【年会費無料で10,000P】VIASOカードが過去最高ポイント水準!入会キャンペーン併用でさらに10,000Pも

 

三菱UFJカードが発行している年会費無料の「VIASOカード」がポイントサイト経由での発行+一定額の利用で10,000P(円)のポイントがもらえる大チャンスです。

2018年春は、三井住友カード「エブリプラス」「クラシック」「デビュープラス」等の年会費無料カード軒並み10,000P以上、下手すると15,000P以上のポイントバックという、クレジットカード案件が大豊作の時期でしたのであまり目立ちませんが、年会費無料のカードの発行+5,000円程度の利用で10,000Pのポイントバックというのは、陸マイラーにとっての一つの「お得なクレカ発行案件の目安」となる相場感です。

 

しかも、今なら公式サイトのキャンペーンの併用も可能ですので、ポイントサイトでの10,000円分のポイントバックとは別に、合計10,000円分のポイントももらえてしまいます。

ちょっと前なら大騒ぎになっていてもおかしくない、かなりお得な案件だと思います。この記事では、この超絶お得なVIASOカード案件と、さらに入会キャンペーンでもお得にポイントを確保する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

VIASOカード案件が紹介されているポイントサイト

 

今回ご紹介する、VIASOカードの発行で10,000P(円)分のポイントがもらえるポイントサイトは、こちら▲のハピタスと、

 

こちら▲、ちょびリッチになります。どちらも信頼のおける超絶おすすめなポイントサイトですので、どちらで発行してもポイント獲得に間違いはないでしょう。

私は、ハピタスとちょびリッチ、この2つのサイトを利用してポイントを貰い損ねたことは実はまだない▼んです。それくらい信頼のおけるサイトですから、この2つのサイトの広告として紹介されていることはラッキーですね。

【却下→承認】サクソバンク証券FXが3か月後にまさかのポイント付与。ハピタスからの神メール降臨!

2018.04.03

【16,500P獲得】通帳記載すらされなかったクレカ発行案件で無事ポイントゲット。経緯と問い合わせ方法を報告

2018.05.01

 

ANAマイラーならちょびリッチの方がLINEルートでANAマイルに移行しやすい

このハピタスとちょびリッチ、確かにもらえるポイントは同じですし、どちらも信頼できるサイトなのでどちらでカード発行しても大丈夫なんですが・・・。

ですが、もしあなたがANAマイラーなら・・実はちょびリッチでポイントを獲得した方がLINEルート経由でANAマイルへの移行はかなり楽になります。

 

ちょびリッチとハピタスのLINEルートでのANAマイルの交換の難易度の違い、LINEルートでANAマイルに交換する方法は下記関連記事▼をご覧ください。

新LINEルートで明暗くっきり。ANAマイルに交換しやすいポイントサイトの条件とは

2018.04.29

【2018年11月最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

 

ちょびリッチへの登録がまだの方はこちら▼からどうぞ。このバナーから登録して、1P以上のポイント獲得で250円相当のポイントがもらえますよ。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

VIASOカード案件のポイント獲得条件

 

では早速、今回のVIASOカード案件のポイント獲得条件はの詳細を見て行きましょう。こちら▲のとおり、カード発行月の翌月末日まで5,000円(税抜)以上の利用がポイント獲得条件です。

地味に気を付けたいのは「税抜」表示であること。税込5,400円以上の利用が必要ですので注意してください。ただ、5,400円なら近所のスーパーで食料品購入等や、日々のコンビニでの買い物に少し使えば、簡単にクリアできる条件ですね。

 

スポンサーリンク

VIASOカードのスペック

国際ブランド
MasterCard
年会費
[本人会員] 無料
[家族会員] 無料
追加可能なカード
  • ETC
  • 家族
  • ETCカード新規発行手数料1,000円(税別)がかかります。
お申込資格
[本人会員] 原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。

  • 未成年の方は親権者の同意が必要です。
[家族会員] 本人会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18才以上)の方。

  • 本人会員が学生・未成年の場合は家族カードの発行はできません。
海外旅行傷害保険
サービス

最高2,000万円

ご入会日以降(当日を含む)に出発される海外旅行に傷害保険を付帯します。
海外旅行中の病気やケガはもちろん、携行品が破損した場合にも適用する安心サービスです。

  • 2010年7月1日以降に日本国内のご自宅を出発された海外旅行より、事前に海外旅行代金などをカードでご利用いただくことを適用条件とさせていただきました。また、一部の保険金額について引下げとさせていただきました。
ショッピングパートナー
保険サービス

年間限度額100万円

カードで購入した商品が購入日から90日以内に破損、盗難などにより損害をこうむった場合に補償します。

  • 楽Payご登録期間中のみ自動付帯
ご利用可能枠
カード利用可能枠 10~100万円
内リボ払い・分割払い 10~100万円

 

VIASOカードのスペックは、こちら▲になります。なんと言っても、年会費無料であることが大きいですよね。

 

VIASOカードのポイント還元率はこちら▲のとおり、1,000円の利用で5ポイントになっています。1ポイント1円でオートキャッシュバックされますので、ポイント還元率は0.5%です。

特段高いわけではありませんが、平均的なポイント還元率と言えるでしょう。

 

通常の利用時のポイント還元率は0.5%ですが、ETCでの高速道路/有料道路の通行料金や、携帯電話料金、インターネットプロバイダー等特定加盟店での料金支払いは、1%のポイントが貯まります

確かにお得だとは思いますが、ここまではまぁ・・いわゆる「一般的な」クレジットカードと言ってしまえるスペックですね。

 

スポンサーリンク

今なら公式サイトの入会キャンペーンの併用で10,000Pバック

 

ここまで紹介したとおり、カードのスペックは平均的と言ってよい水準ですが、ここから紹介する公式サイトの入会キャンペーンを併用することで、よりお得にカード発行することができます。

その入会キャンペーンの概要がこちら▲です。

 

入会日から3か月後の月末までに、15万円以上のショッピング利用で、9,000円相当のVIASOポイントをプレゼント。さらに「楽Pay」(リボ払い)の登録で1,000円相当のVIASOポイントがもらえます。

 

特典2「楽Pay」の登録でポイントを貰うには、特典1の条件を満たす必要がありますので、満額10,000円分のポイントを貰うには、3か月以内に15万円以上のカード利用が必須になるということです。

でも、15万円の利用で1万円のポイントバックって、冷静に計算すると、還元率は6.7%ですからね。このキャンペーン分を攻略するまでならVIASOカードを使っても全く損はないでしょう。

 

スポンサーリンク

VIASOポイントはオートキャッシュバック方式。マイルへの移行は不可

ただ1点ご注意いただきたいのは・・このキャンペーンでもらえるVIASOポイントは、オートキャッシュバックでポイント付与され、カードの利用明細と相殺される形になりますので、マイル等への移行はできません

でも、3か月で15万円利用ならかなり簡単に条件達成できますし、この条件達成で、まさかの1万円キャッシュバックです。還元率6.7%ですので、このキャンペーンはしっかり利用するべきだと思いますね。

 

入会キャンペーンの注意事項

 

このお得な入会キャンペーンの条件がこちら▲になります。特に注意しておくべきなのは、「オリジナルデザインのVIASOカードは特典対象外」なことと、「楽Pay」を登録解除の場合はポイント加算の対象にならないことです。

特に楽Payはポイント加算時期である6か月後まで継続する必要があるので十分注意してください。

 

スポンサーリンク

発行したクレジットカードはしっかり利用してクレヒスを作ろう。次の1枚の発行の近道です

クレジットカードを毎月1枚審査通過/発行する方法。クレヒスの審査への影響、申込時の注意点を徹底解説

2018.03.24

 

なお、このようにポイントサイトで発行したクレジットカードは、絶対にしっかり使って「クレヒス」(クレジットヒストリー)を積む▲ようにしてください。

ポイントサイトでのクレジットカード発行案件は、1枚あたり1万円近いポイントをもらえるため、陸マイラーにとってのまさに「生命線」です。

 

1枚、1枚のクレジットカードの発行毎に、例え毎月少額ずつでも良いのでクレヒスを積んでいくことが、次の1枚の発行につながります

このVIASOカードも発行後3か月以内に15万円以上の利用、さらに毎月少額ずつでも利用することで良質なクレヒスを作っていきましょう

 

スポンサーリンク

年会費無料のカードで1万円は超絶お得!まだ持っていない方は発行のチャンス

 

ここまで紹介した、この年会費無料で1万円分のポイントがもらえる「VIASOカード」案件。ここ最近8千~9千ポイント近辺を推移してきましたが、ここに来て1万円の大台を突破です。

冒頭にも記載のとおり、最近年会費無料のカードで1万円以上のポイントがもらえる広告が多く、感覚がマヒしつつありますが、年会費無料で1万円分のポイントは、かなりお得な水準だと思います。

 

前のクレジットカード発行からある程度の期間を経過した方は、ぜひこの機会にカードの発行をおすすめします。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万マイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



 

AD