PontaポイントからLINEポイントへの交換レートは「交換できないよりまし」なレベル

2018年11月から、メジャーなポイントである「Ponta」から、LINEポイントへの交換が開始されることになりました。

もともと、LINEポイントからPontaポイントへの交換は可能でしたが、逆のルートであるPontaポイントからLINEポイントへの交換は・・できませんでした。

正式には、LINEギフトコードへの交換ができたのですが、LINEギフトコードは、LINEポイントとは全く別物なんですよ。ややこしいですね。

ANAマイラーにとって気になる、PontaポイントからLINEポイントへの交換レートと交換方法について、早速ご紹介します。

スポンサーリンク

PontaポイントからLINEポイントへの交換開始の概要

PontaポイントとLINEギフトコードの交換については、冒頭に記載したとおりこれまでも可能でしたが、上記のとおり、表示が滅茶苦茶わかりづらいんですよ。

なんか、PontaポイントからLINEポイントへの交換ができるかのように見えるんですが、実際はそうではないんです。

交換元 交換先
Pontaポイント LINEギフトコード
LINEポイント Pontaポイント

その交換関係を、簡単に表にまとめたものがこちらです。

Pontaポイントから交換できるのはLINEギフトコードなんです。

そして、LINEポイントからは、Pontaポイントに交換ができます。

このように、Pontaポイントから交換できるのはLINEギフトコードであって、LINEポイントへの交換は2018年11月までできなかったんです。じゃあ、LINEギフトコードってなに?ということなんですが、LINEギフトコードは、スタンプなどを販売している「LINEショップ」上で使える電子マネーなんです。

これ、滅茶苦茶わかりにくいですよね。

そして、さらにわかりにくいのは、今回のこの「PontaポイントからLINEポイントへの交換」は、一旦Pontaポイントを「LINEポイントコード」に交換し、そのコードをLINEポイントにチャージすることで行うという・・・。

名称 LINEポイントへの交換
LINEギフトコード 不可
LINEポイントコード

上記のとおり、Pontaポイントから交換できるLINE関連のコードは「LINEギフトコード」と「LINEポイントコード」の2つがあり、LINEギフトコードはLINEポイントへの交換不可、LINEポイントコードはLINEポイントへの交換が可能・・。

もう、頭がくらくらするほど、死ぬほどわかりづらいので、LINEさまにはもう少しわかりやすいポイント制度について、ぜひご検討を頂きたいと思います。

スポンサーリンク

PontaポイントからLINEポイントへの交換レート

さて、肝心のPontaポイントからLINEポイントへの交換レートを見て行きましょう。

LINEのプレスリリースでも、PontaポイントからLINEポイントへの交換開始は11月中旬からとアナウンスされていますが、Pontaポイントのポータルサイト上には、既にLINEポイントへの交換レートが掲載されています。

それが、上記のとおりです。これまでのLINEギフトコードへの交換レートと同じくPontaポイント120P=LINEポイント100Pの、0.83倍のポイント交換レートになっています。

インプレスウオッチの記事でもPonta120P=LINE100Pとの記載がありますので、この交換レートはほぼ間違いのないところと言えそうです。

スポンサーリンク

PontaポイントからLINEポイントへの交換方法

PontaポイントからLINEポイントへの交換手順は、以下のとおりです。

  1. Ponta Web( https://point.recruit.co.jp/point/ )の、「つかう」→「ポイント交換」→「Pontaポイント → 他のポイント」から「LINEポイントコード」を選択。画面の説明に従ってポイント交換を行う。
  2.  発行されたLINEポイントコードを専用ページに入力し、LINEポイントのチャージを行う。

LINEポイントへの交換は、ポイント交換に慣れた方なら非常に簡単にできるでしょう。

LINEポイントコードの発行は、通常1時間程度で行われ、登録のメールアドレスにコードが届きますので、発行されたら上記専用ページからLINEポイントへのチャージを行ってください。

LINEポイントへの交換は1回120Pontaポイントが上限?

このLINEポイントへの交換ですが、1回120Pontaポイント(=100LINEポイント)が上限となっています。

これまで、LINEギフトコードへの交換の際も上記の上限でしたので、この上限に変更はない、ということのようです。一気に大量ポイントを交換しよう・・と思っている方にとっては、かなり面倒臭い仕様なのは残念ですね。

スポンサーリンク

PontaポイントからLINEポイントへの交換開始の意義

このPontaポイントからLINEポイントへの交換ですが、1回あたりで交換できるポイント数が最大で120Pontaポイントであるなど、どうやら、そもそもPonta側、LINE側双方が大量ポイントの交換については想定していない様です。

そして、ユーザーである我々にとっても、GポイントやPointExchangeなら実質等価交換可能なLINEポイントへの交換に、わざわざ0.83倍でしか交換ができないPontaポイントを経由する意味は全くありません。

ちなみに、これまでも行うことができた、PontaポイントからLINEギフトコードへの交換に際し、おススメされていたLINEギフトコードの使い方は「スタンプを購入する」というものでした。

スタンプなんて、100円~200円程度のものですからね。つまり、日々のお買い物で貯めた少量のポイントで、LINEの少額サービスを利用してね、というコンセプトということです。

その延長線上にある今回のポイント交換開始は、大量のポイントが動くという意図がないものと判断してよいと思います。

ANAマイラーの使い方提案

ANAマイラーにとって、この0.83倍は決して交換レートとしては高くありませんので、メインの交換ルートとして利用する価値は全くありません。

ローソンなど、「Pontaポイントしか貯まらない」お店で貯めたポイントを、ある程度高レートでANAマイルに交換できるようになった、くらいに考えておけば良さそうです。

これまで、PontaポイントはJALマイル(1P=0.5JALマイル)もしくはdポイント(等価交換)くらいにしか交換できませんでしたので、ANAマイルへの約0.64倍の交換率での交換ができるようになった・・・くらいの捉え方ですね。

折角貯めたポイントを無駄にせず、少額でもANAマイルに交換する。

そのルートに、一つの新たな道が開拓された、というのが正解だろうと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年10月最新版】

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD