紀文の糖質0麺「カップでレンジUP」の意外な実力。レシピで悩む必要はもうない

 

どうも。7年間で50kgのダイエットに成功したプロダイエッターの管理人です。

 

糖質制限ダイエッターが必ず食べることになる(断言)、紀文の糖質0麺。

匂いに若干の癖があり、しかも歯ごたえがほぼ0ということで、レシピに悩むのも事実。

 

そんな紀文の糖質0麺に新たにラインナップされた、「カップでレンジUP!」シリーズ。2つとも実食しましたが、これが意外に実力高い。

レシピに悩む必要なく、手軽に食べられる糖質0麺の究極のソリューションになりそうなので、紹介します。

スポンサーリンク

糖質0麺「タラコソース」

 

まずは「タラコソース」から。

つまり、糖質0麺(丸麺)をスパゲッティとして食べろ、というコンセプト

 

糖質0麺は、ほとんど食感のないフニャフニャの歯ごたえが特徴。

アルデンテという言葉が浸透するほど歯ごたえが重視されるスパゲッティというコンセプトに若干の不安がよぎります。

 

肝心の糖質は麺0g。タラコソース6.2g。糖質制限偏差値は高めをキープしているので安心です。

 

スポンサーリンク

麺の見た目は「本物」

 

 

見た目は「おっ」と思うほどの本物感。

ついに本物来たか!?と思いますが、安心してください。食感はフニャフニャです。

 

ちなみに作り方は超簡単で、このままレンジで1分あたため、添付のタラコソースを混ぜるだけ。

本当に1分少々でできます。

 

実食。タラコソースが本物でこれがうまい

 

ぱく。ずるずる。もぐもぐ・・。

うま!

 

見た目は本物のタラコスパゲッティ。

そして、味も本物のタラコスパゲッティ。

足りないのは、食感(歯ごたえ)だけ。でも、歯ごたえを除けば本物のタラコスパゲッティとそん色ない出来です

お手軽糖質制限ランチなどに、激しくおすすめできます。

 

近所のスーパーに売ってない場合は、楽天市場に公式ネットショップがありますので、ネットで購入もできます。

 

 

糖質0麺「カレーうどん」

 

続いてはこちら。

カレーうどん。糖質は麺0g。スープ5.2g。こちらも優秀ですね。

 

カップに水200ccを入れ、カレースープの素を入れて、溶かす。

 

 

溶けにくっ!

作り方には「水に溶かせ」と書いてるんですが、その他いろんな理由からこれはお湯でやった方がよいと思います。

 

 

レンジ500Wで2分加熱・・。

でも、2分だと絶対水のま

 

様子を見ながら、4分程度は加熱の必要があります。

 

スポンサーリンク

実食

4~5分レンチンして完成。

 

うーん。完璧なカレーうどん!

十分スパイシーですし、多分、加熱するとトロミが出るようにスープを工夫しているんだと思いますが、平打ち麺にとろみがついたスープが絡んで絶品

 

これも、昼食におすすめしたい一品です。

 

手軽に糖質制限ランチなら、カップでレンジUPをおすすめ

 

思ったより味も本格派で、歯ごたえを除けば完璧な一品だと思います。

しかも、作るのがクソ簡単。これはなかなかよい一品を見つけました。

休日の糖質制限ランチにおすすめしたいと思います。

 

合わせて読みたい

関連記事:ヘルシア緑茶を10年間毎日飲み続けた。その効果を口コミする

関連記事:7年間で50kgダイエットした管理人がどうやったら痩せるのか徹底解説するよ

 



AD