【結局中止】グアムが7月から検疫・隔離なしでの観光客受け入れを公式発表!夏休みにグアムに行ける?

結局、検疫なしでの観光客受け入れは6/30に中止が発表されました。

この情報、果たして本当か?と思っていましたがなんと本当じゃありませんでした(笑)。

グアム政府は、2020年7月1日から日本、台湾、韓国からの観光客を、検疫なし(14日間の隔離措置を含む)で受け入れることを正式に発表しました。

日本人にとってかなり身近な海外リゾートであるグアムが、「検疫なし」「隔離なし」での観光客の受け入れを開始したことは、海外旅行の正常化に向けた「第一歩」としては素直に喜ばしいことだとは思います。

が、だからと言って・・すぐに旅行に行けるか?というとそれはかなり厳しそうです。

グアム政府の発表内容と、実際に夏休みにグアムに行けるのか?について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

グアム政府の発表内容

では、まずは事実(ファクト)の確認からです。

上記は、グアムの地元紙「Pacific Daily News」の2020年6月23日PM9:00発表の記事です。

内容はもちろんですが思いっきり英語ですので、簡単な翻訳内容を以下に記載します。

記事の内容
  • グアム政府は7月1日から日本、台湾、韓国からの観光客を歓迎すると発表
  • 日本、台湾、韓国からグアムに到着の際の検疫は不要となる
  • この公式の発表をうけ、航空会社やホテルは到着の準備をしていると聞いている
  • おそらく7月下旬から8月にかけて、観光客が徐々に回復する
  • ただし、日本、台湾、韓国では、海外旅行から戻ってきた際の検疫要件があることは承知している
  • 私たち(グアム側)がコントロールできるのはグアム側(の検疫)だけ
  • 各国でもグアムからの帰国時の検疫免除などの措置がされることを望む

上記のとおり、グアム政府は確かに日本、台湾、韓国からの観光客に対し、7月1日から検疫なしでの入国を開始すると発表した、と報道されています。

ただ非常に興味深いのは、一方で、日本への帰国時の検疫要件があることも承知しており、「自分たちがコントロールできるのはグアム側(の検疫体制)だけ」とも述べているんですよね。

また、「自分たち(グアム)は緩和したので、できればグアムからの帰国時には検疫緩和して欲しいな!」的な希望的観測を述べているのが微笑ましいです(笑)

つまり、ここで何が言いたいかというと、検疫措置が緩和されたのはあくまでグアム側だけです。

帰国時検疫は当然ながら残っていますので、行くことはできても帰国時検疫で結局大変なことになる・・ということなんです。

スポンサーリンク

グアムの海外渡航安全レベルは?

そして、以前こちらの記事でもご紹介しましたが、日本入国時の検疫レベルを決定するのが、外務省発表の「海外感染症危険情報」です。

グアム危険情報レベルは・・2020年6月末時点で上記のとおり「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)なんですよね。

つまり、公式に渡航中止勧告が発令されている観光地なんです。

つまりこれ、帰国時の検疫が大変だからやめようね!ってレベルのお話じゃないんですよ。

そもそも外務省から「渡航を止められている」国への渡航をしますか?ってレベルのお話なんですよね。

日本人って「自己責任論」が大好きですので、正直、この「渡航中止勧告」を無視して旅行して・・万が一にでも新型コロナに感染した・・なんてことになったらかなり厳しいことになるような気がします。

そして、下記の記事にも詳しく記載しましたが、この海外感染症危険情報と入国時検疫は連動しているんですよね。

つまり、入国時検疫が解除されるまでは、グアムへの渡航は実質難しい・・と考えておくのが無難だと思います。

また、最近では帰国時検疫で陽性が判明するケースが増えていますからね。

上記記事のとおり、空港によっては検疫結果判明まで自宅待機すらできない!なんて対応も取られるなど、検疫はどちらかというと強化される方向です。

※名古屋では、入国後14日間自宅待機中の親から子どもに新型コロナが感染し、中学校が閉鎖される事案が発生

少なくともこの帰国時検疫の緩和=海外感染症危険情報レベルの引き下げが行われるまでは、いくら相手先現地が「Welcome!」と言ったとしても、渡航は止めておいた方が良さそうです。

新型コロナ水際対策「入国時検疫」とは。いつ解除される?何日隔離/自宅待機が必要?

スポンサーリンク

2020年は国内旅行で我慢!

以上、グアム政府が7月から日本、台湾、韓国からの観光客の検疫なしでの受け入れを開始!という情報を速報的にお伝えしました。

上記の情報自体は事実ではありますが、だからと言って、すぐにグアムに旅行に行けるかというとそれは早計だと思います。

GoToキャンペーンをはじめまずは国内の旅行で日本全体の経済を回し、世界的にコロナの感染拡大が落ち着き・・感染症危険情報レベルが下がってから・・要は大手を振って旅行できるようになるまでは、もう少し、様子を見た方が良い気がしますね。

確かに、将来のことは誰にも分かりませんが、少なくとも2020年夏休みのグアム旅行は厳しい・・ように思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD