毎月450ANAマイルもらえる「カテエネ家族ポイント割」スタート。中部地方在住者は貰うしかない

 

中部地方の電力会社、中部電力がかなりお得な「家族ポイント割」サービスをスタートさせています。

中部地方もしくは首都圏在住で、自分も中部電力と契約していて、さらに中部電力と契約している家族がいる場合、中部電力のポイントサービス「カテエネ」に加入したうえで、この「家族ポイント割」に相互に加入することで、家族相互に月100P(100円相当)のポイントがもらえる。

 

しかも、2親等以内の家族であれば、最大5家族分までこの家族割のポイントがもらえるので、電気の使用量に応じてもらえるカテエネポイントとは別に、最大毎月500P(500円相当)のポイントがもらえる計算です。

そしてカテエネのすごさは、電力会社のサイトとは思えないくらい相互交換の提携先ポイントサイトが充実していること。

 

三井住友カード「ワールドプレゼント」等のポイントを経由してソラチカルートでマイルに変換すれば、毎月、電気の使用量によらず定期的に450ANAマイルもらうことも可能です。

450ANAマイルといえば、羽田ー函館間の区間基本マイルに相当するマイル数です。空飛んでる場合じゃないですよ本当に。

 

このお得な家族ポイント割を、陸マイラーの私がさらにお得に活用する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

カテエネポイントはANAマイルと交換すると価値が倍以上になる

 

家族ポイント割でもらったカテエネポイントは、単純に電気料金に充当すれば1P=1円で使えます。また、Tポイント等にも1P=1Pの等価交換できるので、1円の価値があると考えればよいでしょう。

でも、ANAのマイルへ交換すると、なんと1P=2円以上の価値にできるんです

 

その理由は、ANAのマイルを貯めれば、例えば40万以上もするヨーロッパ行きビジネスクラスチケット(往復)が、レギュラーシーズンであれば9万マイルあれば特典航空券として無料で発券できるから。この場合、マイルの価値は1マイル=4円以上です。

つまり、ANAマイルに交換すれば、カテエネポイント1ポイントを、0.9マイル=2円以上の価値にすることも可能なんです。

 

「でも、カテエネ500Pだけじゃたったの450ANAマイルでしょ」「そんな9万マイルとかって・・そんなにマイルなんて貯まんないよ」

とお考えの方は、まずは▼関連記事をご覧ください。毎月夫婦で36,000ANAマイルを貯める、その方法と、このカテエネポイントが毎月500P貯まるというのがかなり重要という理由がわかると思います。

 

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

関連記事:陸マイラー1周年。貯まったマイルは50万。マイルの貯め方とポイント

 

スポンサーリンク

カテエネポイントはソラチカルートに乗せると1P=0.9ANAマイルに変換できる

 

カテエネポイントをANAマイルに交換する方法がこちら。カテエネポイント→ワールドプレゼント→Pex→メトロポイント→ANAマイルの、ソラチカルートを使った黄金ルート

このルートを使うことで、1P=0.9ANAマイルに変換できます。

 

三井住友VISAの「ワールドプレゼント」にまずポイント変換。さらにワールドプレゼントをPexに交換して、ソラチカルートを経由してANAマイルへ変換。このルートを使うことで、最短で450ANAをゲットできます。

上記のルートで一点だけ気を付けるべき点は、ワールドプレゼント(ボーナス)のANAマイルへの交換方法。ワールドプレゼント(ボーナス)はそのままANAマイルに変換しても1P=3ANAマイルにしかなりません。

 

PeXを経由させて、初めて1P=4.5ANAマイルに変換可能です。

ワールドポイントをそのままANAマイルに変換したら1P=3マイル。ワールドポイント1P→Pex5P→メトロポイント5P→4.5ANAマイルです。

 

この変換ルートがものすごく重要なので覚えておいてください。

 

ちなみに、ワールドポイント(ボーナス)ではなく通常ポイントとして付与されているなら、ANAVISAワイドゴールドカードを持ってれば1P=10ANAマイルになるので、500P=1,000ANAマイルになるのですが・・。

さすがに通常ポイントではないと思いますので、Pexルートで計算しました。(ワールドプレゼントは獲得履歴が見られないのでカテエネポイントが通常に変換されたのか、ボーナスに変換されたのかよくわかんないんです・・。)

 

そして、Pex経由でマイルを貯めるには経由地としてメトロポイント(通称:ソラチカルート)が必要になります。メトロポイントってなに?ソラチカルートって?という方は、以下の関連記事に詳しく解説しています。

「ソラチカカード」を持っていないとANAマイルへの0.9倍での交換は不可能ですので、下記▼関連記事を必ず読んで理解してください。

関連記事:【ソラチカカード徹底攻略】ソラチカルート、入会マイル、審査、支払名人、キャンペーン、ポイント全て攻略

 

 

ちなみに・・・ポイント交換ルートを検索するのに便利な「ポイ探」で検索すると真っ先に出てきた交換ルートは・・・なんじゃこれ。

このルートでも・・500Pが最終的に450ANAマイルにはなるんですが・・あまり一般的なルートではないですね。上記のルートを使った方が短期に効率よくマイルに変換できます。

 

スポンサーリンク

中部電力「家族ポイント割」を申し込む際の留意点

 

家族ポイント割の対象や申し込み方法については、わざわざ私がこのブログで紹介するまでもなく、中部電力の「カテエネ」HPにわかりやすく記載されていますので、リンク先でご覧ください。

ここからは、公式HPに記載されていない情報を捕捉説明していきます。

 

①親族の範囲(2親等以内の親族)について

 

この「家族ポイント割」ですが、親、兄弟、子ども、孫など2親等以内の家族・親族が加入対象。

 

2親等の親族の範囲はこちら。意外に広いというか・・狭いというか。叔父さん・叔母さんは対象なんですが、従妹は対象になりません

でも・・実はこの家族ポイント割に申し込む際の親族関係については自己申告制で、特段の家族関係チェック等はありません。どうやって家族関係を判別しているのかは・・謎です。チェックしてないのかも。

 

②家族紹介に登録可能な家族は5家族まで

 

これも結構大事なんですが、家族ポイント割には、5家族まで登録できます

親族関係総動員して、5人きっちり登録しましょう。というか、どうせ電気を使うんだったら、絶対に登録しなければ損です。

 

公式サイトに「1月500Pまでとします」と書いてあるくらいですから、500P上限でもらえるのも間違いないですね。

 

スポンサーリンク

③カテエネ未加入の人は、ポイントサイト経由でカテエネに加入すればさらに1000円以上もらえる

 

家族ポイント割を申し込むためには、中部電力のポータルサイト「カテエネ」に会員登録する必要があります。

このカテエネですが、当然ながら無料で使えます。無料なばかりか、登録すればポイントがもらえるので金がもらえてしまう、毎日の電気の使い方もなども「見える化」してもらえる、まさにお得しかないサイトです。

 

そんなお得しかないカテエネに登録する際、ポイントサイトを経由するだけで、またさらに1,000円以上のポイントがもらえてしまうことを、あなたはご存知でしたか?

 

こんな感じですね。

この日に最もポイントが高いのはGetMoney!の模様。GetMoney!を経由してカテエネに登録するだけで、1,300円相当のポイントがもらえるんですよ。

 

GetMoney!は10P=1円相当ですので、13,000P=1,300円相当のポイントがもらえます。

さらにカテエネポイントも300円分もらえるので、合計1,600Pです。無料登録するだけで、これはお得だと思います。

 

カテエネに登録する際は、絶対にポイントサイト経由で登録してください。ポイントサイト経由でなくても登録は可能ですが、1,300円相当のポイントを貰えないだけです。全く意味がないですよ。

GetMoneyに登録するなら、今なら▼このバナーから登録するだけで、さらに1,000P(100円相当)のポイントがもらえま1す。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

陸マイラーにとって、毎月500Pの価値は高い

 

陸マイラーの毎月のノルマは、「毎月2万ポイントを貯める」こと。

なぜなら、上で紹介した「ソラチカルート」(東京メトロポイント→ANAマイル)の最大交換限度額が一月2万ポイントまでだから。

 

なので、平均的な陸マイラーは毎月2万ポイントをノルマに、飛行機に乗らずに陸でポイントを貯めています。2万ポイントって結構なポイント数だよ?と思われるかも知れませんが、陸マイラーならきっちり貯めています。もちろん、私も貯めています。

で、この毎月2万ポイントのノルマにとって、この毎月のカテエネポイント500Pってかなり価値が高いんですよ。

 

毎月きっちり500Pずつ使ってもよいし、10か月ごとに5,000Pとして使ってもよい。これまでポイントを生み出す対象としてみていなかった電力契約から毎月500Pももらえるって、結構大きいです。

しかも、中部電力の場合電気代200円ごとにさらに1Pもらえるので、1万円ほど使っている家庭なら、さらに50Pもらえますからね。

 

家族ポイント割をうまく使って、陸マイラーの大きなポイント源にしてしまいましょう。

 



 

 

AD