ソラチカカード2019年夏入会キャンペーンで最大5万4千ANAマイルもらえる!お得な入会方法を徹底解説

ソラチカカードの2019年夏版新規入会キャンペーンが絶賛開催中です。

ソラチカカードを所有することで、ANAマイルへの交換率「1円=0.9ANAマイル」という驚異のポイント交換率を擁する、陸マイラー御用達のポイントプログラム「東京メトロポイント」を利用できます。

このため、まずはソラチカカードを発券することが、陸マイラー生活の第一歩となるといっても過言ではないんです。

ソラチカカードが陸マイラー必携である理由。年間20万ANAマイルを生み出す最強カード

そして、陸マイラー生活の第一歩となるもう一つの理由が、ソラチカカードの入会キャンペーンです。ソラチカカードの入会キャンペーンでも、実は大量のANAマイルを貯めることができるんです。

2019年夏版の、ソラチカカードに入会キャンペーンを利用してお得に入会する方法を解説します。

スポンサーリンク

目次

ソラチカカードの入会キャンペーンで大量マイルがもらえる!

ソラチカカードは、大量ANAマイルを貯めるために必須のカードです。

しかも、そんな必携カードであるにも関わらず、ポイントサイトや入会キャンペーンを活用することでいきなり大量マイルを貯めることができます。このソラチカカードの発行&利用で最大限のマイルを貯め、お得にカードに入会する手順は、以下の2つの順序が正解です。

ソラチカカードの入会順序
  1. ポイントサイト経由でカード発行する
  2. 入会キャンペーンをクリアする

順番に、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

①ポイントサイト経由でカード発券する

まず、ソラチカカード発券において必ず経由すべきなのがポイントサイトです。ポイントサイトを経由してクレジットカードを発券すると、大量ポイントがもらえるんです。これ、ご存知でしたか?

そしてもちろん、ソラチカカードもポイント獲得対象なんです。

2017年から2018年に掛けては、陸マイラーがソラチカカードを大量発券したことで、何もせずとも潤沢な入会者があったからか、ポイントサイトでソラチカカード案件を見つけることはほとんどありませんでしたが、2019年夏現在は継続的に掲載されていますね。

例えば、こちらはポイントサイト「ちょびリッチ」に掲載されているソラチカカードの広告です。ちょびリッチポイントは1円=0.5円の価値ですから、ソラチカカードの発券だけで7,000円分のポイントがもらえます。

そして、この7,000円分のポイントは、ANAマイルへのポイント交換率0.81倍を誇る通称「LINEルート」でANAマイルに交換できますので、5,670ANAマイルに交換できます。ソラチカカードの発券だけで、いきなり国内線の片道航空券に交換可能なANAマイルが貯まるって、凄すぎですよね。

このため、ソラチカカードは絶対にポイントサイトを経由して発券するようにしてください。ポイントサイトを活用して大量ANAマイルを貯める方法は、以下の関連記事も是非ご参照ください。

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

【2019年夏最新】ポイントサイトソラチカ相場情報

さて、このポイントサイトでのソラチカカード案件の最新情報です。

2019年夏現在は、ポイントサイト「すぐたま」が7,500円相当のポイント、「ちょびリッチ」が7,000円相当のポイントを、安定して叩き出している状態ですね。※ポイントサイトでのソラチカカード案件の相場は日々変動しますので、目安としてご覧ください。

すぐたまはプリンスポイントに交換可能な、ホテル宿泊者御用達サイトです。

また、ちょびリッチはGポイント経由でANAマイルへの交換が簡単なポイントサイトです。それぞれニーズにあったサイトで発券すればよいと思います。

ANAマイラーとして、個人的なおすすめはちょびリッチですね。ちょびリッチはなんといってもANAマイルを非常に貯めやすいポイントサイトですので、陸マイラーを目指す方の第一歩としては、ちょびリッチがおススメなのではないかと思います。

ちょびリッチへの登録は以下のバナーからどうぞ。バナーから登録して登録月の月末までに1ポイント以上獲得すると、500ポイント(250円相当)のポイントがもらえます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチへの会員登録が終了したら、以下のバナーからソラチカカードの申込ができます。

