検索流入が急に増えた。気になるその理由と、検索流入を増やすために心がけたこと

 

最近、特定の記事検索流入がいきなり急激に増える(バズる)、ということが続いています。

この記事を書いているのは2017年11月27日(月)ですが、本日いきなり検索流入が増えた記事が▼これ。

 

関連記事:ジブン専用タブレット「大賞受賞記念モデル」KNWL10K2-SRを買った。旧モデルとの違いを比較!実際の使用感やブログ更新結果も評価・レビューしてみた。

 

ドンキホーテの「情熱価格」でおなじみ、19,800円の格安タブレットを買って使ってみた・・というなんの変哲もない記事なんですが、いきなり異常なまでのアクセス。

 

こんな現象、ここ1週間の間にかなりの頻度で起きてて。

なぜこんなことが起こるのか?ここに検索流入を増やすヒントがあるのか?考察してみました。

 

スポンサーリンク

Yahooの「話題入り」レベルまで注目されるニュースの検索先になると、急に検索流入が伸びる

 

冒頭に紹介したドンキの格安タブレットの記事がいきなりバズった理由

それは、ほとんど間違いなく、同日に「ドンキ、1万9800円のフルHDノートPC発売 「市場最安」」(Yahoo!Japan 内 IT media記事にリンクしています)の記事がYahoo!の「話題入り」するほど注目されたから。

 

それとほとんど同じスペックの格安タブレットKNWL10K2-SRの使用感が分かれば、19,800円ノートパソコンの使用感も大体想像できるだろう・・という連想からの検索であることは火を見るよりも明らか

 

なんじゃこの増加率

1日20件とかだった検索件数が、軽く5~6倍に。まさに「プチバズ」状態

 

毎日検索で安定的に流入する記事ではありませんが、たまにこういった働きを見せてくれると、掲載した甲斐があるというものです。

その他のこの1週間でバズった記事たちも、簡単に紹介します。

 

最近の「プチバズ」記事① 児童手当特例給付打ち切り報道でブチ切れ検索流入

 

自民党の税制改革に伴う様々な増税・減税等に関する記事がYahoo!に取り上げられた11月中旬。中でも高所得者層を中心に怒りを生んだ「児童手当の特例給付廃止」の記事が同じくYahoo!の話題入り。

そうしたら、この記事▼がいきなり検索流入が増えてプチバズ状態。

 

関連記事:児童手当が所得制限で減額。不公平感が半端ないので不平不満をぶちまけてみる

 

結局(2017年11月27日現在)特例給付は存続することで決着するようですが、当時は様々な怒りを呼び起こしたようで、それより一足先に切れていた私のブチ切れ記事に多くの検索流入が。

 

ちょうど「特例給付廃止か?」が記事になった11月18日に、検索流入が激増していて・・その後も、結構安定した検索流入が。

みんなブチ切れたんだね。

 

スポンサーリンク

最近の「プチバズ記事」その② ブラックフライデーでラルフローレン海外通販検索流入

 

プチバズその②は11月24日からの「ブラックフライデー」に伴う検索流入。

ちなみにプチバズした記事は▼これ。

 

関連記事:ラルフローレンはアメリカサイトのセールで購入が最安。個人輸入でラルフを激安ゲット

 

これも、「ブラックフライデー」→「ラルフローレン」→「アメリカ」→「個人輸入」の連想であることはほとんど間違いない。

 

ブラックフライデーって、今年騒いでるけど、何?アメリカ発のセールなの?

ってことは、アメリカのラルフとかで今買ったら安いんだよね?

 

んで、個人輸入って、どうやってやんの?

 

こんな感じの思考回路で検索していただいたんだと。

でも、ブラックフライデー以外でもラルフは絶対にアメリカサイトで個人輸入が最安ですよ。

 

私は7月のJulyセールで買ってます。個人輸入は簡単ですので、上記私の記事を参考にやって見てください。

 

スポンサーリンク

今日のあなたの体験が、明日の誰かの参考になる

 

この「プチバズ」から得た教訓。

それは、今日の私の体験が、明日の誰かの参考に、絶対になるということ。

 

ブログやっていると、結構毎日「何を記事に書くか」にも悩む。

でも、「これ買って使ってみた」とか「個人輸入やってみた。いつも使っているこの業者さん最高」とか、そういった自分の体験は、絶対に誰かの参考になる。

 

私自身も、初めて何かをやるとき、はじめるときは検索して調べるのが癖になってしまうくらいネットの存在感が高まってる。例えどんな内容であれ、「あ、これは誰かのためになるな」と思う記事は、決して無駄じゃない。

決して自分本位(自分の得になること)ではなく、読者が少しでも参考になれば・・という思いで記事を書けば、たまに日の目を見ることもある。

 

些細なこと、自分にとっては普通のことでも、初めて経験する人、やったことのない人、手に取ったことのない人には、実は大きな参考になる。

想定読者は、少し前の「それを知りたかった自分」。

 

ラルフの個人輸入も、ドンキのタブレットの使用感も、結局自分が実は以前は知りたかったことなんですよ。

 

ちょっと前の自分に、自分なりの経験談を記す。

 

そういう気持ちで書いてれば、いずれ、日の目を見るときがくる。最近のプチバズで、本当に思い知りました。

身の回りの小さな出来事でも、誰かの役に立つこともあるかも。そういった気持ちで、これからもブログ更新していきます。

 



AD