【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

ポイントサイトで貯めた各種ポイントを、最もお得にANAマイルに交換するためのメインルートとなるのが、LINEポイントを使った通称「LINEルート」です。

交換率は、これまでの通称「ソラチカルート」の「90%」から少し低下して「81%」となります。

LINEルートについては、下記関連記事で各ポイント間の交換方法も含め、徹底的に解説していますので、LINEルートについて詳しく知りたい方はまずはこちらをご覧ください。

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018年5月29日

早速、LINEルートのポイント交換スケジュールと各サイトごとのポイント交換締切日、そして最短でANAマイルに交換する方法を解説していきます。

LINEルートの再確認

まず、おさらいにはなりますがLINEルートの全体像を確認したいと思います。

具体的にはこんなルートです。正直かなり複雑ですよね。この後の解説をわかりやすくするため、このルートを大きく3つのルートに分けてみたいと思います。

  1. 王道ルート:PeXとワールドプレゼントを経由してGポイントに交換するルート
  2. Gポイントルート:Gポイントに直接交換するルート
  3. リアルペイルート:リアルペイに直接交換するルート

大きく、この3つに分けて解説していきます。

これでもかなり複雑だと思いますが、ここをご理解いただくことが重要なので、できるだけ簡単に解説します。

①王道ルート

まずは①が「王道ルート」です。

各ポイントサイトから、PeXを経由して→ワールドプレゼント→Gポイント→LINEポイント→東京メトロ→ANAマイルへと交換する、かなり長めの交換ルートになります。

Gポイントに直接交換できるポイントサイトも増えてはきましたが、多くのポイントサイトにとってこのルートが大量ANAマイルを貯めるためのまずは最重要となるルートです。

王道ルート=基本ルートとして覚えておいてください。

②Gポイントルート

次に、②がGポイントルート。

モッピー、ちょびリッチ、i2iポイント、アドボンバー、ゲットマネー、ファンくる、ライフメディア、ポイントインカムの計8サイトは、LINEポイントに実質等価交換可能なGポイントへ直接交換可能なので、PeX→ワールドプレゼント→Gポイントの交換を省略して、いきなりGポイントへ交換可能です。

実はこのルートはANA陸マイラーが最も利用する最重要ルートだと思います。

③リアルペイルート

最後に、③がRealPayルート。

「げん玉」「ワラウ」で貯めたポイントは、Gポイントと同じくLINEポイントへ直接等価交換可能なサイトであるRealPayを経由し、ANAマイルへの交換が可能です。(ただし、リアルペイからLINEポイントへの等価交換は月1回3万円分のポイントが上限)

③RealPayルートも、②Gポイントルートに負けず劣らずかなり優秀なポイント交換ルートです。

ポイントサイトのANAマイルへの交換ルートごとに、ポイント交換のスケジュールが違う

上記のとおり、ポイントサイトごとにANAマイルへのポイント交換ルートは違うんです。

そしてかなり交換のタイミングも多いので、しっかりスケジュール管理をしていく必要があります。

交換のタイミングを間違えると最短でのANAマイルへの交換ができず、1か月・・下手をすると2か月程度ANAマイルが貯まらない(間隔が空いてしまう)、ということも考えられます。

この複雑なLINEルートの各ポイントサイト間でのポイントの移行のスケジュール、締日を徹底的に調べあげ、最短でANAマイルに交換する、その毎月のキーとなる日について解説していきます。

スポンサーリンク

LINEルートにおける各サイト間のポイント移行に掛かる期間・締切日

ポイントサイト名 締日 移行期間・移行時期 移行先
PeX 毎月月末 翌月25日頃 ワールドプレゼント
ワールドプレゼント なし 即時 Gポイント
Gポイント なし 2~3日後 LINEポイント
RealPay なし 3営業日後
LINEポイント 毎月15日 翌月11日頃 東京メトロポイント
東京メトロポイント 毎月20日目安 翌月5日頃 ANAマイル

