠書類が必要になります。

ご自身の健康保険組合のHPなどに、日本語/英語併記の雛形などが準備されていることが多いので、常備しておくと安心だと思います。

また、エポスカードの保険金請求にも、現地発行の請求書(領収書)や、診断書が必要になります。

中には、診断書発行だけで数万円!の請求もありえます。これらはエポスカードなどの疾病保険でカバーできますが、必要書類が揃わないと請求すらできません

海外旅行に行かれる際にはこれら領収書、診断書の雛形も持参されることをおすすめしたいと思います。

また、これら書類さえあれば、健保から戻ってこなかった医療費も、保険でカバーできます。

海外旅行の前に、保険についても一度再確認しておきたいところですね。

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください