ANA上級会員向け会員誌「ana-logue」(ローグ)の発行がひっそりと終了。さらなる改悪は?

ANAが、上級会員(SFC会員含む)向けに年3回発刊していた会員誌「ana-logue」(エーエヌエー・ローグ)の発刊が、2020年11月発行の「冬号」でひっそりと終了となっています。

個人的に、2021年中のSFC取得を目指しているんですが、結局1度も読むことなく、発行終了したことになりますね(笑)。

まぁ、正直クレジットカード会社のゴールド会員以上に配布される会員誌もほとんど読んでないので(笑)影響は軽微というか、むしろ全くないのですが・・。

ついに、上級会員向けのサービスにも手を付けてきたか・・という印象はぬぐえない。そんな「改悪」であることは・・確かですよね。

スポンサーリンク

2020年11月発刊号で終了へ

さて、この記事でご紹介するANA上級会員向け会員誌「ana-logue」ですが・・。

2016年7月の創刊以来、年3回、ANA上級会員のうち配布を希望する方に当然ながら「無料」で配布されてきました。

なお、配布対象は、ANAダイヤモンド会員、ANAプラチナ会員、ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)会員となっています。

「これからの豊かさ」をキーワードに、その土地を踏みしめ、出会うことの大切さを知っているプレミアムメンバーの皆様に、人生で大切なことに触れるきっかけをお届けする・・。

こんなコンセプトで発刊してきたわけですが、まあ多分新型コロナ禍の中での経費削減策の一環として・・だと思いますが、2020年11月の「冬号」をもって、発刊終了となりました。

なお、この改悪?については、ANAの公式HPのこちらのページにひっそりと掲載されてます。

広く一般に知られているサービスではないってこともあり、特にプレスリリースや会員へのお知らせには掲載されていませんね。

別に楽しみにしていたわけではありませんが、結局一度も読むことなく終わっちゃったな・・って感じです。

なお、今後はプレミアムメンバー限定のオンラインメディアの配信を予定しているとのことで・・2021年の夏から、配信が開始される予定とのことです。

スポンサーリンク

上級会員向けサービス改悪のはじまり?

ということで、ここで気になるのはこの改悪が、プレミアム会員向けの各種サービス改悪の始まりなのか??ってことかと思うのですが・・。

個人的には、そのリスクはかなり低い・・と、最近のANAさんの事業展開を拝見しつつ、予想しています。

ちょっと前までは、「ヤバいな」とも思っていたんですけどね(笑)。

その理由としては・・まず、今回のこの会員誌サービスですが、多分、上級会員向けの各種サービスの中でも、会員からの優先順位的には最も低いサービスなんじゃね?って思います。

会員からの要望が最も高いのは、あくまで航空会社の上級会員ですから、予約から空港サービス、実際の搭乗に至るまでのフライトに係るサービスです。

会員誌は・・まあおまけみたいなもので、無くても特に不満は出ないと思います。

一方、ANA側(発刊はANA  X)ではこの会誌の発行&印刷&郵送費用にはそれなりの金額が掛かっていることが予想されるので・・。

コロナ禍でコスト削減が至上命題な中、上級会員の優先度が低く、コスト削減効果のある会誌の発刊中止は、ある意味必然と言っても良いと思います。

では、この会誌の発刊中止が、前述の会員からの要望が高い、ラウンジサービスなどのフライトに係る核心的なサービスの改悪の前触れかと言うと・・。

それはちょっと考えにくい。

その理由がこちら。

ANAは、航空事業以外の収益拡大に向け、事業構造改革を進めていますが、やはりその中心にあるのが・・どうやらANAの「ロイヤルカスタマー」である上級会員顧客層なんですよね。

ANA上級会員プログラムのステータス獲得条件追加&変更!SFCへの影響は?【改善or改悪?】

ANA Payのメリットは?使える店は?上級会員資格も獲得可能?という疑問に全力回答する

例えば、ANAPayと組み合わせでプレミアムメンバー獲得チャレンジ2021を開催するなど、新たな事業領域の有望顧客層ど真ん中に上級会員層を置いているのが明らかなんです。

この有望顧客である上級会員層の一斉離反を招く、フライトに係る核心的なサービスは当面維持するのではないか・・と個人的には考えています。

消費意欲も高い富裕層かつ旅行好き、もしくは出張族というANA上級会員は、ANAが旅行事業以外の収益の多角化を図るにあたり、まさに「頼みの綱」の顧客層なんだと・・思いますよ。

簡単にはこの上級会員層の離反を招くような改悪はしないような雰囲気ですね。

一方で、離反を招かなさそうな改悪は・・これは追加で出てきてもおかしくはありません。

例えば・・ダイヤリー・手帳・カレンダーのプレゼントなんかは、無くなってもおかしくはないかもしれませんね。

スポンサーリンク

さようならana-logue

ということで、ひっそりと終了した(笑)、ANA上級会員向け機関紙「ana-logue」の刊行終了についてご紹介しました。

このエーエヌエー・ローグの刊行終了がさらなるANA上級会員の・・フライトに係る核心的なサービスの改悪の前触れとは今のところ思えませんが・・。

それ以外の・・核心的利益とは遠いこういった機関紙的サービスは、改悪があってもおかしくはありませんね。

ということで、私がプラチナ会員を目指した瞬間に終了してしまった(笑)、「ana-logue」の刊行終了についてご紹介しました。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD