ドットマネーからdポイントの交換で25%増量が、マイラーにとって本当にお得なのかを徹底検証してみた

今年も来ました!ドットマネーをはじめとした、各種ポイントからdポイントへの交換で25%増量の大判振る舞いです!

ただ・・例年思うんですけど、このキャンペーン、確かにお得ではあるんですが、ちょっと人を選ぶというか・・・無条件で全額ポイント突っ込んでいこうとか、そんな風には少なくともANAマイルを細々と貯めている私には、ちょっと思えないキャンペーンなんですよね。

このキャンペーンに乗っかってdポイントに交換した方がお得な方、残念ながら見送った方がよい方。

dポイント25%増量キャンペーンのメリット・デメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

dポイント25%増量キャンペーンの概要

まず、冒頭にはっきりさせておきたいこと。

それは、上記のとおり、キャンペーン対象企業のポイントからdポイントへとポイント交換するだけで、なんと、25%もポイント増量してもらえるって・・これ、質量保存の法則を完全に無視した、超絶お得なキャンペーンなんですよね。

dポイントは1P=1円相当で実際に使えます。この金利0.01%とかの時代に、ポイント交換するだけで25%のポイント増量です。これ、凄すぎますよね。

このため、この25%増量キャンペーンは、ポイントばら撒きの間違いなく絶対的にお得なキャンペーンである。この事実については衆目の一致するところだと思います。

キャンペーン対象企業

この25%増量キャンペーンの対象となる企業のポイントは、まずは11月1日からは上記の企業のポイント交換からスタートしています。

上記に記載されていない数多くのポイントサイトからのポイントを集約しやすく、そして、集めたポイントをdポイントに交換しやすいのは、なんといってもドットマネーだと思います。

また、上記以外の企業についても、順にポイント増量対象企業が増えていくスケジュールとなっています。今後の増量対象企業の交換開始スケジュールについてはこちらのdポイントホームページをご参照ください。

dポイントへ交換すること+増量キャンペーンのメリット

①ポイントが1.25倍に!

では早速、キャンペーンを利用してdポイントに交換するメリット・デメリットを検証していきましょう。

まず1つ目のメリットですが・・メリットって、そんなの決まってるだろ!と言われてしまいそうな、もう分かり易すぎのメリットがこちらです。

なんといっても、各種ポイントサイトで貯めたポイントを、dポイントに交換するだけで1.25倍にポイントが増量になるんですから、まさに「何じゃそりゃ」ってくらいの、超絶メリットだと思います。

②dポイントは、JALマイルへ交換可能

dポイントは、1P=0.5JALマイルという、業界最高レートでJALマイルへの交換が可能です。

例えば10万円分のポイントをドットマネーから直接JALマイルに交換しても5万JALマイルにしかなりませんが、今回のキャンペーンを利用してdポイントに交換したのちに、JALマイルに交換すると、5万JALマイル+25,000期間限定dポイントがもらえる計算になります。

上記2点は超絶メリットであることには間違いはありません。

しかしながら、一方でデメリットの面もよく認識しておく必要があります。

スポンサーリンク

dポイントへ交換することのデメリット

①利用用途が制限される

dポイントにポイント交換することのデメリットの1つ目がこちらです。

dポイントに交換することで、実は利用用途がかなり制限されるんですよね。もらったポイントに特段の用途制限等もなく、いろんな用途があるなら、増量してもらえるならガンガン交換したいのですが、実はdポイントは意外に使いづらいんです。

25%増量分のポイントは「期間・用途限定dポイント」としてしか使えない

今回のキャンペーンで交換したポイントのうち、25%増量分のポイントは「期間・用途限定」dポイントとしてしか使うことができません。

こちらが、dポイントの通常ポイント、期間・用途限定ポイント別の用途の違いです。

右側の表が期間・用途限定ポイントを使うことのできる方法になります。

基本的には、dポイント払いによる実際の商品を購入することにしか使うことはできません

もちろん、ローソンやマクドナルドなどの実店舗で実際に使えるので非常に便利なんですが、今回のキャンペーンの場合、期間・用途限定dポイントとして2019年の1月中旬に付与され、4月末までに使いきる必要がありますので、実は使い切るのには結構神経を使う印象です。

そして、期間・用途限定dポイントは、みんな大好き、dポイント投資で運用することはできません。

もちろん、他のポイントやマイルへの交換もできませんので、JALマイルへの交換などもできません。

②JALマイルにしか交換ができない

そして、上記で紹介した期間・用途限定以外の通常のdポイントも、マイルへの交換としては、JALマイルにしか交換ができません。

PontaポイントからLINEポイントへの交換レートは「交換できないよりまし」なレベル

2018.11.01

一応、dポイントからANAマイルへの交換ルートとして、dポイントからPontaポイント経由でLINEポイント→メトロポイント→ANAマイル・・・という変則ルートも開通はしましたが、肝心のPontaからLINEポイントへの交換レートが0.83倍なので、とても使い物にはならないルートです。

このため、dポイントへの交換はJALマイラーにとってはおすすめですが、ANAマイラーにとっては、その交換率の低さが致命的なデメリットになると思います。

スポンサーリンク

マイルの価値について

マイルの価値は、このブログでも何度もご紹介したとおり、1マイル=2円以上が定説です。

ANAマイルの価値は1マイル=何円?ポイントをマイルに交換するメリットとデメリットについて

2018.03.11

そして、ファーストクラス特典航空券に交換した場合、1マイル=10円以上の価値で利用することができます。

【人生初ファーストクラス】陸マイラーの到達点、ヨーロッパ路線ANAファーストクラスを発券しました

2018.02.14

つまり、dポイントへの交換で1.25倍になるというのは一見凄いことなんですが、マイルに交換して、1マイル=2円以上の価値で使うことができるなら、dポイントの1.25倍よりも、実は、マイルに交換した方が有利です。

この観点から、JALマイラー、ANAマイラーそれぞれにとってのdポイント25%増量キャンペーンについて検証してみましょう。

JALマイラーにとっての損得勘定

JALマイラーは、そもそも1P=0.5JALマイルへの交換倍率が、ポイントサイト業界での最高倍率になります。

そして、このレートでの交換がdポイントからJALマイルへの交換においても可能です。

このため、今回のキャンペーンを利用してdポイントへ1.25倍で交換し、通常のdポイントはJALマイルへ交換、期間・用途限定dポイントは通常のショッピングで利用することで、超絶お得にJALマイルを貯めることができます。

通常のJALマイル+0.25倍のボーナスポイントが付与される、というイメージですかね。獲得できるマイル数は変わりませんが、ボーナス分が圧倒的にお得です。

JALマイラーにとっては、絶対に逃してはならないキャンペーンだと思います。

ANAマイラーにとっての損得勘定

一方、ANAマイラーは、この1.25倍の倍率でdポイントへ交換することが本当にお得かどうか、よく考えてから交換することをおすすめしたいと思います。

例えば、このキャンペーンを用いて5,000円分のポイントをdポイントに交換した場合、期間・用途限定ポイントを合わせ6,250ポイントをもらえます。このポイントは、少なくとも6,250円相当の電子マネーとして使える、ということになりますね。

一方、同じく5,000円分ポイントを、このキャンペーンを利用してdポイントに交換したのち、Ponta経由でANAマイルに交換した場合、以下の交換レートになります。

dポイント 5,000
Ponta(手数料▲250) 4,750
LINEポイント(×0.83倍) 3,942
メトロポイント(×0.9倍) 3,547
ANAマイル(×0.9倍) 3,193

dポイント5,000Pが、最終的に0.63倍の倍率でANAマイルに交換され、3,193ANAマイルになる計算です。

この3,193ANAマイルが仮に1マイル=2円で使えたとして、6,386円相当。そして、dポイント5,000Pへの交換で得られるボーナスが1,250P。合計で、7,886円相当になります。

そして、最後に、5,000円分のポイントを、今回のdポイント25%増量キャンペーンを利用せず、直接ANAマイルに交換した場合はどうでしょうか。

【2018年11月最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

【2018年11月最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018.05.28

各種ポイントサイトで貯めたポイントは、上記「LINEルート」を経由することにより、1P=0.81倍で、ANAマイルに交換可能です。このマイルを1マイル=2円と仮定すれば、1P=1.62円で利用することができる、ということになります。

つまり、5,000円分のポイントは、4,050ANAマイルになり、8,100円相当で使える、ということになるんですよね。

ANAマイラーにとっては、1.25倍に惑わされず、実はそのままLINEルートでANAマイルに交換した方がお得、ということです。

スポンサーリンク

dポイント25%増量キャンペーンで得する人・損する人

  • 得する人  JALマイラー
  • 損する人  ANAマイラー

かなり大雑把ですが、今回のドットマネー25%増量キャンペーンで得する人、損する人をまとめたものがこちらです。

JALマイラーにとっては、まさに千載一遇のチャンスだと思いますので、ありったけのポイントをぶち込んで、最高交換率でのJALマイルの獲得+期間・用途限定ではありますが25%増量のdポイントをもらっておくべきでしょう。

一方、ANAマイラーにとっては、dポイントに交換してしまうとその後のANAマイルへの交換率が・・・、できないわけではありませんが極端に落ちてしまうため、増量分のdポイントの価値をプラスしても、直接ANAマイルに交換した方がお得、ということになります。

1.25倍になる!!というとお得!と感じてしまうのですが、マイラーにとって最もお得なのは、実は1P=2円以上の価値で使えるマイルに、最高交換率で交換することです。

1P=2円ということは、価値が2倍ですからね。

1.25倍なんて、実は目じゃない、ということです。ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券なら、それ以上の価値での利用も可能です。

用途に応じたポイント交換をおすすめ

と・・まあ、ここまで屁理屈をこねくり回してきたわけですが、冒頭にも確認したとおり、ポイント交換するだけで25%増量はかなりお得なキャンペーンであることは確かです。

特に、JALマイラーには全力を出しても惜しくないキャンペーンだと思います。

この記事の内容とあなたの用途に応じ、キャンペーンにどれだけ参加するかをご判断いただければよろしいのではないかと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年10月最新版】

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD