【終了しました】ANAダイナースカード発行で19,800ANAマイル!最近見ない高額案件です

ANAダイナースカード発行案件は、ここ最近各種ポイントサイトでの発行による獲得ポイントが少なめで推移していたのですが、今日(1/31(火))現在、ゲットマネーで22,000円分のポイント獲得案件が紹介されています。この案件、最近に無いポイントです。

※残念ながら2/4現在、この案件は終了しています。

1/16から始まった53,500マイルもらえる入会キャンペーンを狙っていた方には、チャンスです。

ANAダイナースの年会費は27,000円(税抜)

ANAダイナースカードの年会費は、いきなり27,000円(税抜)、税込で29,160円請求されます。入会キャンペーンでマイルをもらえても、現金収支的には厳しいです。

このため、できる限りポイントサイト経由でカードを発行し、年会費分はポイントでペイできる案件を見つけたいところです。

2017年1月現在のANAダイナース案件のポイント

1/16のキャンペーン開始当日、またその近辺は20,000円程度のポイントが付与される案件があったのですが、その後パタッと見なくなりました。大体10,000ポイント程度が相場というところでしたね。

ここにきて、ゲットマネー(Getmoney!)の22,000ポイント案件は、かなりおすすめの案件といえると思います。

カード発行ポイントを年会費に充当

ちなみに、カード発行で得たポイントを、マイルにするか年会費に充当するかはそれぞれの陸マイラーの皆さんの判断しだいなのですが、管理人は基本的には年会費充当の考え方です。

今回の場合、Getmoney!のポイント22,000円分を現金化すれば、年会費は実質7,160円になります。

管理人が陸マイラーに目覚める以前に使っていたMUFGゴールドカードの年会費も6,000円は掛かっていました。ダイナースクラブは一度は発行してみたかったカードでもありますので、この実質年会費、さらにはキャンペーンによるマイル獲得も考えれば、許容範囲です。

ANAダイナースカードのキャンペーンの攻略を考える

 

今回のANAダイナースカードの入会キャンペーンですが、条件を全てクリアすれば、最大53,500マイル獲得できます。

キャンペーン達成の条件を再確認

今回の53,500マイル獲得キャンペーンですが・・・1点だけ難点はキャンペーン達成のハードルが高めなこと。

以下に、今回のキャンペーンの内容を紹介します。

①新規入会で4,500マイル

※さらに家族会員のご入会で+500マイルプレゼント

②国内線搭乗で500マイル、国際線搭乗で1,500マイル

※特典1の達成が条件

③ANAカードマイルプラス加盟店利用で最大3,000マイル

※特典1の達成が条件

※2017年1月16日~2017年5月31日の期間内にANAカードマイルプラス加盟店で1万円以上5万円未満の利用で500マイル、5万円以上のご利用で3,000マイルをプレゼント。

④入会後3ヶ月以内にカード利用額30万円以上で5,000マイル

⑤入会後3ヶ月以内にカード利用額60万円以上でさらに10,000マイル

※④の利用金額を含む

⑥入会後3ヶ月以内にカード利用額100万円以上で15,000マイル

※④、⑤の利用金額を含む。さらにカード100万円利用分のポイントで10,000マイル分のポイント付与

⑦ビジネス・アカウントカード&家族カードに同時の入会で4,000マイル

※④の達成が条件 どちらか片方の場合は2,000マイル。

⑥「3ヶ月で100万円」がかなりキツい条件

管理人は一月だいたい30万円ほどカード決済しますが・・・3ヶ月で100万円というのは、それなりにキツい金額です。これを達成できるかどうかで、今回のキャンペーンの成否も変わってきます。

ちなみに、公式サイトでは「3ヶ月」の定義について、以下の補足説明がありました。

ご入会後お手元に届くカード券面に記載のカード発行月から3ヵ月後の月末までにカードご利用加盟店から当社に到着したカードご利用情報が本特典の集計対象です(例:発行月が2017年1月の場合、2017年4月30日まで)。

これから発行すると、カード発行月は「2月」が予想されます。3ヶ月後の月末まで・・・となると、2月~5月末の間に100万円の利用です。

管理人は幸いにも2月、5月に旅行の予定がありますので・・・何とかクリアできると考え、この機会に申し込みしてみようかと思っています。

クレジットカード入会キャンペーンの渡り歩き戦略でマイルを貯める

クレジットカード各社は、入会後メインカードとして利用してもらうために、利用金額や利用方法(リボ払い等)に応じたキャンペーンを実施し、自社ポイントや航空会社のマイル等を付与しています。

それらキャンペーンをうまく活用し、マイルをためていくのが管理人の基本戦略です。

ANAマイルの威力

ちなみに今回のキャンペーンで獲得できる53,500マイル。

管理人は毎年夏休みに家族で北海道旅行が定番なのですが、往復の航空券(約15万円分)があと少し(6,500マイル)の追加の、60,000マイルで特典航空券で発券できてしまいます。

ちなみに、残りの6,500マイルは、エポスカード発行案件のような、おトクしかないカード発行で簡単にゲットできます。

管理人が毎年お邪魔しているのは、星野リゾートトマムさん。

カード発行と、日常出費するお金をうまく活用することで、毎年の北海道旅行分のマイルはもちろん家族4人で、ビジネスクラスで海外旅行もできてしまいます。

繰り返しますが、日常使用するお金の決済を特定のカードに集中し、さらにカードを数種類発行するだけで、毎年北海道旅行+海外旅行に行けてしまいます

これは、貯めないほうが損ですね。

ダイナースの大型キャンペーンを狙ってみる

新年早々、まずはダイナースが大型キャンペーンを出してきましたが、入会費がペイできるだけのポイント案件がありませんでした。ここにきて、Getmoney!さんのポイントは、かなり狙える案件だと思います。

キャンペーンのハードルが高いこと、また、達成までの期間が短めなのが若干不安ですが、60万円使用すれば、約35,000マイルはゲットできます。

自信のある方は早期のお申し込みをおすすめします。

こういったキャンペーンは、ぐずぐずしていると時を逸してしまいます。ダイナースカードなど、陸マイラー活動をしていないと申し込むことがなかったかも知れないカードです。

管理人は、この機会にダイナースの世界に足を踏み入れてみたいと思っています。

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です