【2018年12月から】新ルール「JAL国際線特典航空券PLUS」導入決定!改善?それとも改悪?

 

JALが、2018年12月から新しく導入する国際特典航空券に関する新ルール「JAL国際線特典航空券PLUS」を発表しました。

一応、今回のJALの発表では、アイキャッチ画像のとおり「JAL国際線特典航空券がさらに便利にとりやすく」となっています。

が、一部改善の名を借りた改悪も平気で行われるのがこの業界ですので、一瞬たりとも気が抜けませんよね。

この記事では、JALの国際線特典航空券発券の新ルール「JAL国際線特典航空券PLUS」の変更内容と、気になるこの変更が改善なのか、それとも改悪なのかについて、徹底解説します。

 

スポンサーリンク

JAL国際線特典航空券PLUSの変更概要

 

2018年12月から導入される「JAL国際線特典航空券PLUS」の変更のポイントがこちらです。

  1. 特典航空券を利用できるチャンスが広がる
  2. 旅のプランが立てやすくなる
  3. これまでよりも少ない必要マイル数で特典航空券が手配可能な路線も(一部)

 

ここまでをパッと見た感じは大幅な改善に見えますが、実態はどうなのか

早速、今回の「PLUS」への変更の詳細を確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

01:国際線特典航空券のキャンセル待ち日程でも、追加マイルを支払うことで発券可能

 

まず、1点目の変更内容がこちらです。

特典航空券の発券ができず、キャンセル待ちとなってしまう日程でも、追加マイルを支払うことで特典航空券が発券可能となります。

これは察するに、いわゆる特典航空券発券枠以上の通常座席も、追加マイルさえ支払ってくれれば開放しますよ、という施策なんだと思います。

 

この変更を図で表したものがこちらです。

国際線特典航空券に空席があるときは、これまで同じ基本マイルで予約できます。

一方、国際線特典航空券に空席が無い時は、予測残席に応じて変動となる「追加マイル」を支払うことで、キャンセル待ちをしなくても予約できることになりました。

が・・感じませんか?何か、不穏な空気を。

確かに追加マイルを支払えば予約できるようになったのは改善ではありますが、追加マイルがべらぼうに高かったりしたらかなりの改悪になってしまいますよ、これ。

 

スポンサーリンク

「追加マイル」は一体どれくらいなのか

 

こちらが、JAL国際線ビジネスクラスの大人片道1名の基本マイルと、最大追加マイルの表です。

予想通り・・追加マイル・・高!!

JALマイラーの競争率が最も高いと思われるハワイ路線ビジネスクラスの場合、赤枠内のとおり片道の基本マイルが40,000マイルなのに対し、PLUSマイルの最大値(基本マイル+追加マイルの合計)は、なんと約6倍近い224,000マイルですよ。

もちろん、この最大値はお盆や正月などのスーパーハイシーズンでの適用となることが予想はされますが、それでも、片道の発券でかなりの追加マイルが取られそうな臭いがプンプンします。

 

しかも、これまで可能であったキャンセル待ちが、2018年12月からはファーストクラス以外は「不可」に。

これはつまり、「キャンセル待ちは認めない」「PLUSマイルを支払って特典航空券を発券しろ」ってことですか?JALさん。

本当にお得かつ便利になったのか?それとも完全に改悪なのか?

実際にPLUSマイルの相場が見えてこないと何とも言えませんが、国際線特典航空券が基本マイルでは今後発券できなくなるのではないか?

そのようにも取れる、かなり恐ろしい変更のように感じます。ぶっちゃけ改悪じゃね?って感じですよね。

 

スポンサーリンク

02:旅のプランが立てやすくなります

 

PLUSマイルを支払うことで、旅程の確定がすぐに行えるので、旅のプランが立てやすくなる。

そりゃまあそうですが、そのために基本マイルの倍以上のマイルをふんだくられたりしたら、そもそも行けるはずの旅行にも行けなくなってしまいます

親子4人とかの場合、なおさらですよね。

 

しかも、今回の変更により、これまで可能であった国際線特典航空券の予約変更が不可に。

 

予約変更する場合、一旦キャンセルして再度発券する必要があるので、特典航空券の払戻手数料3,100円が必要になります。

「旅のプランが立てやすくなった」といいつつ、予約変更不可になったことはどこにもアピールしていないんですよ。これまでは1年間以内であれば予約変更できましたが、今後は一切の予約変更は不可です。

予約変更可能な方が、よっぽど旅のプランが立てやすいと思うのは、私だけでしょうか。

繰り返しですが、この「メリットを強調する」アピールの仕方が、実は裏に隠れた改悪を予期しているようで、本当に不気味でなりませんね。

 

03:これまでより少ないマイル数で発券できる路線も

 

最後のこの3番目の改善は、さすがに完璧な改善ですが、「ちょっとくらい改善を見せとかないと、実は改悪なのがバレちゃうかも」的な、JALのカモフラージュに見えてきてしまいました・・・。

もちろん、この03は改善ですが、01、02は・・これはかなりヤバそうです。

 

スポンサーリンク

PLUS航空券のマイル相場を注視しよう

 

以上、2018年から新たに導入される「JAL国際線特典航空券PLUS」の、衝撃の変更内容を速報でお伝えしました。

私の動物的直感ですが、これは、もしかすると改悪・・国際線特典航空券発券のマイル数の高騰を招く改悪なのではないか?と感じてしまいます。

 

このPLUS開始前まではキャンセル待ちも可能とのことですので、いっそ、PLUS開始前に予約しておくのもありかもしれませんね。

もちろん、PLUSマイルの相場が見えてこないとまだ何とも言えません。

が、改悪の香りがプンプンしますので、今後も動向を注意していきたいと思います。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万マイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



AD