ANAの香港便が12月から減便&運休決定!香港デモの旅行への影響が深刻

ある程度予想はできていましたが、2019年10月31日、ついにANAから衝撃の発表がありました。

「逃亡犯条例」改正案に反対する香港市民デモ隊対警察の衝突が続く香港へのフライト、ANA香港路線が12月から減便&運休決定です。正直、今香港に旅行に行くのは正直おすすめはできないと思っていたのでやむを得ない・・・というのは十分すぎるほど分かってはいます。

分かってはいるのですが・・・いざ本当に運休となると、ANAの国際線が上海路線、香港路線の2便しかない中部国際空港セントレアをホームグラウンドにする私としては、なんとANA路線の半分が運休ということで軽い絶望感を感じちゃう発表なのは確かです。

2019年12月からのANA香港便の減便&運休&機材変更の概要をご紹介します。

スポンサーリンク

ANA香港路線の計画変更の内容

では早速、この香港発着便の運航計画一部変更の概要についてご紹介します。需要の急減を受け・・という表記がありますが、本当に旅客数が減ったんでしょうね。

正直、激戦のはずのANA特典航空券も、香港路線に限ってはビジネスクラス、エコノミークラスともに特典航空券も取り放題状態だったので、何となく、その急減具合は理解できます。

減便・運休

まず、減便&運休の計画からみてみましょう。

このANAHP上の表記では減便なのか?運休なのか?がよくわからないのですが、成田~香港路線については、2019年12月1日~12月27日、2020年1月5日~3月28日の期間、従来の1日2便、週14便から1日1便、週7便への減便となります。

それでも・・1日1便飛んでいるだけでマシと言えるでしょう。なんと、中部(名古屋)~香港路線は、この期間中運休になります。減便どころか、飛ばなくなるんです。

う、運休・・・。この期間、名古屋発のANA国際線は上海便だけになっちゃうことになります・・。これ、軽くショックです。仕方がないんですが、このANA香港便のビジネスクラスが大好きだった私からすると、本当に無念です。

名古屋-香港NH875ビジネスクラス搭乗記。ANA短距離路線の座席と機内食をご紹介

ちなみに、羽田~香港路線については現在のところ1日2便、週14便のまま、特段減便の発表はありませんでした。ただ、旅客数次第では羽田路線についても予断を許さないのではないかと思います。

ANA NH822香港ー羽田ビジネスクラス搭乗記。ビジネスクラス深夜便はホテル代わりになる?

機材変更

次に、機材変更の計画がこちらです。

関西~香港路線(1日1便)に投入される機材が、現行のB767‐300ER機(202席)から、A320neo(146席)に変更になります。ちなみに、A320neoは名古屋~香港路線に投入されている機材ですので、名古屋路線が運休中に、関西路線にこの燃費の良い中型機であるA320neoを回すんだな・・っていうのがもろ分かりな機材変更計画になっています。

スポンサーリンク

香港の状況

ちょうど2019年のお盆に、過激なデモ活動により空港が占拠された印象がめちゃ強い、香港国際空港。

多くの便が欠航になるなどしたためかなり「ヤバい」印象のある香港ですが、とりあえず香港国際空港は現在のところ「関係者(フライトチケット所有者)」以外立ち入り禁止の状態になっていますので、2019年8月のような混乱に巻き込まれる危険性はなさそうです。

外務省の海外安全情報ホームページでも「危険度レベル1」ですので、そんなに超危ない!ってわけではないんだろうな・・とは思います。

それでも、市街地でのデモ隊と警官の衝突は続いているようですし、マスク禁止条例でマスクするのはちょっとヤバい!という危険性や、うっかりデモ活動をスマホで写真撮影してトラブルに巻き込まれるなどの危険性は依然としてある模様。そして、地下鉄やMRTの駅が夜早めに閉鎖したりと、危険が全くないというわけでもなさそうです。

このような状況を踏まえると、このANA便の減便は・・まぁやむを得ないところなのかもしれませんね。

個人的には晩秋から春に掛けて毎年香港&香港ディズニーランド訪問するのを定番にしていたのですが、セントレアからの香港便も運休になってしまうことですし、別の行先がないか、少し考えたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ANAの香港便が運休&減便!という衝撃的なニュースをご紹介しました。

海外旅行って危険を分かっていて無理に突っ込むところではないので、このANAの決定と、需要の急減に見られる旅行者の皆さんの選択は、さすが理性的な日本人だな・・って感じますね。

ということで、この運休&減便は当然だって思うのですが、個人的に気になるのは・・これで名古屋~香港便が恒久的に廃止になったりしないでね・・ってことだけです。

香港の事情は複雑ですので長期化の可能性もありますが、是非早めに平穏を取り戻してほしいなと思います。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD