【まさに戦国時代】ポイントサイト業界の新しい勢力図が見えてきた。各社の戦略から、陸マイラーの今後を占う

 

2018年3月末についに現実のものとなった、「東京メトロポイントへの各種ポイントサイトからのポイント交換停止」。

このいわゆる「ソラチカ封鎖」を機に、陸マイラー、特にANAマイラーにとってポイントサイト業界の勢力図は大きく様変わりしました。

何しろ、これまであった「東京メトロポイントへの交換ルート」という、1円=0.9マイルに交換できる黄金ルート・・ポイントを集める大きな武器が、一夜にして忽然と消えてなくなってしまったわけですからね。

そして、この改悪により、一部のサイトはANAマイラーから見向きもされないポイントサイトになってしまうんですから、この「提携」関係による「強み」って、実は自社の実力ではない魅力ってことで、一夜にしてなくなる恐れもあるんだな・・と改めて実感しました。

そして、この「ソラチカ封鎖」に対する対応(動き)により、各ポイントサイトの戦略の一端を垣間見ることができるとともに、提携関係によるソラチカ封鎖以後の新たなポイントサイト業界の秩序が、なんとなく見えてきました。

各ポイントサイトの狙いは何か?新しいポイントサイト業界の秩序とは?

2018年4月以降の各ポイントサイトの動きを振り返りながら、まさに戦国時代を迎えた陸マイラー的ポイントサイトの陣取り合戦について、独自に解説してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ソラチカ封鎖後の陸マイラー的ポイントサイトマップ

 

これが、超独自の見解による、陸マイラー的ポイントサイトの業界マップです。

横軸には「陸マイラー優遇」なのか「現金派優遇」なのかを、縦軸には他のポイントサイトとの連携について「積極連携」なのか「独自路線」なのかを、それぞれ評価軸として設定してみました。

ここにきて、陸マイラー優遇派、陸マイラーから距離を置く派という風に、ポイントサイトごとに大きく戦略の違いが出てきたとともに、陸マイラー的なポイントサイトの重要性も、大きく変わってきたように思います。

 

スポンサーリンク

LINEルート連合:陸マイラー的ポイントサイト業界で絶対的なポジションを確立

ポイントサイト LINEルートでの主な役割
PeX、ワールドプレゼント Gポイント/ポイントタウンへのポイント経由地
モッピー、ちょびリッチ Gポイントへ直接交換可能なポイントサイト
Gポイント、ポイントタウン LINEポイントへ等価交換可能

 

まず、現在の陸マイラー的ポイントサイト業界で絶対的なポジションを確立したのが、右上青のマルで囲んだ「LINEルート連合」です。

上記のとおり、PeXとワールドプレゼントは、Gポイント/ポイントタウンへの唯一のポイント経由地として重要な役割を果たします。

モッピーとちょびリッチは、Gポイントへ直接交換可能なので、ANAマイルへの交換までの交換回数と時間を一気に短縮可能です。

また、Gポイントとポイントタウンは、東京メトロポイントへの交換率が業界最高の0.9倍のポイントサイト「LINEポイント」へ、交換率100%(手数料なし)でポイント交換できる、たった2つしかないサイトです。

【2018年6月最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

【2018年6月最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018.05.28

この新しいANAマイルを貯めるポイント交換ルート「LINEルート」については、詳しくは上記の関連記事をご覧ください。

このLINEルートに関連するいわば「LINEルート連合」が、まずは絶対的なANAマイラー的「勝ち組ポイントサイト」といえると思います。

ANAマイルを短期間で貯めたいなら、Gポイントに直接交換できるモッピー、ちょびリッチが頭一つ抜けた存在です。

そして、この両サイト以外のポイントサイトで貯めたポイントは、PeXとワールドプレゼントを経由してGポイントもしくはポイントタウンに交換してLINEポイントへ等価交換するのが、最もお得に(0.81倍で)ANAマイルを貯める方法です。

これらのLINEルートに関連するキーとなるサイトは、ANAマイラーにとって、他のサイトとは全く違う優位性を築いているといっても過言ではありません。

そして、これらキーとなるサイトは、この優位性を背景とした陸マイラー優遇に向けた独自の動きを見せていることも見逃せません。

各サイトの動きを、簡単にご紹介してみましょう。

 

スポンサーリンク

モッピー、ちょびリッチ

モッピー、ちょびリッチの凄さ・・・それは、ソラチカ封鎖後、いち早く同じポイントサイト業を営んでいるGポイントへのポイント交換を開始しました。同業とのポイント交換ですからね。多分、手数料を払っているんだと思いますが、かなりの英断だと思います。

