ANA TOKYU POINT ClubQ マスターカード徹底解説。陸マイラー必携のメリットとは?

ANA TOKYU POINT ClubQ マスターカード。

通称「ANATOKYUカード」は、2020年以降、陸でマイルを貯める陸マイラーにとって必携となるカードです。

初めて陸でANAマイルを貯める!って方、またソラチカカード(ソラチカルート)から乗り換えて、今後TOKYUルートでANAマイルを貯める方向けに、このANATOKYUカードのメリットや年会費、そして年会費を安くする方法など、知らないと損する基本的な事項を徹底的に解説してみたいと思います。

ANATOKYUカードのメリット

このANATOKYUカードの陸マイラーにとっての最大のメリット。

それは、1円分の東急ポイントを0.75ANAマイルに交換できるという、ANATOKYUカードだけが有する業界最大級のポイントのANAマイルへの交換機能にあります。上記の図のとおり、東急ポイントとANAマイルは相互に交換でき、1,000東急ポイントを750ANAマイルに交換することができるんです。

実は、このANATOKYUカードを上回る交換率のクレジットカードもあります。

ANA To Me Card Pasmo JCBカード、通称「ソラチカカード」なら、ANATOKYUカードを上回る1円分の東京メトロポイント=0.9ANAマイルという衝撃の交換率での交換が可能なんですが、2019年12月末をもって、各種ポイントサイトから東京メトロポイントへポイント交換ルートが閉鎖されてしまったんです。

このため、2020年以降はこのANATOKYUカードが実質的にポイントサイトのポイントを業界最大倍率でANAマイルに交換できるカード、ということになります。

ちなみに、ANAマイルは海外出張族でもない限りフライトでは貯まりませんし、マイル積算率1%そこらのクレジットカード決済でもたまりません。ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する。この方法とクレジットカードの入会キャンペーンでしか、大量マイルを貯めることはできないのです。

具体的には、上記のようなポイント交換ルートですね。

ポイントサイトで貯めたポイントは普通にANAマイルに交換すると1円=0.5ANAマイルにしか交換ができません。例えば1万円分のポイントをANAマイルに交換すると、普通に交換すると5,000ANAマイルにしかなりませんが、ANATOKYUカード経由だと7,500ANAマイルに交換できるため、なんと最終的に手に入るマイルに1.5倍も違いがあります。

1円=0.75ANAマイルに交換できるANATOKYUカードは、ANA陸マイラーが絶対に持っておかなければならないクレジットカードであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率75%】

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

陸マイラーおすすめのクレジットカードとは?大量マイルが貯まるメインカードの選び方

陸マイラーが発券すべきなのは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」

ちなみに、TOKYUカードにはJAL提携カードや三菱東京UFJ銀行との提携カードなど様々なカードがありますが、ANA陸マイラーが発券すべきなのは、上記の真ん中「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード」一択です。

このANATOKYUカードでないと、1円分の東急ポイントを0.75ANAマイルへ交換することができませんので、ご注意ください。

ちなみにこの3枚、貯めることができるポイントは全て東急ポイントで同じですが、ANATOKYUカードでしか、0.75倍でのANAマイルへの交換ができません。発券するのは真ん中のカードですからね?お間違えの無いようにお願いします。

TOKYUカードの基本スペック

ではここで、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの基本スペックを確認しておきましょう。

申込対象 18歳以上の方
年会費 2,000円(税抜)【初年度無料】
家族カード年会費 1,000円(税抜)【初年度無料】
年会費割引サービス あり
入会&継続ボーナスマイル 1,000ANAマイル
旅行傷害保険
  • 海外旅行:最高1,000万円
  • 国内航空:最高1,000万円
  • 国内旅行:なし
ショッピング補償 最高100万円
ポイントサービス
  • ワールドプレゼント
  • マイル還元率最大1.375%
支払日 15日締翌月10日
国際ブランド マスターカード
ボーナスマイル 10%
ANA機内販売 10%OFF
空港免税店 10%OFF
ANAFESTA 5%OFF

このANATOKYUカードは、いわゆるANAカードファミリーの「ANA一般カード」、という位置づけのカードになります。

ANA機内販売10%オフやANAFESTA5%オフなど、ANAカードとしての基本的なサービスが利用できますので、ANA便に搭乗する際に財布に1枚忍ばせておくと実は得をするカードです。例えば機内販売10%オフなんて、嬉しいサービスですよね。

ANAカードのメリット!ANAFESTA、免税店、機内販売の割引特典&マイル積算サービスについて

ただ正直、ANAカードではありますが、このカードを日常的に利用しても大量のANAマイルを貯めることはできません。

ショッピング利用時のANAマイル還元率は、追加料金6,600円/年が掛かる「ANA10マイルコース」に登録して、さらにマイ・ペイすリボの登録&手数料支払い発生技を利用してやっと1.375%の還元率というレベルです。つまり、100万円カード利用しても13,000ANAマイルしか貯まらないということです。残念ながら日常的に使うカードではないと思います。(※ANATOKYUカードで還元率1.375%にする方法は、末尾にご紹介しています。)

ただ、後述しますが東急系列の店舗で買い物をすると爆発的にマイルがたまります。東急系の店舗で日常的に買い物をする方は、メインカードとして使っても良いですね。

東急系列の店舗が無い方は、月に1回くらいなんらか利用して、クレジットヒストリーを作る程度の利用にとどめておけばよいと思います。このカードは使ってマイルを貯めるカードではなく、マイル交換機能を利用するためのクレジットカードと割り切って利用しましょう。

気になる年会費は、初年度は無料ですが翌年以降2,000円(税抜)が掛かります。ただし、ANAカードお約束の「継続ボーナスマイル」が年会費請求月に1,000ANAマイルもらえるので、ANAマイルの価値を1ANAマイル=2円以上と考えれば、実質年会費無料ということですね。

さらに、このANATOKYUカードには年会費割引サービスがあるので、このサービスを利用することで751円(税抜)まで引き下げることができます

ANATOKYUカードの年会費割引サービス

さて、ここでこのANATOKYUカードの年会費割引サービスを利用する方法を簡単に解説します。

割引サービスを受けるには、上記のとおり、マイ・ペイすリボを申し込み、年1回以上カードを利用すればよかった・・んですが、実は、2020年2月より条件が地味に?でも実は意外に超改悪になっています。

上記のとおり、2020年2月から、マイ・ペイすリボに登録のうえ、「年1回以上リボ払い手数料の支払い」が必要になったんです。マイ・ペイすリボの最低支払金額は月5,000円からなので、最低年に1度はこのカードで6,000円以上の買い物をして、リボ払い手数料を発生させる必要がある・・ということになります。

リボ払いは簡単に言えば「分割払い」です。そして、金利手数料は分割払いの残金に対して、年利15%の割合で掛かります。つまり、分割払いの残金を極限まで少なくする「繰り上げ返済」をしておけば、最小限のリボ払い手数料を発生させ、年会費割引条件をクリアすることができるんですが・・・これ、結構なめんどくささなんです。

リボ払い手数料を発生させる方法

では、実際にリボ払い手数料を発生させる方法を解説します。

毎月20日過ぎに、三井住友カードの支払い金額が確定します。この支払金額の確定から実際の支払い月の5日頃までの間に、「次回支払い金額の増額」ができますので、この間に手数料を最小限に抑えるよう、次回支払い金額の増額をしておきましょう。

まずは、三井住友カードのポータルサイト「Vpass」から、リボ払いの「増額申込」をクリック。

次回支払い金額の増額をチェックし、次へ進むをクリック。

この画面からで、利用金額の一部追加を行います。上記のケースの場合、リボ払いの残高は55,537円ですね。目安としては、1,000円程度残高を残しておけば、必要最小限の手数料が発生します。

このため、今回のケースでは5万4千円を追加で支払います。これにより、リボ払いの残高は約1,500円になりますので、手数料の支払いが発生する計算になります。

ある月は、1,722円残高を残しておいたところ、23円の手数料が発生していました。約1,000円以上の残額をリボ払いに残し、残りは臨時増額で払う。これを年に一度だけ行えば、年会費を割引できます。

ちなみに、臨時増額を忘れるとリボ払いの高額手数料が発生しますのでくれぐれもご注意ください。私は忘れたことはありませんが・・10万円単位で増額を忘れちゃうと、千円以上の手数料が取られます。

ただ・・このかなり面倒なこのリボ払いの金利手数料発生技を・・本当にやる必要あるかな?って感じですね。実は、このマイ・ペイすリボの年会費割引技と併用はできないんですが、もう一つ、年会費を割引する方法があるんです。それが、「カードご利用代金WEB明細書サービス」に登録する方法です。

登録するだけでなんと500円(税抜)の割引が受けられるので、年会費が1,500円(税抜)になります。

そしてこの方法は、カード利用代金WEB明細書サービスを利用するだけでOKなんです。支払い手数料を発生させるなど、特段の作業が必要ありません。正直、継続マイルが1,000ANAマイルもらえるなら、もうわざわざマイ・ペイすリボの年会費割引技を利用しなくても十分元は取れてますからね。

この年に1回の手間をかけるか?については、あなたの考え方次第だと思います。私は正直年会費1,500円なら・・このWEB明細書割引で十分だと思っています。

ANATOKYUカードのメリット

ANATOKYUカードのメリットは、なんといっても0.75倍というANAマイルへの高い交換率です。というか、陸マイラーならこのメリットだけで、とにかく1枚は持っておくべきカードだと言えます。

その他、東急カードのメリットはあくまで「おまけ」みたいなものですが、簡単にその他のメリットも解説したいと思います。

東急カードのメリット
  1. ANAマイルへの交換の月額制限が月10万P(円)までと多い!
  2. 東急百貨店でポイント優遇!

①ANAマイルへの交換の月額制限が月10万円まで!

まずこのANATOKYUカードのメリットの大きな点は、ANAマイルへの交換の月額制限が無い、ということです。

ANA To Me Card PASMO(ソラチカカード)の場合は、月間20,000P(円)分のポイントまで、という月額制限があったのですが、TOKYUポイントにはその制限が無いんです。正確には、ドットマネーからTOKYUポイントへの交換が、月10万Pまでという制限があるのですが、10万Pなら十分ですよね。

②東急系百貨店・スーパーのショッピングでポイントが優遇!

次のメリットがこちらです。

東急百貨店でのショッピング利用で、ポイントが超絶優遇されます。

前年の年間のお買い上げ額に応じて、翌年のベースポイントが3%~10%までアップします。(食品、セール品は一律1%)

前年100万円以上東急百貨店でお買い物した方は、翌年度なんとベースポイントが10%です。これ、驚異的なポイントです。何しろ1万円の買い物で1,000P、この1,000PをANAマイルに交換したら750ANAマイルです。なんとマイル換算率7.5%です。凄まじすぎる・・・。

東急沿線の方で東急百貨店で買い物しまくっている!って方は、このカードガンガン使っちゃってOKです。それくらい、凄まじい破壊力を持ちます。ただ・・東急の店舗が無い!って方は、残念ながら前述の通り最大マイル還元率1.375%の平凡なカードですので、無理して利用することは無いと思います。

ANATOKYUカードのデメリット

さて、このANATOKYUカード、正直デメリットはほとんどないのですが、あえて挙げるとすれば1点だけあります。

それがこちら、TOKYUポイントからANAマイルへの交換時の交換単位ですかね。1,000円分(1,000P)単位を一口として交換をすることになるので、数百ポイントとかそういった端数はANAマイルに交換ができません

特典航空券発券に必要なマイルをギリギリ交換したい!と思っている際に、微妙に計算上足りなくなったりすることがあるので、この点だけはご注意ください。

それ以外は特段のデメリットは無いと思います。

ANATOKYUカード入会時の注意点

では、次にこのANATOKYUカードに入会する際の注意点も、簡単にご紹介しておきます。入会に際し「ん?どう入力すればよいのかな?」と迷う点を中心にご紹介します。

まずは職業の欄ですね。

会社員の方は会社員と入力すればよいですが・・悩むのは主婦の方。主婦の方は「無職の方」を選択してください。カード発行は年収0円でもできます。主婦の方も安心してお申し込みください。

そして、次に重要なのがこの「キャッシング」の設定。

キャッシング枠を設定すると審査に時間が掛かり、場合によっては職場に電話が掛かってくる可能性もありますので、とりあえずカードを作りたい!って方は「入会後検討」を選択するのが無難です。

次がこちら。マイ・ペイすリボの選択です。

このマイ・ペイすリボを選択することで年会費割引や後述するANAマイル還元率1.375%に高める「技」を利用することができるので登録しておくべきだと思いますが・・これ、本当に自動的にリボ払いになるので、繰り上げ返済しないと利子手数料が掛かります。

その点だけはくれぐれもご注意ください。

ANATOKYUカードはあくまでANAマイル交換専用!年会費も1,500円ならそれはそれで良い!と割り切っている方はいっそ「申し込まない」というのもありです。

もちろん、後から申し込むこともできますので、審査を早めに終わらせたい!って方も申し込まないほうがよいでしょう。

次がこちら。ANAマイレージ自動移行への参加です。

これは絶対に「申し込まない」を選択してください。ANAマイルに自動交換しなくても、いつでも簡単に交換はできるので、この自動移行には絶対に参加しないでください。

そして、最後の注意点がこちらです。

このANATOKYUカードを発券することで、ANATOKYUカードに紐づいたANAマイレージクラブ番号が新たに発行され、この番号が一旦メインカード番号になります。

ここで、現在のメインカードであるANAマイレージクラブ番号を入力しておけば、これまで貯めたマイル等が一旦全て新しいメインカードとなるANATOKYUカードのマイレージクラブ番号に統合されます。

しかしながら、カード発行後、メインカードの番号は変更することができるので、一旦はANATOKYUカードのマイレージクラブ番号がメイン番号になりますが、発行後に「マイメニュー」の「統合済みカードのお客様番号一覧」から、メインカードの番号をソラチカカードなど愛着のある番号に戻すことが可能です。

これ、入力しなくても多くの場合は勝手にマイレージクラブ番号が統合されますが、念のため、現在のAMC番号は入力しておくようにしてください。

ANATOKYUカードはポイントサイト経由で発行できる?

さて、このANATOKYUカードも、もちろんポイントサイト経由での発券でポイントをもらうことが・・・できたのですが、ソラチカルートの閉鎖がアナウンスされた2019年9月以降申込が殺到し、どうやら広告予算を使い切ってしまったようです。

2019年~2020年初頭にかけては、黙っていても陸マイラーからの申込が増えるでしょうから、ポイントサイト経由での発券は望み薄・・かもしれませんね。

ただ、このカードはソラチカカードと同じく「持っていないとANAマイルが貯まらない」カードですので、ポイントサイトに広告が無くても、とにかくすぐにカード発行してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ANA TOKYU POINT ClubQ  PASMO マスターカードの全貌についてご紹介しました。

このANATOKYUカードの最大の魅力は、ポイントサイトのポイントを1P=0.75ANAマイルに交換できる、TOKYUポイントからANAマイルへの交換機能を利用できることにあります。

年会費も初年度無料、翌年以降は割引制度を利用すれば750円~1,500円ですので、ANA陸マイラーなら何をさておいても発券しておくべきカードだと思います。

その他、この後少し解説しておきますがショッピング利用でのANAマイルへの還元率は正直イマイチ・・って感じです。日常の決済のメインで使うカードではなく、東急百貨店での利用やANAFESTAなどポイント還元率や割引制度に着目して、利用価値のあるシーンでのみ利用するカードだと思います。

この記事も参考に、お得に発券&利用してください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

ANATOKYUカードでショッピングのマイル還元率を1.375%にする方法

では、ここからはANATOKYUカードでショッピングのマイル還元率を1.375%にする方法をご紹介します。

ただし、結構な手間と手数料が掛かって、やっと1.375%ですから、滅茶苦茶お得!というわけではありません。あくまで参考情報として、そしてANAカードのマイル交換機能の理解促進のためにお読みください。

まず、このANATOKYUカードは「ANA一般カード」という位置づけのカードになります。

このため、カード利用で貯まる三井住友カードの「ワールドプレゼント」は、1P=5ANAマイルに無料で交換ができます。そして、ワールドプレゼントは1,000円利用で1P貯まりますので、ANATOKYUカードのショッピング利用のANAマイル還元率は普通に使っていると0.5%ということになります。

一応ANAカードではありますが、マイル還元率は0.5%。悲しいですがこれが現実です。だから、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する破壊力が驚異的ってことでもあるんですけどね。

そして、上記の「10マイルコース」ってのがありますよね?この10マイルコースに参加することで、1P=10ANAマイルに交換できるようになります。これにより、マイル還元率は1%になるんですが・・これ、参加手数料が年間6,000円(税抜)かかります。

まず、この金額を払いますか?というのが一つ目のハードルになるでしょうか。正直、この手数料を払うくらいならゴールドカードの方がよくね?って感じです。ゴールドカードなら手数料無料で1P=10マイルに交換できますし、付帯保険等も超絶手厚いです。

ANA JCBワイドゴールドカードのメリットを徹底解説。マイル還元率1.375%の陸マイラー必携カード!

マイ・ペイすリボの2倍ポイント制度を利用する

そして、ここまでで1%のマイル還元率をさらに高める方法がこちらです。

上記のように、マイ・ペイすリボに登録+利用し、実際にリボ払い残高に対する支払い(金利)手数料を発生させることで、その月に獲得した通常ポイントに加え、同額のボーナスポイントがもらえます。

マイ・ペイすリボを利用して金利手数料を発生させる方法は文中でご紹介した通りです。

「おっ、ワールドプレゼントが2倍!ってことは、還元率2%!?」と・・思いたくなるんですが、話はそんなに簡単じゃないんです。

実は、このワールドプレゼントの「ボーナスポイント」は、1P=3ANAマイルにしか交換ができないんです。これは、一般カードでもゴールドでもすべて共通です。

つまり、例えば1,000円の利用でもらえた1P+1ボーナスPは、10ANAマイルと3ANAマイルに交換できるので、還元率1.3%ということになります。

そして、ここからがちょっと複雑なんですが、このボーナスポイントは直接ANAマイルに交換するより、TOKYUポイントに交換した方が高い交換率でANAマイルに交換できるんです。

具体的には、こんな感じのポイント交換ルートです。

ワールドプレゼントはボーナスポイントであってもGポイントに1P=5Pで交換できます。そして、ちょっと・・いやかなり特殊なポイント交換ルートを利用することで、ドットマネーに等倍交換することが・・できないわけではありません。

具体的には、上記のような交換ルートですね。

これにより、ANATOKYUカードのショッピングによるマイル還元率は仕上がり1.375%になります。結構な手間と手数料が掛かりますのでおすすめはしませんが、ご参考情報としてご承知いただければと思います。



AD