ファミリーマートのライザップコラボ 糖質制限インスタントラーメンを実食してみた

糖質制限ダイエッター的には衝撃的だった「ライザップコラボメニュー」の登場

何が衝撃的かというと、その「意外な糖質の高さ」(笑)・・ということはおいといて、そういえば最近コラボのパンもあまり見ないな・・と思っていたら、ライザップコラボのインスタントラーメンが登場していましたので、早速実食してみました。

糖質は必ず確認して、1食あたり10g以下を目指すのが基本だが・・

コンビニのおかず類、また、その他の食品類には最近必ず糖質のg数が「栄養成分表示」として記入されています。

これは、必ず確認して合計で一食10g以下を目指したいところ。

3食で30g以下なら、完璧に糖質制限な食生活といえると思います。

スポンサーリンク

もちろん、たまに糖質の摂取量が増える分には(糖尿病等の病気の方以外)即座には、複数日継続しない限り問題はありません。ただし、この場合(糖質の摂取が増える場合)でも通常成人男性の摂取量を超えないようにするとよいですね。

カップ麺で糖質制限できるのか

この観点からすると、いわゆるカップ麺は「絶対に食べられない部類」に該当する食品ですので、ファミリーマートさんでこのカップ麺を発見したときはちょっとびっくりしました。

糖質制限ダイエッター的に、糖質制限麺や糖質制限食品類は、「本当にその程度の糖質なのか?」信じられなくなったりします(笑)。

ライザップさんとファミリーマートさんがコラボした糖質制限を発見したときも、ハッキリ言ってそう思いました。でも、もし本当にこの糖質量だとしたら、これは非常に優秀な一品だと思います。

気になる糖質は13g。多いか、少ないかは考えどころですが、通常食べられないインスタントラーメンだと考えると、決して多くはないんだろうなと思います。

生姜の香りがピリッときいて、意外に美味しい

早速実食してみます。まずはふたをオープン

具材はシンプルですが、しっかり「謎肉」も入っています。麺も見た目は普通ですね。

お湯を入れて、しばし待ちます。

3分で完成です。

麺がふやけるのが若干早いか?

見ていただいてわかるとおり、麺が・・・結構膨らんでいますね。

待っていた時間は指定どおりだったのですが、麺がお湯を吸って膨らむのが予想以上に早かった気がします。

早速実食してみましたが、少し麺が柔らかいのが気になりますが、いわゆる生姜のパンチが効いた普通のしょうゆラーメンです。美味しいですね。

注意はふたの部分にも書かれているのですが、下の部分からよくかき混ぜないとスープが混ざりません

この点だけは注意が必要です。

たまに麺類が食べたくなった際などに、取り入れるのもあり

糖質制限ダイエット中にも、無性に麺類が食べたくなることなどもあります

そんな際にはいわゆる「糖質0麺」などを食べたりするのですが、「つゆ」や「スープ」の糖質を足すと、5~8g程度の糖質にはすぐに達してしまいます。

そう考えれば、しっかり麺類を食べられて、しかも低カロリー低糖質13gのライザップコラボラーメン。これはこれでありだと思います。

こういったコンビニメニューを上手に取り入れて、楽しく糖質制限ダイエットを継続したいと思います。

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です