ビジネスクラスの昼出発便と夜出発便のサービスにはこれだけ差がある。お得な出発時間帯の選び方とは?

海外旅行でビジネスクラスやファーストクラスに搭乗する場合、どうしても気になってしまうのが機内サービスですよね。

上級クラスであるビジネスクラス以上に搭乗する場合、フルコースに近い高級和洋食が食べられますし、ファーストクラスに至っては炊き立てご飯が食べられる和食から、キャビアでおなじみの洋食、さらには普段は到底飲むことのできない高級シャンパンやワインまで、至れり尽くせりのサービスが受けられます。

でも、このサービス内容、航空機の出発時間帯によってかなりサービス内容が違うって、ご存知でしたか?

ビジネスクラス・ファーストクラスの昼出発便と夜出発便のサービスの違い、そして、どちらの出発便に搭乗するのがお得なのか、徹底比較してみました。

スポンサーリンク

昼出発便/夜出発便とは

まず、簡単に航空機の昼出発便・夜出発便の違いについて説明します。

昼出発便とは

昼出発便とは、言葉どおり出発地を昼間に出発して、その飛行時間のほとんどが昼間である便のことを言います。

便名 NH223
出発地 羽田
出発時刻 11:15
目的地 フランクフルト
到着時刻 16:25
飛行時間 12:10

例えば、上記ANAのフランクフルト便、NH223便は、当日11:15に羽田を出発し、同日の16:25にフランクフルトに到着します。

実際の飛行時間は12時間10分ですが、時差の関係で、実質フライト中はずっと昼間の時間帯、ということになります。

機内で少しだけ昼寝するなどして時差を少しずつ解消しつつ、現地到着後は眠らずに21時くらいまで何とか頑張ったのち、早めにホテルで就寝することで時差ボケを軽減できるため、出発地を昼間に出発し、現地に夕方到着、というタイムスケジュールの便が多いです。

夜出発便とは

夜出発便とは、昼間便とは全くの真逆で、その飛行時間のほとんどが夜間である便のことを言います。

便名 NH203
出発地 羽田
出発時刻 0:10
目的地 フランクフルト
到着時刻 5:20
飛行時間 12:10

例えば、上記はANAが1日二本飛ばしているフランクフルト便の、「夜便」の方のタイムスケジュールです。

夜便の場合、出発時刻は限りなく深夜もしくは夜遅めの時間のことが多いです。

そして、この夜便の場合、到着地の時間帯は早朝というタイムスケジュールがほとんどです。

機内で充分な睡眠をとっていくことで、現地では早朝から時間を有効に使えるとともに、時差ボケの解消にもつながります。

スポンサーリンク

昼出発便と夜出発便での、サービスの違い

①機内食サービス

昼出発便、夜出発便のタイムスケジュールの違いについてはよろしかったでしょうか。次に、昼出発便、夜出発便でのサービスの違いについて確認していきます。

そして、まず最初に、ここはある程度予想がつくところではありますが、昼出発便と夜出発便の決定的な違い。

それは、機内食サービスです。時間帯的にも、そして提供される内容も、仕方がないことではありますが、夜出発便は決定的に貧弱になってしまいます。

例えば、上に事例として紹介したANAのフランクフルト便・ビジネスクラスで比較すると次のような感じです。

昼便 夜便
搭乗後1時間程度 フルコースの昼食 アミューズ
飛行中 リフレッシュメント
到着2時間前 到着前の夕食 到着前の朝食

夜便の場合、どうしても深夜時間帯の出発になるので、上記ANA便の場合、出発後の食事はアミューズのみです。ただ、出発時間帯が既に完全な就寝タイムですから、このサービスは妥当だと思います。

もちろん、航空会社によっては、21時発とかの便でそこから昼便との差が無いようにフルコースの食事の提供をする会社もありますが、正直、その時間からの夕食はなかなか楽しめないんですよね。

ビジネスクラスやファーストクラスの場合、ラウンジで腹ごしらえをしてから搭乗する方も多いと思います。夜便の場合、機内は完全に就寝モードなので、夕食を楽しむモードではないということです。

このため、実際に夕食の提供があってもなくても、少なくとも21時以降の夜出発便の場合、夕食はあまり楽しめないと思った方がよいです。

このため、昼出発便と夜出発便の機内食サービスの違いを超簡単に説明してしまうと、夜出発便は昼出発便に比べ「一食分、しかもメインの食事分を損する」と言ってしまって良いと思います。

タイムスケジュール上、実質楽しめるのは朝食のみになってしまうことがほとんどなんです。ビジネスクラス、ファーストクラスで機内食を堪能した!!という経験をするのは、夜便ではなかなか難しいと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、私が実際に搭乗した香港ー羽田の深夜便の朝食はこんな感じでした。もちろん、現地時間0時過ぎ出発の深夜便ですので、離陸後は寝るだけ。機内食サービスはこの1回限りです。

別に美味しくないわけではありませんが・・・

昼便で提供されるこんな感じの華やかな昼食に比べると、明らかに見劣りはしてしまいます。

夜便は明らかに機内食サービスが寂しい!これは残念なポイントだと思います。

②ドリンクサービス

そして、次の違いがドリンクサービスです。

もちろん、ビジネスクラス、ファーストクラスの場合いつでも好きな時にお好きなリフレッシュメントやおつまみとともにお好きな飲み物が飲めるので、サービスの内容に違いがあるわけではありません。

ただ、夜便・・特に深夜便の場合は搭乗後すぐに寝てしまう可能性が高いのが困りものです。折角のドリンクを楽しむ時間がほとんどなく寝てしまうことになります。

特にアルコール大好きな方にとっては、ここはかなり痛いです。さすがに機内で朝からアルコールを飲む気力はなかなか出ないのが実際ですので、ドリンクサービスを楽しむ時間は、夜便の場合昼便に比較して圧倒的に減少します。

一方、昼便の場合は、フルコースの昼食に合わせてゆっくりドリンクサービスを受け、昼食後に映画の1~2本も観ながらおつまみのチーズとワインを堪能して・・ちょっと昼寝して夕食とともにアルコール・・という楽しみ方ができます。

ドリンクサービスの内容自体にはもちろん差はありませんが、楽しむ時間帯に大きな差がある、というところがポイントだと思います。

③リフレッシュメント

ビジネスクラス、ファーストクラス搭乗者ならいつでも頼めるリフレッシュメントサービス。

これらサービスメニューは、昼便・夜便ともに同じであることが多いのです。が、これまでの説明と同じく異なっているのが搭乗時間帯です。なかなか深夜の時間にお好み焼きや肉まんは頼まないですからね・・。

純粋にサービスを楽しむ、という観点からは、圧倒的に昼便が有利だと思います。

スポンサーリンク

夜出発便のメリットは

ここまで、サービス的には完全に夜出発便をディスりまくってきたわけですが、夜出発便には、もちろん夜出発便のメリットがあります。

それは、睡眠時間で移動ができるので、時間を有効に使える、ということです。そして、だからこそ深夜便はビジネス顧客に重宝されているんですよね。

何しろ、寝ているうちに長距離移動でき、しかも早朝からアクティブに行動ができます。エコノミークラスだと深夜便の場合眠れなくて苦しむことも多いですが、ビジネスクラス、ファーストクラスの場合ほとんどの長距離路線でフルフラットシートの導入が進んでいますので、眠れない心配はありません。

寝ているうちに現地に到着し、しかも時差ボケもほとんど感じずに行動できる深夜便は、ビジネス目的の方、また観光目的でも時間に制約のある方には、何よりのメリットだと思います。

スポンサーリンク

昼出発便、夜出発便のメリット/デメリット

メリット デメリット
昼便 機内サービスが楽しめる 日中が移動時間で潰れる
夜便 機内サービスが貧弱 睡眠時間で移動できる

本日ご紹介した昼出発便、夜出発便のメリット、デメリットをまとめたものがこちらです。

それぞれのメリット、デメリットは表裏一体とはなりますが、ざっくりこんな感じですね。

このブログをご覧の多くの方はいわゆる「陸マイラー」の方や、観光目的でビジネス・ファーストクラスに乗られる方だと思いますので、そんなあなたに個人的におすすめしたいのは、なんと言っても昼出発便です。

実際に私自身、夜出発便のビジネスクラスにも搭乗しましたが、本当に夜出発便、特に深夜便は「寝るだけ」のホテル代わりといってもよい搭乗体験になってしまいます。

もしあなたが血のにじむような努力をして貯めたマイルを利用して、「ビジネスクラスを満喫したい!」という気合で特典航空券を発券するならば、夜出発便はあまりお勧めはできないですね。

昼出発便を利用して、ラウンジから機内サービスに至るまで、昼間のアクティブな時間に堪能していただいた方が絶対によいと思います。

一方、ビジネスマンの方や、現地での時間を有効に使いたい方は、夜出発便はかなりおすすめです。ビジネスクラスならゆっくり眠れますので、現地での時間を到着直後から有効に利用することができるでしょう。

ANAマイルで国際線特典航空券を発券する方法

【完全版】ANAマイルで国際線特典航空券を予約する7つの方法。もう取れないとは言わせない!

2018.09.24

ANAマイルで狙った国際線特典航空券を発券する方法は、上記関連記事をご参照ください。

スポンサーリンク

昼出発便/夜出発便、どちらを選ぶべきか

以上、航空会社の昼出発便、夜出発便のサービスについて、比較形式でご紹介しました。

私は基本的に貧乏性なので、折角「もしかしたら二度とないかもしれない」上級クラスに搭乗するなら、間違いなく昼出発便を選びます。

なんといっても、真昼間から美味しい食事を頂いて、美味しいシャンパンやワインを飲み、大きい画面で最新の映画を見つつさらにシャンパンを飲み、ちょっと昼寝をして、また夕食代わりの食事とアルコールを飲む。

これが、ビジネスクラス/ファーストクラスの最高の楽しみ方だと・・個人的に思うんですよね。この楽しみ方ができるのは、実は昼出発便なんです。

一方、「飛行機で眠れる」ということが至上の楽しみ・・という方は、夜出発便なら、ビジネスクラス以上の場合機上ということも忘れて至福の睡眠体験ができると思います。

あなたの目的に合った楽しみ方ができるよう、この記事でご紹介した出発時間帯別のサービスの差を踏まえた、出発便の選択をおすすめしたいと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年10月最新版】

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD