北陸応援割とは?いつから予約できる?予約方法や注意点を解説!

この記事には広告が含まれています

2024年1月に北陸地方を襲った大地震からの早期復興を目的に・・。

政府が閣議決定した「被災者の生活と生業(なりわい)支援のためのパッケージ」の一環として、旅行業を対象とした「北陸応援割」が実施されます!!

能登半島方面(石川県北部)では被害は甚大で本当に早い復旧が望まれる&観光に訪問している場合ではありませんが・・。

石川県中部以南、その他富山、福井、新潟の各県においては被害も少なく普通に観光できるにも関わらず、観光業は冷え切った状態ですので・・。

ここは北陸応援割を利用して地域を元気に!そして我々もお得に旅行しちゃいたいところです(笑)。

北陸応援割の概要と、利用方法・・そしていつから予約できるのか?ってことについて、今わかる情報から解説します。

スポンサーリンク

北陸応援割の概要

では、まずは観光庁(国土交通省)発表の「北陸応援割」の概要に関する資料の内容を確認していきましょう。

あ、資料はこちらからご覧になれます。

北陸応援割の概要
  • 対象エリア:北陸4県(石川、富山、福井、新潟)
  • 実施時期:3月〜4月下旬(GW前まで)
  • 割引補助率:旅行・宿泊料金の最大50%(泊・人)
  • 限度額:宿泊のみor交通付宿泊/1泊2万円、交通付宿泊(2泊以上)/3万円、周遊型宿泊(宿泊地が2県以上)/3.5万円

まず、割引対象となるエリアとしては北陸4県(石川、富山、福井、新潟)の4県でして・・。

実施時期は3月〜4月下旬(GW前まで)、そして、気になる割引補助率は旅行・宿泊代金の最大50%(泊・人)となっています!!

これは・・伝説の「Go Toキャンペーン」に匹敵するなかなかの割引率ですね!!

そして、能登地方については、能登がお客さまを迎え入れられる状況になった時には・・。

なんと例えば能登地方限定で70%割引などより手厚い需要喚起支援策を検討しているとのこと!!

これは・・超絶お得!!って言いたいところなんですが・・。

ちょっと気になるのが、この「北陸応援割」に割り当てられた予算は・・104億円

そして、この104億円には「風評被害対策プロモーション」って別の施策の予算も入っているので・・実質的な予算額としては94億円です。

当然ここから事務経費等も捻出するわけですので・・多分60〜70億円が実質的な予算ってとこだと思います。

これ、1泊20,000円で換算すると70億円が割り当てられたとしても35万人/泊分なので・・かなり少ないんじゃないかと思いますね。

多分、すぐに売り切れ状態が予想されるので・・。

この機会に北陸を観光で応援したい!!って方は、争奪戦を覚悟した方が良さそうです(笑)。

あ、予算額の話が長くなりましたが(笑)・・。

補助上限額は、上記のとおり、宿泊単体商品・交通付宿泊旅行商品の場合、20,000円人/泊

交通付宿泊旅行商品(2泊以上)30,000円人/泊周遊型旅行商品(宿泊地が2県以上)の場合、3.5万円人/泊となっています。

ものすごい補助額(笑)ですが、だからこそ予算の少なさが気になるところですね(笑)。

あ、今回の「北陸応援割」では、GoToトラベルや全国旅行割の時のような「地域クーポン」の発券はありません

純粋な旅行のみの割引支援になっています。

スポンサーリンク

いつから・どうやって予約できる?

で、気になるのがこの「北陸応援割」の予約がいつからできるのか?

そして、どうやって予約するのか・・ってことですが・・。

こちらの観光庁のHPに特設バナーが表示され・・各地域の事務局から、予約開始日や予約方法がアナウンスされています!

期間と予約開始時期

【富山・福井・新潟】

  • 開催期間:令和6年3月16日(土曜日)から
    令和6年4月26日(金曜日)宿泊分まで(予算額に達し次第終了)
  • 予約開始日:令和6年3月8日(金曜日)
    (予約開始日以降に申込を行った旅行・宿泊が対象)

【石川】

  • 未定(県から発表待ち)

開催期間は、上記のとおり富山・福井・新潟の3県3月16日(土)から4月26日(金)宿泊分までとなっています。

そして、気になる予約開始日は3月8日(金)でして、私の当初予想どおり、既存予約は割引適用不可となっています。

前述のとおり予算は超少なめなので、3月8日(金)は争奪戦になりそうですね。

スポンサーリンク

既存予約に割引適用できる?

そして、ここで気になるのが・・。

これ、先に予約しておいた既存予約を、後から事後割引適用できるのか??ってことですよね。

これ、私的に既存予約への割引適用はできないと予想していたのですが・・。

これは、超ビンゴ、大当たりでしたね。

というのも、既存予約への適用ができたのはGoToトラベルの初期のみであり、GoToトラベルの中期以降、そして全国旅行支援への移行後も基本的には既存予約への適用は不可でしたし・・。

不可の理由が、ほぼ予算管理にある・・。

つまり、公平性の観点から各宿泊事業者やOTAに割り当てられる予算が決まっているため、既存予約への適用を可能にしちゃうと予算管理ができないから・・なんですよね。

ということで、北陸応援割の予約開始前に予約した宿泊予約に割引を適用するのは・・できません。

が、逆に、北陸応援割開始後は当然ながら宿泊料金は高騰する&人気ホテルは予約が取りづらくなるので、もう北陸応援割は無視していっそ先に予約しておくってのも、戦略的にはありだと思います(笑)。

一応、観光庁は便乗値上げには厳正に対処する・・とは言ってますが・・。

正直、観光シーズンを迎えるということもあり便乗値上げかそうでないかはなかなか判断が難しいので、まだ安値のうちに予約しおくって選択肢は、それはそれでありだと思います。

スポンサーリンク

旅行で北陸を応援しよう!

以上、旅行好きとしては「旅行で被災地を応援できる」という超絶大チャンス!

となる(笑)、北陸応援割についてご紹介しました!

あ、被災地に旅行してもいいの?って疑問には、上記のNHKさんの記事が超参考になるので、気になる方はご一読を。

なにしろ、1泊20,000円/人補助!(割引上限50%)という、伝説のGoToトラベルキャンペーン以来の爆発的旅行支援なので、これはタイミングが合えば利用したいところです。

ただ・・多分残念ながら既存予約への適用は不可ですので・・。

各OTA、旅行事業者ごとに割り当てられた予算が尽きるまでの、3月8日の予約開始から横一線の宿泊予約の争奪戦になりそうです(笑)。

・・いっそ、高騰&予約が取りにくくなる前に、北陸旅行支援適用対象外上等で予約する(笑)!ってのもアリかもしれません。

以上、気になる「北陸応援割」について現時点でわかる情報から解説しました!!

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。

え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ



AD