エポスカード発行案件復活!お得しかないので発行はお早めに

年始以降、クレジットカードの発行案件の相場が低めで推移していましたが、ここに来て徐々に相場が上昇しています。

管理人が年末に発行したエポスカード発行案件も、ここに来て年末と比較しても遜色ない案件が出ていますので、紹介したいと思います。

エポスカードの利点とは

エポスカードは、発行しておいて損のないカード。主な理由は以下のとおりです。

  1. 年会費無料で発行できるのに、ポイントサイト経由なら多額のポイントをゲットできる
  2. 海外旅行傷害保険が充実
  3. 今なら、入会キャンペーンでポイント獲得条件以上のクオカード等がもらえる

1+3 多額のポイントゲットでしかもポイント獲得条件以上のクオカードがもらえる

年末にエポスカード発行で8,000~9,000円相当のポイントゲットの案件が出ていましたが、年始に入り見かけなくなりました

しかしながら、ここに来て(2017/1/21現在)ちょびリッチなどに、約7,500円相当のポイントゲットの案件がでています。このポイントをソラチカルートを経由してANAマイルに交換すると、約6,800ANAマイルになります。

カード発行だけで約7,000マイルですので、かなりおトクな案件です。また、入会金は不要です。

また、ポイント獲得条件はカード発行+1,000円以上のショッピング利用ですが、現在入会キャンペーン中で、少なくとも2,000円以上のクオカードなどがもらえますので、実質持ち出しはなく、おトクしかないカード発行案件です。

管理人は、カード発行で約8,000マイル(妻と併せて16,000マイル)をいただきつつ、さらに4,000円(妻と併せて)分のQUOカードを発行後すぐにいただきました。

繰り返しますが、管理人の支出は全くなく、カードショッピング分の品物+クオカード4,000円分+約16,000ANAマイルをいただける案件です。

もちろん、クオカード以外のいろいろな景品にも交換できます。

以前も書きましたが、どれだけおトクなんだ、というのが感想です。また、QUOカードは当然妻に全部プレゼント。妻にも喜んでもらえました。

こういったクレジットカード発行案件は、いつ、どのタイミングで開始され、終了するかわかりませんし、キャンペーンもいつまでやっているかわかりません

陸マイラーは、即断・即決勝負です。相場から見て、また自分の直感として「おトクだ!」と思ったら、すぐに行動すべきだと思っています。

ちなみに、発行時のキャッシング枠を0にしたら、電話連絡等も一切なく、審査も通りました。

年末ぎりぎりに申し込みましたが、年末にも係わらず審査完了まで1日と、審査も早いです。

2 海外旅行傷害保険が充実

これも大きなポイントです。エポスカードは年会費無料にも係わらず海外旅行保険が充実しており、陸マイラーとしては絶対に持っておくべきカードです。

特に重要なのは疾病保証。(詳しい保証は上記リンクをご参照ください。)

日本国内の通常の生活でも傷害(けが)などほとんどしませんが、疾病(病気)での通院はタイミングによってはありえます。例えば、風邪を引くことや、食あたりもありえますよね。

特に、海外では水や食べ物により食あたりなどになることもあります。もし、病院にいくことになったりすると、日本国内のように健康保険もありませんので、下手すると実費負担か、そうでなくてもかなりの持ち出しになります。

特に疾病保障が270万円付帯(しかも無料)している点が、エポスカードの強みですね。

カード発行だけで(夫婦で)16,000マイル。発行するだけで超おトク

年会費も無料。海外旅行傷害保険も疾病保証がついて超実用的。

海外旅行傷害保険のために発行しても損のないカードです。

さらに、ポイントサイト利用で7,500円相当のポイントをもらえます。ポイント獲得条件のクレジットカード利用の1,000円分は、ヤフーショッピングやロハコのTポイント30倍デーなどに利用して、さらにポイントバック。その利用分以上の2,000円×1人分のクオカードがもらえますので、妻にもよろこんでもらえます。

非常におトクなカード発行案件だと思います。どこ得等で比較しても、今日現在ですと登録の簡単さやポイント移行先の多さから考えてもちょびリッチが一番おトクそうです。左記またはここから登録や案件確認が可能です。

陸マイラー活動の第一歩としても、おすすめしたい案件です。

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください