特典ビジネスクラスで行く香港ディズニー・タイ弾丸旅行。陸マイルで発券しました!

 

少し前にディズニーランド旅行記でも書きましたが、12月くらいから最近まで仕事が死にそうに忙しかったです。

糖質制限ダイエットと陸マイラー活動は継続していましたが、とてもではないですが旅行に行くような時間は取れませんでしたし、旅行を計画するような心の余裕もありませんでした。

 

しかしながら、2月も後半に入りやっと仕事が一段落。陸マイラー活動でも順調にマイルが貯まってきましたので、初めての特典航空券旅行として、ビジネスクラスの旅券を発券してみました。

スポンサーリンク

特典航空券旅行の条件

 

①土日で往復可能

仕事が落ち着いてきたとはいいつつ、平日に複数日休めそうな感じはありません。

このため、土日で往復可能なことが条件。となると、まずはアジア圏が候補になります。

スポンサーリンク

②全路線ビジネスクラス

 

これは当然。折角の特典航空券ですから、全路線ビジネスクラスで行きたいところです。

③なるべく、宿泊や食事でお金を使わない

 

下手に行程が長くなると、宿泊や食事などでお金を使う機会が増えます。土日で往復すると決めているのですから、ピンポイントで観光して、無駄にお金を使わない旅程にしたいところです。

 

スポンサーリンク

候補にあがった旅行先は

上記の条件で、適当に土日の路線と、アジア圏の行き先を検索していると、出てきた候補がこちら。

 

土曜日:名古屋(中部国際空港)発 → バンコク(スワンナプーム国際空港)着

日曜日:バンコク(スワンナプーム国際空港)発 → 名古屋(中部国際空港)着

 

なかなか、面白そうな行程です。

問題は、トランジットを含めた行程。空席ありになっていても、空席は上海経由で上海までがビジネス、上海からはエコノミーだったり、成田or羽田まで国内線で飛ばされ、そこから空港間移動やトランジットが10時間以上あったりすることもあります。

 

1年前からピンポイントで予約を敢行しているわけではありませんので、そこは空席の運によるところが大きいです。

 

どきどきしながら検索結果を待ちます・・・。

 

出てきた行程がこちら。

これは・・・かなり面白そうな行程です。面白そうと考える理由は以下のとおりです。

 

スポンサーリンク

香港のトランジット7時間45分

 

香港は都市自体が大きくありませんので、8時間もトランジットの時間があればしっかり観光することができます。

いずれ、家族を連れて香港ディズニーランドに旅行に行きたいと思っていましたので、下見もかねて香港ディズニーに行ってみるのも面白そうです。

 

また、香港なら免税品等の買い物もしっかり楽しめそう。これが、まずは面白そうと考える理由その①です。

スポンサーリンク

②帰国便がタイ国際航空ビジネスクラス

 

タイ国際航空のビジネスクラス「ロイヤルシルククラス」は、本拠地であるタイ・スワンナプーム国際空港の利用でこそ、その真価を発揮します。

 

特に期待度大なのが、スパラウンジでの首肩マッサージ(30分)無料サービス。

 

他のスターアライアンス航空会社ファースト、ビジネス客および上級メンバーでは利用することができません。タイ国際航空ビジネス利用者だけの特別サービスです。

朝6時からやっていますので、出国前にリラックスできそうです。

 

また、帰国便のTG646は、最新鋭のB787で、スタッガードタイプではないのが残念ですが、フルフラットになるシートが魅力です。

※公式HPより引用させていただきました。

気になる必要マイル数は

 

この路線の大人1名あたりの必要マイル数は63,000ANAマイル。

タイ国際航空のスターアライアンス特典を利用しますので、ANA特典航空券に比べると高くはなりますが、仕方がないところですね。

スポンサーリンク

早速予約していく

 

まずは旅程を確認。

バンコクでの一泊は、送迎(バス)付きのトランジットホテルが安価でありそうですのでそちらにすることにします。バンコクでの観光は期待していません。バンコクは経由しますが、あくまでトランジットであり、メインは香港観光です。

 

弾丸旅行ですが、帰国便でもゆっくり休めそうですので、翌日から元気に出社できそうです。

 

次のページでは座席と特別食の選択。

ちなみに、行きの中部国際→香港便であるNH875は、機体もB737とそう新しくなく、シートも普通のシートですので期待薄。また、香港→バンコク便であるTG607もB747でそう新しい機体ではありません。

 

とりあえず、それぞれ隣が(現時点で)いない窓際の席を選択。

食事も通常の食事でOKです。席の選択も終わったら、次へを選択。

 

次は、お支払いページ。

発券手数料や空港使用料等で、8,760円の支払いが必要ですが、ビジネスで香港、タイを周遊するのですから、この程度は仕方ないでしょう。ちなみに、管理人だけのマイルでは足りなかったので、妻のファミリーマイルと合わせて発券です。

※今回の旅行は一人旅

 

普段家族で一緒に旅行している管理人ですが、今回の旅行は一人。今回の旅行日に妻も別の予定があり、子どもを妻の実家に預けることになったのです。妻はそのまま妻の実家に宿泊。こういう特殊事情があり、今回、一人での旅行が実現することになりました。

もちろん、いずれ家族で香港ディズニーに連れて行くから・・・ということになっていますが(笑)。

 

スポンサーリンク

料金をカード決済し、発券

 

最後に、クレジットカードで料金を支払い、発券するをクリック。

 

無事、発券されました。

ちなみにeチケットがこちら。

 

今回の弾丸旅行、陸マイルを貯めているからこそできる荒業で、なかなかビジネスを使ってこんな弾丸ツアーを組もうとは思われないのではないでしょうか。

管理人の陸マイラー活動は、こちらにまとめてあります。

 

上記をご覧になっていただいたらお分かりのように、私の支出はほとんどなく、簡単に、これまで乗ったこともないようなビジネスクラスを贅沢に使った弾丸ツアーを発券できました。

 

全旅程でこういう素敵な食事つき。ビジネス専用ラウンジなど、食事などにお金をほとんどかけずにリッチな旅行を楽しめます。

また、陸マイラー必携のカード「ソラチカカード」については、使い倒した結果をこちらにまとめましたので、よければ、合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

これから、旅行に向け香港観光等を研究

 

今回は、運よく無事にビジネスクラス旅券を発券できました。

折角行くのですから、よりおトクに、より効率的に楽しめるよう、しっかり研究していきたいと思います。

また、搭乗記や香港観光記は、改めてこのブログで紹介したいと思います。

 



 

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください