クレヒスの作り方はApple payで決まり!! CIC情報開示でクレヒスの重要性に気づいた話

 

クレジットカード発行案件は、FXと並ぶ陸マイラーの主力案件。

信用情報等に気をつけながら、できるだけ多く発行し、ポイントを獲得したいところです。また、クレジットカードでマイルを貯めるためにも、カードの発行は必須。そのために重要なのが、CIC等の信用情報機関に登録されるクレジットカードの利用状況。通称「クレヒス」です。

CICに個人情報を開示請求した結果と、Apple Payを使ったクレヒスの簡単な作り方を紹介します。

 

信用情報を開示してみた

 

2017年春現在、ANA VISAカードとANA ダイナースカードで利用量に応じて50,000ANAマイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンが開催されています。

ポイントサイトの高額還元案件を狙っていたのですが、なかなか発見できませんでしたので、とりあえず現在のキャンペーンを狙い、私名義でANAワイドゴールドカードの発行を申込してみました。

 

ここで気になるのが、ここ半年で5枚目のカードとなる私。「果たして、発行されるのか」「発行されたとして、ショッピング枠は日常使用に耐えられるだけ発行されるのか」ということ。

・・・そういえば、私の信用情報はどうなっているのか?CICの個人情報照会。はじめて開示請求してみました。

 

スポンサーリンク

クレジットヒストリー・・通称「クレヒス」の重要性を痛感

 

CICへの個人信用情報開示請求の方法や、個人情報の見かたなどは、いろいろなサイトで詳しく解説されていますので、ここではいちいち解説しません。

私が開示された自分の個人信用情報を見て印象的だったのは、やはりクレジットカード発行後の利用歴・・・通常クレヒスです。

 

クレジットカードを発行した後利用していないと、「利用していない」という履歴がはっきり残ります。一方、利用していると毎月定期的に支払いを行っている履歴が残ります。

ここでポイントは、利用金額は一切関係ないこと。というか、むしろリボ払い等は通常のショッピングではなく借金同等と見られますので、しっかり利用していても(カード会社的にはいいお客様でも)借金的に見られてしまいます。リボ払いの残高って、しっかり信用情報に記載されているのですが、他のカード会社が見たら、「おっ、この人リボ払いで使ってくれそうだぞ!」と見るかというと・・そんなことはなく、多分「リボ払いが多いけど、大丈夫か?」と見ると思います。

 

このように、クレジットカードの発行を申し込まれた会社が、同じ信用情報を見ているとしたら、結局そのカード会社でどのくらい使っているかはほとんど見えません。というか、使いすぎは逆効果。

一方、毎月使っていて、きちんと支払いしているかはしっかり見えます。

 

全く使っていないクレヒスを見たら・・「この人は、ポイント目当てなのかな・・」と思うだろうと容易に想定できます。一方、毎月の利用金額がわからないので、たとえ100円でも毎月使っていれば「この人は、毎月使っていて、支払いも良いな・・」と思うと思います。

やはり、毎月使うこと、これは非常に大事だと、CICの信用情報を見て改めて思いました。

ちなみに・・私は信用情報「利用記録」が全くなし

 

これはちなみになのですが・・・私には、「利用記録」(カード会社や信販会社が、管理人の信用情報を見た履歴)が全くありませんでした。

陸マイラー活動を開始した10月以降、ソラチカカード、ライフカード、エポスカード、セゾンパールアメックスカードと計4枚発行したのですが、CICにはノーアクセスでカード発行されたようです。

 

キャッシング枠0が影響したのですかね??このあたりは良くわかりませんね。

 

スポンサーリンク

クレヒス作りには、iphone7 Apple Payがおすすめ

 

クレヒスが大事!とはいえ、陸マイラーならそれこそかなりの数のクレジットカードをお持ちだと思います。

それをすべて持ち歩き、支払いのたびに使い分ける・・そんなことは現実的ではありません。

 

そんな持ち歩きの手間を省く手段・・・それが「Apple pay」。

Apple Payに登録して持ち歩けば、分厚いカードを複数枚持ち歩き、支払いのたびに違うカードを探して・・・そんな手間もなく、簡単に管理できるんですよね!クレジットカードの発行ポイント案件カードや、キャンペーンを実施するような大手カード会社であれば、ほぼApple Payに対応しています。

 

私が陸マイラー活動開始以降発行した・・エポスカード、ライフカード、セゾンパールアメックスカード、ソラチカカード、ANA TOKYU TopQカード(妻名義)、全部登録可能です。

後は、毎日のコンビニでの支払いや自動販売機での支払い時に、使い分けて使えばいいだけ!Apple Payでは、支払い時にウォレットで支払いカードを指定して払えば、支払いカードを選択できます。自動販売機でペットボトルを買えば160円ですが、この160円がクレジットヒストリーには重要なのです。

スポンサーリンク

1つのiPhone7に、夫婦両方のクレカを登録可能!

 

そして、画面コピーをご覧いただいてお分かりのとおり、夫婦で名義が違っても、同じiPhoneに登録可能。私がiPhone7、妻はiPhone6Sなのですが、私の7に夫婦そろって登録したカードを2枚とも登録して、クレヒスを積むことが可能です。

ちなみに、アメックスは支払い先口座を夫の口座にすることができますが、それ以外のVISA、マスター、JCBは妻名義のカードは妻名義の支払い先口座が必要。妻名義の支払先銀行口座をひとつつくってもらい、夫が管理することで、お金の管理問題もクリアできますね。

スポンサーリンク

注意:登録できるカードは8枚まで

 

ただし・・1点だけ注意はひとつのiPhoneに登録できるカードの枚数は8枚までということ。

メイン用、クレヒス用・・・この8枚を考えて使う必要がありますね!

iPhone7でクレヒスを作ろう

 

利用してみるとすぐにお分かりだと思いますが、iPhone7のApple Pay機能は、クレジットカードの管理、クレヒス作りには本当に必需品です。

何しろ、大量のカードを持ち歩く手間が省けます。このためだけにiPhone7を買っても良いかもしれませんよ!

 

私も頑張ってコツコツとクレヒスを積み上げたいと思います!



AD