【還元率5%以上】クレジットカード決済で年間10万マイル以上貯める方法。クレカでもマイルは貯められる

 

クレジットカード決済ではマイルは貯まらない。

何となく定説のようになっていますが、実はそんなことはありません。実際に私はクレジットカードのショッピング利用で年間21万ANAマイルを貯めることができました。

 

「クレジットカード決済ではマイルは貯まらない」という、その定説が生まれた理由は、クレジットカードの「還元率」にあります。

クレジットカードの還元率といえば、1~2%が相場です。1.5%以上だと超絶高還元率だと言ってもよいですね。

 

でも、還元率1.5%ってことは、100万円決済しても、15,000円分のポイントしか貯まらないっていうことです。確かに、普通に考えればマイルを貯めるも何もクレジットカードのショッピング利用だけでは、そのマイルに交換する前のクレジット会社のポイントを20万ポイント分獲得するのも困難に感じます。

でも、現実に私は年間20万マイル貯めました。一体どのような方法でマイルを貯めたんでしょうか?

 

その方法は、「クレジットカードの入会キャンペーン」を利用する方法です。

クレジットカード入会キャンペーンを効率的に活用することで、実は還元率5%超の超絶高還元率を実現することができます。

 

そして、貯めたポイントは実はANAマイルに交換することで、最大還元率数十%という驚異の価値で、クレジットカードのポイントを利用することもできます。

この記事では、クレジットカードの入会キャンペーンをうまく活用して、お得にANAマイルを貯める方法を詳しく解説しています。

 

スポンサーリンク

クレジットカードの入会キャンペーンとは

 

クレジットカード各社の収入源は、言わずと知れていますが、カード利用の手数料収入です。クレジットカード会社は、利用額に応じた手数料を加盟店から徴収することで、利益を得ています。

つまり、手数料収入が得られる顧客基盤が、カード会社の経営そのものに直結するわけです。なので、継続して多額のカード決済を行う顧客を、のどから手が出るほど欲しがっています

 

こういった理由から、クレジットカード会社ではほぼ常時各種クレジットカードの「入会キャンペーン」を展開しています。

クレジットカードの入会キャンペーンは、入会するだけでもらえる①入会マイルに加え、入会後一定期間内(数か月間が一般的)に一定金額をショッピングで利用することで、さらに②ボーナスマイルがもらえる、という内容が一般的です。

 

この①入会マイルと、②ボーナスマイルは、ショッピング利用でもらえる還元率1~2%の通常ポイントとは全く別でもらうことができ、中には合計で3~4万ポイント程度の超高額ポイントをもらえる入会キャンペーンもあります。

通常ポイントは確保しながら、さらに追加で入会キャンペーンボーナスポイントをもらえるのですから、すでに還元率1~2%どころではなく、超高額還元率になる、ということは確定です。

 

もうお分かりですね?

このクレジットカードの入会キャンペーンをうまく活用して、入会キャンペーンのポイント獲得条件を達成したら、次のクレジットカードの入会キャンペーンを攻略していく・・という、入会キャンペーンを「はしご」(渡り歩く)していくことで、大量ポイント、マイルを貯めることができるのです。

 

スポンサーリンク

入会キャンペーンで獲得できるポイント事例と還元率

 

私が実際に入会キャンペーンで獲得したポイント事例と、その際の還元率をご紹介します。これ▲は2016年10月に開催されていた、「ANA JCB Card PASMO」(通称「ソラチカカード」)の入会キャンペーンのポイント獲得条件です。

上には掲載を省略しましたが、ANAカード入会キャンペーンではおなじみの入会マイル1,000ANAマイルも別途もらえます。

①入会マイル +1,000マイル

②25万円以上の利用で +1,500Oki DoKiポイント

③支払い名人に登録し設定金額3万円以下で15万円以上利用すると +6,668Oki Dokiポイント

 

つまり、①~③で、1,000ANAマイル+8,168Oki DoKiポイントを獲得できるという入会キャンペーンです。

8,168OkiDokiポイントは、1P=3ANAマイルに交換できますので、8,168×3=24,500ANAマイル。このため、公式サイト上では①~③で合計25,500ANAマイル獲得できるという表記になっています。