陸マイラーを自社顧客としてかなり意識して、しかもLINEルートのことを知っていないと、こんなことは絶対にしないはずです。

この迅速な動きにより、モッピー、ちょびリッチはポイントサイト業界の中で、陸マイラーとして利用しているユーザーの中では頭一つ抜けた存在になりました。

ANAマイルを貯めたい方は、今現在はこの両サイトがおススメだと思います。

モッピーでのポイントの稼ぎ方、評判を徹底解説。ANA/JALマイルが両方貯まる唯一のサイト

2018.01.21

 

PeX

PeXは、どちらかというと「棚からぼた餅」的に、現在の圧倒的な地位を手に入れたポイント中継サイトです。

ワールドプレゼントに交換可能だったこと、ワールドプレゼントからGポイント、ポイントタウンに交換可能だったこと、そしてこの両サイトからLINEポイントへ等価交換可能で、しかもLINEポイントから東京メトロポイントへのポイント交換率が0.9倍と最大水準であること・・・この条件を全部読み切っていた・・・なんてことは絶対にないはずです。

しかし、この奇跡の条件がそろったことにより、モッピー、ちょびリッチ、Gポイント、ポイントタウン以外のポイントサイトで貯めたポイントは、一旦PeXを経由してLINEルートに乗せるしか、最大倍率でANAマイルに交換することができません。

これにより、2018年4月までは、どちらかというとポイント中継サイトのライバルであるドットマネーに、若干押されぎみだったPeXが、陸マイラーにとってなくてはならないサイトになったのですから、分からないものです。

若干棚ぼた的に得たこのポジションですが、PeXもこの優位性に気づき、LINEポイントとのポイント交換率UPを行うなど、陸マイラーを意識したポイントの取り込みを図っています。

PeXからLINEポイントへの交換レートが24%アップの90%に!LINEルートへの影響は?

2018.06.01

PeXは、かなり陸マイラー優遇に舵を切ってきたポイント中継サイトだと思います。

 

スポンサーリンク

ワールドプレゼント

三井住友VISAカードのポイントプログラムであるワールドプレゼントも、ポイントタウンとのポイント交換を開始するなど、陸マイラーのポイント集積地としての役割を理解した動きを見せています。

(※ちなみに、三井住友フィナンシャルグループは、ポイントタウンの親会社であるGMOグループと業務提携関係にありますので、この提携は容易だったんだと推察します。)

また、三井住友カードはポイントサイトでも、エブリプラスなどの高額カード案件を繰り出してきており、陸マイラーを自社経済圏に取り込みたいという思惑をプンプン感じます。

【14,000P爆発中】エブリプラスのポイントサイト広告は、三井住友VISAカードを既に所持していてもポイントが獲得できるのか?実際に発行してみた

2018.04.01

一方、Tポイントやポンタポイントなど、他のポイントとの交換レートは軒並み低下させています。

クレカ使用で貯まる「ワールドプレゼント」ポイントを貯めて、陸でマイルを貯める、基本的にはカード高額利用者である陸マイラーを優遇する姿勢をかなり鮮明にしてきています。

三井住友ワールドプレゼントからTポイント/Pontaへの交換レートが改悪。三井住友のポイント戦略とは

2018.06.11

 

LINEルート連合が、陸マイラー的ポイントサイト業界の新しい秩序に

 

ここまでご紹介したLINEルート連合に属するサイトが、その役割上、2018年7月現在ANAマイラーにとって絶対的な地位を確立していることは、お分かりいただけましたでしょうか。

また、LINEルート連合に属するサイトもそのことを理解したうえで、陸マイラーを優遇する動きを見せています。

今後、陸マイラー的にはこの「LINEルート連合」のサイトを中心に利用していくことになると思います。

この意味から、このLINEルート連合に属するサイトが、ANAマイラーの新しい秩序を確立した、といっても過言ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

LINEルート連合以外のサイトの動向は

 

このように、LINEルート連合に属するポイントサイト(ポイント中継サイト)が、陸マイラー会で確固たる地位を築きつつあることはご理解いただけたことかと思います。

では、このLINEルート連合に属さないポイントサイトの動向と、これらサイトの今後の戦略はどうなのでしょうか。

こちらも、ソラチカ封鎖後の動きを踏まえ、想定も含め考察していきます。

 

スポンサーリンク

ドットマネー

 

個人的に、ソラチカ封鎖後の動向が最も気になっていたのがこのドットマネーです。

私自身、2018年3月までは、ハピタスやモッピー、ちょびリッチで貯めたポイントはほとんどすべてこのドットマネーを経由して、東京メトロポイント経由でANAマイルに交換していました。

が、2018年4月1日以降、いきなりANAマイラーには見向きもされないサイトになってしまいましたからね。

さすがに・・早い段階でLINEポイントとの提携など何らかの動きを見せるかと思っていたのですが・・・。

ドットマネーからJALマイルの交換レートが改悪。マイラーへの決別宣言?

2018.07.01

はじめて見せた動きが、まさかのJALマイルへの交換率低下

 

この表の左上のとおり、ドットマネーの戦略として、陸マイラーは見限って、現金派に舵を切ったのかもしれない・・そう思います。

このため、ドットマネーでは今後は陸マイラー優遇施策はあまり期待できないかもしれませんが・・JALマイルへの交換率0.5倍は、それでもモッピー/げん玉以外のポイントサイトからのJALマイルへの交換率(ほぼ)ナンバー1ですので、JALマイラーは今後もお世話になるポイント中継サイトだと思います。

 

スポンサーリンク

LINEポイント

LINEポイントは、上記のポイントサイト分類をご覧になっていただけるとお分かりのとおり、そもそもが完全に「独自路線」のサイトです。

何しろ、LINE自身が、アクティブユーザーが国内7千万人を超えるという驚異のソーシャルメディアですからね。

これだけのユーザーがいれば、モッピーがどうのこうの、陸マイラーがどうのこうの、東京メトロポイントがどうのこうのというのは全く関係がありません。

自社サービスであるLINEだけで経済圏を形成できてしまう。それくらいの規模を誇る、まさに孤高のサイトです。

東京メトロポイントへの交換を今後やめてしまうかもしれませんし、続けるかもしれない。

ただ、その動向についての結論は陸マイラーの願いや動向とは関係ないところで決まる

それだけの規模の違うサイトが、LINEポイントだと思います。

だから、ポイントサイトの配置上、LINEルート連合とLINEポイントは全く遠くに位置しています。

同じ土俵で勝負していないということですね。

 

げん玉

げん玉は、Gポイントに直接交換できない、一般的なポイントサイトです。

が、実は、JALマイルへの交換率が0.52倍と、ここに来てポイントサイト業界1のJALマイラーの聖地となりました。

JALマイルを貯めたい方は、実はおすすめなポイントサイト。それが、げん玉です。

 

ハピタス/GetMoney!/i2iポイント/マイボンバーなどGポイントに直接交換できないサイト

 

最後にご紹介するのが、ハピタスやゲットマネーなど、Gポイントに直接交換できないサイトです。

これらサイトは、ANAマイラーから見ると、一応0.81倍でANAマイルに交換はできるものの、上記のとおり、なんと3か月以上の期間と、6回ものポイント交換が必要です。

このやり方だと、かなり意志の強い陸マイラーの方でもない限り、まず間違いないく挫折してしまうと思います。

今のままでは、陸マイラーからの圧倒的な支持は得られないと思います。

これらポイントサイトの方々も、そのことは重々承知だと思いますが、現在のところ、次のアクションを起こしていません。

これは、これらサイトは陸マイラーと現金派のポイントサイトユーザー、多分このいずれにも中立の立場なんだと思います。

当然ですが、ポイントサイトユーザーのほとんどが陸マイラーなわけではありません。というか、むしろ逆に少数派だと思いますので、この判断も十分理解できるところです。

 

スポンサーリンク

陸マイラー派のポイントサイト/そうでないサイトの二極化が進む?

 

以上、ソラチカ封鎖からここまでのポイントサイトの動き、戦略をご紹介しました。

陸マイラーを意識して積極的に動いているサイトと、そうでないサイトに、二極化している印象を受けますよね。

そして、ANAマイラーにとって肝心要のLINEポイントは・・状況的には、いつ東京メトロポイントへの交換を打ち切ってもおかしくないと思います。

ニモカルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.7倍/陸マイラー必携のサブルート

2018.06.10

もし、打ち切りが行われたら次のANAマイルを貯める最高交換率ルートは上記ニモカルートになりますが、このニモカルートでもキーとなるのは、実はLINEルート連合のポイントサイトなんです。

ニモカポイントに等価交換できるのは、Gポイント、PeX、ネットマイルですからね。

このため、ANAマイラーにとって重要になるのはやはりまずはLINEルート連合のサイトになると思います。

ただ・・ニモカルートでは、今度は九州か函館にある専用端末でポイント→マイル交換を行う必要があるという、このデジタル時代に考えられないような手間がかかります。

その際でもANAマイルを貯めるのが本当に賢いのか?という新しい決断が、次にやってくる気もしますね。

ANAマイラー卒業宣言。陸ミリオンマイラーが卒業を決断した2つの理由と、真にお得にマイルを貯める方法とは

2018.07.07

ANAマイラーにとって、今現在はLINEルート連合が頭一つ抜け出た状態であることは確かです。

でも、LINEポイントの動きによっては、場合によってはANAマイル以外のマイルを貯めることも、実は視野に入ってくる。そんな気もしています。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

2018.04.22

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

2016.12.22

 

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15

 



AD