【特典航空券はソウル発券!?】ふるさと納税の返礼品、還元率50%Peachポイントの陸マイラー的使い方

以前、「還元率50%!ふるさと納税でJTBトラベルギフト5万円分をもらう」の記事で、返礼品にJTB旅行券をもらえるおトクな話を紹介しました。

3月31日までが期限となっていますので、旅行をご計画の方で、かつ控除上限額が10万円以上の方は、なかなか出てこない貴重な案件ですので、お早めにお申し込みいただければと思います。

今日は、同じくふるさと納税の返礼品として、還元率50%でもらえるPeachアビエーションのPeachポイントをおトクに使う方法を紹介したいと思います。

ふるさと納税して還元率50%でPeachポイントをゲットできる

ふるさと納税の返礼品の還元率相場的に見て、50%はかなり高い水準。しかも、いわゆる「用途限定」(〇〇町内でないと使えない・・等)でないものであれば、多用途に活用ができますので、おすすめです。

この観点で、用途の限定の無い(寄付先自治体に訪問する以外にも使える)PeachアビエーションのPeachポイントを50%の還元率でもらえる案件は、かなりおトクと言ってよいと思います。

もちろん、ふるさと納税の趣旨からは、寄付先自治体への訪問へ使うことを推奨したいと思いますが、それ以外の旅行にももちろん使うことができます。

スポンサーリンク

Peachポイントを返礼品に提供している自治体

さて、このpeachポイントですが、ふるさとチョイス楽天ふるさと納税などで、ふるさと納税の還元率50%の返礼品として、比較的容易に見つけることができます。

※peachアビエーションのページに、一覧になっていてわかりやすかったので、引用させてもらいました。

このように、かなり多くの自治体でふるさと納税の返礼品にpeachポイントが用意されています。

Peachポイントだけか、特産品と組み合わせるかはお好みで

上の図の自治体の中で、返礼品がpeachポイントギフト+デジタルカレンダーのみの自治体は、大体ポイントの返戻率が50%です。つまり、50,000円の寄付なら、25,000円分のpeachポイントがもらえるということです。

また、上記2アイテム以外の返礼品が用意されている自治体、例えば宮崎県の小林市などは、小林市の特産品とセットになっていますので、Peachポイント単品の返戻率は低めです。でも、特産品とセットにするとものによっては返戻率が50%を超えるようなものもあります。

中でも注目は60,000円の寄付でもらえるピーチポイントギフト5,000pt+木製ままごとキッチン(ノーマルハイタイプ)のセット!

※木製ままごとキッチンノーマルハイタイプのイメージです。peach限定カラーではありません。

地元小林市の川崎建具店さんが作る「木製ままごとキッチン」ですが、木のおもちゃとして大人気の一品。楽天等で検索しても30,000円以上は余裕でしますし、そもそもなかなか手に入らない一品です。

この案件でもキッチンの到着には4~5ヶ月待ちですが、このおもちゃの価値を加えれば還元率は余裕の60%超だと思います。

後は、ご覧の皆さんのニーズに合わせた案件を選択いただければ良いと思います。

スポンサーリンク

Peachポイントの使い方

こちらがPeachポイントの注意事項。ポイント失効日が発効日から起算して181日目と半年で失効になってしまう点が少し注意が必要です。

また、複数のピーチポイントを持っている場合、最大同時に使えるのは2つまで。

Peachポイントは最大で25,000円分ですので、高額の支払いをする場合は少し注意が必要です。海外旅行などに充当する場合は、最大で10万円の寄付をして、5万円分のポイント(25,000円分×2つ)をもらうにとどめておいたほうが良いかも知れませんね。

最低10,000円からと、手ごろな寄付金から選択できるのも良案件

冒頭にも紹介したJTBトラベルギフト案件も、使用用途の制限が無く、還元率50%と良案件ですが、最低寄付金額が10万円からと前年度年収的にハードルが高いのも事実。

一方、Peach案件は1万円から(=5,000円分のPeachポイント)寄付ができますので、独身の方なども有効に使えますね!

1万5千円分のポイントがあれば、2人で週末台湾旅行くらいなら行けてしまいます。自己負担は2千円ですので、有効に使えそうです。

陸マイラーにとってのPeachポイントとは

さて、このPeach案件ですが、陸マイラーにとっての利用価値はどこにあるのでしょうか。

そもそも陸マイラーはANAマイルをある程度持っているはずですので、Peachアビエーションを使わずとも、飛行機の予約にはANA特典航空券を使えば良いはずです。

しかし、この特典航空券ですが、ひとつ大きな弱点があります。

マイルを貯めても、使えなければ意味がない

これは多くの陸マイラーの皆さんのブログ等で再三指摘されていますので、管理人がいまさらつべこべお話するようなことではありませんが、実際にマイルが貯まり始めると、今度は「いかに特典航空券の予約を取るか」がシビアな問題として立ちはだかります。

それでもソロツーリストや夫婦2人とかならまだ何とかなりますが、管理人一家のように小学生以上の子ども2人と一緒に、つまり4人分のビジネスクラスの座席を予約しようと思うと、SFCなどの上級会員の方であってもかなり苦戦することと思います。

しかも候補となるのはGWやお盆などのハイシーズン

子どもが小学生になると、学校を休ませてまで旅行に連れて行くわけにはいきません。

当然、候補はGWやお盆などのハイシーズンになります。

その事情はもちろん他の家族連れの皆さんも同じ。陸マイラーも含めた日本中の家族連れ旅行がここに集中してくるわけですから、マイル特典でのチケット確保は、エコノミークラスであっても容易ではありません。

管理人も今年の5月のGWに実家がある九州のチケットを確保しましたが、当然ながらマイル特典など使いようもありませんでした。

何とかそれでも通常運賃よりはかなり安めの価格での往復4人分のチケットを確保はしましたが、往復で14万円(4人分)近くの出費・・。これが厳しい現実です。

マイルが貯まっても、特典航空券の予約ができなければ意味がないのです。

ソウル発券という選択肢

そこで選択肢として検討すべきなのが、ソウルから海外渡航先への特典航空券の発券。

年末などは韓国もバカンスシーズンですので、ソウル発券でも日本発券でも予約がとりにくいのには変わりはありません。しかし、例えばお盆時期などは、日本ではお休みですが韓国は別にお休みではないので、日本のピークと韓国のピークは被りません。

このため、ソウル発券すると、ポロッと簡単に特典航空券が予約できたりするのです。

スポンサーリンク

お盆休みにドイツ行き特典ビジネスが取れるか?

管理人の住む中部地域は、ものづくり企業が集積する地域です。このため、欧州やアメリカ、ブラジルなどに海外勤務で家族そろって転勤される方が多くいらっしゃいます。

管理人の下の息子のまさに「心の友」だったお友達も、お父さんがドイツに転勤になり、今年、ドイツに赴任していきました。

下の息子は、良く「〇〇くんと会いたい」といっており、彼がドイツにいる間に、一度会いに行ってみたいなー、と思っていたりします。

そうはいっても、上の娘はすでに小学生ですので、小学校は休めません。またせっかくドイツに行くなら一週間位はいきたいところ。そうすると、私の休みが取れる時期で、学校が休み・・となるとお盆シーズンくらいしかありません。

この期間は、当然ながら旅行シーズンになりますので、日本からの出発は超ハイシーズン。一応無理だろうなぁ・・と思いつつ親子4人の特典ビジネスの予約検索をしてみることに。

期間は8月11日(金・祝)出発、8月18日(金)現地発。お盆真っ只中の超ハイシーズンです。

ぽちっと、検索してみます。

当然、空席なし。まぁ、そうだよなぁ・・・という感じです。

ソウル発で検索してみる

ここで、駄目で元々、ソウル発で検索してみます。

ま、同じ結果かな・・と思っていると・・。

あれ、空席あります。

しかも絶好の直行便。運行もアシアナ航空とかだとうーん、と考えてしまうところなのですが、ルフトハンザなら納得です。

この旅程を日本発着でビジネスで探すと、まさかの260万円超。

ルフトハンザのHPからソウル発券で検索しても、995万韓国ウォン=約100万円します。

特典航空券で予約できるなら、検討の価値がありますよね。

海外現地までの航空券にPeachポイントを使う

残った問題は、海外現地までどうやっていくか。もちろん、ハイシーズンですのでソウルまでであっても特典航空券は利用できません。

ここで使えるのがふるさと納税でゲットしたPeachポイント。さすがにお盆時期ですのでLCCであっても高めではありますが、それでもかなりおトクにソウルまで行くことができます。

そのチケット代金に、ふるさと納税の返礼品として自己負担2,000円でゲットしたPeachポイントを利用することで、格安にハイシーズンであっても特典航空券を予約し、利用できてしまうのです。

ソウルまでであれば約2時間ですので、ビジネスの旅の前後にLCCというのも気は進みませんが、国内線乗り継ぎであってもほとんどがエコノミーというか普通席ですので、乗り継ぎと考えればそんなに気になりません。

しかし、この方法であってもハワイなどの超激戦路線の予約は困難です。それでも、ソウル発着の多い欧州やアメリカ路線であれば、十分試してみる価値があると思います。

ANAマイルを持っているからこそ、実はPeachポイントを使う価値があると思います。

スポンサーリンク

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です