LINEルートで必須の”エブリプラス”。三井住友プロパーで唯一年会費無料のカード

 

2018年3月末で閉鎖となる「ソラチカルート」に代わり、陸マイラーの新しいANAマイルへのポイント移行ルートとして有力視されるのが、「LINEルート」です。

 

具体的にはこんな▲ルートですね。正直かなり長いのは確かですが、2018年4月以降、実質交換率0.8倍で移行できるのはLINEルートだけですので、次なる改悪まではこのルートを使いまくるほかありませんね。

LINEルートの詳細については、以下▼で徹底的に解説しています。

関連記事:LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.8倍でソラチカ後のメインルートに

 

そして、このLINEルートで絶対に必要になるのが、上記のLINEルートの左から3番目に出てきますね。三井住友カード「ワールドプレゼント」です。(※正確には、「ワールドプレゼント」という名前のポイントプログラムのことです。)

この「ワールドプレゼント」と、上記ポイント移行ルート▲の一番右から2番目に出てくる「東京メトロポイント」を利用するには、それぞれ「三井住友カード」「東京メトロToMeCARD(通称「ソラチカカード」)」というクレジットカードを保有し、そのポイントプログラムを利用する必要があります。

 

ソラチカカードについては、以下の関連記事▼で徹底的に解説しています。

関連記事:【ソラチカカード徹底攻略】ソラチカルート、入会マイル、審査、支払名人、キャンペーン、ポイント全て攻略します!

 

その他のいわゆる「ポイントサイト」(上記ではPeX,Gポイントなど)は、登録するだけで利用できるサイトがほとんどですが、この2つだけは必ずクレジットカードの発行が必要となるんです。

これまで、「ソラチカルート」でANAマイルに移行するためには「ソラチカカード」が必携でしたが、LINEルートにはソラチカに加え「三井住友VISAカード」が必携になる、ということです。

 

この三井住友カードで唯一の年会費無料カード「エブリプラス」が、ポイントサイト「ハピタス」「チョビリッチ」経由の発行で9,000P(円)とポイント爆発中です。LINEルートをメインルートにしたい方で、三井住友カードのプロパーカードをお持ちでない方は、今すぐ発行した方がよいと思います。

この記事では、エブリプラスの概要および期間限定9,000P(円)もらって最もお得に発行する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

期間限定でカード発行+5,000円の利用で9,000P

 

2018年2月6日現在、ハピタスで掲載されている広告がこちら▲です。

三井住友VISAカードエブリプラスの発行+ショッピング利用で9,000P(円)相当のポイントです。年会費無料のクレジットカードの発行だけで約1万円相当のポイントがもらえ、しかもLINEルート必携のカードのため、3月末までに絶対に持っておきたいカードです。このタイミングで申し込んでしまってもよいと思います。

 

ちなみに、ポイントサイト経由でエブリプラスカードの発行でもらえるポイントの最高額は10,000円が相場となっていますので、「あと1,000円高騰するまで待つ」という方は、その選択を否定はしません。

ハピタスでのポイントの貯め方、クレジットカード広告の見つけ方などは▼以下で解説しています。

関連記事:ハピタスでポイントを貯める方法。使い方、貯め方を詳細に解説

 

ハピタスへの登録方法・登録手順、登録後に困らない登録のポイントは▼以下に徹底解説しています。

関連記事:ハピタスに会員登録する方法・手順を完全解説。秘密の質問の登録方法など登録後に困らない会員登録のポイントを紹介

 

 

ちょびリッチにも同様の条件の広告が掲載されていますね。

ハピタスでもちょびリッチでもどちらでも、あなたが普段利用されているポイントサイトで申し込んでしまえばOKだと思いますが、下記▼のとおり、この両サイトでカード発行後のポイント獲得条件が微妙に違います。この条件の違いもよく読んだうえでお申込みされるとよいと思います。

 

スポンサーリンク

カード発行後のポイント獲得条件

 

カード発行後のポイント獲得条件がこちら(ハピタス掲載分)です。

新規カード発行後、5,000円(税抜)以上のショッピングの利用でポイント獲得対象です。かなり簡単な条件ですね。

 

なお、ポイント却下条件に「すでに三井住友VISAカードのいずれかを所持している(過去所持していた場合)」は却下・・・とあります。が、あくまでも過去エブリプラスを所持したことがなければポイント獲得対象になります

関連記事:エブリプラスのポイントサイト広告は他の三井住友VISAカードと重複発行しても有効判定。1万ポイントが狙い目

 

上記関連記事▲のとおり、少なくとも私自身はANAVISAワイドゴールドカードと重複保有してもポイント付与されました。ポイント発行してもらえたサイトはちょびリッチですので、心配な方はちょびリッチがカード発行した方がよいかもしれませんね。

ちなみに、ポイント却下条件の書きっぷりが、ハピタスとちょびリッチでは微妙に違います。特に、同一IP/住所での発行は、ハピタスではポイント対象外になっていますが、ちょびリッチでは同一住所は却下条件になっていません

 

夫婦でそれぞれ発行してお得にポイントをもらいたい方は、ちょびリッチで発行した方が無難かもしれませんね。詳細は上記関連記事▲で詳しく解説しています。

ちょびリッチにまだ登録していない方はこちら▼から登録をどうぞ。このバナーから登録して1pt以上獲得することで、さらに500P(250円相当)のポイントがもらえてしまいます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

さらに、公式サイトのキャンペーンで7,000円キャッシュバックも

 

さらにさらに、今なら公式サイトの入会キャンペーンの条件をクリアすることでさらに7,000円相当のキャッシュバックももらえます。(入会キャンペーンの詳細はこちらをご確認ください。)

その2のクリアは夫婦申込の方はかなり厳しいですが、その他3つの条件のクリアで5,000円キャッシュバックは超簡単です。もちろん、ポイントサイト経由の申込でもこれらキャッシュバックキャンペーンの適用は可能です。

 

キャンペーン登録も特段不要ですので、確実にゲットしておきたいですね。

 

スポンサーリンク

三井住友カード”エブリプラス”の基本スペック

 

さて、この三井住友カード”エブリプラス”の基本スペックは以下の通りです。

年会費
永年無料
家族会員年会費
永年無料
旅行傷害保険

なし

ショッピング補償

年間100万円までのお買物安心保険

※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。

利用可能枠
総利用枠
10〜80万円
カード利用枠(カードショッピング)
10〜80万円
リボ払い・分割払い利用枠
10〜80万円
キャッシング利用枠
0〜50万円
お支払い方法
お支払い日
15日締め翌月10日払い/月末締め翌月26日払い ※選択可
国際ブランド
Visa Card
電子マネー

iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave

「三井住友カードiD」の詳細

「Apple Pay」の詳細

ポイントサービス

ワールドプレゼント/通常:1,000円(税込)利用で1ポイント付与

リボ払い手数料請求月:1,000円(税込)利用で3ポイント付与

ワールドプレゼントとは

 

正直、スペックとしては普通だと思いますが、年会費永年無料のカードとしては平均的だと思います。

LINEルートの中継地点としての位置づけはもちろん、普段使いでもしっかり利用してクレヒスを積んでいきたいところですね。

 

スポンサーリンク

申込の注意点

 

このカードの申し込みは通常のクレジットカードの申し込み比べて特段難しいところがあるわけではありません。

が、1点だけ注意していただきたい点があります。それは、「キャッシング枠の申し込みをしない」ということです。

 

この部分▲ですね。キャッシング枠については「入会後検討」を必ず選ぶようにして下さい。

下手に20万円などを選んでしまうと、職場の在籍確認など、余計な審査の手間がかかります。絶対にキャッシング枠の設定をしない。この点だけ注意していただければと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ:LINEルートで必須の三井住友プロパーカードは年会費無料の”エブリプラス”をポイントサイト経由で申し込むのが正解

 

2018年4月以降のANAマイルを貯める最高倍率ルートである「LINEルート」には、ソラチカカードに加え、三井住友プロパーカードの発行が必須になります。

その三井住友プロパーカードをまだお持ちでない方は、①ポイントサイト経由で9,000Pがもらえ、②公式サイトのキャンペーン併用でさらに7,000円のキャッシュバックがもらえ、③さらに年会費永年無料。

 

この3拍子揃った”エブリプラス”が絶対的におすすめです。

今なら、ハピタス・ちょびリッチで9,000Pがもらえます。発行には、ポイントサイト経由での申し込みをおすすめします。

 

合わせて読みたい

 

クレジットカードの入会キャンペーン+ポイントサイトで年間余裕で50万マイル貯める方法▼をかなり詳しく解説しています。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 

「本人アフィ」で、ポイントサイトを超える相場で広告利用できる「マイボンバー」▼。ソラチカルート閉鎖前にぜひ利用してください

関連記事:ブログ運営しなくてもアフィリエイトの本人申込ができる。マイボンバーの本人アフィサービスはおすすめ

 



 

AD