ポイントサイトに案件がない。考えられる理由と陸マイラーに(自戒を含め)求められること

 

最近、本当にポイントサイトに案件がありませんね・・。

かろうじてクレジットカード案件は、三井住友VISAクラシックカードやdカードゴールドをはじめとして数か月間フィーバー状態が続いていますが、当然ながら情報感度の高い陸マイラーなら、これらのカードはいずれも既にカード発行、ポイント獲得済みのことと思います。

 

2017年年末にかけてのドル箱案件であったネスレ案件(アンバサダー、ネスプレッソ、ドルチェグスト等)も一段落の今、人によっては「こなす案件がない・・・」「一月22,000Pが・・厳しいかも・・」という方もいるのではないでしょうか。

何故、ポイントサイトに広告案件が少ないのか。そして今後ポイントサイトの広告案件はどうなっていくのか。

 

陸マイラー的目線から考察してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ポイントサイトに広告案件が少ない理由

①年度当初で広告費の投入が控えめ

 

まずは最も可能性の高い理由その①が、この理由ですね。年度当初なので広告費の投入が控えめ、ということです。

大体の企業は、年度末に向けていわゆる「予算」・・つまり営業目標を持っています。この営業目標の達成に向け、投下されるのが「広告費用」や、人件費などの「営業費用」です。

 

特に広告費用は、予算の達成・・つまり営業目標の達成の見通しによって投入量が増減するのが普通ですので、年度当初は広告投入量が控えめになってしまうのはやむを得ないんですよね。

逆に、年度末になって予算が達成できないかも!!となると、残っていた広告費の全額、場合によっては残っていた残額以上の広告費を突っ込むことも辞さない。それが、企業の営業活動の世界です。

 

年度当初ですので、まだ広告費の投入は様子見・・・というのは、間違いなく理由としてあると思います。

 

スポンサーリンク

②FX案件が下火

 

FX案件のポイント相場が超下落傾向、そして、新しいFX案件も出てきていない・・というのも、ポイントサイトの案件が乏しい理由の一つですね。

FX業界自体が、自主規制によりポイントサイトでの還元率を下げていること+そもそもFX案件のポイント相場が下落傾向であり、かつ、ポイント獲得条件の改悪が続いているというのも大きいと思います。

 

③新規案件がほとんどない

 

そして、この理由もかなり大きいんですが・・。最近、ポイントサイトを見ていても、目新しい案件って、ほとんどないと思いませんか?

最近目新しい案件といえば、例えば「スターチャンネル」案件ですが、内容的にはなんてことはない「有料チャンネル登録案件」ですので、ポイントサイトに新たに登場した!!みたいな目新しい案件って、実はネスレ以来ここ半年くらいほとんどないんですよ。

 

なんでこんなに新規広告案件が現れない状況になっているの?という問いから、現在のポイントサイト案件の低迷につながっている一つの答えが導き出される気もします。

つまり、広告主にとって、ポイントサイトユーザーって、本当に囲いこむべきユーザーなの?・・って疑われてませんかってことなんです。

 

スポンサーリンク

ポイントサイトユーザーは広告主にとって有益なユーザーか

 

広告主がポイントサイトに多額の広告費を払ってでも、会員登録する顧客を集める理由。

それは、いうまでもなく自社のサービスを継続的に利用してくれるユーザーをより多く集めたいからです。このあたりから・・ポイントサイトの広告が少なくなっている理由について、ポイントサイトユーザー的「胸に手を当てて考える」必要がある事情が増えてくるような気もします。

 

例えば(これは全部私自身もそうなんですが)・・FX口座とかって、ポイント獲得以降もしっかり使っていますか?ネスレ案件も、しっかり少なくとも半年以上はコーヒー飲みましたか?

広告主は「継続して自社のサービスを利用してくれる」(=継続してお金を落としてくれる)ユーザーを求めて、ポイントサイトをはじめとした各種媒体に広告を出稿しています。

 

しかしながら、昨今のこのポイントサイト広告の低迷ぶり(=新規案件が出てこない)を見ていると、もしかすると広告主、さらには広告主が依頼している広告代理店にとって、ポイントサイトのユーザーは「継続して自社サイトを利用してくれるユーザーではない」と判断されている可能性があるのではないか・・とも思ってしまいます。

だから、新規広告も出てこないんじゃないのかな・・ってことです。

 

私もしがない単なる一陸マイラーですので、綺麗ごとを言える立場でもありませんし、その筋合いもありませんが・・。ただ、美味しい案件に群がって、大量ポイントだけ獲得して仁義なく退会する。

これを繰り返すユーザーが増えてしまうと、もしかするとポイントサイトから案件が消えてしまう・・もしくは不動産投資業者のように、個人情報との引き換えでしか大量ポイントが望めないような日が来てしまうのではないか・・という気もします

 

スポンサーリンク

ポイントサイトの案件はできるだけ継続利用しよう

 

ポイントサイトの広告主と、ポイントサイトユーザー。

この関係を正の循環で回していくためにも、できる限りポイントサイトの広告で利用したサービスは継続利用したいですね。

 

もちろん、私もポイントサイト経由で入会後、結果して退会したFXサイトや、退会したサービスもありますので人のことは全く言えませんが、少なくとも・・なんていうんでしょうか、節度(仁義)あるサービス利用は必要かな、とは思っています。

サービスを利用したら、実際によかったことを周囲に口コミする、またはダメなことは正直に報告する。これだけでもユーザーとしては広告主に貢献する行為ですので、こういう行動も増やしていきたいですね。

 

現在、ポイントサイト上に新規広告が少な目・・なのは、この理由だけだというつもりは毛頭ありませんが、広告主とポイントサイトとユーザーとの関係を十分に理解しつつ、ポイントサイトの広告利用には注意していきたいと思います。

 



AD