函館旅行は1泊2日がおすすめ。特典マイルで行くべき理由

 

一度行ってみたかった函館に、1泊2日の弾丸旅行で行くことに・・・今日決めて、早速航空券の予約もしました(笑)。

もちろん、予約はANAの国内線特典航空券

私の住む名古屋(中部国際空港)から函館空港までの特典航空券発券に必要なANAマイルはレギュラーシーズンで1人あたり15,000マイルですので、親子4人で60,000マイル。

でも、このブログをご覧の陸マイラーの皆さんならお分かりのことと思いますが、6万マイルなんて2か月で貯まってしまうマイル数ですので、余裕です。

親子4人でフラッと手軽に函館旅行・・・。陸マイラーの醍醐味です。

スポンサーリンク

来年のヨーロッパ旅行を取りやめることになったので、急にマイルが余ることに

何しろ陸マイラーやっていると面白いくらい簡単に陸マイルが貯まります。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

陸マイルの貯め方は上記記事で詳しく解説していますが、何しろ月間36,000マイル、本当に面白いように貯まっていきます。

2017年9月のマイル残高がこちら。約20万マイルあります。

管理人的には、来年の夏休みは家族4人でヨーロッパにビジネスクラスで旅行しようと思っていたのですが・・・家族会議の結果、「ヨーロッパではなく、北海道に行きたい!」との声が多数を占める結果に(笑)。

まぁ、確かに子どもたちはヨーロッパに行っても疲れるだけですし、その価値もよくわかりませんし(笑)、ヨーロッパに行くくらいなら、北海道・・「星野リゾートトマム」に行きたいということのよう。

【星野リゾートトマム2017】北海道でリッチにバーベキュー!レストランでお手軽夕食バーベキューが楽しめますので口コミします!

2017.08.11

こんな風にバーベキューとかも楽しみましたからね~。子どもとしては北海道行きたいですよね。

ヨーロッパにビジネスクラスで行くとなると1人あたり9万マイル×4人で36万マイルほどかかりますので、貯めるのに10か月ほど掛かります。このため、最近はあまりマイルを使わずに「貯めるモード」に切り替えていたのですが・・。

ヨーロッパ旅行がなくなったので、この20万マイル、贅沢に使ってやることにしました(笑)。

まずは土日を使って、ずっと行きたかった函館旅行!お手軽に行ってきます!

予約ができる週末を見つけて、サクッと予約!

思い立ったが吉日。早速ANA国内線特典航空券を検索してみましたら・・・ありました。土日の空席。

ということで、サクッと予約しました。

土日で往復。函館滞在は約24時間(笑)という。

ANA便ではなく、コードシェアのAirDo便ですが、無料ですので何の文句もありません。

スポンサーリンク

函館市内は1日3500円のレンタカーで移動

函館市内はバスや路面電車でもよいのですが、子連れでめんどくさいのでレンタカーを借りることに。楽天スーパーセール中ということもあり、なんと1日借りて3500円(笑)。

空港までバスの往復で大人400円(1名あたり)、子ども200円はしますので、利便性を考えてもレンタカーはおトクだと思います。函館駅前との往復で2000円は確定ですからね。

函館の1泊2日プラン!

函館はコンパクトな街ですので、1泊2日あれば、しっかり観光できそうです。

時 間 イベント
1日目 13:00 ご当地グルメで軽食
14:30 五稜郭タワー
15:00 ホテルチェックイン
16:00 元町エリア
17:30 函館山観光
19:00 いか刺しで夕食
21:00 就寝
2日目  7:00 函館朝市で朝食
10:00 金森赤レンガ倉庫でお土産を購入
11:00 ご当地グルメをテイクアウト
12:00 名古屋へ

素人なりに簡単に考えただけですのでこれからもちろん検討を重ねますが・・・簡単に考えただけでも楽しそう(笑)。

ご当地グルメはやはりラッキーピエロのハンバーガーか・・はせがわストアのやきとり弁当でしょうか。

なにしろ、無料のANA特典航空券だからできるお手軽プランです。

陸マイラーならではの、究極の贅沢旅行になりそうですね。

スポンサーリンク

残りのマイルで・・・中距離路線国際線ビジネスクラス旅行の人柱報告を計画中!

6万マイルつかってもまだ残りは14万マイルあります。

今回の家族旅行で妻からはお許しをもらったので・・次は、管理人1人で中距離路線国際線ビジネスクラス弾丸旅行にでも行ってみることにしようかと計画中です。

ANA国際線ビジネスクラスの必要マイル数は、バンコクとかの中距離路線で6万マイルなんですが・・なんと、インドのデリーやムンバイでも同じ6万マイルなんですよね。

どうせなら、「絶対に自分では行かんだろう」と思われるインドのデリーなんかに、ビジネスクラスで行ってみて・・人柱報告をしてみようかと計画中です。

なんにせよ、ANAマイルがあって、いろんなところに好きなタイミングで行けるって、本当に素晴らしいですね!

今後もいっぱいANAマイルを貯めて、行きたかった場所に行ってみたいと思っています。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22



AD