高額ポイントに騙されるな!ポイントサイトで利用をおすすめできない広告まとめ

 

陸マイラーとして、ポイントサイトの広告を利用しているとやはり気になるのが「高額ポイント」がもらえる広告ですよね。

中には1回あたり3万円分のポイントなど、超高額ポイントをもらえたりする広告もあるので、つい手が出そうになってしまうのですが、利用する際はよくそのリスクを承知したうえで申し込む必要があります。

 

例え1回で1万円分のポイントがもらえたとしても、それ以上の損失がでたり、リスクを抱えることなったら、広告を利用しても何の意味もありませんからね。

この「損失目安」と「リスク」に着目して、私が考える「おすすめできない」ポイントサイトの広告をまとめました。※あくまで私の基準/判断で選んでいます。利用する/しないは自己責任にてお願いいたします。

 

スポンサーリンク

①ポイント獲得条件が「システムトレード」であるFX広告

 

おすすめできない広告その①は、ポイント獲得条件が「システムトレード」であるFX広告です。

ポイントサイトでよく見かけるのは、以下の3つの広告です。それぞれの広告で、ポイント獲得条件をクリアするために必要となるシステムトレードでの取引数量と、最大損失目安は以下のとおりです。

 

案件名 使用システム 必要取引 最大損失目安
みんなのシストレ 30万通貨 ▲45,000円
FXブロードネット トラッキングトレード 60万通貨 ▲90,000円
アイネットFX ループイフダン 100万通貨 ▲150,000円

 

最大損失目安がトンでもないことになっています。これ、まじめな金額で、しかも取引手数料を考慮していません。

通常のFX広告の場合、瞬時に取引をすることで1万通貨の取引の損失を、そのFX会社のスプレッド(為替差)以内に収斂させることができます。例えば、スプレッドが0.3銭のFX会社の場合、1万通貨の取引にかかる損失目安は、0.3銭×1万通貨=30円ということです。

 

このため、スプレッドが業界最狭0.3銭の会社の場合、たとえ100万通貨の取引であっても損失目安は30円×100=3,000円で済む、ということになります。

一方、システムトレードの場合は、そうはいきません。システムトレードでは、利用当初に設定した利益/損失が確定した際にしか取引を行いません。この「システム利用当初に設定した利益/損失」のことをpipsといいますが、このpipsの最低単位はなんと15銭(0.15円)です。

 

つまり、システムトレードでは1万通貨の取引を行うごとに、最低でも1万通貨×0.15円で1,500円の利益/損失が出る、ということです。100万通貨の取引を行うために50万通貨は勝ち、50万通貨は負け、ということになれば、損失は0ということになりますが、ほぼそういった可能性は0に等しいため、100万通貨なら最大で150,000円の損失を覚悟する必要がある、ということになります。

 

例えば、システムトレードでの取引がポイント獲得条件であるアイネット証券▲の場合、ポイントサイトでの相場は常に10,000P(円)以上と高額ですが、これにはそういうからくりがありますので、積極的にはおすすめできない広告です。

このFXシステムトレードでマイルを貯める方法、システムトレードの仕組みは以下の関連記事に詳しくまとめています。上記のリスクを承知していても、なお果敢にチャレンジしたい人、システムトレードについてさらに理解を深めたい人はぜひご覧ください。

関連記事:FXシステムトレードでマイルを貯める。具体的方法と注意点を徹底解説・検証する

 

通常取引のFXで損失を極限まで減らしてポイント獲得条件をクリアする方法、FXの専門用語やFXの仕組みなどは下記で詳しく解説しています。

関連記事:FX広告でポイントを貯める。具体的な方法を完全解説

 

スポンサーリンク

②銀行系カードローンの広告

 

時折ポイントサイトでポイントが爆発することがあるのが、「銀行系カードローン」のカード発行広告。

これも、カード発行だけで10,000P(円)等の超絶おトクに思える広告ですので、クレジットカード発行広告と同じ感覚でついつい飛びつきそうになりますが、絶対におすすめできません

 

ちなみに、このカードローンには「銀行系」のカードローンと、「銀行」のカードローンがあります。ややこしいのですが、「銀行系」はいわゆる上記▲アイフルのような消費者金融発行のカードローンになります。一方の銀行カードローンは、銀行が直接発行しているローンカードになります。

より危険度が高いのは前者の「銀行系カードローン」です。銀行カードローンは1枚程度であれば発行しても大丈夫ともいわれますが、私個人的にはカードローン系は手を出さない方がよいと思います。

 

特に銀行系カードローンに手を出さない方がよい、その理由ですが、それはズバリ「クレジットカードの審査に影響する」からです。

銀行系カードローンを発行すると、その貸し出し限度額がCIC(個人信用情報機関)等に登録されてしまうんです。これは、以後のクレジットカードの発行に極めて大きい悪影響をもたらします。

 

普通の一般市民にとって、決済サービスとしてはクレジットカードのショッピング枠だけで普通十分のはずなんです。

だから、クレジットカード(キャッシング枠なし)は月1枚ずつなら発行することは可能です。今なら、ほとんどのコンビニやスーパーマーケットでクレジットカードを使えますので、現金なしでも生活できるほどです。

 

そんなクレジットカード社会の日本で、ローンカードが必要ということは、一体どういうことを意味するんでしょうか。多分、この人は何らかの理由で「現金」が必要な人、しかも高い金利を払って借りてでも「現金」が必要な人だ、ということになると思いませんか?

ではなぜ現金が必要になるんでしょうか?

 

もちろん様々な事情があるでしょうが、最も多いのは、クレジットカードの支払い期限が来て現金が無い、他の借金の支払日間近なのに現金が無いなど、「他の借金(もしくはそれに準ずる借財)の支払いができない」から現金が必要な人だ、とクレジットカード会社は見ます。

つまり、既に「自転車操業状態に陥っていないか?」「自分の収入を上回る支払い負担がある人ではないのか」という印象を、クレジットカード会社側に持たれてしまう、ということなのです。これは、審査落ちのリスクを高める一つの要因になります。

 

FXの広告でもらえるポイントが徐々に減少傾向にある中、クレジットカードの発行で月約1万ポイント程度を稼ぐのは、陸マイラーの生命線です。この生命線を絶たれてしまう(絶たれる可能性がある)のは、大きなデメリット(リスク)です。

なお、「銀行系」カードローンはメジャーな個人信用情報機関であるCICに登録されるため完全にアウトです。銀行カードローンの場合はCICには登録されず、JBAという個人信用情報機関のみに登録されるため、大丈夫との話もありますが、上記のようなカードローン自体が持つ印象を考えても、基本的には利用しない方がよい広告だと思います。

 

スポンサーリンク

③不動産投資/購入系+面談付き広告

 

不動産投資や不動産購入に関し、実際に営業マンと面談するだけでポイントがもらえる「不動産投資/購入+面談」広告。

ポイントサイトでもよくポイント爆発し、時には他のクレカ案件とセットで数万P(円)もらえるというかなり魅力的に「見える」広告です。

 

でも・・これは私が「おすすめできない」とわざわざ書くことも無いかも知れませんが・・・この広告マジでポイント目的でチャレンジする人って、どれくらいいるんでしょうか。

私は会社で人事担当管理職をやっていたことがあり、たまに給料の差し押さえ等の連絡があって該当者に話(なぜ差し押さえになったのか)を聞いたりしたこともありますが、この不動産(マンション)投資で失敗した、という人も実際に複数人いました。それだけ、不動産投資はリスクの高い投資です。(どうしても不動産投資したいなら、リート(不動産投資信託)など他の手段を検討してからにしましょう)

 

面談終了だけで数万ポイントもらえるってことは、相手方は「面談さえすれば、絶対に契約まで持っていける」(もしくは、なんらかのメリットを自社にもたらすことができる)という、かなりの自信があるんだと思います。また、面談時に「全く投資に興味がない」という態度で臨むと、ポイントが付与されなかったという実例も聞いたことがあります。

そして、多くの場合名刺や年収証明などの個人情報を相手に渡す必要があります。個人情報保護法という法律はありますが、不動産投資に興味がある/なしにかかわらず、ある程度の年収がある身元のしっかりした個人の情報(連絡先を含む)が、どのように使われるかは全くわかりません

 

いくらもらえるポイントが多かったとしても・・絶対に申し込むべきではない広告だと思います。

 

スポンサーリンク

④エステ/発毛・育毛/脱毛等の美容系高額契約の香りがプンプンする広告

 

エステや脱毛、発毛/育毛系の高額契約のにおいがプンプンする広告も、絶対に申し込むべきではない広告です。

 

例えばこの広告、月額5,800円の全身脱毛の利用で、約9か月分に相当する46,500P(円)がもらえるという内容ですが・・。

 

ポイント獲得条件がこちら。「新規契約後、8日以上経過(税抜15万円以上のコース契約)」。

税抜15万円以上のコースって・・・月額5,800円はどこにいったんだ?って感じですよね。

 

ちなみに、こういったエステや脱毛は、特定商取引法上、「特定継続的役務提供(1か月以上の期間にわたりサービスを受ける5万円以上の契約)」として規定されており、契約書を受け取ってから8日以内は、クーリング・オフによって契約を無条件に解除できるんですが・・・契約後8日以上経過ってことは、クーリング・オフはさせないぞってことのようですね。

こういう、「初回無料クーポン」や「月額5,800円」などを装って、サロンを訪れた顧客に言葉巧みに高額契約を結ばせるのが、こういったエステ/発毛・育毛/脱毛業界の常套手段です。(もちろん、全部がそうだというつもりはありませんが・・中にはそういうところもあるってことです)

 

その「初回無料クーポン」や「5万円分チケット」などが、ポイントサイトのポイントに変わっただけで、高額契約を結ばされるリスクがめちゃくちゃ高い広告です。(上記の場合、実際に月額5,800円どころではない高額契約がポイント獲得条件になっています。多分、15万円のコースなんかなく、50万円くらいのコースをすすめられてしまうと思われます。)

いくらもらえるポイント数が多くても、絶対におすすめできません。

 

スポンサーリンク

⑤解約できない(きわめて解約が難しい)月額課金サイト

 

ポイントサイトの月額課金サイト(マンガ読み放題、動画配信サービスなど)は、キャリア(ドコモなど)決済の場合ポイント付与が即時であるものも多く、また、初月無料期間中に解約してもポイント対象であるもの等も多いため、手軽にポイントを稼ぐ手段としては有効です。

ただし、中にはキャリア決済であるにも関わらず、解約が極めて難しい月額課金サイトもありますので、注意してください。

 

普通キャリア決済だとキャリア決済の利用承認が下りている優良サイトなのだから大丈夫だと思いがちなのですが、全然そんなことはありません。

私がかつて登録してしまったサイトに、「占いプレミアム」というサイトがあったのですが・・キャリア決済可能で、ポイント即時付与、月額料金は税込540円なのですが、初月無料でしかも540円全額ポイントバック(初月無料期間中に解約も可)という、実質540円まるまるもらえるだけという美味しい案件だったので、ついつい申し込みしてしまったのが馬鹿でした。

 

この「占いプレミアム」、月額課金登録は公式サイトからキャリア決済で簡単に登録できるんですが、なんと、解約はWebやスマホ上からはできないサイトだったんです。しかも、初月無料なんかじゃなく、いきなり月額課金されていました。

えっ・・て感じです。キャリア決済のサイトにそんな悪徳サイトあるの?って正直衝撃が走りました。何しろ、どこを探しても解約という文字もリンクもないんですよ。そして、いろいろと調べていくと、やっとわかりました解約方法。なんと、この占いプレミアムを運営している会社に電話して、解約を申し込むしかないんですよ。

 

しょうがないので電話掛けましたけど・・・電話出ない!全く電話でないので、解約のしようがない。どんだけ悪徳なんですか。

仕方なく、キャリア決済の月額課金サービスのそのものを停止するという荒業で解約しました。この方法は本来やるべきではない解約方法ではありますが、向こうがその気(悪徳サイト)なら仕方がありません。

 

月額課金サイトに申し込む際には、必ず事前に「〇〇〇(登録するサイト名)解約」と検索して、解約手段をまず先に検索してから申し込む癖をつけてください。解約方法が異様に難しいサイトや、つながらない電話にかけまくる必要があるサイトなどは、まず誰かがそのことをアップしてくれていますので、解約が簡単に行えるかを確認したのちに申し込みするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ポイントサイトの広告でリスクをとる必要はない

 

以上、例え高額ポイントがもらえる広告であっても、利用をおすすめしない広告を5つ紹介してきました。

特に危ないのは②銀行系カードローン広告ですね。何となくクレジットカード感覚で発行してしまいがちですが、信用情報に与えるインパクトがクレジットカードとは全く違います。

 

クレジットカードは月1枚、約1万円分のポイントが確実に計算できる、陸マイラーの生命線です。この生命線を絶たれることになりますので、カードローン広告には特に注意してください。

また、ポイントサイトの利用はあくまでお得・手軽にマイルを貯めるための手段ですので、不動産投資やエステの高額契約など、怪しいとわかっているところに個人情報晒してまで突っ込んでいく必要はありません。そんな広告をこなさなくても、月18,000ANAマイルを貯めることは十分に可能だと思います。

 

その他、高額ポイント案件には何らかの裏があることも多いですので、この記事も参考に、お得かつお手軽にマイルをしっかり貯めて行きましょう。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい

 

一切飛行機に乗らず、陸で年間50万マイル貯める超絶簡単な方法を、詳しく解説しています。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 

貯めた陸マイルで、陸マイラーの到達点、ファーストクラス旅行を実現。ポイントサイトの1P(円)=15円以上で使う究極の贅沢をご紹介します。

関連記事:【人生初ファーストクラス】陸マイラーの到達点、ヨーロッパ路線ANAファーストクラスを発券しました



AD