新LINEルートで明暗くっきり。ANAマイルに交換しやすいポイントサイトの条件とは

 

2018年4月からANAマイラーの新たなマイル獲得ルートとなった、LINEポイントを経由した通称「LINEルート」。

もう、LINEポイントへの交換や、LINEポイントからメトロポイントへの交換を実際にやってみた方も多いのではないかと思います。

 

私も実際に今月に入り試してみましたが・・・ANAマイルに交換やすいポイントサイトと、そうでないポイントサイト。この明暗がくっきりと分かれたな・・・という印象です。

新LINEルートを実際に試してみて分かった、ポイントサイトを選択する際の条件を解説してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

LINEルートとは

 

まず、LINEルートのおさらいをしておきます。LINEルートの全体像はこんな感じ▲です。

長い!長すぎるわ!!って感じですよね。このLINEルートで0.81倍でANAマイルを貯める方法については、以下の関連記事▼で詳しく解説していますので、ここではおさらい程度にとどめておきます。

【2018年9月最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

【2018年9月最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018.05.28

 

スポンサーリンク

LINEルートの全体像 ~ANAマイル移行までにかかる期間~

 

このLINEルート、本当に長すぎて何が何だかよくわからないと思いますので、それぞれのポイント交換の締切日実際にANAマイルに移行できるまでの期間を図解したものがこちら▲です。

ハピタスやゲットマネーのようないわゆる一般的なポイントサイトから、ANAマイルへの交換を完了するまでには、なんと4か月かかることになります。つまり、4月に交換を開始したら、ANAマイルに交換できるのは8月になるということです。

 

これ、今月から私も実際にやって見ましたけど・・・かなり時間がかかるのと、実際にやって見ても面倒ですね。

 

特に、上の赤丸の部分・・・PeXからワールドプレゼントへの交換が約1か月かかるのがかなりのボトルネックになります。。こんなに時間がかかると、本当にどれだけどこにどのポイントがあるのかしっかり管理しないと忘れちゃいますよ。

PeXからワールドプレゼントへのポイント交換手続きが完了したら、画面に「翌月25日までに交換します」って表示が出るんですけど、本当に絶望的な気持ちになりますからね。

 

スポンサーリンク

GポイントおよびGポイントに直接交換可能なサイトの優位性

 

一方、LINEポイントへ直接等価交換可能なサイト・・Gポイントやモッピー/ちょびリッチの場合のANAマイルへの交換スケジュールがこちら▲です。

このルートで実際にポイント交換して見て思ったのは、とにかくLINEポイントまでの移行がスムーズで、2日程度でLINEポイントまで移行できます。

 

こんな感じ▲で、2日もあればLINEポイントに移行できてしまうんです。

 

LINEポイントまで移行できれば、後はメトロポイントに送り込むだけですからね。

LINEポイントからメトロポイントへの移行も、1,000Pずつでしか移行できないのではじめは面倒かな、と思ったんですが、実際にはこのページ▲が表示されたら画面左上の「<」(戻る)ボタンを押して、また1,000Pを交換すればよいので、実際には17,000P分の移行もわずか1分くらいで完了しました。

 

メトロポイントにさえ送り込んでおけば、後は毎月15日前後にANAマイルに交換する・・というリズムは体に染みついているので、もう大安心です。

この、「メトロポイントに送り込む作業をわずか2日で終わらせることができる」というメリット、破壊力は驚異的なものがあります。

 

スポンサーリンク

LINEポイントに直接交換可能もしくはそれに準ずるサイトが築いた優位性

LINEポイントに直接移行可能 Gポイントポイントタウン
Gポイントにリアルタイム交換可能 モッピーちょびリッチ

 

2018年4月現在、LINEポイントに直接交換可能、もしくはGポイントにリアルタイム交換可能なサイトはこちら▲になります。

ANAマイルへの交換の容易さに関して言えば、このつのサイトが他のサイトより間違いなく優位な立場にあるといってよいと思います。

 

いち早くGポイントへのリアルタイムポイント交換を導入したモッピー、ちょびリッチの両サイトはさすがですね。

本当に何度も言いますが、ANAマイルを貯めることに特化して考えると、この4つのサイトと他のサイトの間には、かなりの隔たりがあります。それくらい、この4つのサイトはメトロポイントまでの交換が容易ですね。

 

ポイントサイトの広告間でよほどのポイント差がない限り、この4つのサイトの広告を利用しようかな・・・と思っても不思議ではありませんね。

ハピタスやゲットマネーなどの他の優良サイトがこの状況を指をくわえてみているのか・・・それとも例えばLINEポイントへの直接交換などの新たな打開策を打ってくるのか・・これらのサイトの今後の展開も注目したいと思います。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万マイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



 

AD