ちょびリッチで大量ANAマイルを稼ぐ方法や、ちょびリッチの概要については以下の関連記事からどうぞ。

ちょびリッチでのポイントの稼ぎ方とGポイント経由でのANAマイルへの交換方法

ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する方法

ポイントサイトで貯めたポイントは、この記事でご紹介しているソラチカカードのポイントプログラムである「東京メトロポイント」を経由して1円=0.81ANAマイルに交換することができます。

このポイント交換ルートのことの「ソラチカルート」または「LINEルート」といいます。この交換ルートと交換方法は陸マイラー必須の知識ですので、必ず理解しておいてくださいね。

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

②入会キャンペーンをクリアする

ソラチカカードの入会順序①ポイントサイト経由でのカード発行については、よろしかったでしょうか?これだけでいきなり数千ANAマイル分のポイントを貯めることができるため、必ず忘れないように利用してください。

さて、次がこの記事の本題である②ソラチカカード入会キャンペーンのご紹介です。

2019年夏版のキャンペーンの場合、総額で5万ANAマイル以上貯めることができる超絶キャンペーンとなっています。

そして、この入会キャンペーンは、ポイントサイトを経由してカードを発行した場合でも適用されますので、ご安心ください。

上記JCBカードのキャンペーンは「最大54,400マイル」相当がもらえるキャンペーンとなっていますが、この最大マイルがもらえるのは、プレミアムカードである「プラチナカード」です。ソラチカカードは年会費2,000円(税抜き)の「一般カード」ですので、入会キャンペーンのクリアでもらえるのは、最大36,100ANAマイル相当のOkiDokiポイントになります。

「ん?でも冒頭にこのキャンペーンで5万ANAマイルもらえるって書いてたよね?」「計算が合わなくない?」と思われましたか?

実は、後述しますがこのOkiDokiポイントはうまく利用すれば、さらに大量のANAマイルに交換できるんです。もらえるマイルの総額は、ポイントサイトでの獲得分も加えるとなんと総額で約5万4千マイルに達します。

ではどうすれば5万4千ANAマイルを手に入れられるのか?順番に、キャンペーンの内容を確認していきます。

スポンサーリンク

JCB主催キャンぺーン

まずは、JCBカード主催の入会キャンペーンです。このキャンペーンは、以下4つのパートに分かれています。

JCB主催キャンペーンの概要
  1. MyJチェック登録で400OkiDokiポイント
  2. カード利用10万円以上で500OkiDokiポイント
  3.   〃  25万円以上で2,000OkiDokiポイント
  4.   〃  70万円以上で5,800OkiDokiポイント

2019年夏版のソラチカカードの入会キャンペーンの詳細がこちらです。(※特典②~④は重複適用は不可です。)

カード入会から12月31日までの間で70万円以上利用と若干ハードルは高めですが、①+④70万円利用時のポイントで、最大6,200OkiDokiポイントがもらえます。

そして、この6,200OkiDokiポイントはボーナスポイントの扱いになりますので、1P=3ANAマイルに交換できます。(※通常のOkiDokiポイントは、1P=5ANAマイルに交換できるんですが、ボーナスポイントは一律1P=3ANAマイルにしか交換できない)このため、この6,200Pは、18,600ANAマイルに交換できる計算なんですが・・実はこれ、全部クリアできれば総額で最大28,900ANAマイルをゲットできるんです。

OkiDokiポイントは東京メトロポイント経由でANAマイルに交換する方がお得

「いい加減、計算方法を教えろ!」と思われましたか?お待たせしました。早速そのからくりをご紹介します。

このJCBカードのキャンペーンでは、直接ANAマイルがもらえるわけではなく、上記のようにJCBカードのポイントプログラムであるOkiDokiポイントがもらえます。

そして、前述のとおり、入会キャンペーンでもらえるOkiDokiポイントは「ボーナスポイント」の扱いになるため、OkiDokiポイントから直接ANAマイルに交換すると、上記のとおり、1P=3ANAマイルのレートでANAマイルに交換できます。この計算方法で計算しているため、公式表記上も1,000P=3,000ANAマイルと、1P=3ANAマイルの倍率になっています。

OkiDokiポイントのANAマイルへの直接交換率
  • 一般(通常ポイント)1P=5ANAマイル
  • ボーナスポイント1P=3ANAマイル

公式の方法、つまりOkiDokiポイントをANAマイルに直接交換した場合のANAマイルへの交換率はこちらですね。

しかし・・・実はこのJCBのOkiDokiポイントは、普通に東京メトロポイントにも交換できます。そして、その際の交換率は通常ポイント、ボーナスポイントいずれも1P=5メトロポイントです。

こちらですね。

そして、冒頭にご紹介した東京メトロポイントの決定的なメリットを思い出してください。そうです。東京メトロポイント1Pは、ANAマイルに、0.9倍の倍率で交換できるんです。

OkiDokiポイントの東京メトロポイント経由交換率
  • 一般(通常ポイント)1P=4.5ANAマイル
  • ボーナスポイント1P=5メトロポイント=4.5ANAマイル

OkiDokiポイントのボーナスポイントは、一旦東京メトロポイントを経由してANAマイルに交換することにより、1P=4.5ANAマイルに交換できます。(※一般ポイントは、東京メトロポイントに交換すると5→4.5ANAマイルに逆に交換率が下がるので注意)

公式サイトで何故この方法を紹介しないのか・・・したくないのかは定かではありませんが、このボーナスポイントの活用方法により、JCBカード入会キャンペーンは、実は予想以上に破壊力のあるキャンペーンになります。

つまり、キャンペーンでもらえるOkiDokiポイントは1P=4.5ANAマイルに交換可能なんです。ここからは、この通り1P=4.5ANAマイルの前提で、JCB主催キャンペーンの詳細を解説していきます。

①入会マイル

ANAカードに入会すると誰でももらえる「お約束」のようなマイルです。一般カードの場合1,000ANAマイルで固定となっています。

ソラチカカードは一般カードですので1,000ANAマイルがもらえます。

②MyJチェック登録で1,800ANAマイル

JCB主催キャンペーンの実質1つ目がこちらです。MyJチェック登録で、400PのOkiDokiポイント、1P=4.5ANAマイル換算で、1,800ANAマイルがもらえます。

MyJチェックは、会員専用WEBサービス「MyJCB」でカードご利用代金明細を確認するサービスです。原則、紙のカードご利用代金明細書は送付されません。毎月カードのご利用明細が確定後、MyJCBに登録のEメールアドレスへの案内がされます。いまさら紙の明細書の時代ではありませんので、別にキャンペーンじゃなくても登録すべきサービスなんですが、この登録だけで1,800ANAマイルももらえてしまいます。滅茶苦茶太っ腹ですね。

なお、このJCBキャンペーンは、まずキャンペーンの参加登録が必要です。キャンペーンの登録は絶対に忘れないようにしてください。登録はこちらから可能です。キャンペーン参加登録が完了したら、MyJチェックを行ってください。MyJチェックの登録はこちらからも可能です。

③一定額のカード利用で最大26,100ANAマイル

そして、JCB主催キャンペーンでなんといっても強烈なのがこちらでしょう。カード利用最大70万円を達成できれば、最大で5,800OkiDokiポイントがもらえます。

このOkiDokiポイントは4.5ANAマイルに交換できるので、最大で26,100ANAマイルもらえます。

つまり、①の入会ボーナスマイル1,000ANAマイル、②のMyJチェックでもらえる1,200ANAマイルと合わせると、このJCB主催の入会キャンペーンでは、なんと最大28,900ANAマイルもらえるってことです。

ただし、③については正直70万円の利用って結構な金額ですので、これも普段の支出に応じて狙うマイル数を決めてください。カード利用25万円でも、9,000ANAマイルですから、かなり美味しいと思いますよ。

スポンサーリンク

②ANA主催キャンペーン

さらに、この28,900ANAマイルにとどまらないんです!!

2019年7月現在、このJCB主催の「ご紹介プログラム」特別入会キャンペーンに加え、さらにANA側の入会キャンペーン(ANA主催)も実施中で、さらに16,500ANAマイルがもらえるんです。

もちろん、上記アメックス主催「ご紹介キャンペーン」とANA主催「ANAカード入会キャンペーン」は重複可能ですので、それぞれ別々にマイルがもらえます。このため、なんと合計最大45,400ANAマイル(28,900+16,500)ももらえてしまう、ということになります。

これはもう脅威的といってよいマイル数ですね。

このANA主催の入会キャンペーンの内訳は、上記のとおりとなっています。

ANA主催キャンペーンの内訳
特典 もらえるマイル
新規入会マイル
ANA便搭乗特典 1,000
3か月以内に50万円利用 15,000
ファミリーマイル登録 500
合 計 16,500

新規入会マイルは、アメックス主催キャンペーンでカウント済みのため、ここではカウントできません。

新規入会マイルを除いた、ANA主催のキャンペーンでもらえる16,500ANAマイルを加えると、JCB主催キャンペーンでもらえる28,900ANAマイルとの合計で45,400ANAマイルがもらえる、ということになります。

ちなみに、ANA便への搭乗特典の1,000ANAマイルは、キャンペーン期間中(7月19日(金)~10月31日(木))にANAマイル積算運賃でANA便に搭乗するだけでもらえます。ANAマイルを貯めている方であれば、これはさして難しくはないでしょう。

また、「3か月以内に50万円の利用」の実績は、JCB側の入会キャンペーンの利用実績と重複でカウントすることが可能です。つまり、JCB側の「カードを70万円以上利用」という入会キャンペーンの条件をクリアすると、自動的にこのANAカードのキャンペーンの条件もクリアです。

最後の条件である、ファミリーマイル登録はまさに「登録するだけ」なので簡単です。

ポイントサイト+入会キャンペーンでもらえるANAマイルの合計

項目 ANAマイル
ポイントサイト 約5,600
入会ボーナス 1,000
JCBキャンペーン 約27,900
ANAキャンペーン 16,500
合 計 51,000マイル

このように、2019年夏のキャンペーンの場合、うまくポイントサイト案件と入会キャンペーンがハマれば、なんとANAマイラー必須のソラチカカードの発行で、約51,000ANAマイルを手に入れることも可能です。

ここに、ソラチカカードの通常のショッピングマイル(還元率0.5%)ももちろんもらえます。70万円利用した場合は、約3,500ANAマイルですので、合計54,500ANAマイル超ということです。

もし、ポイントサイトの案件が無かったり、入会キャンペーン開催中でなかったりしてもソラチカカードはすぐに発券するべきカードだと思いますが、上手く利用できる場合は是非利用してください。

スポンサーリンク

ソラチカカードの発行に当たっての注意点

発行時の注意点
  • ポイントコースの選択は「マルチポイントコースの5マイル」
  • キャッシング枠は「0」円が基本

このソラチカカード発行時の注意点。まず第一は、ポイントサイトにソラチカカード案件が掲載されている場合は、絶対にポイントサイト経由で申し込むようにしてください。

もし、ポイントサイト案件が掲載されていなければ、こちらからそれぞれ申込しましょう。

そして、このソラチカカードの入会/発行ですが、これは入力フォームに沿って順に入力するだけですので、全く難しいことはありません。強いて言うなら、注意点は上記2点です。

順に、簡単にご説明します。

ポイントコースの選択

まず、いきなり面食らうのがこの「ポイントコースの選択」だと思います。

項目 説明
マルチコース ポイントからマイルへの移行タイミングを選べる
自動移行コース ポイントからマイルに自動移行される
5マイルコース 通常Pが1P=5ANAマイルに交換できる
10マイルコース 通常Pが1P=10ANAマイルに交換できる(有料)

マルチだの自動移行だのいきなりさっぱりわからないと思いますので、簡単に説明したものがこちらです。

簡単に言うとOkiDokiポイントを手動交換(マルチ)にするか、自動交換(自動移行)にするか。

そして、通常ポイントは1P=5ANAマイル(無料)に交換するか、1P=10ANAマイル(年間5,000円の手数料)に交換するか、という選択です。

正直、自動的にマイルに移行されるとめちゃ困りますので、ここはマルチコースを選んでおきましょう。

また、ショッピングで貯めたOkiDokiポイント(通常)ではANAマイルを貯まりません。入会キャンペーンでANAマイルを貯められればそれで十分なので、不要な年会費を支払う必要はありません。このため、1P=5ANAマイルコースで十分です。

このため、ポイントコースは「マルチポイントコース(5マイル)」を選択しましょう。

キャッシング枠の選択

そしてもう一つのポイントがこちらです。「キャッシングサービス(融資)ご利用希望枠」は、「その他」を選択したうえで「0」万円で入力しておきましょう。

審査のスピードや、プロセスに格段の違いがでます。

キャッシング枠なしの審査は18分、ありの審査は5日

キャッシング枠 金額 審査通過
なし 0 18分
あり 10万円 5日

ちなみに、私が実際に発券した際の、キャッシング枠の有無による審査通過までの時間の違いがこちら。

キャッシング枠のなしの場合、たったの18分。一方、キャッシング枠有りの場合、審査通過まで5日もかかりました。しかも、職場への在籍確認電話までありました。

この結果、キャッシング枠有りのカードが届いたのが審査通過から約10日後でしたので、発行まで約2週間を要しました。キャッシング枠なしのカードに比べて、審査の過程も面倒ですし、発行までの期間も長かったです。

メインで使うわけでもないカードにキャッシング枠を設定するのは本末転倒です。

ソラチカカードでキャッシング利用するつもりの方を除き、絶対にキャッシング枠は0で発行するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ソラチカカード発券で大量ANAマイルを獲得する方法
  1. ポイントサイト経由の入会
  2. 入会ボーナスマイル
  3. JCB主催入会キャンペーン
  4. ANA主催入会キャンペーン

いかがでしたでしょうか?

このソラチカカード2019年夏の3つの入会キャンペーンの活用により、なんと最大で約5万4千ANAマイル以上もらえてしまいます。

繰り返しですが、ソラチカカードは陸マイラー必携のカードです。そのカードでこれだけのキャンペーンが行われているんですから、これは利用するほかありませんね。

ポイントサイト+クレジットカードの入会キャンペーンは陸マイラーがポイントを貯めるうえでの2トップですから、是非陸マイラーのスタートダッシュとしてこのキャンペーンを攻略してみてはいかがでしょうか?

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

 

ここから下は、2019年春のキャンペーンです。

さて、次がこの記事の本題である入会キャンペーンのご紹介です。2019年春版のキャンペーンの場合、総額で6万マイル以上貯めることができる超絶キャンペーンとなっています。

そして、この入会キャンペーンは、ポイントサイトを経由してカードを発行した場合でも適用されます。

上記JCBカードのキャンペーンは「最大56,500マイル」相当がもらえるキャンペーンですが、この最大マイルがもらえるのはプレミアムカードです。一般カードであるソラチカカードでもらえるのは、最大37,700ANAマイル相当のポイントになります。

しかしながら、後述しますがこのポイントはうまく利用すればさらに大量のANAマイルにも交換できます。もらえるマイルの総額は、ポイントサイトでの獲得分も加えるとなんと総額で約6万マイルに達します。

このキャンペーンは3つの主催キャンペーンに分かれています。

  1. ANA主催キャンペーン
  2. JCB主催キャンペーン
  3. メトロ主催キャンペーン

ではどうすれば6万ANAマイルを手に入れられるのか?順番に、キャンペーンの内容を確認していきます。

スポンサーリンク

ANA主催キャンぺーン

特典・条件 ANAマイル
①入会マイル 1,000マイル
②キャンペーン参加登録 500マイル
③50万円以上利用(3か月以内) 15,000マイル
④ANAカードファミリーマイル登録 500マイル
合計 17,000マイル

まず、ANAが実施するキャンペーンがこちら。全部で17,000ANAマイルがもらえます。

①入会マイル

ANAカードに入会すると誰でももらえる「お約束」のようなマイルです。一般カードの場合1,000マイルで固定となっています。

ソラチカカードは一般カードですので1,000ANAマイルがもらえます。

②キャンペーン参加登録

ANA主催入会キャンペーンのファーストステップがこちらです。ANA主催キャンペーンへの参加登録で500マイルがもらえます。この参加登録は、③以降ご説明するANAキャンペーンの適用に必須となりますので、忘れずに参加登録して下さい。

こちらからも参加登録可能です。

③50万円利用で15,000ANAマイル

次のキャンペーン③がこちらです。カード入会後約3か月以内に50万円以上のカード利用で15,000マイルがもらえます。なお、15万円以上でも3,000マイルもらえるので、普段の支出に応じて狙うボーナスマイルを変えていきましょう。

入会日 利用期間 ボーナスマイル積算時期
2019年1月15日(火)~2月28日(木) 2019年1月15日(火)~4月30日(火) 2019年7月下旬予定
2019年3月1日(金)~3月31日(日) 2019年3月1日(金)~5月31日(金) 2019年8月下旬予定
2019年4月1日(月)~4月30日(火) 2019年4月1日(月)~6月30日(日) 2019年9月下旬予定
2019年5月1日(水)~5月31日(金) 2019年5月1日(水)~7月31日(水) 2019年10月下旬予定

なお、入会日により、利用がカウントされる期間が異なってきますのでご注意ください。下手すると利用期間が約2か月しかなかったりするので、入会日はよく考えた方がよいと思います。

④ANAカードファミリーマイル登録で500マイル

ANA主催キャンペーンの最後がこちらです。ANAカードファミリーマイルにプライム会員登録することで500ANAマイルがもらえます。

ANAカードファミリーマイルとは、家族がそれぞれ貯めたマイルを特典に交換する際に、マイルを家族で足し合わせて利用できるANAカード個人会員限定のサービスです。ひとりのマイルでは特典に届かなくても、家族みんなのマイルを必要な分だけ足し合わせることで、特典航空券の発券に近づきます。

このプライム会員登録とは、要は司令塔・管理者的な立場です。プライム会員を中心に家族合算してマイルを使えるようになります。ANAカードファミリーマイルの概要はこちらからご確認できます。

スポンサーリンク

②JCB主催キャンぺーン

特典・条件 OkiDokiポイント 実質ANAマイル
①MyJチェック登録 400P(1,200マイル) 1,800マイル
②30万円以上利用(6月末まで) 1,000P(3,000マイル) 4,500マイル
②55万円以上利用(6月末まで) 2,500P(7,500マイル) 11,250マイル
②130万円以上利用(6月末まで) 6,500P(19,500マイル) 29,250マイル
合 計 10,400P(31,200マイル) 最大31,050マイル

そして、なんといっても滅茶苦茶大きいのが、こちらのJCBカード主催キャンペーンです。

最大マイルを獲得するには約半年間で130万円以上の利用が必要と、若干ハードルは高めですが、全部クリアできれば総額で最大31,050ANAマイルをゲットできます。

前提情報:OkiDokiポイントは東京メトロポイント経由でANAマイルに交換する方がお得

ちなみに、このJCBカードのキャンペーンでは、直接ANAマイルがもらえるわけではなく、上記のようにJCBカードのポイントプログラムであるOkiDokiポイントがもらえます。

そして、入会キャンペーンでもらえるOkiDokiポイントは「ボーナスポイント」の扱いになるため、OkiDokiポイントから直接ANAマイルに交換すると、上記のとおり、1P=3ANAマイルのレートでANAマイルに交換できます。

この計算方法で計算しているため、公式表記上も1,000P=3,000ANAマイルと、1P=3ANAマイルの倍率になっています。

分 類 直接交換率
一般(通常)P 1P=5ANAマイル
ボーナスP 1P=3ANAマイル

公式の方法、つまりOkiDokiポイントをANAマイルに直接交換した場合のANAマイルへの交換率はこちらですね。

しかし・・・実はこのJCBのOkiDokiポイントは、なんと東京メトロポイントにも交換できます。そして、その際の交換率は通常ポイント、ボーナスポイントいずれも1P=5メトロポイントです。

