ファーストクラスの機内食が試食できる!ANAカード限定イベントの全貌

 

ANAが定期的に開催している、マイルを利用することで参加できるANAカード会員限定イベント。

このイベントに、ファーストクラスの機内食試食+機内食工場見学&機体整備工場見学という、ANAファン垂涎のイベントが登場しています。

機内食試食イベントで、ビジネスクラスの機内食が食べられるイベントはたまに見ることができますが、ファーストクラス試食イベントは年に1回あるかないかの結構レアなイベントです。

大量マイルを貯めている陸マイラーにはなんて事のないマイル数で、なんとファーストクラスの機内食が食べられますし、機内食工場見学というのも「大人の工場見学」っぽくて実は興味が湧きますよね。

この記事では、このファーストクラスの試食ができるANAカード会員イベントについて、まずは気になる「試食メニュー」を、そして日程・スケジュール・申し込み方法等についても徹底解説します。

 

スポンサーリンク

試食できるファーストクラスメニュー

 

まずは、このイベント参加者のほとんどが真っ先に気になるであろう、試食できるファーストクラスメニューをご紹介します。

今回の試食会で用意されるのは「洋食」です。そして、ANAファーストクラスの洋食コースのイメージは上記の通りになります。

まず、この食事を機内で食べられること自体が冷静に考えるとトンでもないと思いますが、陸の上でマイルを利用した試食ができるというのも、これはこれでトンでもないですよね。

「試食」と表記されていますが、昼食としての用意ですので、きちんと1人前用意されるようです。

 

提供される洋食メニュー

 

提供される洋食メニューは、こちらの工藤孝夫シェフ監修の・・・

 

ファーストクラスの洋食コースになります。

なお、メニューとしては、2018年10月のANA欧米路線で実際に提供されているファーストクラスの洋食コースが提供されます。この2018年9月~11月のメニューはすでにWeb上に公開されていますので、さっそく、メニューを確認していきましょう。

 

まずはアミューズ(おつまみ)から

 

まずは、アミューズから。アミューズのメニューは発表されていませんが、こんな感じのおつまみです。

ちなみに、今回のANA見学会にはアルコールの提供はありません

若干残念ではありますが、昼食後にもイベントが控えていますのこれはやむを得ないところですね。

ただ、こんなアミューズを食べてしまうとどうしてもワインが欲しくなってしまいますが・・。

 

アペタイザー(前菜)は3種類から1種類をチョイス

 

このアペタイザー以降はファーストクラスメニューが既に公表されていますので、実際の提供メニューを見て行きましょう。

アペタイザーは3種類のうち1種類をチョイスすることになっていますが・・実際のメニューは4種類。

これは想像ですが、キャビアは提供されず、それ以外の3種類の中から1種類をチョイスすることになる・・ような気がします。キャビアは高級品ですし、何となく関税とかの関係で国内での提供と国外(機内)での提供では扱いが違うような気もしますしね。

 

アントレ(メイン)は、肉・魚の両方を用意

 

そしてお待ちかねのアントレ(メイン)は肉・魚の両方が用意されます。これは嬉しいですよね。

肉か魚かは永遠の悩みですからね。

今回の試食ができる肉は「和牛フィレ肉のグリル」。魚は「ヒラメのポワレとクルマエビのピスタチオソース」。

 

肉は良いとして・・魚は一体どんな内容なのか見当もつきませんが、ファーストクラスのメイン料理を肉・魚両方堪能できるのは嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ブレッドは数種類の中からお好きなものを

 

ブレッド(パン)は、数種類のパンからお好きなものを自由にいただくことができます。

いずれもホカホカ熱々で提供されますので、これも楽しみな一品です。

 

個人的なおすすめは・・バゲットと、カボチャのフォカッチャですかね。

卓上にはバターとオリーブオイルがセットされますので、この2つに合うのはこのセレクションだと・・・思うのですが。

 

デザートは3種類からお好きなものを1種類

 

デザートはこの4種類のうち、3種類から1種類のお好きなものを・・となっています。

フルーツは無いとして、フルーツ以外の3種類から選択でしょうか。私は問答無用で赤ワインソルベですが・・お好きなものをどうぞ。

 

スポンサーリンク

ファーストクラスの試食以外の、見学会の全貌

 

さて、ファーストクラスの試食の概要についてはご理解いただけましたでしょうか。

この見学会はもちろんファーストクラスの試食だけでなく、ANA機体整備工場と、ANA機内食工場の見学もセットになっています。

これら工場見学も含めた開催日程、当日のタイムスケジュールは上記のとおりです。

開催日は10月27日(土)。途中ファーストクラス機内食の試食会を挟んで、9:45~16:30のほぼ丸1日の見学会です。

 

個人的にあまりない機会なので滅茶苦茶興味があるのが、上記の機内食工場の見学ですね。

結構大量生産が必要なエコノミークラスの食事はもとより、ファースト・ビジネスの繊細な食事を機内までどうやって作り、届けているのか・・?滅茶苦茶興味ありませんか?

個人的には、ファーストクラス洋食の試食+機内食工場の見学が・・ダブルメインのイベントだと思います。

 

スポンサーリンク

ファーストクラス試食会+工場見学会の参加方法・所要マイル

 

まず、このファーストクラス試食会+工場見学会への参加に必要なマイルは1人あたり18,000マイル

1組2名で36,000マイルが必要になります。このマイル数を高いとみるか?低いとみるか?人それぞれの価値観かとは思いますが、大量マイルがあるなら、このくらいのマイル数は別に気にならないでしょうし・・。

逆にこのマイルでは海外といってもそう大したところまではいけませんので、ぴったりこのくらいのマイルしかない・・という方にもおすすめできる体験ではないかと思いますね。

 

申込み方法は抽選。12組24名限定

 

このイベントは12組24名限定の募集で、抽選での参加になります。

参加を希望する方は、上記応募期間の間に、ANAのイベントページより申し込みを行う必要があります。

なお、このイベントは中学生以上の方+ANAカード会員限定のイベントとなりますので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

ANAマイルを使ってファーストクラスの洋食を食べてしまおう!

 

以上、ANAカード会員限定の、ファーストクラス試食会+機内食&機体整備工場見学会の全貌をご紹介しました。

「俺は、貯めたマイルは旅行に使うんだ!」という旅マイラーの方にはちょっと・・なイベントかも知れませんが、陸マイラーなどマイルを大量に保有している方、大人の工場見学に興味がある方などには、実はおすすめのイベントだと思います。

このイベントへの申し込みは、こちらからどうぞ。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

2018.04.22

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

2016.12.22

 

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15

 



AD