【糖質制限】あらびきミンチのレタス包み 豆腐増しで満腹ダイエット

糖質制限ダイエットといえば「自炊」。

糖質制限ダイエットに禁物な「糖質」は、肉などを主食にしてなお、糖質が高い場合は、主に調味料に含まれています。単純に塩・胡椒で味付けするのが最も糖質制限的に望ましいのですが、さすがにそれだけでは飽きます

美味しい味付けをしつつ、糖質制限的に大丈夫な料理を作るためには、自炊が一番です。

あらびきミンチが手に入ったので、レタス包みでいただくことに

この日は、あらびきミンチが売られていました。

冬の間高価だったレタスもこの日は1玉100円。糖質制限中ではなかなかいただけない、濃厚な味付けのあらびきミンチを、レタス包みでいただくことにしました。

この日の食材は

食材は、あらびきミンチに、かさましの豆腐、干ししいたけ、たけのこ水煮。

たけのこは多すぎるので、三分の一くらいしか使っていません。

もう少し豆腐が多くてもよかったですかねー。干ししいたけももう少しあってもよかったかもしれません。

スポンサーリンク

調理の手順

①豆腐の水切り

まずは①豆腐の水切りから。豆腐の水切りは、本当はもう少し時間をかけてゆっくり重しをかけていくべきなのですが、今日は時間がありません。

このため、時短にチャレンジ。まずは、豆腐をキッチンペーパー(2枚)に包みます。

この状態から、普通にギフトを包むように包んでいきます。

こうやって、全面を包んだら・・・レンジ(500w)で2分くらい加熱します。

加熱すると、かなり水分が抜けます。

かなり水分が飛びました。

豆腐をかさましに利用するということは、つまり豆腐=肉にするということです。もっと水抜きが必要ですね。

ここからは、フライパンで水分を飛ばしていきます。

・・・といっても、適当にフライパンで炒めていくだけ(笑)。

こんな感じで完成です。これが、後々肉々しい食べ物に(笑)。

スポンサーリンク

干ししいたけとたけのこはあらびきミンチと同じ大きさでカット!

しいたけとたけのこはあらびきミンチと同じ食感くらいを見越してカットします。

歯ごたえが合ったほうが楽しいので、たけのこのみじん切りは大きくても大丈夫だと思います。

味付けは糖質制限を前提に、でも適当に(笑)

ここで適当にあわせ調味料を。

酒:大さじ2

しょうゆ:大さじ2

みそ:小さじ1

豆板醤:小さじ1

白い缶かん(旧ウェイパー):小さじ1

これらを、混ぜ合わせておきます。

下ごしらえ完了、調理開始!

早速、調理を開始していきます。

まずは、あらびきミンチを油もなにも敷かずに加熱します。

これは、単なる「油抜き」。

画像を見ていただいてもわかるようにあらびきミンチはかなり「油っぽい」です。

とりあえず、火を通して不要な油分を抜いていきます。

この程度まで炒めて、油を抜きます。

調理開始!

ここで一回ミンチを取り出し、キッチンペーパーでミンチから油を抜きます。

それと平行して、フライパンは一回洗い、ごま油を引いてにんにく、生姜のみじん切りを炒めます。

香りがでてきたら、油を抜いた炒めミンチ、干ししいたけ、たけのこ、かさましの豆腐を投入!

暖まってきたなー、と感じたところで、適当に作っておいた調味料を回しかけ、火が通る程度に炒めて完成です。

付け合せは・・・チンジャオロースー(笑)

この日に一緒に作ったのはチンジャオロースー。

これも、市販の調味料等は一切使っていないので、かなりの糖質制限料理です。

スポンサーリンク

たっぷりのレタスと一緒に、ヘルシーな夕食

用意したのは、特売で買ったたっぷりのレタス。

これで今日の夕食は完成。美味しそうです。

炭水化物多めの食材が、たけのこ、ピーマン等ありますが、基本野菜ですし、食物繊維も多めですので、パンやご飯を食べるわけでもないので、許せる範囲だと・・思います(笑)。

絶対にやせられる食材ではないですが、これを食べても決して太ることはないですね。

レタスで包んだ様子がこちら。

正直に・・超美味しいです。ミンチとたけのこの食感が絶妙でした。

今後も、美味しい糖質制限料理を開拓していきたいと思います!

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください