ライフメディアからGポイントへの直接等価交換が可能に!陸マイラー優遇が更に加速!

老舗のポイントサイト「ライフメディア」からGポイントへの直接等価交換が開始されました。

2018年3月末のソラチカルートの閉鎖に始まり、一時は後継ルートであるLINEルートすら閉鎖か?と危ぶんだほどの悲観ムードだったこの因果なANA陸マイラー稼業。

ここにきて、今回のライフメディアに見られるようにポイントサイト業界の陸マイラー優遇の動きはまさにとどまるところを知りませんし、ハワイ路線A380の投入によりANAマイルでのホノルル行きチケットが取りやすくなるなど、最近かなり明るい光が見えてきていますね。

ANAマイルがついに「特典航空券が取りやすいマイル」に。A380ホノルル便就航がもたらす2つのメリット

2018年12月31日

新たにはじまったライフメディアからGポイントへのポイント交換の概要と、ライフメディアの狙いを解説します。

スポンサーリンク

ライフメディアの概要と、Gポイントへの直接等価交換の概要

ポイントサイト「ライフメディア」は、超大手インターネット関連企業「ニフティ」の子会社である「ニフティネクサス株式会社」が運営する、20年以上の運営実績を誇る、まさに「老舗」のポイントサイトです。

累計登録者数は2017年3月時点で315万人以上ですから、安定した会員基盤を誇るポイントサイトと言えると思います。

最低交換P 500ポイント
交換単位 500ポイント単位
交換レート 1ポイント = 1円
手数料 無料
交換回数上限 ギフトコード・他社ポイント・ウォレット交換のいずれか1種類を1日1回まで
交換ポイント数上限 1日30,000ポイントまで
発行予定日 交換申込日の翌営業日中(土日祝祭日、休業日を除く)

そして、新たに開始となったGポイントへの交換の概要がこちらです。

当然ながら、手数料無料の完全等価交換が可能で、交換も翌営業日中と早めです。さらにポイント交換上限が1日30,000円分までと、使いきれないくらい莫大です。

このように、運営主体がしっかりしており、ANAマイルへの交換も容易となれば、ANAマイラーとしてはとりあえず登録しておくほかないですよね。

2019年2月限定でGポイントへの交換で2%バック!

さらに、このGポイントへの直接等価交換の開始を記念して、2019年2月中にGポイントへポイント交換すると、「ポイントバック祭り」でGポイントに交換したポイントのうち2%がライフメディアポイントのポイントバックされます。

2月中は、Gポイント経由でのANAマイルへの交換率が0.826%へ向上するってことです。

ライフメディアでのポイ活をスタートするなら、今しかないと言えるのではないでしょうか。

以下のバナーからライフメディアに登録して、当月中に1P(1円)以上ポイントを獲得すると、250P(250円)分のポイントがもらえますし、さらに、入会月の翌月末までに500P(500円分)のポイントを貯め、Gポイントなどのポイント交換すると、250円分のポイントがもらえます。

しめて、合計500円分のポイントがもらえちゃいます。是非ANAマイルへの交換が速くなった、この機会にライフメディアへの登録をどうぞ

ライフメディアへ無料登録

ライフメディアの狙い

今回、Gポイントへの直接等価交換を開始したライフメディアの狙いですが、これ、超露骨です。

完全に、陸マイラー狙いです。

アイキャッチ画像や、上記画像でもお分かりのとおり、Gポイントへの交換開始によりANAマイルへの交換が捗ることを思いっきりPRしています。

やっぱり、陸マイラーはクレジットカードをはじめとする超高額案件をバンバン利用するわ、ネ○レもガンガン定期購入するわの超アクティブユーザーなので、ポイントサイトにとっては是非とも囲いこみたいユーザーなんですね。

昨今のGポイントへの交換を開始するサイトの爆増ぶりで、それが改めて浮き彫りになりました。

Gポイントへの直接等価交換の陸マイラー的メリット

今回のGポイントへの直接等価交換を、ライフメディアが超絶パワープッシュしているように、陸マイラーにとってGポイントへの直接等価交換には圧倒的なメリットがあります。

そのメリットについては何度もご紹介していますのでここでは簡単なご紹介にとどめますが・・もう、とにかく圧倒的に貯めたポイントのANAマイルへの交換が捗るんです。

これ、実際にやって見るとすぐにお分かりになると思いますが、「Gポイント」「RealPay」に直接等価交換不可能なサイトと比べると天と地ほどの差があるんですよね。

各ポイントサイトもこのことが分かっているので、陸ANAマイラーを積極的に取り込むために、このGポイントへの直接等価交換を加速させているんだと思います。そのメリットの詳細は以下の関連記事をご参照ください。

【ポイントインカム交換開始!】GポイントルートでANAマイルを最大倍率で貯める方法【陸マイラー最重要サイト】

2019年3月4日

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018年5月29日

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018年5月28日

スポンサーリンク

ライフメディア&Gポイントの動きから分かること

  1. モッピー(2018.2~)
  2. ちょびリッチ(2018.4~)
  3. i2iポイント(2018.8~)
  4. アドボンバー(2018.9~)
  5. ゲットマネー(2018.11~)
  6. ファンくる(2018.12~)
  7. ライフメディア(2019.2~)

今回のライフメディアからGポイントへの交換開始により、2018年3月末のソラチカルート閉鎖から逆算すると、なんとGポイントへの直接等価交換開始したサイトは7つ目になります。

この動きから分かることは、大きく2つです。

ポイントサイトにとっての陸マイラーの存在

まず1点目がこちらです。

ちょっと文中でも触れましたが、やっぱり陸マイラーって、ポイントサイトにとっては囲い込みたい顧客だということが、これ、露骨にわかりましたよね。

確かに、正直ブログ界隈やTwitter界隈を見ていても、陸マイラーの皆さんって、旅行しまくり超高額年会費のクレカ発券しまくりのスーパーアクティブな超富裕層の方たちばかりです。

このため、陸マイラーはポイントサイトにとって囲い込みたい顧客であり、決して敬遠されている顧客ではないと言えると思います。

このため、ポイントサイトでANAマイルの「素」となるポイントを稼ぐことは、まだしばらくは安泰のようにも思えます。

Gポイントのビジネスモデルは成立している

もう一つ個人的に気になるのがこちらなんです。

LINEポイントって、異常なくらい他社ポイントからの等価交換可能なサイトが少ないポイントサイトです。

ワールドプレゼントからポイントタウンへの交換がメンテナンスから正式に「休止」に。ポイントタウンのポイント経由機能が完全消滅?

2019年2月7日

LINEポイントへ唯一完全等価交換可能なポイントタウンなんて、もう半年以上ワールドプレゼントからのポイント交換を停止して、それっきりずっと「メンテナンス中」の状態ですからね。

多分、ポイントタウンは、LINEポイントへ自社ポイントを交換するのには、LINEポイントから手数料を取られるビジネス構造なんだと思われます。このため、他のポイントサイトから等価交換で大量ポイントが流入して、LINEポイントへ等価交換されちゃうと、赤字の垂れ流し状態になるんではないかと。

一方のGポイントは、他社から等価交換で大量に流れ込むポイントを実質等価でLINEポイントに交換していますが、他社ポイントを受け入れる、その勢いに衰えはなく、さらに多くのポイントをGポイント経由でLINEポイントに交換することを許容しているように見えます。

これ、Gポイントにとってこの「ポイント経由地サービス」が商売として成り立っている証拠ですよね。

このため、Gポイント経由でのLINEポイントへの交換ももう少し安泰であるような気がしています。

スポンサーリンク

まとめ

  • ライフメディアからGポイントへの直接等価交換が開始
  • これにより、ライフメディアはANAマイルに超交換しやすいポイントサイトに!
  • ライフメディアはニフティを親会社に持つ、会員数300万人超の老舗ポイントサイト
  • Gポイントへの交換開始を記念して、2月中はGポイントへのポイント交換で2%バックのキャンペーン中!
  • ポイントサイトのポイントをGポイント経由でANAマイルに交換するルートはもうしばらく安泰!?

この記事をまとめたものがこちらです。

ライフメディアをはじめとして、Gポイント経由でANAマイルを貯めやすいポイントサイトが増えることはANAマイラーにとって喜ばしいことだと思います。

ライフメディアへの登録がまだの方は、下記バナーからどうぞ。

ライフメディアへ無料登録

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日



AD