まず、ANAマイルへのポイント交換上、最重要となるスケジュールを解説します。

それは、「LINEルート」において必ず通過することとなる主要な各ポイントサイト間のポイント移行に掛かる期間・締切日です。

上記のとおり、主要なサイトでポイント交換締日があるのはPeX→ワールドプレゼント、LINEポイント→東京メトロポイント、東京メトロポイント→ANAマイルの3つのタイミングだけで、その他のポイント間の交換には締日という概念はありません

ここから言えること。それは、毎月15日/20日/月末が、交換ルートでの一つの大きなタイミングということですね。

ただ、正直このルートは超複雑なので、この表だけでは「いつが締切で」「どのようなスケジュールなのか」が、よくわからないと思います。

このため、各ルートごとの具体的な時系列を以下のとおりまとめてみました。

①~③各ルートのポイント交換時系列

①~③の各ルートの具体的な時系列がこちらです。赤字+点線が、それぞれの交換締切日です。

ただ、全てのルートを盛り込んでいますのでかなりごちゃごちゃして分かりにくいと思います。

①王道ルート(Gポイントもしくはポイントタウンへ直接移行できないポイントサイト)、②Gポイントルート(Gポイントへ直接移行できるポイントサイト)、③リアルペイルート(リアルペイに直接移行できるポイントサイト)の順に、ポイント移行ができる期間/締切日を分解してみます。

①王道ルート:Gポイントへ直接交換できないポイントサイトの場合

まず、①Gポイントへ直接ポイント交換できないポイントサイト(ハピタス、ECナビ等)の場合、例えば4月からLINEルートでポイントを交換をはじめた場合、東京メトロポイントへの移行が完了するの3か月後の7月という計算になります。

ボトルネックになるのは、PeX→ワールドプレゼントへの移行期間です。月末までの交換分が、翌月25日頃※にしかワールドプレゼントに交換できないので、毎月15日に設定されている「LINEポイント→東京メトロポイント」への交換締切に間に合わないのです。このため、かなりの長期戦を覚悟する必要があります。

※実際には、翌月20日頃にはワールドプレゼントへ交換が完了しました。

②Gポイントルート:Gポイントへ直接可能なポイントサイトの場合

一方、②Gポイントへ直接ポイント交換可能なポイントサイトの場合、例えば4月からLINEルートでポイントを交換をはじめると、東京メトロポイントへの移行が完了するのは2か月後の6月という計算になります。

圧倒的に速いですよね。これらのサイトが、同じ「ポイントサイト」ビジネスを展開しているGポイントへのポイント交換に乗り出した理由が良くわかります。

スポンサーリンク

③RealPayルート:「げん玉」「ワラウ」の場合

そして、③RealPayルート・・・「げん玉」「ワラウ」からLINEポイントへと交換するルートがこちらです。

こちらも、②Gポイントルートと同じく圧倒的速さでANAマイルへの交換が可能です。

各ポイントサイトから各ルートキーサイトの交換所要日数

ここまでが、①~③各ルートの具体的なポイント交換スケジュールです。

そして①~③すべてのルートを通じ、もう一つの大きな注意点があります。それが各ポイントサイトからキーとなるポイントサイトへの交換にかかる日数です。

ルート キーサイト
①王道ルート PeX
②Gポイントルート Gポイント
③RealPayルート RealPay

各ルートのキーとなるサイトは、上記のとおりです。

そして実は、各ルートごとで、キーとなるサイトへの交換所要日数はポイントサイトによって違います。各ルートごとの主要ポイントサイトからのポイント交換日数を確認していきましょう。

①王道ルート

サイト名 交換期間
ハピタス 3営業日以内
ECナビ 即日

①王道ルートでANAマイルを貯めるための、主要ポイントサイトからPeXへの交換日数をまとめたものがこちらです。

しかし・・・王道ルートでご紹介するポイントサイト、本当に少くなりましたね。それはさておき・・・ここから言えること。

PeXから次のポイント経由地であるワールドプレゼントへの交換の締切日は毎月月末ですので、その締切日に間に合うようにPeXへのポイントを貯めるために、少なくとも25日・・安全をみるなら毎月20日までには、各ポイントサイトからPeXへのポイント交換のアクションをはじめる必要があるということです。

②Gポイントルート

サイト名 交換期間
モッピー リアルタイム
ちょびリッチ
アドボンバー
ファンくる
ライフメディア 翌営業日
i2iポイント 3~5営業日
ポイントインカム 3営業日
ゲットマネー 4営業日

②Gポイントルートでポイントを貯めるための、各ポイントサイトからGポイントへのポイント交換日数をまとめたものがこちらです。

各ポイントサイトからGポイントへのポイント交換の締日はなくGポイントからLINEポイントへのポイント交換締切日もないので、最終的にLINEポイントから東京メトロポイントへの交換締切日である毎月15日に間に合うよう、ポイントを交換するのが良いでしょう。

GポイントからLINEポイントへの交換は最大5営業日かかるので、毎月5日くらいにはアクションをはじめて、15日までにLINEポイントにポイントを集約したいところです。

③リアルペイルート

サイト名 交換期間
げん玉 即日
ワラウ 10日間

最後に、③リアルペイルートの各ポイントサイトからRealPayへの交換日数をまとめたものがこちらです。

姉妹サイトであるげん玉の場合即日で交換可能ですが、ワラウからRealPayへのポイント交換には約10日間かかります。

そして、RealPayからLINEポイントへの交換は3営業日後になりますので、RealPayを経由してのげん玉からのポイント交換は毎月10日頃から、ワラウからのポイント交換は、毎月1日頃には動き始めた方が良さそうです。

スポンサーリンク

LINEルートでANAマイルを最短でためるポイント交換スケジュール

これまでの解説を踏まえた、LINEルートでANAマイルを最短で貯めるポイント交換スケジュールは、①王道ルート(Gポイントへ直接交換不可能なサイト)、②Gポイントルート(Gポイントへ直接交換可能なポイントサイト)、そして、全くの別ルート③RealPayルート(「げん玉」「ワラウ」)、それぞれのポイントサイト別に、下記のとおりとなります。

①王道ルート(Gポイントへ直接交換できないポイントサイト)の場合

毎月のスケジュール 実施事項
①11日~20日 東京メトロポイント→ANAマイルへの交換
②20日~月末まで 各ポイントサイト→PeXへの交換
PeX→ワールドプレゼントへの交換
③25日~翌月15日 ワールドプレゼントからGポイントへの交換
GポイントからLINEポイントへの交換
LINEポイントから東京メトロポイントへの交換

王道ルート(Gポイントへ直接交換できないポイントサイト)の場合、それぞれの期間に対応するアクションは上記のとおりになります。

一体、いつ何をやっているかよくわからない、という方はもう一度下記のスケジュールと見比べながらご覧ください。

それぞれのポイント交換が、以下の番号と対応しています。

  1. 毎月11日~20日:東京メトロポイント→ANAマイルへの移行(締切20日)
  2. 毎月20日~月末まで:各ポイントサイト→PeXへの移行、PeX→ワールドプレゼントへの移行(締切月末)
  3. 毎月25日~翌月15日まで:ワールドプレゼントからGポイントへの移行、GポイントからLINEポイントへの移行、LINEポイントから東京メトロポイントへの移行(締切15日)

上記のタイミングでポイント交換を行っていくのが、①Gポイントへ直接交換できないポイントサイトの場合の、LINEルートでANAマイルを貯める最短のスケジュール・方法になります。

2018年6月追記 PeX→LINEポイントの交換率が90%になり直接交換も視野に

2018年6月1日から、PeXからLINEポイントへの交換率が90%に上昇しました。これにより、PeXからLINEポイントに直接交換するルート・・具体的にはこんなルートも選択肢に入ることになります。

毎月のスケジュール やること
①当月15日まで pポイントサイトからPeXへ交換
PeXからLINEポイントへの交換
LINEポイントから東京メトロポイントへの交換
②翌月11日~20日 東京メトロポイントからANAマイルへの交換

PeXからLINEポイントに交換するので、このようにかなりシンプルな交換手続きでLINEポイントに移行することができます。

ただ、移行率が、0.73倍になってしまうんですよね・・。このため、Gポイントに直接交換できないサイトから、LINEポイントにとにかく早くポイント交換したい!という方以外には、まだおすすめできないと思います。

②Gポイントルート(Gポイントへ直接可能なポイントサイト)の場合

毎月のスケジュール やること
①当月15日まで 各サイトからGポイントへ交換(即時~5営業日)
GポイントからLINEポイントへの交換
LINEポイントから東京メトロポイントへの交換
②翌月11日~20日 東京メトロポイントからANAマイルへの交換

一方、Gポイントへ直接交換できるポイントサイトの場合、スケジュールは非常にシンプルです。こちらも、対応した図を示しておきます。

  1. 当月15日まで:各ポイントからGポイントへ交換(リアルタイム~最大5営業日)、GポイントからLINEポイントへ交換(2~3日後)、LINEポイントから東京メトロポイントへ交換
  2. 翌月11日~20日まで:東京メトロポイントからANAマイルへ交換

上記スケジュールで交換していくのが、②Gポイントへ直接ポイント交換できるサイトの、最短交換スケジュールになります。

Gポイント経由の方が圧倒的にANAマイルへの交換スピードが速いです。しかも、結局Gポイントの手数料は取り戻すことができますしね。Gポイントに直接等価交換可能なポイントを所有している方は、Gポイント経由が圧倒的に有利で、かつ交換スピードが速いと思います。

スポンサーリンク

③RealPayルート(「げん玉」「ワラウ」の場合

毎月のスケジュール やること
①当月15日まで 「げん玉」「ワラウ」からRealPayへ交換(即日~10日)
RealPayからLINEポイントへの交換(3営業日)
LINEポイントから東京メトロポイントへの交換
②翌月11日~20日 東京メトロポイントからANAマイルへの交換

最後に、③RealPayルートです。こちらも、Gポイントルートと同じくスケジュールは非常にシンプルです。

同じく対応した図を示しておきます。

  1. 当月15日まで:「げん玉」「ワラウ」からRealPayへ交換(げん玉即日、ワラウ10日)、RealPayからLINEポイントへ交換(3営業日後)、LINEポイントから東京メトロポイントへ交換
  2. 翌月11日~20日まで:東京メトロポイントからANAマイルへ交換

上記スケジュールで交換していくのが、RealPayルートの最短交換スケジュールになります。

ポイント中継サイトリアルペイでANAマイルを貯める&LINEポイントへ等価交換する方法

2019年1月29日

上記RealPayルートは、月1回、3万円分のポイントを手数料無料でLINEポイントへ交換できますので、かなりお得だと思います。

LINEルートスケジュールまとめ

新しい陸マイラーの活路、LINEルートのスケジュールでは、まず、①Gポイントへ直接交換できるのか、②Gポイントへ直接交換できないのかが、大きな鍵を握ります

特に②の直接Gポイントに交換できない場合は、「げん玉」「ワラウ」を除きANAマイルに至るまで3か月を要する①王道ルートの複雑なルートをたどる必要がありますので、15日/25日/月末にそれぞれ設定されている締切日はもちろん、その締切日までの準備も含めて重要になります。

このため、締切日を意識することはもちろん、1か月を3つの期間に区切り、その期間で必要なポイント交換を行っていくことが重要になります。

そのタイミング・期間が「11日~20日」「20日~月末」「25日~翌月15日」です。今後は、この期間中に、必要なポイント移行をしっかり行っていくことが求められます。スケジューラー等でスケジュールをしっかり組んで、忘れずにポイント移行するようにしてください。

一方、②Gポイントルート(Gポイントへ直接交換可能なサイト)および③RealPayルート(げん玉、ワラウ)の場合、当月15日までにLINEポイント→東京メトロポイントへの交換を済ませておけば、後は翌月11日~20日間に東京メトロ→ANAマイルへの交換を行うだけなので、非常にシンプルです。

この3つのルートの違いと、スケジュールの違いをしっかり把握して、最速でポイントを貯めて行きましょう。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2019年3月15日

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018年7月15日



AD