 

通常のOki Dokiポイントは、1ポイント=5ANAマイルに交換できます。

一方、入会キャンペーンで獲得したOki Dokiポイントは「キャンペーンポイント」扱いになるので、1ポイント=3ANAマイルにしか交換できません。

 

と・・・公式サイトには書かれているのですが、そんなことは実はなく、ソラチカルートをうまく使うことで、実は1P=4.5ANAマイルに交換できるんですよ。

具体的には、以下のルート▼です。

 

Oki Dokiポイントをメトロポイントに交換して、ANAマイルに交換すればよいのです。こんなことは公式サイトには全く書かれていませんので、ご注意くださいね。折角メトロポイントが使えるソラチカカードなので、絶対にメトロポイント経由でANAマイルに移行してください。

 

さて、話を戻しますが、私はこのキャンペーンで獲得した8,168Oki Dokiポイントを1P=4.5ANAマイルのレートでANAマイルに交換しました。この結果、合計で獲得したマイルは1,000+36,756(8,168×4.5)=37,756ANAマイルです。

かなりの大型キャンペーンということがお分かりいただけたかと思います。

 

スポンサーリンク

妻と合わせて獲得したポイント数と還元率は?

 

上段が私のソラチカカード入会キャンペーンでのポイント獲得履歴。下段が妻のポイント獲得履歴です。集計したものがこちら▼。

通常ポイント ボーナスポイント ANAマイル換算 利用金額
1,407 8,168 44,791 約140万円
533 8,168 40,421 約53万円
合計 1,940 16,336 85,212 約193万円

 

約193万円の利用で、85,212ANAマイル。(通常ポイントは1P=5ANAマイル、ボーナスポイントは1P=4.5ANAマイルで計算しています。)

1ANAマイルの価値を仮に1円としても、4.4%の超高還元率を達成しています。

 

実際には、この後詳しく書きますがANAマイルの価値は1円どころではなく、2円以上というのが定説ですので、8%超の超絶還元率を達成できていることがお分かりかと思います。

 

スポンサーリンク

年間で発行したカードと実際に獲得したマイル・還元率

期間 カード 利用金額 獲得ANAマイル
2016年 10/16-11/15 ソラチカカード 186,407 0 85,212
11/16-12/15 96,297 190,184
12/16-1/15 310,161 44,008
2017年 1/16-2/15 194,783 22,856
2/16/-3/15 0 263,645
3/16-4/16
4/16-5/15
5/15-6/15 ANA VISAワイドゴールド 329,002 0 42,850
6/16-7/15 356,369 0
7/16-8/15 ANA アメックス 0 275,567 45,000
8/16-9/15 0 352,853
9/15-10/15
10/15-11/15
11/15-12/15 アメックスゴールド 185,538 0 44,000
 2018年 12/15-1/15 224,830 0
合 計 1,883,387 1,149,073 217,062
3,032,460 還元率:7%

 

私が2016年末~2018年度当初に掛け、約1年で実際に獲得したマイルと利用金額の一覧がこちら▲です。

私と妻で合計5枚のクレジットカードの入会キャンペーンをクリアして、獲得したマイルは217,062マイル。利用した金額は約300万円。還元率は1ANAマイルの価値を1円として、約7%です。

 

ただし、利用金額はキャンペーン獲得条件に関係する月の利用額だけを拾っており、実際にはキャンペーンポイント獲得条件とは関係のないクレジットカード利用もあるため、カード利用額は多分これよりも1.5倍は多いので、実際の還元率は1ANAマイルの価値を1円として約5%くらい(実際の利用額は約450万円くらい)だと思います。

ただ、入会キャンペーンのポイント獲得条件を達成するのには、条件達成の最低限度の支出でも大丈夫ですので、理論上は約300万円の利用で21万マイルは十分手に入る、ということになります。

 

一応参考までに、実際のポイント画面のスクリーンショットを貼っておきます。

ANAワイドゴールドカードで獲得したワールドプレゼントの通常ポイント3,500Pは、1Pあたり10ANAマイルに交換可能(ボーナスポイントは1P=3ANAマイル)なので、約3万6千ANAマイル。(その他、入会マイルとすでにマイルに交換した分を含めると4万2千マイルです。)

 

アメリカンエキスプレスのポイントは、1P=1ANAマイルに交換できますので、ポイントと同じ額のANAマイルに交換することができますので、両カード合わせて約8万9千ANAマイル。(1P=1ANAマイルで移行するには、ANAアメックスの場合別途ポイント移行コースへの登録料6,000円(税別)/アメックスゴールドの場合別途メンバーシップ・リワード・プラス登録料+ANA移行手数料8,000円(税別)が必要。)

事例として紹介したソラチカカードの入会キャンペーンと合わせて、合計で21万マイル以上は貯まっているのがお分かりですね?

 

このように、クレジットカードでも年間10万マイル単位で、マイルを貯めることができます

ただ、21万マイル貯めるために、私の場合実際には年間450万円近くのクレジットカード決済を行っています。

 

さすがにそんなに金額利用できない!という場合でも、最低限入会キャンペーンをクリアすることを目指せば約200万円くらいの利用で充分です。

また、20万マイルは難しくても、1年で約半分の10万マイル(=年間でクレジットカードの入会キャンペーンを2つクリアするレベル)なら、獲得を視野に入れることができるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

入会キャンペーン攻略のコツは、手間を惜しまないこと

 

クレジットカードの入会キャンペーンを効率的に達成するためには、カード入会の都度、光熱費や携帯電話など、すべての支払い先を入会キャンペーン対象のカードに切り替える必要があります。

確かに、これめんどくさいです。でも、これを面倒くさがっていては、ポイントを貯めることはできません。

 

正直、支払い先がよくわからなくなってしまうなど、複雑化してしまうのですが、どうか面倒くさがらずに都度支払先の変更を行うようにしてください。

 

入会キャンペーンで貯めたポイントは、ANAマイルに交換すると1P(円)=2円以上の価値で使える

 

ここまでご紹介した還元率約5%という計算(約450万円のカード利用で21万ANAマイル)は、あくまで、1ANAマイルの価値を1円とした場合の還元率です。

実際には、1ANAマイルは2円以上・・・上記のようにANAファーストクラスなど上位クラスの国際線特典航空券で利用すれば、1ANAマイル=15円以上の驚異の価値で使えるんです。

 

「いや、ちょっと待て。1ANAマイル=15円って、21万ANAマイルだと300万円以上の価値・・ほとんど80%越えの還元率じゃないか!?」と思われたあなた。そりゃそうですよね。そう思われて当然です。

でも、マジです。本当に、15円以上の価値で使えてしまいます。

 

 

こちらは、私が在住する名古屋ーフランクフルトのファーストクラス往復航空券を普通に予約した場合の運賃。価格は驚きの2,915,000円です。

ファーストクラスには格安航空券という概念はないので、この価格で購入するほかありません。

 

この旅程の特典航空券の取得に必要なマイルは、165,000ANAマイル

つまり、1ANAマイルの価値は2,915,000円÷165,000ANAマイル=17.66円で使えるということです。そして、私が1年間で貯めた21万マイルで、165,000ANAマイルは十分お支払い可能です。

 

つまり、入会キャンペーンを利用して決済を特定のカードに集中させることを年間4~5回繰り返すだけで、約300万円もするANAの国際線ファーストクラスに乗れてしまうってことです。

でも・・ファーストクラスなんてそんな簡単に予約できないでしょ?そんな夢物語・・と思ったあなた。そんなことはありません。私は実際に予約しました。

関連記事:【人生初ファーストクラス】陸マイラーの到達点、ヨーロッパ路線ANAファーストクラスを発券しました

 

ANAマイルの価値は一体幾らで使えるのか?という陸マイラーにとっての一番の疑問については、以下の関連記事で徹底的に解説しています。たとえ国内線特典航空券でも、2円以上の価値で使えます。

関連記事:ANAマイルの価値は1マイル=何円なのか?ポイントをマイルに交換するメリット/デメリット

 

ANAマイルの価値が2円以上なら、私の場合、1年間のカード利用で約42万円以上分の(実際にはファーストクラスの特典航空券を発券したので、約300万円以上の)価値をポイントバックされた、ということになります。

42万円でも還元率約10%。ファーストクラス特典航空券なら、約80%近い驚異の還元率です。ほとんど使ったお金を取り戻せてる感覚です。

 

日常生活で使うお金は、入会キャンペーンを上手く利用して、ANAマイルを貯めるために使いましょう。

クレジットカードの還元率を徹底的に比較して、1%か1.5%のどちらがお得かなんて、そんなみみっちい話は全く関係ないくらい、恐ろしくマイルが貯まります。

 

スポンサーリンク

ほとんど無料でANAマイルを貯める方法もある

 

以上、クレジットカードの入会キャンペーンを利用して年間10万マイル以上のマイルを貯める方法を徹底解説しました。

ただし、この方法は「3か月以内に30万円のカード利用」など、実際に高額のカード利用が必要になるので、あまりカードを利用しない方にはハードルが高いのも事実です。

 

クレジットカードの入会キャンペーン以外の、マイルを貯める方法の柱・・そして、ほとんど無料でクレカよりもANAマイルがザクザク貯まるというお得な方法が、ポイントサイトを利用してマイルを貯める方法です。

ポイントサイトを利用してマイルを貯める方法は、以下で詳しく解説しています。マイルを貯める方法その①は、この記事で紹介したクレカの入会キャンペーンを利用して貯める方法ですので、読み飛ばしていただいて結構です。マイルを貯める方法その②に、ポイントサイトを利用してマイルを貯める方法を紹介しています。

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間432,000ANAマイルを貯めています。「そうかぁ・・マイルって、そんな簡単に貯まって、しかもお得に使えるのか」と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 

陸マイラーの第一歩に向け絶対に読んでおくべき関連リンク ~基本編~

 

まず、絶対に登録すべきポイントサイトは「ハピタス」です。ハピタスを活用してポイントを貯める方法は▼をご覧ください。

関連記事:ハピタスでポイントを貯める方法。使い方、貯め方を詳細に解説

 

ハピタスへの登録方法・登録手順、登録後に困らない登録のポイントは以下▼に徹底解説しています。

関連記事:ハピタスに会員登録する方法・手順を完全解説。秘密の質問の登録方法など登録後に困らない会員登録のポイントを紹介

 

ハピタスに負けず劣らずの高ポイント還元サイトが「モッピー」です。モッピーを活用してポイントを貯める方法、モッピーへの登録方法は以下▼に徹底解説しています。

関連記事:モッピーでのポイントの稼ぎ方、評判を徹底解説。ANA/JALマイルが両方貯まる唯一のサイト

 

貯めたポイントをANAマイルに移行するには「専用ルート」を使います。ANAマイルをザクザク貯めるのに絶対必要な「ソラチカカード」「ソラチカルート」について徹底解説▼しています。

関連記事:【ソラチカカード徹底攻略】ソラチカルート、入会マイル、審査、支払名人、キャンペーン、ポイント全て攻略します!

 

貯めたポイントをANAマイルに移行するためには、2018年4月1日以降上記▲「ソラチカルート」の前段として「LINEポイント」を利用した「LINEルート」を利用する必要があります。新しいANAマイルの貯め方LINEルートについては、以下▼で徹底的に解説しています。

関連記事:LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ後のメインルート

 

陸マイラーの第一歩に向け絶対に読んでおくべき関連リンク ~案件編~

 

陸マイラーのポイント獲得源であるFX口座開設の方法から、広告のポイント獲得条件を達成するために、損失を極限まで抑えて取引を完了させ、FXで簡単にマイルを貯める詳しい方法を以下の関連記事にまとめています。

関連記事:FXでマイルを貯める、その具体的な方法

 

2018年最新のFX広告の相場情報と、実際に広告を利用した私だからわかる注意点を▼以下の関連記事にまとめました。このFXの広告は相場から見てお得なのか?そうでないのか?ぜひブックマークしていただいて、相場感を知りたいときに活用ください。

関連記事:FX案件の陸マイラー的相場情報まとめ【2018年最新】お得な口座開設のタイミングと難易度を比較

 

 



 

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.