SPGアメックス無料宿泊特典はハワイで使うと超得!解約せずに2年目も継続した理由

陸マイラー、そして旅行を愛する方々御用達のクレジットカード。それが、SPGアメリカンエキスプレスカードです。

年会費が31,000円(税抜)もするハイグレードなカードですが、それでも多くの陸マイラーと旅行好きに支持されているのは、それなりの理由があります

その最も大きな理由が、SPGアメックスに付帯する「マリオット/シェラトン/リッツカールトンなど、マリオットグループのゴールドエリート会員資格」と、このゴールドエリート会員資格による「お部屋の無料アップグレード」「レイトチェックアウト」などの特典だと思います。

このゴールド会員特典と、紹介キャンペーンでもらえる特典ポイントを目的にカードを発行した、という方も多いのではないでしょうか。

もちろん、私もそうです。そして、妻も持ってます。そうなんです。年会費3万円超のカードを2枚も持っているという・・。

とりあえず初年度は、入会キャンペーンでもらえる特典ポイントで年会費分は回収できるので良いのですが、2年目以降も毎年6万円超の年会費を支払うと考えると、我が家はとてもではないですが破産しそうです。このため、少なくとも1枚は解約しようかとも考えていました。

ただし、解約する前に検討しておくべきことがあるんです。それが、2年目以降の継続利用者に付与される、マリオットグループホテル1泊分無料宿泊特典です。

この無料宿泊特典を、ハワイでの宿泊に利用するとかなりお得なことが分かりましたので、早速レポートします。

スポンサーリンク

ゴールドエリート会員のメリット

BENEFITS メンバー シルバー ゴールド プラチナ チタン
インターネット接続
会員価格での予約
モバイルチェックイン
完全予約保証
宿泊ボーナスポイント 10% 25% 50% 75%
レイトチェックアウト 午後2時まで 午後4時まで 午後4時まで
専用予約回線
ウエルカムギフト ポイント ポイントor朝食orアメニティ ポイントor朝食orアメニティ
お部屋のアップグレード 〇(スイート含む) 〇(スイート含む)
ラウンジアクセス
部屋タイプ保証
チョイスギフト

こちらが、マリオットボンヴォイのメンバーに与えられる宿泊特典の一覧です。

この「マリオットボンヴォイ」会員資格のうち、SPGアメックスユーザーに付与される「ゴールドエリート特典」でも、嬉しいレイトチェックアウトお部屋のアップグレード特典が付与されます。(ただし、スイートへのアップグレードはプラチナ会員以上限定)

ちなみに、マリオットリワードとSPGの統合前は、SPGアメックス会員にも、マリオットホテル宿泊の場合はマリオットゴールド会員としてラウンジアクセスが付帯していたのですが、統合後はSPGアメックスではラウンジアクセスは一切なくなってしまいました。

しかしながら、それでもお部屋のアップグレードの権利は健在です。また、飛行機の出発時間が午後などの場合、レイトチェックアウトのサービスも結構役立つんですよね。とにかく、お得であることには変わりありません。

グアムの「ウェスティン・グアム」と「名古屋マリオット」で超絶アップグレード!

私がSPGのゴールド・メンバーとして訪問したウエスティン・グアムでも、3連泊であるにも関わらず、ばりばりのオーシャンフロント・ルームにアップグレードしてもらえました。

また、名古屋マリオットアソシアホテルでは、スタンダードルームからデラックスルームへ、しかも最高層階にアップグレードされました。

さすがに通常ルームからスイートやクラブフロアへのアップグレードは無理ですが、空室がある限りの最高のアップグレードをしてもらえる。それが、SPGアメックスとのステータスマッチでもらえるゴールドエリート会員資格の強みであると思います。

SPGアメックスのウェスティンリゾート・グアムのアップグレード特典が凄すぎた話

2018年4月8日

名古屋マリオットアソシアホテル宿泊記。SPGアメックスのアップグレードが炸裂!

2019年2月24日

無料宿泊特典でも、お部屋のアップグレードは可能

そして、SPGアメックスを2年目以降継続することで付与される「無料宿泊特典」に対しても、このレイトチェックアウトとお部屋のアップグレード特典は、当然ながら適用可能です。

無料宿泊でお部屋のアップグレード。無料好きだと、もうゾクゾクしてくる響きですよね。

スポンサーリンク

カード継続による無料宿泊特典の条件

このように、SPGアメックスの解約を検討する前に確認しておきたいのが、このSPGアメックスの「無料宿泊特典」です。ちなみに、マリオットリワードとSPGの統合により、会員プログラムの名称は「Marriott Bonvoy」(マリオット・ボンヴォイ)に変更になり、上記のとおり、無料宿泊特典で宿泊できるホテルが変更になりました。

変更前 SPGのカテゴリー1~6までのホテル
変更後 1泊50,000Pまでのホテル

この変更を超簡単にまとめたものがこちらです。

従来は、SPGのカテゴリー1~6までのホテルにしか宿泊することはできませんでした。また、マリオットホテルには宿泊できませんでした。一方、変更後は、1泊50,000Pまでのホテルであれば、カテゴリーに関係なく、また、SPG、マリオットのブランドに関係なく、無料宿泊特典の対象になりました。

これまではSPGグループのホテルからしか選ぶことができなかったのですが、マリオットを含めたホテルの中から選択できるというのはなかなか魅力的ですね。

カテゴリー 標準 オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

そして、「1泊50,000ポイント」の無料宿泊特典でどのホテルに泊まれるのか?ということをまとめたものが、こちらの表になります。

ちなみに、表中の「オフピーク」と「ピーク」は2019年からの設定です。まだオフピーク・ピークの日程は発表されていませんので、現在のところ「標準」の欄に記載のポイント数で宿泊できる、ということになります。また、カテゴリー8の設定も2019年からとなっています。

つまり、この無料宿泊の50,000Pがあれば、現在のところマリオット、SPG問わずカテゴリー6のホテルのスタンダードルームに1泊無料宿泊できる、ということになります。「ピーク」と「オフピーク」のカレンダーはまだ発表されていませんが、いわゆる夏期や年末のバカンスシーズンは「ピーク」に該当する可能性が高いので、カテゴリー6のホテルへの予約は早めに行っておいた方が良さそうです。

逆に、閑散期であるオフピークの旅行を計画している方は、オフピークなら無料宿泊特典でカテゴリー7の予約も可能なので、少し予約を待ってみてもよいかもしれませんね。

無料宿泊特典の予約はWebからでも可能

そして、この無料宿泊特典は、Webからの予約が可能です。マリオットの公式HPから、通常通りの予約検索を行う際に、赤枠内のとおり「ポイントの使用」にチェックを行うだけです。

例えば、上記は8月のハワイの宿泊予約の検索結果です。予約可能なホテルがこのようにずらっと表示されますが・・先ほどご紹介したとおり、予約可能なのは1泊50,000Pが上限です。

上記の場合だと、モアナサーフライダーの宿泊はNGですが、マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブの予約はOKということになります。ここでは、マリオット・コオリナビーチクラブの「料金表示」をクリックしましょう。

この日予約できるお部屋は、上記のシティービューダブルのお部屋。このお部屋の予約ボタンをクリックしたページが上記のページですが、支払方法に、上記赤枠内のとおり「1泊分のサーティフィケート」として、SPGの無料宿泊特典での予約が選択できるようになっています。

決済方法にこのサーティフィケートをチェックして、このまま通常通り予約を完了すれば、無料宿泊特典での予約は完了です。非常に簡単に予約できるので、特段電話する必要が無ければWebでの予約が最も手軽だと思います。

無料宿泊特典の破壊力

今回例としてご覧いただいた、無料宿泊特典で宿泊できるワイキキビーチ・マリオットの宿泊価格は、38,875円となっています。

この宿泊費約3万1千円の特典無料宿泊が可能ということは、SPGアメックスの年会費税込33,480円はこの無料宿泊で完全回収できるということです。

SPGアメックスの無料宿泊特典はやっぱり超絶お得な特典だと思います。

スポンサーリンク

SPGアメックス無料宿泊特典で利用できるハワイのホテル一覧

カテゴリー ポイント 場所 利用可否
コートヤード・キング・カメハメハ・コナ 25,000 コナ
コートヤード・カウアイ・ココナッツ カウアイ
コートヤード・マウイ・カフルイ 35,000 カフルイ
シェラトン・コナ・リゾート コナ
シェラトン・プリンセス・カイウラニ ワイキキ
シェラトン・カウアイ・リゾート カウアイ
ウェスティン・ハプナ・ビーチリゾート ワイメア
コートヤード・オアフ・ノースショア ライエ
ザ・レイロー・オートグラフコレクション 50,000 ワイキキ
レジデンス・イン・マウイ・ワイレア ワイレア
コートヤード・ワイキキビーチ ワイキキ
ワイキキ・ビーチ・マリオットリゾート ワイキキ
マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ
コオリナ
マウナケア・ビーチ・ホテル カハラ
ウエスティン・カアナパリ ラハイナ
マリオット・マウイ・オーシャンクラブ ラハイナ
カウアイ・マリオット・リゾート カウアイ
マリオット・カウアイ・ビーチ・クラブ カウアイ
シェラトン・マウイ ラハイナ
ウェスティン・マウイ ラハイナ
ワイコロア・ビーチ・マリオット ワイコロア
ワイレア・ビーチ・リゾートマリオット ワイレア
モアナサーフライダー・ウェステイン 60,000 ワイキキ
シェラトン・ワイキキ ワイキキ
ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキ
ワイコロア・ランディング・リゾート コロア
ロイヤルハワイアン ワイキキ
ザ・リッツ・カールトン・カパルア カパルア
セントレジス・プリンスヴィルリゾート カウアイ
マリオット・ワイオハイ・ビーチ・クラブ カウアイ
ウェスティン・プリンスヴィル カウアイ
マリオット・カウアイ・ラグーン カウアイ
ウェスティン・ナエア・オーシャンヴィラ ラハイナ

こちらが、SPG+マリオットホテル系列の、ハワイのホテルの一覧です。このうち、カテゴリー4~6に位置するホテルが、無料宿泊特典で宿泊できるホテル、ということになります。

ここで注目したいのが、太字で記載したホテルです。特にワイキキ地区に位置するワイキキ・ビーチ・マリオットリゾート、そしてコオリナ地区のマリオット・コオリナ・ビーチクラブにも、無料宿泊特典で宿泊可能なのが、非常に大きいですね。

この2つのホテルは、ピーク時以外でも一泊4万円程度はします。また、ピーク時には上記のとおり一泊5~6万円程度は宿泊費のかかる、オアフ島の超高級ホテルです。このホテルに一泊無料で泊まれるなら、完全に年会費の元が取れてしまいます

しかも、SPGアメックスの無料宿泊特典には「除外日」の設定はありません。スタンダードルームの空室があれば、絶対に予約は可能です。ハワイに行く予定のある方は、この無料宿泊特典は絶対の年会費分の元が取れる特典ですので、継続した方が良さそうですね。

2019年最新情報

2019年より、これまではカテゴリー6であったシェラトン・ワイキキがカテゴリー7にランクアップするなど、無料宿泊特典で宿泊できないホテルが増えてきました。これは残念なところですね。

シェラトン・ワイキキはワイキキビーチに面する絶好のロケーションのホテルだったので、このランクアップは納得といえば納得です。

スポンサーリンク

無料宿泊特典はハワイなら余裕で使える

そして、もう一つのハワイでの無料宿泊特典の利用が、特に子連れにおススメの理由。それが、SPGアメックス無料宿泊特典の利用条件です。このSPGアメックスの利用条件は、交換レート1泊50,000ポイントまでのホテルの宿泊、1泊1室(2名まで)の宿泊に対し有効です。

2名まで・・子どもは?って思いますよね。これ、結構厳格なことが多く、子連れの場合添い寝であっても子どもがカウントされてしまい、宿泊できないホテルや、宿泊できたとしても追加ベット代金が請求されるホテルが多いんです。

一方、ハワイ、グアムなどのリゾートの場合、さすがリゾートというべきか、子連れの場合17歳以下の子どもを宿泊者としてカウントしないホテルがほとんどです。このため、ハワイのホテルであれば、まず問題なく子連れ(添い寝)で無料宿泊特典が使えます。これ、実は非常に大きなポイントです。

子連れでも無料宿泊特典を利用できるか確認する方法

では、どのホテルが子連れでも追加料金なしで、無料宿泊特典を利用できるのか?それを見分ける簡単な方法があります。

それは、実際に子どもを設定して、予約検索してみることです。子どもも人数に入れて検索し、結果として上記のとおりポイントでの無料宿泊が表示されれば、そのホテルは子連れの無料宿泊特典が利用可能、ということになります。

表示されない場合でも、「添い寝の子どもはカウント外」として、宿泊可能なホテルもあります。ただ、電話でホテルへ問い合わせがした方が間違いないと思います。ほとんどのケースで追加ベット代金を支払うこともで宿泊可能ですが、中には子連れ(3名以上)での無料宿泊特典が利用できないホテルもありますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ SPGアメックス無料宿泊特典はハワイで超お得に使える!

以上、SPGアメックスの継続特典である「無料宿泊特典」で確実に年会費分の「元」が取れる、「ハワイ宿泊で使う」方法をご紹介しました。

ハワイにはSPG+マリオット系列のホテルが約30か所もあるので、絶対にお得に利用できると思います。私の場合、現在SPGのポイントは約15万ポイントあり、さらに無料宿泊特典は私の分と妻の分、それぞれ2回分はありますので、合計5泊は無料宿泊できてしまう計算になります。1泊5~6万円ですから、約25万円分の宿泊が実質無料(SPGの年会費が約6万円かかりますが)でできてしまうことになると思います。

ハワイはホテルが割高ですから、これは本当にありがたいです。ハワイ行きのチケットはビジネスクラスのチケットを発券しましたが、これももちろんマイルを使った特典航空券なので、これも空港使用料+諸税の約8万円で予約できました。

陸マイラーって、本当にハワイに簡単かつお得に行けてしまうなぁ・・・と改めて実感してしまいました。以上、SPGアメックスの無料宿泊特典をハワイでお得に使う方法のご紹介でした。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。旅を愛するあなたにおすすめの3つの理由

2019年5月14日

SPGアメックスへの入会方法を徹底図解。審査期間とカード入会後の手続き

2019年2月21日

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私は夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日



AD