【FXシステム案件攻略】ひまわり証券 エコトレFXの陸マイラー的攻略法を解説

陸マイラーにとって、大きなマイル獲得源となるのが、FX案件。

FX案件の中でも、システム案件は抵抗のある方も多いと思いますが、これをクリアできるかどうかが、陸マイラーとしての更なるマイル獲得の登竜門になりえます。

今日は、代表的FXシステム案件であるエコトレFXを有するひまわり証券における「選ぶべきシステム」「各システムの仕組み」「リスク」「リスク回避の方法」等について、攻略してみたいと思います。

FXシステム取引とは

いわゆる通常のFX案件は、相場の値動きを見ながら自分で取引できます。

瞬時に取引をこなせば、利益or損失も1往復(1lot=1万通貨×往復で、2万通貨)あたり数十円程度と限定的ですので、慣れてさえくれば特段の抵抗もなくこなせます。

※1万通貨は米ドルの場合1万米ドルです。1ドル=115円の場合、1万米ドルは1,150,000円になりますが、FX取引の特徴であるレバレッジ(最大25倍)を利かせることで、証拠金約50,000円で、その25倍=1,250,000円の通貨の売買ができるのです。

スポンサーリンク

一方、システム案件は一定のルールに従ってシステムが自動で取引をします。このため、利益or損失がシステム任せになりますので、利益or損失を予測しづらい点が特徴です。

このため、できればシステム系のFX案件には手を出したくないのが本音です。

しかしながら、FX案件は無限にあるわけではなく、いずれは「システム案件」、つまり自動売買案件をこなすことも視野に入ってきます。

ただでさえ抵抗のあるFX案件を、さらに自動売買システムに委ねるというのは輪をかけて抵抗がある人もいらっしゃるかも知れませんが、ここをクリアすると案件の幅が広がります。

システム案件の攻略が、陸マイラーの登竜門といえるのは、こういった理由によります。

なお、はじめてFX案件に挑戦する方は、下記に攻略法を掲載しておりますのでよければご覧ください。

今回挑戦したひまわりFX案件

今回挑戦したのは、ひまわりFXさんのエコトレ案件。

ちなみに、ひまわり証券さんで12,500ポイントは驚異的な案件です。

大体が3~4,000ポイントが相場でしたので、システム案件ではありましたが、チャレンジしてみることにしました。

攻略条件は以下のとおりです。

システム取引である「エコトレFX」で往復10万通貨以上の取引で条件クリア。

これは、エコトレFXにチャレンジしてみるしかありません。

【参考】2017年2月現在のポイント獲得条件

ちなみに、この案件は2017年1月末で終了しており、今現在はレギュラー口座(通常口座)で新規他手玉100万通貨以上の取引、となっています。

100万通貨の新規建玉だと、ひまわり証券はスプレッドが広く、1銭ですので、購入即売却(もしくは売却即購入)しても、1回の取引で最大で下手すると100円の損。×100回で10,000円の損をする可能性があります。

100往復でもらえるポイント量も踏まえて、挑戦するかを判断してください。

選ぶべきシステムはどれか

ここでは、入金の方法等基本的なことは省きます。システム案件にチャレンジするような陸マイラー上級者であれば、入金方法に迷うことはないはずです。

通貨は米ドル(USD)が無難

選べる通貨はいろいろとありますが、USDが無難だと思います。

ひまわり証券さんのエコトレFXですと、米ドルのシステム(プログラム)は、全部で23種類から選ぶことができます。

バーっと出てきますので、どれを選べばよいか迷うのですが、陸マイラーが選択すべきなのは「ループイフダン」システムです。

ループイフダンシステムとは

ループ・イフダンシステムとは、一定のルールに従い、自動的に売り買いを行うシステムです。

・・・というか、いわゆるシステム売買は基本的にそういうものですが、ループ・イフダンはそれが非常に簡単なロジック、かつ短い周期での売買を行うシステムであると考えていただければと思います。

陸マイラーの目的は、FXで利益を上げることではなく、条件のクリアですので、全般的に取引のゆっくりなシステム取引の中でも、短期に取引を行ってくれるループ・イフダンを選ぶのが基本となります。