こちらですね。

そして、冒頭にご紹介した東京メトロポイントの決定的なメリットを思い出してください。そうです。東京メトロポイント1Pは、ANAマイルに、0.9倍の倍率で交換できるんです。

分類 東京メトロ経由交換率
一般(通常)P 1P=5ANAマイル
ボーナスP 1P=4.5ANAマイル

OkiDokiポイントのボーナスポイントは、一旦東京メトロポイントを経由してANAマイルに交換することにより、1P=4.5ANAマイルに交換できます。(※一般ポイントは、東京メトロポイントに交換すると5→4.5ANAマイルに逆に交換率が下がるので注意)

公式サイトで何故この方法を紹介しないのか・・・したくないのかは定かではありませんが、このボーナスポイントの活用方法により、JCBカード入会キャンペーンは、実は予想以上に破壊力のあるキャンペーンになります。

ここからは、ご紹介したとおりキャンペーンでもらえるOkiDokiポイントは1P=3ANAマイルではなく4.5ANAマイルに交換可能、という前提で読み進めてください。

①MyJチェック登録で1,800ANAマイル

JCB主催キャンペーンの1つ目がこちらです。MyJチェック登録で、400PのOkiDokiポイント、1,800ANAマイルがもらえます。

MyJチェックは、会員専用WEBサービス「MyJCB」でカードご利用代金明細を確認するサービスです。原則、紙のカードご利用代金明細書は送付されません。毎月カードのご利用明細が確定後、MyJCBに登録のEメールアドレスへの案内がされます。

いまさら紙の明細書の時代ではありませんので、別にキャンペーンじゃなくても登録すべきサービスなんですが、この登録だけで1,800マイルももらえてしまいます。滅茶苦茶太っ腹ですね。

なお、このJCBキャンペーンは、まずキャンペーンの参加登録が必要です。キャンペーンの登録は絶対に忘れないようにしてください。登録はこちらから可能です。キャンペーン参加登録が完了したら、MyJチェックを行ってください。MyJチェックの登録はこちらからも可能です。

②一定額のカード利用で最大ANAマイル

そして、JCB主催キャンペーンでなんといっても強烈なのがこちらでしょう。カード利用最大130万円を達成できれば、最大で6,500OkiDokiポイントがもらえます。

このOkiDokiポイントは4.5ANAマイルに交換できるので、なんと最大29,250ANAマイルってことです。

ただし、正直130万円の利用って結構な金額ですので、これも普段の支出に応じて狙うマイル数を決めてください。カード利用30万円でも、4,500ANAマイルですからかなり美味しいと思いますよ。

スポンサーリンク

メトロ主催キャンぺーン

特典・条件 メトロポイント ANAマイル
①PASMOオートチャージ登録 500P 450マイル

最後に、東京メトロ主催の入会キャンペーンです。

PASMOへのオートチャージ登録で500Pのメトロポイントがもらえます。メトロポイントは1P=0.9ANAマイルに交換できるので、450ANAマイルがもらえる計算になります。

ポイントサイト+入会キャンペーンでもらえるANAマイルの合計

項目 ANAマイル
ポイントサイト 約5,600
ANAキャンペーン 約17,000
JCBキャンペーン 約31,050
メトロキャンペーン 約450
合 計 54,100ANAマイル

このように、2019年2月の場合、うまくポイントサイト案件と入会キャンペーンがハマれば、なんとANAマイラー必須のソラチカカードの発行で、約5万4千ANAマイルを手に入れることも可能です。

ここに、ソラチカカードの通常のショッピングポイント(マイル還元率0.5%)ももちろんもらえます。130万円利用した場合は、約6,500ANAマイルですので、合計6万マイル超ということです。

もし、ポイントサイトの案件が無かったり、入会キャンペーン開催中でなかったりしてもソラチカカードはすぐに発券するべきカードだと思いますが、上手く利用できる場合は是非利用してください。



AD