糖質制限トンカツレシピ。ブラン食パンの生パン粉で糖質オフトンカツ

糖質制限ダイエット中にとんかつを食べたい!そう思ったことがある方も多いと思います。

ローソンさんのブランの食パンを生パン粉にして、糖質量10g以下の本格糖質制限ヒレカツを作ってみましたので、紹介します。

 

とんかつの糖質を左右するのは衣!

 

糖質制限ダイエッターの方はすでにご承知かと思いますが、豚肉自体にはほとんど糖質はありません

糖質が含まれているのは「衣」。特にパンは小麦中心の糖質の塊ですので、かなりの糖質が含まれています。

 

糖質をとると血糖値があがり、その血糖値を下げる過程で、脂肪分などが体に蓄積されやすくなる・・・ということで、高い糖質の衣を油で揚げる!というとんかつは糖質制限ダイエッターの天敵なのです。

 

スポンサーリンク

衣をブラン入り食パンの生パン粉で作る!

本日衣にするのはこちら。

糖質制限ダイエッターの強い味方、ローソンさんのブランの食パンです。

 

 

気になる糖質は1枚あたり12.4g。

普通の食パンが1枚あたり約26gくらい(6枚切りの場合)ですので、約半分くらい。決してスーパー低糖質!というわけではありませんが、十分低糖質なのではないでしょうか。

今日、衣に使うのは1枚だけ。つまり、糖質量は最大で12.4gということです。糖質制限ダイエット中のとんかつとしては、許容範囲だと思います。


それでも気になる!!という人は、こういったさらに低糖質な食パン(上記商品では1枚当たりの糖質は3g(笑))を試してみてください。

ブランの食パン1枚をフードプロセッサーで生パン粉に!

ブランの食パンは、適当にちぎってフードプロセッサーに入れ・・・

生パン粉にします。

使うお肉はひれがおすすめ

今日使うお肉はひれ肉。ひれ肉のほうが脂肪分が少ないので、気分的にもダイエット中にはありです。

 

スポンサーリンク

小麦粉はつけず、いきなり卵→パン粉!

 

通常、小麦粉→卵液→パン粉の順番ですが、小麦粉をつけるとさらに糖質が増えますので、小麦粉はつけません。

いきなり卵液→パン粉で行きましょう。

 

ブラン入り食パン1枚の生パン粉で、ヒレかつ7枚にパン粉をまぶすことができる量でした。

意外に多い?少ない?微妙ですが、私的には結構多くつけられるな・・という印象。

 

12.4gを7で割ると、1枚当たりの糖質は1.8g。7枚は食べすぎですので、4枚食べたとしても7.2g。

十分、糖質制限的に成り立っていると思います。

 

スポンサーリンク

あとは揚げて食べるだけ

あとは簡単。揚げて食べるだけ。

ちなみに私の自宅のようなIHクッキングヒーターだと、写真のようにチラシを電磁調理器の部分だけ丸くカットして、てんぷらを揚げるとお掃除が非常に楽です。

 

完成。ほぼ完ぺきなヒレカツです。

ブランの食パンの色が濃い色ですので、カツの色も少し濃いめです。決して揚げすぎたわけではありません。

 

肝心のお味は・・・これは最高ですね。

何せ使っているのが代用パン粉ではなく、ブラン入り食パンとはいえ、本物の生パン粉です。美味しくて当然。

 

ちなみに少しだけソースをかけてしまいましたが、ソースも大匙1杯あたり5g近い糖質が含まれていますので、ソースの糖質にも注意しましょう。

 

気になる方には、こういう糖質制限ソースもおすすめ。上記の商品だと、糖質が大匙1杯あたり1.6g。

ヒレカツを4枚食べて7.2g+ソース大匙1杯で1.6g=8.8gです。

 

この糖質量のとんかつなら、糖質制限ダイエット中に食べても全く大丈夫だと思います。

 

スポンサーリンク

糖質制限ダイエット中でも工夫してストレスない食生活

 

糖質制限ダイエット中でも、少しの工夫でストレスのない食生活を送ることが、ダイエット継続のカギだと思います。

自分で糖質を計算して作れば、納得の制限レシピができますので、ぜひいろいろ挑戦してください。



AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください