電力全面自由化 オール電化住宅の方は絶対に今のプランから変更してはいけない話

この記事には広告が含まれています

2016年4月から、電力の小売全面自由化がスタートしました。

これまでは家庭では地域の電力会社からしか購入できなかったのですが、これからは地域の電力会社以外の、いろいろな電力会社から電気を購入することができるようになりました。

いろいろなプランがあって、どこが本当に安いのか、また本当に乗り換えて大丈夫なのかいろいろと悩まれることも多いと思いますが、オール電化住宅にお住まいで、自由化以前のいわゆる「オール電化プラン」にご加入の方は、絶対に今のプランから変更してはいけません

既存のオール電化プランが最安。絶対に変更してはダメ

電力の小売り全面自由化を受け、2016年4月からはガス会社が電気を売る時代になりましたが、2017年4月からはガスの小売全面自由化が始まり、ガス会社が電気を売り電力会社がガスを売るという時代です。

一方、一昔前(震災以前)は、電力会社の「オール電化」VSガス会社の「ガス併用住宅」の構図が一般的であったことを覚えていらっしゃるでしょうか。

そもそも電気VSガスの構図は電力会社は電気しか売れなかった、ガス会社はガスしか売れなかったから成り立つ構図です。

私が家を新築した際も、電力会社からはオール電化住宅を、ガス会社からはエネファームなどのガス併用住宅をそれぞれ強くプッシュされました。

私は結局オール電化を選択したのですが、その決め手になったのは電力会社の用意したオール電化専用電気料金プランも大きかったです。(・・・その他、ハウスメーカーがエコキュートとIHに強く、お安くしていただいたのも大きかったのですが・・・)

ちなみに、これらオール電化専用プランは、電力全面自由化以降、現在では各社で新規加入を停止しており、すでに新規加入ができなくなっています。

その理由は(推測ですが)電力VSガスの構図の意味を成さなくなったからだと思われます。

2017年4月からのガスの小売全面自由化が始まれば、電気もガスもそれぞれセットで販売できるようになります。つまりオール電化も、オールガス(実質不可能ですが)も、競争上あまり意味がないのだと思います。

スポンサーリンク


料金プランを比較してみる

ここでは、東京電力の旧オール電化プラン「電化上手」と、新しいオール電化プラン「スマートライフプラン」比較してみます。

電化上手 スマートライフプラン
基本料金(100Aまで) 2,160円 4,500円
昼間時間  夏 :38.72円/kwh 25.33円/kwh
夏以外:31.73円/kwh
朝晩時間 26.01円/kwh
夜間時間 12.25円/kwh 17.46円/kwh
オール電化割引 ▲5% 無し
マイコン割引 約▲300円 無し

パッと見ると電化上手の単価が高そうですが、例えば、夏の一番単価が高いときに、昼300kwh、夜300kwh使用したとして比較してみます。(オール電化の方は、深夜温水器やエコキュートで夜電気を使うことが多いので、同等で比較しています。)

<電化上手>

昼の電気料金:300kwh×39円=11,700円

夜の電気料金:300kwh×12円=3,600円

基本料金:100A=2,160円

マイコン割引:▲300円

オール電化割引:▲858円

合計:16,300円

<スマートライフプラン>

昼の電気料金:300kwh×25円=7,500円

夜の電気料金:300kwh×17.5円=5,250円

基本料金:100A=4,500円

割引:無し

合計:17,250円

真夏の一番単価が高い時期を比較し、さらには実際には電化上手のほうには「朝晩時間」というさらに単価が安い時間帯があるにも係わらず、それをあえて無視しても、(もう加入できませんが)オール電化プラン「電化上手」のほうが安い、という結果になりました。

それだけ、実はオール電化割引▲5%と、マイコン割引って大きいんですよね。

ガス対抗という発想はもう電力会社にはない

電力・ガスの小売全面自由化になれば、家庭で使っている熱源が電気だろうがガスだろうが、エネルギー会社としてはどちらも供給できるのですから、関係ありません。

つまり、これまでの「ガス対抗」「電力対抗」という料金メニューは、もう出てこないと考えたほうが良いと思います。

ですから、このオール電化割引という制度、実は超絶貴重なんですよ。再加入できませんからね。

特に、私の家のようにオール電化の家庭では、ガスも含めてお安くする方法はありませんので、電気をいかに安く使うかが鍵になります。

もし、これをご覧になっている皆さんが自由化前の電力会社のオール電化プランに加入されていたとしたら、絶対にプラン変更してはいけません

私もハウスメーカーの営業マンから、「絶対に変更するな」といわれました。

ハウスメーカーの受け売りですが、電力会社としても震災前の「オール電化」の営業攻勢しておいて、いざ自由化になって単価を高くしたり、オール電化割引5%を取りやめにはできないだろうから、絶対に有利ですよ・・とのことでした。

これには、非常に説得力を感じました。確かに、あれだけオール電化を進めておいて、自由化になったら5%割引止めます、では、信頼できませんよね。

もし、ご覧になっている方でオール電化プランの方がいらっしゃれば、そのまま継続されることをおすすめいたします。

ガス併用住宅の方は、2017年4月からのガス全面自由化を踏まえて考えられてはいかがでしょうか。

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください