アメックスリワードポイントを交換できる航空会社のマイルまとめ。券種別移行可能プログラムと交換率

アメリカンエキスプレスリワードポイントは、実は非常に貯めやすいポイントです。

新規入会後、一定の期間内に所定額を利用するだけで、数万ポイントのボーナスをもらえることもザラにありますので、陸マイラーにとってはポイントの有力な供給源になり得ます。

そして、貯めたリワードポイントですが、実は、券種ごとにマイルに交換・移行できる航空会社が異なります。

アメリカンエキスプレスの券種別のリワードポイントが、どの航空会社のマイルに交換できるのか?また、実際の交換率についてまとめてみました。

スポンサーリンク

①アメックスプロパーカード

カード名称 年会費
アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円+税
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 29,000円+税
アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード 12,000円+税
アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード 31,000円+税

まずご紹介するのが、こちらのいわゆるアメックス「プロパーカード」です。

アメックスプロパーカードは、いったいどの航空会社のマイルに、どれくらいの交換率で交換できるのでしょうか。

プロパーカードのポイントからマイルへ交換可能な航空会社

航空会社名 マイレージプログラム
ANA ANAマイレージクラブ
ヴァージン アトランティック航空 フライングクラブ
シンガポール航空 クリスフライヤー
アリタリア-イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
フィンランド航空 フィンエアー・プラス
カタール航空 プリビレッジクラブ
デルタ航空 スカイマイル
キャセイパシフィック航空 アジア・マイル
スカンジナビア航空 SASユーロボーナス
エティハド航空 エティハド ゲスト
エールフランス/KLM航空 フライングブルー

アメックスプロパーカードのリワードポイントを、マイルに交換できる航空会社のマイルプログラムがこちらです。

ANAをはじめとした15の航空会社のマイレージプログラムに交換することができます。

スターアライアンス系、ワンワールド系どちらの航空会社のマイレージプログラムも含まれていますが、どちらかといえばスターアライアンス系の航空会社の方が多いでしょうか。

そして忘れてはならないのが「JAL」には交換できないってことです。

プロパーカードのアメックスリワードポイントでJAL便に乗るためには、同ワンワールド系のマイルプログラムである、ブリティッシュエアウェイズの「エグゼクティブクラブ(アヴィオスマイル)」か、キャセイパシフィックの「アジア・マイル」を貯めて、ワンワールド提携航空券特典としてJAL便の特典航空券を発券するほかありません。

アメックスポイントでJAL路線を予約する方法は?JALならハワイ便ビジネスクラスも家族で予約可能!

2018.05.13

アジアマイル特典改定がJALハワイ便ビジネスクラス特典航空券発券に与える影響とは?

2018.05.28

スポンサーリンク

各航空会社マイルへの交換率

航空会社 交換率
リワード・プラス有 リワード・プラス無
ANA 1P=1マイル 1P=0.5マイル
ANA以外 1P=0.8マイル

メンバーシップ・リワード・プラス(有料)に登録した場合、ANAマイルなら1P=1ANAマイルの等価交換が可能です。一方、ANA以外の航空会社では1P=0.8マイルでの交換率になります。

一方、リワード・プラスに登録しない場合、ANA、他の航空会社いずれも1P=0.5マイルのレートでしか交換できません。

メンバーシップ・リワード・プラスとは

メンバーシップ・リワード・プラスとは、マイルへのポイント交換レートアップ+ポイント有効期限が無期限(他にもメリットあり)になる、有料のサービスです。

このプログラムに登録しないと、アメックスプロパーカードの場合マイルへの交換率が約半分の0.5倍にになってしまいますので、マイルを貯めたい人にとってはほぼ登録必須のプログラムです。

ちなみに、ANA以外のリワード・プラスの年会費は3,000円+税、ANAマイルに交換するためのリワード・プラスの年会費は5,000円+税になっています。ANAだけが1P=1マイルの等価交換可能(他の航空会社は0.8倍)ですので、若干年会費高めにはなっていますが仕方ありませんね。

スポンサーリンク

②ANAアメックスカード

カード名称 年会費
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,000円+税
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 31,000円+税

次にご紹介するのが、ANAアメリカンエキスプレスカードです。

ANAアメックスというくらいですから、交換できるマイルはANAマイル中心になるのは自明ですが、内容を確認しておきましょう。

ANAアメックスカードのポイントからマイルへ交換可能な航空会社

航空会社名 マイレージプログラム
ANA ANAマイレージクラブ

まず、ここが結構重要なポイントです。

ANAアメックスカードでも、一応貯まるのはアメックスカードのリワードポイントです。

ですが、ANAカードで貯めたリワードポイントは、「ANA」の名前を冠したカードだけあって、航空会社のマイルとしてはANAマイルにしか交換することはできません

恥ずかしながら私、このことは知りませんでした・・もっとほかのマイルとかにも交換できるのかとおもってました・・お恥ずかしい。

ANAマイルへの交換率

カード名称 交換率
ポイント移行コース登録有り 登録無し
ANAアメックス一般カード 1P=1ANAマイル 交換不可
ANAアメックスゴールドカード 1P=1ANAマイル

そして、ANAマイルへの交換率がこちらです。

ANAアメックスゴールドカードの場合、ポイント移行コースへの登録有無の関係なく、1P=1ANAマイルへと交換可能です。

一方、一般カードの場合、ポイント移行コース(有料)への登録をしないと、なんとANAマイルに交換することができません

えっ・・ANAカードなのに、ANAマイルへの交換が有料って、そんなのあり?!って感じですよね。

ポイント移行コースとは

上述のとおり、ANAアメックス一般カードの場合、この「ポイント移行コース」へ登録しないと、なんとリワードポイントをANAマイルに交換することができません。

このため、一般カードユーザーでANAマイルを貯めたい人にとっては、これはほぼ登録必須のプログラムです。

ちなみに、年会費は6,000円+税。若干年会費高めにはなっていますが、このコースに登録しないとANAマイルへの交換が不可ですので、仕方ありませんね。

なお、ANAアメックスゴールドカードの場合、ポイント移行コースに登録しなくてもANAマイルへの等価交換が可能です。

スポンサーリンク

③アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・カード

カード名称 年会費
アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・カード 10,000円+税
アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・プレミアカード 35,000円+税

次にご紹介するのが、アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードです。

あまり陸マイラー界隈で騒がれることのないカードですが、「スカイトラベラーカード」の名前のとおり、実はいろんな航空会社のマイルを貯めることができる万能カードです。

スカイトラベラーカードのポイントからマイルへ交換可能な航空会社

航空会社名 マイレージプログラム
ANA ANAマイレージクラブ
ヴァージン アトランティック航空 フライングクラブ
シンガポール航空 クリスフライヤー
アリタリア-イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
フィンランド航空 フィンエアー・プラス
カタール航空 プリビレッジクラブ
デルタ航空 スカイマイル
キャセイパシフィック航空 アジア・マイル
スカンジナビア航空 SASユーロボーナス
エティハド航空 エティハド ゲスト
エールフランス/KLM航空 フライングブルー

スカイトラベラーカードのポイントから交換できる航空会社のマイレージプログラムがこちらです。

どこかで見たことあるような・・そう、プロパーカードと、交換できるマイレージプログラムが同じなんですよね。

各航空会社のマイルへの交換率

カード名称 航空会社 マイル交換率
リワード登録有り 登録無し
スカイトラベラー一般・プレミアカード ANA 1P=1ANAマイル 交換不可
ANA以外 1P=1マイル

スカイトラベラーカードは、一般・プレミアカード関係なく、ANAマイル以外のマイルには、特にメンバーシッププログラム(有料)への登録をしなくても、1P=1マイルで交換可能です。

このため、ANAマイル以外のマイルを貯めることが容易なマイルということができるでしょう。

一方、ANAマイルには、メンバーシップリワードへの登録をしないとマイルに交換することができません。うーん、ANAマイル、手数料で儲けすぎな感じですよね・・。

メンバーシップリワード(ANAコース)とは

上述のとおり、アメックス・スカイトラベラー・カードの場合「メンバーシップ・リワードANAコース」への登録をしないと、リワードポイントをANAマイルに交換することができません。

ANAマイルを貯めたい人にとってはほぼ登録必須のプログラムです。

一方、その他航空会社のマイルを貯めたい方にとっては、有料のプログラムへの登録は不要です。

ちなみに、年会費は5,000円+税。ANAマイラーは登録必須ですが、ここまでお気づきのとおりANAマイルに交換する場合結構ちまちまとお金を取られるのは気になりますね。

スポンサーリンク

④デルタ・アメリカンエキスプレス・カード

カード名称 年会費
デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円+税
デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 26,000円+税

次にご紹介するのが、デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードです。

デルタの名前を冠していますので、その名のとおり思いっきりデルタ航空スカイマイル御用達のカードです。

デルタスカイマイルアメックスカードのポイントからマイルへ交換可能な航空会社

このデルタスカイマイル・アメックスカードで貯まるポイントは、リワードポイントではありません。

デルタ航空のスカイマイルがいきなり貯まります。このため、カード利用ポイントをマイルに交換する、という発想はありません。

デルタスカイマイルへの交換率

カード名称 マイル交換率
デルタスカイマイル・アメックス 100円利用=1スカイマイル

デルタスカイマイル・アメックスの交換率がこちらです。100円利用=1スカイマイルという、超絶一般的な交換率ですので、これ以上の追及はやめておきます。

そして、デルタ航空のマイルは、正直貯めても貯めても特典航空券に全く届かない、特典航空券発券に必要なマイルが超絶インフレ状態のマイルプログラムですので、無理に貯める必要はないと思います。

ちなみに、1万マイルを貯めると、JTBの旅行券1万円分に交換してもらえる、というプログラムがありますので、特典航空券なんか狙うくらいなら、JTB旅行券をもらっておいた方が絶対にお得です。

スポンサーリンク

⑤spgアメリカン・エキスプレス・カード

カード名称 年会費
spgアメリカン・エキスプレス・カード 31,000円+税

最後にご紹介するのが、spgアメリカン・エキスプレス・カードです。

まさに陸マイラー業界で飛ぶ鳥を落とす勢いの、旅行と相性の良い超絶ステータスカードです。このカードも、デルタスカイマイルアメックスと同じくアメックスのリワードポイントプログラムを利用しておらず、カード利用や入会キャンペーンで獲得できるのは、実はspgのスターポイントになります。

このため、貯めたポイントの航空会社へのマイルへの交換については、スターポイントの提携交換先全てに交換可能ということになるんです。

spgアメックスのスターポイントからマイルへ交換可能な航空会社

航空会社名 マイレージプログラム
エーゲ航空 Miles + Bonus
アエロメヒコ航空 クラブプレミア
エアカナダ アエロプラン
中国国際航空 コンパニオン
ニュージーランド航空 エアポインツ
アラスカ航空 マイレージプラン
アリタリア航空 ミッレミリア
ANA ANAマイレージクラブ
アメリカン航空 Advantage
キャセイパシフィック航空 アジア・マイル
アシアナ航空 アシアナクラブ
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブ
中国東方航空 イースタンマイルズ
デルタ航空 スカイマイル
エミレーツ スカイワーズ
エティハド航空 エティハド ゲスト
エールフランス AF フライング・ブルー
ゴル航空 スマイルズ
海南航空 金鵬倶楽部
ハワイアン航空 ハワイアンマイルズ
イベリア航空 イベリアプラス
JAL日本航空 JALマイレージバンク
ジェットエアウェイズ ジェット・プリヴィレッジ
大韓航空 スカイパス
ラタム航空 ラタムパス
アヴィアンカ航空 ライフマイル
ルフトハンザドイツ航空 マイルズ&モア
カタール航空 Qmiles
サウジアラビア航空 Al-Fursan
シンガポール航空 クリスフライヤー
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス
トップボーナスロイヤルティー
ユナイテッド航空 マイレージプラス
ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ
ヴァージンオーストラリア ベロシティ・リワーズ

spgアメックスのポイントプログラムであるスターポイントから交換できる航空会社のマイルがこちらです。

なんと言っても特筆すべきは「JAL」マイルに交換可能なことですよね。ちなみに、アメックスカードで貯めたポイントを直接JALに交換できるのは、spgアメックスしかありません。

スターポイントから各航空会社のマイルへの交換率

カード名称 航空会社 交換率
spgアメックス 下記以外 3P=1マイル
ニュージーランド航空 195P=1マイル
ユナイテッド航空 6P=1マイル
ラタム航空 6P=9マイル
ゴル航空 6P=1マイル

スターポイントは2018年8月からポイント制度が変更になり、従来の1P=3Pの価値と等価になりました。

このため、なんだかポイントが目減りしているように見えますが、ほとんどの航空会社のマイルに、実質等価で交換できるとお考えいただければと思います。ニュージーランド航空やユナイテッド航空など、目減り気味のマイルもありますが、ここには交換しなければよいだけなので、実質影響はないでしょう。

そして、実は意外に大きいのが、このボーナススターポイント。20,000ポイントを航空会社のマイルに移行するごとに、5,000ボーナススターポイントがもらえます。

このため、20,000ポイントを移行した場合、ボーナスポイントを含めれば、マイルへの交換率は1.25倍になる、ということです。

そして、マイルへの交換に余計な有料プログラムへの登録も不要です。もちろん年会費が滅茶苦茶高いカードではありますが、このあたりはさすがですよね。

スポンサーリンク

アメックスポイントで交換できるマイルは結構少ない。交換先に注意

アメリカンエキスプレスカードのリワードポイントは結構貯めやすいポイントですが、実は意外に交換できるマイルは少なく、しかも交換に際して手数料?と言える有料プログラムへの登録が必要となるものが多いです。

あなたが目的としているマイルは何か?その目的のマイルに、リワードポイントの交換は可能なのか?

この記事も参考に、ぜひ交換できるマイルを確認したのちにカード発行されることをおすすめいたします。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年10月最新版】

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15

 



AD