アメリカンエキスプレス・ゴールドカードを解約しました。解約理由と今後の特典への期待について

約11か月前に「年会費無料」で発券したアメリカンエキスプレス・ゴールドカード。2年目継続による年会費がかかる直前になりましたので、残念ながら解約しました。

解約の理由は、単純に言ってしまうとアメックス・ゴールドカードの特典およびメリットが、私たち家族にとって年会費29,000円(税抜)に見合わないからと判断したからです。ちなみに、解約までには100万円以上はカード決済で利用させていただきましたので、義理は果たしたつもりです。

私は子育て中のアラフォー世代、かつ地方在住者ですが、はっきりいってアメックスゴールドは、この属性を持った利用者にとっては、若干魅力に乏しいカードでした。

ただ「魅力がないので解約した」というだけではアメリカンエキスプレス・ゴールドカードの今後の特典の改善につながらないので、「特典のここがダメだった」「もっとこうしてくれたら・・」という改善点を中心に、解約を決断した理由をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

旅行関係特典について

空港ラウンジサービス

なんといっても・・ほぼ解約の決め手となったといってもよいのがこの空港ラウンジサービスが貧弱なことです。

年会費税込3万円超のゴールドカードとは思えないくらい、とにかくカードラウンジが超貧弱です。国内空港のラウンジは下手すると年会費数千円のゴールドカードと同等かそれ以下ですし、海外なんて実質使えないようなものです。

多分、自社ブランドのラウンジが貧弱な分は、海外空港ラウンジを中心に年2回限り無料で利用できる「プライオリティ・パス」で補おう・・ということだと思いますが、その発想がもう年会費3万円超のカードの発想ではないですね。

しかも、アメックスゴールド特典でのラウンジ利用ならラウンジ利用同伴者1名まで無料ですが、プライオリティパスの場合、同伴者1名につき32ドルも取られます。

普通、このレベルのゴールドカードの場合、同伴者1名は無料のことがほとんどです。つまり、実質空港ラウンジはカードホルダー限定のサービスなんです。

子連れ旅行者の場合、子ども達の休息場所+親の休息場所としてこのラウンジサービスは非常に大事ですので、是非自社ブランドとしてのラウンジサービスを充実させてほしいところです。

海外旅行時の手荷物宅配無料

アメックスゴールドの特典で結構評判が良いのが、海外旅行時の空港と自宅間の手荷物宅配サービスのようですが・・これ、完全に首都圏にお住いの方向けのサービスですよね。

地方在住者の場合、空港までは基本自家用車で移動するので、こんなサービス使わないんですよ。特に子連れで電車移動は大変なので、地方在住者の場合自動車移動がほとんどなんです。このため、このサービス、ほとんど利用価値がありません。

空港到着して荷物を自宅に送ってたら、荷物の到着が翌日ってことですよね。洗濯とかできないじゃないですか。どうせ車で来てるんだから、普通に車で持って帰りますもん。

アメックスゴールドを保有した状態で家族で2回海外に行きましたが、結局このサービスは一度も使いませんでした。

無料ポーターサービス

成田と関空のみ・・こういうところがいちいちイラっとするんですよね。

地方在住者の荷物も是非運んでほしいです。

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

ただでさえ子連れで、最もお安いホテル価格やチケット価格等をハイエナ並みの嗅覚で狙っているのに、海外旅行でそんな「一任」「丸投げ」みたいな手配の方法を、どのレベルの富裕層がするんでしょうか?

これ、完全に旅費を経費で落とせる自営業者の方、もしくは秘書はいないけど旅費は経費で落とせるビジネスマン層の方しか利用しないサービスだと思います。

しかも、この予約カウンターはいわゆる「コンシェルジュ」サービスではないので、単なるレストランの予約とかには手数料がかかるんです。JCBなら一般のカード会員でも利用可能なレストラン予約すら無料でできないって、どういうこと?って感じです。

年会費3万円超支払って、レストランの予約が有料?ほとんど利用価値のないトラベルデスクです。

プリファード・ゴルフ

子連れの海外旅行で、ゴルフしているような暇はありません。

以上です。

スポンサーリンク

グルメサービスについて

ゴールド・ダイニング by 招待日和

掲載されている厳選レストランの所定のメニューを2名で予約した場合、1名分が無料になるというこのサービス。

一見魅力的に聞こえますが・・いくら同行者の食事代金が無料になるからって、小さい子どもがいるのに、夫婦でそんな高級な店に食事になんか行けないですよ。子どももいるのでそんな暇もないですしね。

しかも、これもプライオリティ・パスと同じく他社サービスです。私たち家族の場合はこのサービスを利用する時間も、暇も、お金もありませんので全く用なしです。

スポンサーリンク

アメックスゴールドの特典のメリットを享受できる対象者が限定的

これ以外にも実は海外旅行保険が自動付帯(クレカを利用して旅行チケットなどを発券していなくても海外に行けば補償される)などメリットはありますが、それ、別にアメックスゴールドでなくても、海外旅行保険が自動付帯するカードはほかにもあります。

  • 富裕層かつある程度ご年配の、子どもが大学生以上の夫婦
  • 首都圏・関西圏在住で海外旅行とゴルフが好き

個人的に考える、アメリカンエキスプレスカードの利用者の設定(ペルソナ)は上記のような方ですね。

上記のどちらかにでも当てはまらない方は、はっきり言ってアメックスゴールドを発券してもほとんど魅力を感じられないと思います。

スポンサーリンク

アメリカンエキスプレス・ゴールドカードへの提言

  1. 子育て世代に魅力的なサービス提供を
  2. 地方在住者にも魅力的なサービス提供を

1年間使い倒した実感として感じた、アメリカンエキスプレス・ゴールドカードへの提言は、上記の通りです。

①子育て世代に魅力的なサービス提供を

アメックスゴールドの3大特典は、海外を中心として空港ラウンジ年2回まで利用可能な「プライオリティ・パス」、高級レストランが2名利用で同伴1名無料になる「招待日和」、指定ホテルの2泊以上でゴルフプレーが1回無料になる「プリファードゴルフ」だと思うんですが、これ、いずれも子育て世代には全く縁遠いサービスばっかりです。

プライオリティ・パスは同伴者1名目からいきなり32ドル取られます。

また、「招待日和」「プリファードゴルフ」はここまでご紹介したとおり、子どももいるのにそんなレストランやゴルフなんかに行ける暇はありません。

アメックスゴールドには、子育て世代に魅力的なサービス提供をお願いしたいですね。

例えば、空港には、別にドリンクや軽食の提供が無くてもよいので、アメックスゴールド会員だけがちょっと休憩できるスペースなどがあると嬉しいです。混み合う時間帯などは空港によっては座る座席を見つけるの大変、ということもありますので、こんな時にちょっと休めるスペースがあると他社との差が付きます。

また、ゴルフや高級レストランの割引をしてくれるくらいなら、子連れで嬉しい、ディズニーリゾートやUFJでの割引や専用ラウンジ・・なんてのも、あると嬉しいサービスだと思います。

②地方在住者にも魅力的なサービスを

そしてこれが個人的に一番お願いしたい改善なんですが・・空港でのサービスや空港までの往復送迎サービスなどは、すべて発想が首都圏在住者向けサービスなんですよね。

手荷物無料宅配サービス、大型手荷物宅配優待特典、エアポート送迎サービス、無料ポーターサービス、空港パーキング・・これらのサービスが全て首都圏および関西圏在住者向けなんです。

そういう意味では、上記「招待日和」なんかもほとんどが首都圏向けのサービスですからね。

アメックスゴールドへの敷居が下がっている(自発的に下げている?)昨今、このサービス内容では地方在住者はなかなか継続しようという気にはならないと思います。

アメックスゴールドはステータスカード?

この1年間国内外問わず利用しましたが、アメックスゴールドを提示したことにより何か優遇された、ということは一切ありませんでした。

アメックスの中の人は「ステータスカードだから」ということをおっしゃるんでしょうが、少なくとも使いまくった感想として、アメックスゴールドのステータスだけのために、3万円超の年会費を支払う気にはなりませんでしたね。

スポンサーリンク

アメックスゴールドの奮起に期待したい

この1年間、アメックスゴールドをかなり利用してきましたが、日本国内でのJCBとの提携関係もあるのか、少なくともコンビニやスーパーで以前のように「使えなくて困る」といったことはありませんでした。

アメックスは個人的に期待していたカードであり、私のようなアラフォー世代にはやっぱり「憧れのカード」として、一定のステータスはいまだにあると思います。

このため、個人的にはこのサービスのショボさには若干残念で・・JCBのように日本企業でない以上日本に密着したサービスは難しいのかもしれませんが、年会費に見合ったサービスの拡充につき、今後も期待したいと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年10月最新版】

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD