ソラチカルート徹底解説。ANA陸マイラー必携クレジットカードで年間20万マイルを貯める方法

陸マイラー必携のカード。それが、ANA To Me Card PASMO(JCB)。通称「ソラチカカード」です。

ほとんど空を飛ぶことなく、陸でマイルを貯めている通称「陸マイラー」たちにとって、何故このソラチカカードが必携とされるのか。

それは、ソラチカカードのポイントプログラムである「東京メトロポイント」が、1P(円)=0.9ANAマイルの倍率でマイルに交換できる、驚異の還元率を誇るポイントプログラムだからなんです。

この後順を追って説明しますが、この1P=0.9ANAマイルという倍率は、まさに空前絶後、驚異的な交換率です。後にも先にも、これ以上のマイル交換率のポイントプログラムは出てこないのではないでしょうか。

2018年3月末をもって、各種ポイントサイト(ネットマイル・PeX・gPoint・ドットマネー・げん玉)から東京メトロポイントへの直接交換が終了しましたので、東京メトロポイントを貯めるのはやや難しくなったのは確かです。

しかしながら、LINEポイント経由で東京メトロポイントを貯めることはまだ可能です。このため、LINEポイント経由でANAマイルを貯める通称「LINEルート」の最終ポイント集積地点として、依然として最重要のカードであることには変わりありません。

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018.05.28

この陸マイラー必携のソラチカカードの入会(入会マイルの獲得含む)、審査、キャンペーンから、東京メトロポイントを経由したANAマイルの貯め方まで、徹底解説します。

陸マイラー必携のカード=ソラチカカード

陸マイラーデビューを目指す人がまず絶対に発行しなければならないカード。それがソラチカカードです。

前述のとおり、ソラチカカードのポイントプログラムである「東京メトロポイント」なら、1メトロポイント(=1円)あたり、0.9ANAマイルに交換できるんです。

移行率は、なんと1円相当ポイント=0.9ANAマイルです。1ANAマイルは、国際線ビジネスクラスの特典航空券に交換すれば1マイル=5円以上とかの価値で使えます。

少なくとも1マイル=2円以上の価値、というのが定説ですので、「1円=0.9ANAマイル=1.8円」と、その価値が少なくとも1.8倍以上に増える、このマイル変換率は驚異的です。

ANAマイルの価値は1マイル=何円?ポイントをマイルに交換するメリットとデメリットについて

2018.03.11

例えば、メジャーなポイントサイトであるTポイント、nanacoポイントからも、ANAマイルに交換することはできますが、その交換率は1P(円)=0.5ANAマイルです。

Tポイント経由でも、nanacoポイント経由でも、10,000円分のポイントを交換しても、5,000ANAマイルしか貯まっていないことがお分かりでしょうか。

また、例えばドットマネーというポイントサイトから直接ANAマイルへ交換すると、10,000P(円)が、まさかの2,805ANAマイル(0.28ポイント換算)にしかなりません。

このため、各種ポイントサイトでポイントを貯めたあと、そのポイントを東京メトロポイントに交換し、東京メトロポイントの驚異の0.9倍の交換率を活用してANAマイルを貯める。

つまり、ANAマイルを貯めるにあたってのポイント交換経由先として、ソラチカカードと、そのポイントプログラムである東京メトロポイントは必須なのです。

ソラチカカードの入会キャンペーンや、ソラチカカードの利用自体でもANAマイルを獲得することはできますが、それはあくまで付帯的な獲得マイルであり、カード自体でANAマイルを貯めることを狙ってのカード発行ではありません。

【ソラチカカードの基本】

  1. ソラチカカードは、そのポイントプログラムである東京メトロポイントを利用するために必要
  2. 東京メトロポイントとANAマイルの交換率は、どこよりも高い1円=0.9ANAマイル(通常は0.5マイル程度)
  3. ソラチカカードの利用でANAマイルを貯めるのではなく、他社で貯めたポイントを東京メトロポイントに移行し、高い交換率を活用してANAマイルに交換することで、マイルを貯める

まずは、上記「ソラチカカードの基本」を理解してください。なお、ポイントサイトでのポイントの貯め方は、以下の関連記事で詳しく紹介しています。月2~3万ポイント(円)くらいなら、だれでも簡単に貯めることができます

ハピタスでポイントを貯める方法。使い方、貯め方を詳細に解説

2018.01.07

モッピーでのポイントの稼ぎ方、評判を徹底解説。ANA/JALマイルが両方貯まる唯一のサイト

2018.01.21

スポンサーリンク

東京メトロポイントは、LINEポイント経由で貯める

各種ポイントサイトで貯めたポイントを、東京メトロポイントに交換するには、LINEポイントを経由する、通称LINEルートを使って交換していくことになります。

2018年3月31日までは、各種ポイントサイトから、メジャーなポイントサイトであるドットマネー・PeXなどを経由して1.0倍の交換率で直接メトロポイントに交換することができたのですが、2018年4月以降は、上記のとおりLINEポイントからメトロポイントへの交換率0.9倍の倍率で交換するしかありません。

ただ、それでもANAマイルの交換率は0.81倍です。まだまだ、効果的にポイントを貯めることはできます。

LINEルートで東京メトロポイントを貯める方法LINEルートの交換スケジュールは、以下の関連記事で徹底的に解説しています。

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018.05.28

ソラチカカードの「クレジットカード」としての実力

ここまで、ソラチカカードのポイントプログラムである「東京メトロポイント」を使うことで、どれだけANAマイルをザクザク貯めることができるのかについて徹底的に解説してきました。

では、ソラチカカードとは一体どんなカードなんでしょうか。ソラチカカードの主なスペックを以下に列挙します。

スペック 一般カード
カードフェイス
一般カード
年会費(本会員) 2,000円(税別)

  • 初年度年会費無料
年会費(家族会員) 1,000円(税別)
お申し込み対象(本会員) 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。
お申し込み対象 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。
旅行傷害保険

(死亡・後遺障害の場合)

海外

最高1,000万円

国内

ショッピングガード保険 海外

最高100万円

国内

特典 Oki Dokiポイント、メトロポイント、マイル
追加可能なカード
  • ETC
  • QUICPay
  • 家族カード
WEBサービス オンライン入会で申し込みされた場合、次のサービスに同時登録されます。

  • MyJCB
Apple Pay 設定可

正直に言って、カードのスペックとしては普通のカードです。

年会費が2,000円(初年度は無料)かかりますが、継続マイルが1,000ANAマイルもらえます。特典航空券への交換等を前提にすれば、前述のとおりマイルの価値は1ANAマイル=2円が定説となっていますので、実質年会費は無料と考えても良いでしょう。

また、気になるクレジットカード利用のポイント還元率ですが、カードの利用1,000円ごとにOkiDokiポイントが1ポイントたまり、1ポイントあたり5ANAマイルに変換できます。

利用金額1,000円あたり 1 OkiDokiポイント 5 ANAマイル

マイル換算では0.5%、1ANAマイル=2円換算で計算しても1%換算です。

これは後からも少し紹介しますが、クレジットカードは、同じカードをずっと使い続けるのではなく、カード会社の入会キャンペーンを渡り歩くことが基本戦略だと思います。

入会キャンペーンをうまく使えば、年間の利用額に対する還元率5~6%も夢ではありません。一方、ひとつのカードを継続して使っていても、よくて還元率は1.5%程度です。

このため、ソラチカカードも入会キャンペーンをしっかり使ってボーナスマイルを獲得することを目指し、その後はあくまでソラチカルート用カードとして保有(年会費を払って、毎月少しだけ利用しましょう)し、実際のカード利用は、さらに他のカード会社キャンペーンを狙いにいく、というのが基本戦略となります。

ソラチカカードの発行+利用でポイントを貯めることは、陸マイラーの登竜門、チュートリアルともいえる、初心者必見の案件です。ポイントサイト経由のソラチカカード発行+入会キャンペーンでマイルを貯める方法は、以下の関連記事に詳しく解説しています。

【初心者必見】陸マイラーのチュートリアル!ソラチカカード発券+入会キャンペーンで大量マイルを獲得する方法

2018.10.06

スポンサーリンク

ソラチカカード ~入会を攻略~

ソラチカカードが陸マイラー必携であることは、ここまででお分かりになったことと思います。何しろ、1P=0.9ANAマイルに移行できるのは、東京メトロポイントだけなんです。

陸マイラー活動には、絶対にこのカードが必要になります。何はなくとも、まずはこのカードを作成しましょう。

クレジットカードの発行でも、しっかりポイントを獲得しよう

ちなみに、クレジットカード発行は、ポイントサイトを経由して発行することで数千円~1万円超のポイントがもらえます。これからマイルを貯めていくとわかりますが、このクレジットカード発行が、毎月1万ポイント程度を稼ぐことができる陸マイラーの稼ぎ頭になってきます。

このため、このソラチカカード発行でも、しっかりポイントを獲得したいところですね。

このソラチカカードの場合、2016年~2017年前半にかけてはポイントサイトでの広告は一切見なかったのですが、2017年後半以降、たまにポイントサイトでの広告を見かけるようになりました。しかし「たまに」見かける程度ですので、いつも掲載されているわけではありません。

ポイントサイト上での広告の横断検索には、「どこ得」を使います。

こちらが「どこ得」の検索画面。この検索窓に「ソラチカカード」と入力しましょう。

運よく「東京メトロ To Me Card(ソラチカカード)」が表示されたらラッキー。その広告を経由してカード発行しましょう。

なお、同じ東京メトロ To Me Cardでも、「JCBブランド以外のカード」「Prime」ではダメです。

また、ポイントサイトにはいろいろなサイトがあり、多くのサイトが表示されると思いますが、広告を利用するに際しては「ハピタス」「モッピー」「ちょびリッチ」の3つのうちどれかにしておいた方が無難だと思います。ポイントサイトは非常に数多くありますが、いろいろなサイトに登録すると管理が大変です。

また、もし運悪くソラチカカードの広告が発見できなかったとしても、その場合気にせず公式HPからカード発行してください。とにかく、手元に早めにソラチカカードを作らないと、まったくANAマイルは貯まりません。カード発行でもらえるポイント数千ポイントは、ソラチカカードの驚異の移行率に比べれば微々たるものです。

とにかく、ソラチカカード作成を優先してください。こちらから、公式サイトにリンクします。

スポンサーリンク

入会登録に当たっての注意事項 キャッシング枠は忘れずに0にしておこう

陸マイラーを目指す方は、とにかく早めにソラチカカードを発行しましょう。

ただ、気になるのは、カード発行時の「審査」ですよね。ソラチカカードももちろんクレジットカードですので、入会時には所定の審査があります。

この「審査」ですが、これまでの経験上、「キャッシング枠」の有無により最終的に発行に至るまでの審査時間、審査内容ともに大きく変わってきます。

まずはカードの発行を優先すべきなので、わざわざ審査のハードルがあがる「キャッシング枠」を設定する理由は皆無だと思います。使ってみて必要だと感じたら、キャッシング枠の設定を別途行えばよいでしょう。

このため、入会時には、忘れずに「キャッシング枠は0」として申し込むようにしましょう。

実際の入会方法

申し込みに際して特段難しいところはありませんが、ポイントだけ解説します。

すでにANAのマイレージクラブカードをお持ちの方は、お客様番号を入力しておくと、ソラチカカード発行に伴って発行される新しいANAマイレージクラブ番号にマイルが統合されます。

また、ポイントコースは「マルチポイントコース(5マイル)」を選択しましょう。ちなみに「マルチ」と「自動」の違いは、ショッピング利用で貯まるOkiDokiポイントを自動的にマイルに移行(自動移行)するか、好きなタイミングで好きなポイントに移行(マルチ)するかの違いです。

自動移行コースを選ぶと自動的にANAマイルに移行されてしまいます、また、10マイルコースは年間5,000円の手数料を取られます。

ここはマルチの5マイルコースが無難です。こちらを選んでおきましょう。

そしてここもポイント。キャッシング枠は、「その他」を選択したうえで「0」万円で入力しておきましょう。

審査のスピードや、プロセスに格段の違いがでます。(その差は後述します)

スポンサーリンク

ソラチカカード~審査を攻略~

審査を攻略・・と書きましたが、といっても、私はクレジットカードの審査の内情に詳しいわけではありません。

このため、「こうやれば審査にとおります」といったアドバイスはできませんが、実際に私、妻の2人が発行した際の審査の流れや実際の電話で聞かれたことなどをご紹介することはできます。

上記を踏まえたうえで、「私の場合こうだった」という事例としてお読みください。

妻のカード ~キャッシング枠無し~

発行したカードは私と妻の2枚ですが、まずは妻のほうから。妻のカードは、当然ながらキャッシング枠「無し」で発行しました。

申し込んだのが10月29日(土)の11:53で・・・。

審査にとおりましたとの連絡があったのが、同日の12:11。結果が出るまで18分です。驚異的なスピードです。

なお、ソラチカカードの場合、メールタイトルには「判定結果のお知らせ」とありますが、「審査とおりました」とかそういった文言は一切ありません。

ただ、このメールが届いてから10日後にはカードが発行され到着しましたので、これが「審査とおりましたメール」であると判断してよいものと思います。

私のカード ~キャッシング枠有り~

続いて私のカード。

今でも全く記憶にないのですが、なぜか、私のカードはキャッシング枠「有り」(10万円)で申し込みをしてしまったようなのです。

申し込んだのが10月19日14:38。すると、翌日職場に在籍確認電話がかかってきました。

今思うと、私はJCBカードを作成するのは初めてでした。それまでメインで使っていたMUFGカードではもちろん延滞などありませんでしたが、楽天カードやyahooカードは作っただけで全く使用していない状態でした。

会話の内容は以下のような感じです。職場の電話番号は共用の番号にしていました。

プルルー プルルー

私「はい、〇〇〇(会社名)〇〇部、dietmilerです」

オペ子「私、JCBの〇〇と申します。dietmilerさんですか?」

私「はい、私です。」

オペ子「お仕事中恐れ入ります。このたびはカードのお申し込みありがとうございます。〇〇〇(会社名)にお勤めのdietmilerさんでよろしかったでしょうか」

私「ええ、そうです。」

オペ子「ありがとうございます。ご本人様確認のため、生年月日をお聞かせいただけますか?」

私「西暦〇〇〇〇年〇月〇〇日です」

オペ子「ありがとうございました。確認は以上です。お仕事中ありがとうございました。」

私「こちらこそ、ありがとうございました」

以上で会話は終わりです。正直、「職場に電話がかかってきて本人が出てよかったのか!?」についてカードの発行まで気になっていましたが、それは問題ないようです。

その後、5日後の10月25日に、カードの発行審査が完了しました。

カードが届いたのがそれから約10日後でしたので、発行まで約2週間を要しました。妻のカードに比べて、審査の過程も面倒ですし、発行までの期間も長かったです。

メインで使うわけでもないカードにキャッシング枠を設定するのは本末転倒です。ソラチカカードをメインで使うつもりの方を除き、絶対にキャッシング枠は0で発行するようにしましょう。

スポンサーリンク

ソラチカカード~入会キャンペーンを攻略~

めでたくソラチカカードが発行されたら、早速、各種ハピタスをはじめとした各種ポイントサイトで貯めたポイントをソラチカルートに送り込み始めましょう。

前にも少し書きましたが、ひと月に交換できるポイントの上限は、20,000メトロポイント→18,000ANAマイルまでです。

陸マイラー活動が軌道に乗ると、ひと月20,000メトロポイントはすぐに溜まります。このため、早晩、このソラチカルートは「渋滞」をきたすようになります。

これは私の2018年2月現在のメトロポイント通帳です。毎月2万ポイントずつしかANAマイルには交換できないのがお分かりですね?

このように、ソラチカルートだけに頼っていると、18,000ANAマイル×12ヶ月=216,000ANAマイル/年しか貯まらない、ということになってしまいます。

このため、陸マイラーに必要なのが、ソラチカルート以外のマイル獲得源をしっかり確保することです。ソラチカルート以外の、まず一丁目一番地の有力マイル獲得源となるのが、クレジットカードの入会キャンペーンです。

私はこのクレジットカードの入会キャンペーンの渡り歩きだけで、年間20万マイル以上貯めています。

【還元率5%以上】クレジットカード決済で年間10万マイル以上貯める方法。クレカでもマイルは貯められる

2018.03.18

このソラチカカードも、入会キャンペーンでかなりのマイルを獲得することが可能なカードですので、しっかり使って、入会キャンペーンマイルも確保しましょう。

ANAJCBカード(ソラチカカード含む)2018年春入会キャンペーンの全貌。最大40,500ANAマイル貯まる

2018.01.19

スポンサーリンク

ソラチカカードは、キャンペーンに関係なく入会すべき

ここまで紹介したソラチカカードの入会キャンペーンは、大事ではありますが、ソラチカカードはなんといっても陸マイラーの必携カードです。陸マイラーをはじめるとすぐにお分かりになると思いますが、ANAマイルへの交換には、とにかく時間がかかります。

とにかく早めに毎月18,000ANAマイルを獲得するサイクルを確立することが、なんといっても陸マイラー活動成功の近道です。

入会キャンペーンは大型キャンペーンの時とそれほどの時がありますが、あまりに気にせず、ソラチカカードは発行すべきです。

最後に~ソラチカカードは最強の陸マイラー必携カード~

以上、ソラチカカード完全攻略と題して、解説させていただきました。

ソラチカカードが、お金の使いかた、マイルのため方、そして私の生活スタイルを一新してくれたと思っています。まずはソラチカカードがないと陸マイラー生活も始まりませんので、本記事も今一度確認のうえ、早めの発行をおすすめします。

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間432,000ANAマイルを貯めています。「そうかぁ・・マイルって、そんな簡単に貯まって、しかもお得に使えるのか」と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

年間50万マイル。2年で100万マイル使った陸マイラー生活の凄さを公開します

2018.12.14

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

陸マイラーの第一歩に向け絶対に読んでおくべき関連リンク

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。



AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください