Gポイントギフトへの交換で夫婦間/家族間でポイント譲渡(移行)する方法

ポイントサイトで貯めたポイントを、ANAマイルに最大倍率で交換できる通称「LINEルート」。

このLINEルートのまさに「肝」になるのが、LINEポイントへの実質等価交換機能と、他のポイントサイトからの等価交換機能という超重要機能を併せ持つ、「Gポイント」です。

Gポイントへの交換が最得!ANAマイルを最大倍率で貯める方法!【陸マイラー最重要サイト】

2018.09.23

そして、実はこの各種ポイントサイトからGポイントへの交換プロセスで、夫婦間や家族間、さらには全くの他人へのポイント譲渡/移行が可能です。

Gポイントへの交換を通じたポイント譲渡のメリットと、実際の交換方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ポイントの夫婦/家族間譲渡(共有)のメリット

①東京メトロ→ANAマイルへの交換の月間上限額(2万P)を最大限活用できる

この夫婦間/家族間でポイント移行(譲渡)ができることの最大のメリットがこれでしょう。

LINEルートでポイントを貯めるに際し、必ず最後に行うこととなるのが東京メトロポイントからANAマイルへの交換です。

ソラチカルート徹底解説。ANA陸マイラー必携クレジットカードで年間20万マイルを貯める方法

2017.02.16

そして、この東京メトロポイントからANAマイルへの交換は、月間上限が20,000ポイントまでと決まっています。

【例】

  • 夫:モッピーポイント10万ポイント所持
  • 妻:モッピーポイント 2万ポイント所持

例えば、上記のケースを例に考えてみましょう。

このまま夫、妻それぞれの名義のGポイントに交換すると、夫の10万モッピーポイントはLINEポイントを経由して、9万東京メトロポイントに交換可能可能です。月間交換上限額は2万ポイントまでですので、全部ANAマイルに交換するまでに5か月掛かることになります。

一方、妻の2万ポイントは19,000東京メトロポイントに交換可能ですので、1か月でポイント交換できてしまい、他の追加ポイントが無ければ残りの4か月は全くの手持無沙汰状態です。

  • 夫の10万モッピーP → 夫6万P + 妻3万P メトロポイントへ
  • 妻の 2万モッピーP → 妻19,000P メトロポイントへ

このような、夫婦間での保有ポイントに偏りがある場合、夫婦間でポイント譲渡/移行が可能だと、上記のような交換も可能となります。

この交換により、夫婦で貯めた合計12万ポイントを夫6万、妻49,000Pと、ほぼ等分で東京メトロポイントに交換できます。これにより、すべての東京メトロポイントは、3か月間で全額ANAマイルに交換可能です。

もうお分かりですね?つまり、東京メトロからANAマイルへのポイント月間交換上限額2万ポイントを、夫婦合算で最大限活用できるんです。

交換後の夫婦のANAマイルは、「ファミリーマイル」制度で合算利用ができるので、とにかく早期かつ大量にANAマイルが欲しい方には、かなりのメリットだと思います。

②ポイントの有効期限が(ちょっとだけ)延びる

そして、これは①のメリットに比べると本当に微々たるものですが、このGポイントギフトの有効期限は、発行日から6か月後の月末までとなっています。

つまり、半年以内に獲得すればよいので、ポイントの有効期限が約半年間延びる・・ということです。

有効期限が来てしまう・・という方は、とりあえずギフトに交換しておくというのも一つの方法です。

スポンサーリンク

Gポイントギフトによる夫婦間/家族間のポイント譲渡の方法

では、このGポイントギフトによる夫婦間/家族間のポイント移行・譲渡の方法を確認しましょう。

といっても、滅茶苦茶簡単です。モッピーの場合、上記のとおり通常のGポイントギフトへのポイント交換を行います。

すると、こんな感じでキャッシュバック申請確認のメールが届きます。

そして、メールに記載されたキャッシュバック申請のアドレスをクリック。

この操作により「Gポイントギフトコード」が発行されるのですが、実際にはGポイントギフトコードはどこにも表示されず、上記のとおり「Gポイントへチャージする」というバナーが表示されます。

こちらをクリックします。

すると、このようにGポイント会員IDでのログイン画面が表示されますので、このログイン画面で、実際にポイントが欲しい方のGポイント会員IDでログインするだけです。

夫のモッピーポイントの交換であっても、最後のGポイントIDおよびパスワードを妻のGポイントIDで入力し、ログインすれば妻の会員IDにポイントが付与されます。

滅茶苦茶簡単です。とにかく「最後のGポイントIDとパスワードを、Gポイントが欲しい方の会員IDとパスワードにする」ことだけを覚えておけばOKです。

「Gポイントギフト」へ交換可能なサイトであれば、名義間ポイントジャンプは可能

この夫婦/家族間のポイント移行・譲渡ですが、各種ポイントサイトから「Gポイントギフト」へ交換可能なサイトであれば、原則として可能です。

具体的には、モッピー、ちょびリッチ、ファンくる、ゲットマネー、i2iポイント、アドボンバーは問題なく実施できます

一方、三井住友カード「ワールドプレゼント」はGポイントギフトではなく初回に登録したGポイント口座に直接交換されてしまうので、夫婦間/家族間のポイント移行・譲渡はできません

スポンサーリンク

ポイントの家族間譲渡は禁止行為なのか?

さて、このポイントサイトで貯めたポイントを夫婦/家族間で譲渡する行為ですが、これ、禁止行為なんでしょうか。

ポイントサイトの中には、家族アカウントに対して異常なまでに厳しい態度のサイトがありますので気になるところですが、これは特段問題がない行為と考えて良いのではないかと思います。

そもそも、Gポイントへの交換は「ギフトコード」を用いて行われます。「ギフト」ですからね。直接和訳すれば「贈り物」です。

贈り物に交換しておいて、「贈るな」って・・ちょっと考えにくいと思います。

また、例えば貯めたポイントを現金に交換して、家族間で譲渡する・・これ、今回のGポイントギフトと全く同じことをやっているわけですが、実際のところそこまで禁じることは難しいですよね。

このため、制度上も、その趣旨からも何の問題もないものと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • 各種ポイントサイトで貯めたポイントは「Gポイントギフト」への交換を通じ、夫婦/家族間の譲渡が可能。
  • ポイントの夫婦/家族間の譲渡により、東京メトロポイント→ANAマイルの月間交換上限額を最大限活用できる。
  • 夫婦/家族間譲渡は、ポイント獲得時の最後のGポイントへのログインID設定により簡単に行える。
  • Gポイントギフト経由でのGポイント交換は夫婦/家族間譲渡可能だが、三井住友「ワールドプレゼント」からの交換での譲渡は不可。

ポイントサイトのポイント案件は、「世帯一回限り」という案件が増えてきました。

このため、夫婦マイラーの方の場合、ポイントが夫婦で偏る・・ということが起こりがちですよね。

そんな際には、この方法で夫婦間でポイントを譲渡することで、東京メトロポイント→ANAマイルの交換上限2万Pを上手に利用することができます。

LINEルートでANAマイルを貯める方法

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018.05.28

LINEルートでANAマイルを貯める方法は、上記関連記事をご参照ください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

年間50万ANAマイルを貯める超実践的な方法を解説しています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひ下記関連記事をご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22
当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018.04.22



AD