JAL「どこかにマイル」に新サービスが登場!「JR四国乗り放題きっぷ」はどれだけお得?

 

「2017年日経優秀製品・サービス賞 日経MJ賞」を受賞した、JALが誇る「どこかにマイル」サービスに、新たなサービスが追加です。

今回追加されたサービス。それが、JAL「どこかにマイル」サービスを利用して、四国(徳島、高松、高知、松山)に行き先が決まった方限定ではありますが、JR四国全線フリーきっぷをマイルと交換で入手可能なサービスです。

四国は「うどん県」香川、「徳島ラーメン」徳島県、「松山城・道後温泉」を擁する愛媛(松山空港)、「卓袱料理・桂浜」の高知県など、まさに超魅力的な観光地ですが、この観光地四国を訪れるのに、さらに魅力的なサービスが追加されたことになります。

この記事では、2018年6月26日(火)から受付開始の、JALどこかでマイル「JR四国乗り放題きっぷ交換サービス」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

JAL「どこかへマイル」サービスとは?

 

この記事をご覧のほとんどの方はすでにご存じだと思いますが、簡単にJAL「どこかにマイル」のサービスを振り返っておきます。

この「どこかにマイル」サービス。JALマイルを使って特典航空券を発券しようとした場合、通常目的地を決めてJAL国内線の座席を予約しようと思うと、最低でも12,000JALマイル以上かかるところ、行先を決めずに「どこかに」行ける形でマイルを使った特典航空券を発券すると、なんと往復6,000マイルで「どこか」に行けてしまう、というサービスです。

 

行き先がどこになるかは「お楽しみ」ではあるのですが、予約の際に大まかに4つの行き先候補地について、JALから提案があります。

この4つの行き先が全部「これは・・無いわ・・・」という行先なら、予約はやめておけばよいだけの話。この4つの中で2~3個くらいは「これは、あり」という行き先があれば、運を天に任せて予約してしまうのも「あり」ですね。

実際に予約してみられるとお分かりになりますが、この4つの行き先候補地、意外に「あり」なところばかりです。「普通、狙っていかないよね」という行き先が提案されることが多いので、かなりお得に旅行することができます。

 

ただし、羽田・伊丹・関西空港発着限定

ただし、このJAL「どこかにマイル」サービスは、羽田・伊丹・関西空港発着限定のサービスです。私が在住の中部国際空港では超残念ながら利用できません。

JAL「どこかにマイル」サービスの詳細については、こちらの公式HPでご確認ください。

 

スポンサーリンク

どこかにマイルで四国に到着の方限定!マイルでJR四国フリー切符に交換可能

 

この超絶お得なJAL「どこかにマイル」サービスですが、2018年6月26日から、初めて鉄道乗り放題オプションが追加されます。

それがこちら。どこかにマイルサービスで四国(徳島、高松、高知、松山)の空港へ行くことが決まった方限定で、JR四国の全線フリーきっぷを、大人1人1日乗り放題で3,500マイルから交換可能です。

乗り放題期間 大人 子ども
1日 3,500JALマイル 1,750JALマイル
2日 6,000JALマイル 3,000JALマイル

 

乗り放題の期間、大人か子どもかによって所要マイルは変わりますが、まとめたものがこちらです。

 

そして、この「JR四国全線フリーきっぷ」は、赤枠内のとおりJR四国全線の特急・普通列車の普通車自由席に乗車できることはもちろん、乗車当日に空席があれば追加料金なしに普通車指定席にも乗車ができるんです。

到着空港の県だけでなく、隣県も含め四国を満喫したい方、また鉄道ファンの方などには超おすすめのサービスと言えますね。

 

スポンサーリンク

JR四国全線フリー切符を実際に購入したらいくらなの?

 

このJALマイルで交換できる四国全線フリーきっぷですが、もちろん、直接購入することもできます。

ただし、曜日関係なく利用できる「四国フリーきっぷ」の場合、3日間有効のものしか販売されていません。つまり、1日、2日という単位でのきっぷの販売は無いということです。

 

気になる金額はこちら。3日間で16,140円となります。

1日当たりの金額は、5,380円、ということになりますね。

 

 

1日間有効の「週末乗り放題きっぷ」もありますが、こちらは土日・祝日に利用が限定されますし・・・

 

金額も約1万円と、かなり高めです。

※もう一つ、特急には乗ることができない「四国再発見早得」フリーきっぷもありますが、特急に乗れるきっぷとの比較は困難ですので、今回は比較対象から除外いたします。

 

スポンサーリンク

JR四国謹製きっぷとの決定的な違いは「特急の指定席に乗れること」

もう一つ、これらのJR四国直販のフリーきっぷと、JAL「どこかにマイル」四国発着便利用者限定でマイルと交換できる「JR四国全線フリーきっぷ」には、一つだけ決定的な違いがあります。

それは、後者は、当日空席があれば特急列車の指定席に乗れることです。一方で、前者のJR四国直販のフリーきっぷは、特急の指定席には乗ることができません。

大人1名料金(1日あたり) 解説
JR四国フリーきっぷ 5,380円 3日間限定、指定席には乗れない
JR四国週末きっぷ 10,280円 1日単位販売、指定席には乗れない
JALコラボ「四国フリーきっぷ」 3,500マイル 1日単位OK。指定席にも乗れる

 

ここまでをまとめると、上記のようになります。

JR四国直販で購入すると1日あたり5,380円相当のきっぷが、3,500マイルで購入できますので、1マイルあたりの単価は1.53円ということになります。また、JR四国フリーきっぷは3日単位でしか購入できませんが、JALコラボ「JR四国全線フリーきっぷ」の場合1日単位で購入できるのも大きなアドバンテージです。

さらに、JR四国直販のフリー切符では、特急の指定席に乗車することはできませんが、JALコラボの「JR四国全席フリーきっぷ」なら当日空席があれば指定席にも乗ることができてしまいます

折角四国に行ったなら、少し長めに、四国のいろんな名所を回りたい!!という方には、実はかなりおすすめのサービスと言えそうですね。

ただし、マイル単価が1.53円というのは・・・JALマイルは実は大人気のハワイ路線もかなり取りやすいマイレージサービスですので、かなり微妙といえば微妙です。

アメックスポイントでJAL路線を予約する方法は?JALならハワイ便ビジネスクラスも家族で予約可能!

2018.05.13

 

航空会社のマイルは、実は各航空会社のビジネスクラス以上の路線で利用すると1マイル=5円以上の価値で使えます。

ANAマイルの価値は1マイル=何円なのか?ポイントをマイルに交換するメリット/デメリット

2018.03.11

 

一方で、JALマイルは実はかなり貯めづらいマイルであることは事実です。このJALマイルの貯めることの難しさと、残りのマイルの量、マイルの有効期限などを勘案して、このJR四国全線フリーきっぷとJALマイルを交換されるかを検討されるとよいと思います。

特典航空券に交換するほどマイルが貯まらないし、有効期限も迫っている、ということであれば、このきっぷへの交換は実はかなりお得な選択肢になり得ると思います。

折角JAL「どこかにマイル」で四国に行くことが決まったら、この「JR四国全線フリー切符」も選択肢に加えてもよいかもしれませんね。ぜひ、ご検討ください。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万マイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



AD