【現在休止中】ふるさとチョイスをポイントサイト経由で利用してポイント2重取りする方法。ふるさと納税はちょびリッチがおすすめ

 

2018年3月8日現在、ちょびリッチのふるさとチョイス広告は残念ながら休止中です。ポイントサイトには広告はありませんので直接申し込むしかありません。】

ふるさと納税のポータルサイト界の巨人といえば、「ふるさとチョイス」ですよね。還元率も他サイトより高い場合が多く、私自身よく使うサイトです。

もちろん、利用率、満足度ともにふるさと納税ポータルサイトで堂々のNo1。お礼の品掲載数も約15万点とNo1の、文句なしの業界No1ふるさと納税サイトだと思います。

 

「ふるさとチョイスにはあるけど他のふるさと納税サイトにはない」そんなお礼の品、自治体も数多く、しかも還元率も高いので、ふるさと納税のファーストチョイス。それがふるさとチョイスです。

その、本来なら広告を掲載する必要もないはずのふるさと納税ポータルサイト界の巨人「ふるさとチョイス」の広告が、老舗ポイントサイト「ちょびリッチ」で掲載開始されています。

 

これで、「ふるさとチョイス」経由のふるさと納税でポイントが2重取りできるようになったってことです。これは驚異的なことですよ!

ちょびリッチを利用して、ポイントを2重取り!さらにお得にふるさと納税するおすすめの方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

ポイント2重取りとは?

 

ただでさえお得なふるさと納税を、もっとお得に行う方法

それが、ふるさと納税で「ポイントを重ね取り」して、さらにポイントを稼ぐことです。

 

ポイント重ね取りって、何のポイント?と思われると思いますが、ふるさと納税で最大限もらうことができる「寄付でもらえるポイント」は以下の3つです。

  1. ふるさと納税ポータルサイト独自のポイント
  2. クレジットカード決済によるクレジットカードのポイント
  3. ポイントサイトの広告を経由することによるポイントサイトのポイント

 

特にふるさと納税は数万円単位の寄付をすることも多いので、そのポイント付与率がそれぞれ100円で1pt(1円=1%)であったとしても、例えば2万円の寄付で、

  1. ポータルサイトで200pt
  2. クレジットカードで200pt
  3. ポイントサイトのポイントで200pt

 

それぞれもらえるので、全部で600ptのポイントバックがもらえるということです。

ふるさと納税は限度額の枠内で寄付をすれば自己負担が2,000円で済みますので、600円であっても自己負担分の30%ですから、非常に大きいポイントバックですよね。

 

ただ・・・大変残念ながら、ふるさとチョイスでは上記ポイントの3重取り▲(最大)はできません

①の「ふるさと納税ポータルサイト独自のポイント」制度がないんです。ちなみに、ふるさと納税でポイントの3重取りができるのは「楽天ふるさと納税」▼だけです。

関連記事:ふるさと納税でポイントを3重取りできるのは楽天だけ。還元率を最大化するおすすめの寄付方法を徹底解説

 

でも、「ふるさとチョイス」でも実はポイントの2重取りならできるようになりました。これは本当に大きいです。

以下、重ねてもらうことができる、各ポイントの概要ともらい方をご説明します。

 

スポンサーリンク

①ふるさと納税ポータルサイトのポイント

名 称 独自のポイントサービス 備 考
ふるさとチョイス 無し 掲載率日本No1
さとふる 無し ソフトバンクグループ
ふるなび 有り(amazonギフトコード) 寄付金額の1%
ふるぽ 無し JTBトラベルギフト一強
楽天ふるさと納税 有り(楽天ポイント) 寄付金額の1%
noma-style 無し ブランド品に強い
ふるり 無し 参加自治体少な目
ふるさとプレミアム 無し
ANAふるさと納税 有り(ANAマイル) 100円につき1マイル
ふるさと納税.com 無し 新興サイト
Yahoo!ふるさと納税 無し Tポイントが使える

 

まずはその1、ポータルサイト独自のポイントサービスから(ふるさとチョイスにはありませんが)解説します。

有名ふるさと納税ポータルサイトの「独自のポイントサービス」の有無を調べたものがこちら▲です。ふるさと納税のポータルサイトそのもので、独自のポイントバックサービスを有しているサイトは実は3つしかありません

 

ふるなび」「楽天ふるさと納税」「ANAふるさと納税」。

この3つのサイトだけです。意外に少ないですね。ちなみに、ふるなびはamazonギフトコードでの還元になりますので、純粋に自社のポイント(マイル)で還元しているのは、楽天ふるさと納税とANAふるさと納税だけです。

 

また、この3つの中でふるなびは、2017年11月になってamazonギフトコードのポイントバックをはじめた新興勢力です。このように、独自のポイントバックの動きもみられるようになってきました。

ふるさと納税もポータルサイト間の競争が激化してきましたので、今後、独自のポイントバックシステムを開始するポータルサイトも増えてくるかもしれません。

 

「ふるさとチョイス」は残念ながら含まれていません。つまり、「ふるさとチョイス」でポイントを3重取りすることはできないということです。

ただ、これから説明しますが、重取りはできませんが、2重取りはできます。ふるさとチョイスは他のふるさと納税ポータルサイトより還元率が高いことが多いので、2重取りできるだけでも、かなりお得に使えると思います。

 

スポンサーリンク

②クレジットカードのポイント

 

次はその2「クレジットカードでポイントを貯める」の説明です。

ふるさと納税をクレジットカード決済できるのは、2018年1月現在当たり前になりつつありますが、そうはいってもいまだに全部の自治体でクレジットカード決済ができるわけではありません。

 

下の表▼で各ポータルサイトでのふるさと納税で、クレジットカード決済が可能かどうかを、一覧にしました

名 称 クレジットカード決済 備 考
ふるさとチョイス 可能 一部不可自治体あり
さとふる 可能
ふるなび 可能 一部不可自治体あり
ふるぽ 可能 一部不可自治体あり
楽天ふるさと納税 可能
noma-style 不可
ふるり 可能
ふるさとプレミアム 可能
ANAふるさと納税 可能
ふるさと納税.com 可能
Yahoo!ふるさと納税 可能

 

クレジットカード決済については、圧倒的にクレジットカード決済可のポータルサイトが多いですね。ふるさと納税の寄付額は一括で多額になりますので、クレジットカードで決済したいと、普通の納税者は思うはずです。

クレジットカード決済が主流になっているのもわかりますね。

 

メジャーどころのふるさと納税ポータルサイトで、一部クレジットカード決済不可の自治体が残っていますが、これらの自治体も、いずれはクレジットカード決済可能な自治体へと移行していくものと思います。

このように、ほとんどのサイトで、クレジットカードでの決済が可能です。このため、基本的には、あなたの使っているカード、貯めているポイントのクレジットカードで決済すればよいと思います。

 

大体のクレジットカードでは、100円利用あたり1~0.5円(ゴールドカード等では1.5円バックのものもあり)のポイントバックをしていますので、ふるさと納税で、さらにクレジットカードのポイントがもらえます。

ふるさとチョイスでも一部の自治体を除きクレジットカード決済が可能ですので、まずはクレジットカードのポイントをゲットできます。

 

これで、ポイントの1重取りが完了です。

 

スポンサーリンク

③ポイントサイトのポイント

 

最後にその3「ポイントサイト経由の広告利用でポイントを貯める」の説明です。

実は、「ふるさとチョイス」は永らくポイントサイトの広告として掲載されることがありませんでした。ポイントサイトにわざわざ広告を掲載しなくても、十分な集客力があるからだと推測されます。

 

それが、2018年2月27日現在、老舗のポイントサイト「ちょびリッチ」に広告掲載がスタート▼しています。

 

これは本当に大きいですね。そもそも、ふるさとチョイスはその圧倒的な知名度、満足度を考えればポイントサイトに広告を出す必要がないふるさと納税ポータルサイト界の「巨人」ですよ。

ポイント還元率は0.5%とそんなに多くないですが、何しろこれまでポイントサイトの広告には出現せず、もらえなかったポイントですし、ポイントサイトを経由したから寄付額やクレジットカードでもらえるポイントが減るわけでもない、単純にもらい得のポイントです。

 

繰り返しますが、ふるさと納税は限度額以内で納税すれば、自己負担は2,000円です。

例えば5万円寄付して、ちょびリッチで250円(0.5%)+クレジットカードで500円(1%)バックがあれば、自己負担は1,250円で済むってことです。なんと還元率37.5%ですよ。絶対に2重取りがお得です。

 

これも本当に繰り返しで恐縮ですが、これでもらえる返礼品が減ったり、クレジットカードのポイントが減ったりすることは一切ありません。ふるさとチョイスで納税をする方は、絶対にちょびリッチ経由で納税しましょう。

ちょびリッチへの登録はこちら▼からどうぞ。このバナーから登録して、1ポイント(0.5円)以上獲得すると、500Pt(250円)相当のポイントがもらえます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

ちょびリッチでのふるさとチョイス広告の探し方

 

ちょびリッチ登録後の「ふるさとチョイス」広告の探し方は簡単です。

登録後のトップページ左上の赤枠内検索窓に「ふるさとチョイス」と入力し、検索ボタン(虫眼鏡ボタン)をクリック。

 

 

ふるさとチョイスの広告がヒットしますので、クリックして開いて。

 

画面中央赤枠内「サイトに行く」から、ふるさとチョイスのサイトに行き、納税完了でポイントゲットです。※災害支援の納税にはポイントはつきません。

また、「サイトに行く」クリック後、他のサイトに行ってしまったりするとポイントが獲得できないことがあります。必ず、ちょびリッチの広告を経由し、ふるさとチョイスのサイトに移動したらそのまま納税まで完了するようにしてください。

 

まずは初っ端のふるさと納税として、美味しいお米「はえぬき」1俵(60kg)=30,000円の山形県舟形町の美味しいお米はどうでしょうか?(2018年3月15日まで期間限定)

関連記事:ふるさと納税還元率最高水準。平成30年新米60kg定期便=3万円の予約が山形県舟形町で期間限定実施中

 

舟形町は「総務省のご指導により還元率を3割に抑えるため60kg=3万円での提供は今年が最後」とのことですよ。

関連記事:ふるさと納税の総務省通達、還元率3割までがついに徹底?米の還元率ランキング上位・舟形町からの手紙が衝撃的

 

スポンサーリンク

ふるさとチョイスのポイントサイト広告掲載は画期的だ!

 

以上、ふるさとチョイスでポイントが2重取りできる画期的な方法を紹介しました。ふるさとチョイスは、広告掲載の必要のない、ふるさと納税界の巨人です。ふるさとチョイスでのポイントサイト広告の掲載はかなり画期的&お得だと思います。

還元率は0.5%ではありますが、ふるさと納税するだけで、ただ単純に追加でもらえるポイントです。しかも、このポイントは現金への移行もできますし、ANAマイルにまで移行できてしまうんです。

 

ふるさとチョイスでふるさと納税する場合は、絶対に「ちょびリッチ」経由にしましょう。

ちょびリッチへの登録はこちら▼からどうぞ。このバナーから登録して、1ポイント(0.5円)以上獲得すると、500Pt(250円)相当のポイントがもらえます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

合わせて読みたい

 

年間余裕で50万マイル貯め、ビジネスクラスで海外旅行しまくる方法▼をかなり詳しく解説しています。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 

 



 

AD