ユナイテッド航空グアムー名古屋UA171エコノミークラス搭乗記。エコノミーとビジネスクラスの違いは?

 

2018年春休みの子連れグアム旅行。

往路はANA特典航空券でユナイテッド航空のビジネスクラス▼を利用しましたが、復路はエコノミークラスでの帰国になります。

関連記事:ユナイテッド航空名古屋ーグアムUA136便(残念)ビジネスクラス搭乗記

 

その帰国便の復路に搭乗したのが、ユナイテッド航空グアムー名古屋UA171便エコノミークラスです。

搭乗前ははっきりいってユナイテッド航空のエコノミークラスって「大丈夫か?」と心配していましたが、意外に普通・・というか、同路線のビジネスクラスがイマイチすぎたせいか、3時間30分くらいのフライトなら、別にこれはこれでありなのでは?という感じのフライトでした。

 

この記事では、グアム-名古屋を結ぶUA171便エコノミークラスの搭乗記を、往路のUA136便ビジネスクラスと比較しつつご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 グアムの出国審査・手荷物検査はいつも通り最悪・・ここだけはビジネスクラスが良かった

 

グアムから日本への帰国便搭乗に際しての、まず第一出国の関門?というか難関といえるのが出国審査+手荷物検査です。とにかく、大、大、大行列。日本と韓国方面への出発便が午後に集中する時間なのでやむを得ませんが、とにかくいつもとんでもない行列になります。

普通に30分くらいは並ぶでしょうか。それでも、出発便が集中する時間だけの行列なので、現地の係の方は慣れたもの。並んでいようがどうであろうがお構いなしに、通常通りの対応ですので、とにかく待ちます。

 

この行列が・・ビジネスクラスなら「プレミアアクセス」でパスできるんです。

正直、往路(日本ーグアム)をビジネスクラスにしたのを後悔しました。往復どちらかをビジネスクラスにするなら、復路ビジネスが絶対おすすめですね。

 

ちなみに、日本出国便はビジネスクラスのプレミアアクセスなら楽▼ではありますが、こんなクソ大行列になることはありません。

関連記事:ユナイテッド航空名古屋ーグアムUA136便(残念)ビジネスクラス搭乗記

 

スポンサーリンク

エコノミークラスのシート・・ビジネスクラスとそう変わらない

 

無事出国審査の大行列を脱出して、その後プライオリティパスを利用してサガンビスタラウンジを利用したりしたのですが、それは別の機会に紹介するとして・・大人しくエコノミーの列に並び、エコノミー搭乗者列の最後尾くらいで搭乗します。

グアムー名古屋を結ぶUA171便は国内線でも良く使われている古めかしいB737の機材。エコノミークラスは当然の3-3のアブレストになっています。

 

エコノミーの搭乗者の最後尾くらいで搭乗したにも関わらず、隣席がまだ搭乗しておらず、運よく取れた写真がこちら▲。

うん。エコノミーとしては非常に普通な座席ですよね。シートピッチもまあ狭いけど・・エコノミーですからこんなもんだと思います。

 

ちなみに、往路のUA136便ビジネスクラスの座席がこちら▲なんですが・・横幅はもちろんビジネスの方が広いですが、シートピッチ(縦幅)はエコノミーとほとんど変わらないと思います。

 

ちなみに、身長180cmの私がビジネスクラスに座って足を組むと・・・こんな感じ▲です。

ほとんどビジネスクラスとエコノミークラスの間で、シートピッチの差はないと言って良いと思います。

 

 

エコノミークラスのエンターテイメントの画面がこちら▲。

 

ビジネスクラスのエンターテイメントシステムがこちら▲。

エコノミーとビジネス全く同じです。もちろん、日本語対応はあるように見えて実は全くありません。

 

エコノミークラスとビジネスクラス乗り比べて思いましたが、ユナイテッドのグアム便限定ですが、ビジネスとエコノミーの差はシート&エンターテイメントに関してはほとんどありませんね。

 

スポンサーリンク

機内食+ドリンクサービス

 

UA171便の場合、水平飛行に移って・・大体出発から1時間経過後くらいに、機内食の提供があります。

2018年春の場合、CAのお兄さんが「チキンライス」か「焼きそば」!!と乗客に声を掛けてお食事を配ってくれていました。

 

こちら▲が、「焼きそば」です。意外に(意外を連呼して恐縮ですが)美味しそう。

 

そして、こちらが「チキンライス」。

正直、私の周囲からも「チキンライス・・・ってこれ?!」という声が漏れ聞こえていました。でも確かにCAのお兄さんの表現をよく聞くと「チキンとライス」・・・チキン/ライスの間に「と」が入っていたんですよね。

 

完璧に「チキンライス」の舌になっていた周囲の乗客の皆さんは、「ケチャップライスじゃないんだ・・」って感じの微妙な空気が流れていましたが、この「チキンとライス」を頼んだ私の下の子どもは、チキンの照り焼きしょうゆ味とライスが絶妙にマッチしたようで、もりもり食べていました。

下の子は絶対に残すだろうから、私も味見しようと思っていたら、そんなこと(残すようなこと)は全くなかったですね。この「チキンとライス」なかなか美味しい機内食だったようです。

 

私が頼んだ「焼きそば」も・・・はっきり言って麺はビーフンっぽかったですが、麺の上にお肉はゴロゴロ乗っていて、これはこれでなかなか美味しかったです。

ただ・・左上にひっそり見えているポテトサラダは・・。ジャガイモを茹でて潰して、軽く塩コショウしてマヨネーズを和えるだけなのに、どうやったらこんなに美味しくなくできるのか?ってくらいイマイチでした。

 

もしかしたらチーズとかが練りこんである高尚な一品かもしれませんが、自分としてはその味が良くわかりませんでした。

多分これは、日本とアメリカのマヨネーズの違いなんだと思います。

 

スポンサーリンク

ビジネスクラスとの食事の違い

 

これは▲往路のビジネスクラスの「サーモン」の昼食。

 

同じくこちら▲は、ビジネスクラスの豚肉の昼食です。

ちなみに、ビジネスクラスのランチも事前の評判以上に美味しかったです。そして、そのビジネスクラスランチと比べても、エコノミーのディナーは、「まあ、エコノミーにしては・・・」というエクスキューズはあるにせよ、ビジネスと比較してもそれはそれなりに美味しかったです。

 

スポンサーリンク

食事後は就寝タイム

 

食事後は、別に短距離路線で寝る時間でもないのですが、「寝てください」的な就寝タイム。

ユナイテッドっぽく、グアム在住っぽいCAの皆さんはこの時間全く仕事をする気がなさそうでしたが、日本人のCAさんはこの就寝タイム中もこまめに席を回ってサービスされていました。(現地女性のCAの方はお疲れモードでしたが、現地男性のCAさんはフル稼働されてましたので、休憩の取り方等が違うのかもしれません。)

 

このあたりは、国民性の違い・・というだけでは済まされない、ユナイテッド航空の本質的なサービスの違いの部分ですかね。

 

スポンサーリンク

UA171 グアムー名古屋便エコノミークラスの総合評価

 

このグアムー名古屋便ですが、出国審査のクソ行列は何とかしてほしいとは思うものの、それはユナイテッド航空の責任ではありません

それも含めて考えると、十分及第点を付けられる路線だと思います。エコノミークラスのシートピッチも普通ですし、食事もまあまあ美味しい。アルコールが有料なのはLCCっぽいですが、周囲にも機内食のおともにビールを購入されている方はお見えになりましたので、飲みたい方は飲めばいいですしね。

 

飛行時間は3時間30分程度ですので、十分耐えられる時間です。

このくらいの時間なら、無理にビジネスではなく、エコノミークラスを選択する方が賢い選択だと思います。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万マイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



 

AD