香港ディズニーおすすめお土産7選。2018年最新の値段と物価の相場感も紹介

 

2017年末。11月に今年2度目の香港ディズニーランドに行ってきました。

気になるおすすめお土産と大体の値段を徹底リサーチしてきましたので、紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

①文具系

 

ここから詳しく紹介しますが、香港ディズニーランドは物価の異次元空間

普段の感覚では、ほとんどのお土産の価格が高すぎて、簡単には手が出ません。

 

そんな中でも、まだ手頃感があって、種類も豊富。しかも実用的でおすすめしたいのが、文具。

 

ボールペン、鉛筆、消しゴムなどのセット。

 

ボールペン5本で98HK$(約1,500円)。

高い・・と感じるかもしれませんが、まだ香港ディズニーではましな方です。

 

ノート系も種類豊富。

 

プリンセスのノートにボールペンのセット。

 

お値段は75HK$(約1,200円)。

また、おすすめなのは文具がそろった文具セット。

 

ラプンツェルデザインのプラスチックケースの中に・・・。

 

ペンやノート、色鉛筆、消しゴム、はさみなどの詰め合わせ。

 

お値段138HK$(約2,000円)。

これはかなりお得感あり。私は実際に娘用に購入しましたが、とても喜んでいました。

 

文具系は、価格の異次元空間香港ディズニーランドで、まだ良心的な価格帯でラインナップされています。

そんなに重くなく、しかもかさばらないのでお土産のファーストチョイスとしておすすめです。

 

スポンサーリンク

②マグボトル

 

重くなく、かさばらないという観点から次におすすめしたいのが、マグボトル

 

コールドドリンクをちょっと飲むときに重宝しそう。しかもプラスチック製でかなり軽い。

 

お値段は68HK$(約1,000円)。

こちらも、価格の異次元空間にあって良心的なお値段。

 

こんなダッフィーのボトルもありましたよ。少し見えづらいですが、上にストローがついてます。

 

こちらはちょっとお高め138HK$(約2,000円)。

でも、ダッフィーデザインですので欲しい人にはたまらない一品ではないでしょうか。

 

このマグボトル類も、お値段が手ごろで重くなく、かさばらないという利点がありますので、お土産にはおすすめの一品です。

 

③ツムツムグッズ

 

日本のディズニーストア等でも人気のツムツムですが、こちら香港ディズニーでもド定番商品。

しかも、ダッフィーやシェリーメイ、モンスターズインク、不思議の国のアリス、白雪姫など、とにかく種類が豊富

 

日本ではあまり見かけないカーズのツムツムもありました。

写真を撮り忘れましたが、マーベルヒーローのツム(マベツム)もあったと思います。

 

お値段は、1個60HK$(約900円)~75HK$(約1,100円)。2つ以上買うと購入量に応じて最大20%オフされます。

これもかさばらずそんなに高くないので、おすすめのお土産です。

 

スポンサーリンク

④マーベルグッズ

 

香港ディズニーでは、東京ディズニーには未登場マーベルグッズが買えます。

そしてもちろんマーベルヒーローの「アイアンマンエクスペリエンス」というアトラクションもあり。

 

写真はマーベルヒーローのバブルヘッド人形。

 

価格は128HK$(約2,000円)。

ちょっとかさばるのが難点ですが、日本未登場のグッズなので、男の子など、マーベルヒーローが好きな人にはよいお土産になります。

 

あと、先ほども書きましたが「マベツム」もありましたので、こちらもおすすめですね。

 

⑤スマホケース

 

これはマジおすすめ。ダッフィーデザインなど、豊富なデザインから選べる。

しかも、写真のとおり発売から間もないiPhoneXのケースももうこんなに豊富に揃っている。

 

軽くてかさばらなくておすすめ・・といいたいところですが、ここが価格の異次元空間香港ディズニーということを忘れてはダメ。

 

288HK$(約4,320円)って、おい

まあ、ここでしか買えないデザインのものもありそうなので、好きな人にはいいんでしょうが・・。

 

確かに値段は高いことは高い。

ただ、デザインも豊富に揃ってますので、おすすめのお土産であることは間違いないですね。

 

スポンサーリンク

⑥お菓子・クッキー

 

そして、お土産のド定番であるクッキー・チョコクランチなどのお菓子。

この日は11月中旬でしたが、すでにクリスマスデザインのものが発売されていました。

 

しかしまあ・・・このお菓子系、ほとんどぼったくりの価格設定

 

この1缶に14枚のクッキーが入って・・・。

 

95HK$(約1,400円。)って、おいおい

クッキー1枚100円って、どういう価格設定なんだ。

 

 

これはおすすめのお土産でもなんでもないですが、何故か日本のパックンチョ(小袋8袋入り)が売られていて。

日本では大体298円とかで売られているんですが。

 

価格は45HK$(約680円)。

は?って感じです。日本の倍以上の値付けじゃないですか。

 

なにこれ?香港でお菓子って貴重品なの?

と思って、街中で価格調査しましたよ。ええ。

 

一番左に・・ありました。日本でもおなじみブルボンのバタークッキー缶(60枚入り)。

日本での価格は700円~800円といったところ。

 

こちらの価格は65HK$で約900円。ほとんど日本と同等。

ということは、やっぱり香港ディズニーの値付けが異次元空間

 

とはいえ、お菓子類は職場へのお土産として外せない品。かなり高価であることを念頭において、必要最小限の購入にとどめるとよいと思います。

そしてもちろん、パックンチョの購入は禁止です。

 

⑦シェリーメイ&ステラ・ルーグッズ

 

いずれのアイテムも豊富に揃っていますので、お好きな方はどうぞ。

 

スポンサーリンク

まとめ:お菓子をはじめ全般に価格高め。日本で見かけないものを中心にゲットしよう

 

香港ディズニーランドは、全般的に価格設定がかなり高めです。

ただ、そんな中にもそこそこの価格設定で、日本では見かけない様々なグッズがそろっています。

 

価格設定の予習はこれで充分だと思いますので、あとはお気に入りのグッズを手に入れてください。

 

合わせて読みたい

 

関連記事:【香港ディズニーランド】事前購入がおトク 優待価格でチケット購入 具体的な方法と価格は?

関連記事:特典ビジネスクラスで香港ディズニーランド。直前に予約したら変態チケットが取れた

 



AD