ループ・イフダンを選択するに当たって着目すべきポイントは、次の2つです。

買い(B)か、売り(S)か

このシステムの名称を良く見ると、「ループ・イフダン」の後のアルファベット(B or S)と、その後の数字(例、40_40など)が違うことがわかります。

これが、ループ・イフダンのそれぞれのシステムの違いとなります。

スポンサーリンク

まず、アルファベットのBかSかですが、BがBuy(買い)、SがSale(売り)の違いです。

Bの場合は、上昇相場に強く、Sの場合は下降相場に強いのが特徴ですが、レンジ相場(いわゆる「もみ合い」)には、いずれのシステムでも対応可能です。

正直下降も上昇も読みづらいのわからないことが多いので、これは運なのですが・・・ここが実は重要だったりします。詳しくは結果編をご覧ください。

数字はpipsの小さいほうを選ぶのが無難

もっとも気にするべきが、システムの最後に記載されている40_40等の、数字の違いです。

これは、売り-買いの間の相場の差額を表しています。

例えば40_40の場合は、売りの場合、買いの場合ともにシステムがとったポジションからいずれも40pips(40銭のこと)値動きがあった場合に、利益確定もしくは新たなポジションをとりに行く、という意味になります。

例えば、1万通貨の取引中の場合、40銭ですと、0.4円×10,000通貨=4,000円の得or損となります。4,000円得をしたらその時点で利益を確定し、4,000円損をしたら、その時点で新たなポジションをとりに行きます。(※原則としてこの動きが基本ですが、システム判断により新たなポジションを取らないこともあります。)

これは考え方次第ですが、取引の動きはpipsが小さいほど早くなります。

このため、できればpipsの小さいシステムを選んだ方が、取引回数は多くなります。

ひまわりFXの場合、30_30のシステムが最小ですので、これをベースに、BかSかはお好み(運任せ?)で選べばよいと思います。

実際にシステムを選んでみる

管理人は、ループ・イフダンS30_30を選択しました。

SかBかはお好みです。実はpipsの大きさも小さければよいというわけでもないのですが、とにかく取引の回数をこなす、という観点からは、小さいほうが良いとは思います。

リスク回避のために~①最大ポジションの設定~

システム運用開始時に、最大ポジション数の設定ができます。

ループ・イフダンの場合、設定したpipsに達すると、利益が出た場合は利益確定しますが、損をする方向に値が動いた場合、自動的に追加で通貨を購入(もしくは売却)し、ポジションを取得します。

つまり、上記の図で取引数量を1万通貨に設定し、例えば30pipsの買いで設定すると、30pips(30銭)下落すると、1万通貨を購入し、さらに30pips下落したら1万通貨を購入し・・・というのが基本的な動きとなりますので、下落を続けた場合、ひたすら損をし続けることになります。

自分が入金した証拠金の金額との見合いもありますが、FX案件攻略目的であれば、2~3のポジション程度にとどめておくと良いと思います。

リスク回避のために~②マイセーフティ機能の設定~

これは、いわゆる「損切り」金額の設定です。

①でポジションの設定の数を抑えても、結局際限なく相場が下落(上昇)した場合、そのポジションの損は際限なく増えていきます。

①は設定しなくとも、②は必ず設定しておきましょう。

これも証拠金の額と、自分なりに許容できる損の額によりますが、30_30の場合利益確定は3,000円がベースですので、その5倍の15,000円くらいに設定しても、5回利益確定して、一発で利益が吹っ飛ぶ計算になります。

でも、これくらいの値動きは普通にありますので、自分が許容できる範囲で必ず設定しましょう。

まとめ~システム案件はリスクを許容して気長に待つ~

実際に取引を始めてみて思いましたが、一番取引値幅が少ない30_30での取引であっても、システムさんはなかなか取引をしません。

自分で取引できれば、さっさとこのどきどきする取引を終わらせるのに・・とは、正直思います。

取引の結果は、こちらからどうぞ!

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください