徹底比較!海外でsim現地調達と日本からの持込ではどれだけお得さが違うのか

海外でのスマホ利用はsimカード現地購入がおすすめな話、さらに、今非常にお得なsimフリー端末については、昨日ご紹介したとおりです。

今日は、実際にどのくらいの国で現地販売simが販売されていて、国内キャリアを持ち込むのと比べどのくらいお安くなるのかを検証してみたいと思います。

海外現地SIMの実力は

それでは、代表的な国の海外現地SIMの実力をご紹介します。

オーストラリア

オーストラリアについては、以前ご紹介したとおりです。空港でも気軽に購入できるのがOputusというキャリアです。空港で気軽に購入できます。

気になるお値段は以下のとおり。(詳しい内容等は上記リンクからもご参照いただけます。)

  • 通話  国内での通話とSMSで何度でも無料
  • データ 1日あたり500MBまで
  • 価格  1日あたり2オーストラリア$(最低購入価格は10$=約850円から)

日本円で約850円にも係わらず、旅行中であれば十分過ぎる条件だと思います。旅行中に国内通話をする人は限られると思いますので、ポイントはデータ容量です。

500MBというと少なく感じますが、ホテルや空港にはフリーWifiがあることがほとんどですので、これで足りなくなることはないと思います。これで5日間ですから、激安ですね。

シンガポール

現地のキャリアSingtelhi!tourist simという商品を空港でも販売しています。

気になるお値段は以下のとおり。(詳しい内容等は上記リンクからもご参照いただけます。)

  • 通話  国内での通話500分/SMS100通まで無料
  • データ 4GBまで(キャンペーン中との表記あり。通常は2GBまで)
  • 価格  5日間で15シンガポール$

こちらも日本円で約1,500円ですが、旅行中であれば何の問題もなく使えそうですね。

シンガポールもFree Wifiがいろんなところで発達していますので、組み合わせて使えば、まず容量不足に陥る心配はないと思います。

台湾

松山空港、桃園空港どちらにも現地キャリアである中華電信のブースがあり、こちらで現地SIMを購入することができます。

  • 通話  50NT$/300NT$分等(選べます)
  • データ 使い放題
  • 価格  5日/300NT$(約1,000円)、5日/500NT$(通話300NT分付属) 等

むちゃくちゃ安いですね。中華電信にはかなり怪しい?日本語のHPがありますので、詳細は上記のリンクからご覧になっていただけるかと思います。

台湾旅行は大体3~4日という方が多いと思いますので、こちらで十分かと思います。

迎えうつ日本勢は

海外現地SIMと比較する形で、日本のキャリアの料金体系を紹介します。日本の大手3キャリアの海外利用の価格はほぼ同一ですので、今回はドコモの料金を比較します。

なお、国内のキャリアで共通するのは、以下のポイントです。

  • ①使い放題か、②ワンデイプラン のどちらかを選べること(ソフトバンクは①のみ)。
  • 使い放題の場合、約30MBまでの利用は2,000円。それ以上は3,000円の料金
  • 各キャリアが提携している現地事業者との接続となっているかを確認する必要あり。接続先を間違うと高額の請求(=パケ死)となる可能性も。

NTT DOCOMO

海外パケ・ホーダイと海外1dayパケの2通りのプランがあります。

1 海外パケ・ホーダイの場合

  • 通話  従量課金
  • データ 使い放題・・・ただし1日(24時間)の利用量30MBを超えると通信制限あり
  • 価格  1日あたり約3,000円

2 海外1Dayパケの場合

  • 通話  従量課金
  • データ 使い放題・・・ただし1日(24時間)の利用量30MBを超えると通信制限あり
  • 価格  1日あたり約1,000円~1,500円

・・・海外の利用の場合ほとんどがデータ利用になるのですが、「ホーダイ」を謳っていながら30MBで通信制限がかかってしまいます。これはうまくホテルなどの無料Wifiスポットを使わないとすぐに通信制限に達してしまうように感じます。

なお、au、ソフトバンクにはこういった容量による通信制限の記載はありませんでした。

まとめ

国内キャリアを持っていって現地で使うと、最低でも1日で1,000円(1dayパケの場合)がかかってしまいます。また、データ容量も非常に心もとない量しか提供されません。

SIMフリースマホの有効性がお分かりいただけたのではないでしょうか。

最近では非常に格安でお得な端末も多数販売されていますので、この機会にひとつsimフリー端末を確保するのも悪くないかも知れません。

ちなみに、管理人は通常はドコモのiphone7を愛用しており、simフリーのLGL22は普段は子どものポケモンGO専用機(笑)、海外旅行時にはsimフリー現地端末として活用しています。

スポンサーリンク

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください