【ANAも追随!】新型コロナ特別対応でJAL・ANAの上級会員ステータスが1年延長!歓喜の発表内容とは?

一足先に発表したJALに後追いする形で、ANAも2019年度に獲得した上級会員ステータスを2021年度中まで、つまり1年延長することを発表しました。

これはもちろん、JALとANAの熾烈な競争という側面もあるんでしょうが、「コロナ後」を見据えたまさに神対応だと思います。

早速、この上級会員ステータスを丸っと1年延長するという神対応の概要と、JAL、ANAの対応の経緯を時系列でご紹介します。

スポンサーリンク

JALが上級会員ステータスの1年延長を発表

まず、このある意味必然と言える特別対応を公表したのはJALでした。

発表時間は・・多分2020年4月24日の14時か15時くらいだったと思います。

上記の通り、2019年1月~12月の搭乗実績で達成した2020年度FLYONステータスの有効期限を、当初の2021年3月末から、2021年度一杯まで延長することを公表したんです。公表内容はこちらから確認が可能です。

2019年度に獲得したJALの・・例えばダイヤモンド会員などの上級会員ステータスは、通常ですと翌年度である2020年4月1日~2021年3月31日が有効期限となります。

でもこれ・・コロナ感染拡大に伴う旅行制限・活動自粛のまさに真っただ中ですからね。

「折角獲得した上級会員資格、もしかしたら2020年度中はほとんど使えないんじゃね?」って声に、いち早く対応したのがJALってことだと思います。

このステータスの有効期限延長は、上記の通り対象となる方は自動的に延長となるため、ご自身で特に申請する必要はありません。

スポンサーリンク

ANAが数時間後に追随

そして、このJALの発表に遅れること・・約5~6時間ってところでしょうか。

2020年4月24日の多分19時~20時頃、ANAもJALと全く同じ形で、上級会員資格の延長についてアナウンスしました。アナウンスはこちらから確認ができます。

ちなみに、特別対応の内容はJALと全く同じです。なんか発表の文言も似ている気がするのは、気のせいでしょうか??

これ、多分ANAとしてはJALとの競争関係から、いち早く対抗措置として同じことを決定した・・という匂いがプンプンしますね。

スポンサーリンク

航空会社にとっての上級会員とは

航空会社にとって上級会員とは一体どういう存在なのか?

この問いに対する回答の一つが、次のユナイテッド航空社長スコット・カービーの2016年のコメントに含まれています。

ユナイテッド航空の社長スコット・カービー(Scott Kirby)氏は昨年(2016年)10月、顧客の85%は同社を利用するのが1年に1度以下で、会社全体の収益の約半分にしかならないと語っている。

つまり会社の収益の半分は、15%の常連顧客が生み出しているのだ。他の航空会社でも似たような状況があるため、航空会社が客層を区分し、ファーストクラスの乗客により質の高いサービスを提供することは理にかなっているのだ。

Business insider Leanna Garfield Apr 29 2017 より引用

これは非常に示唆に飛んだコメント(記事)です。

会社の収益の半分は、15%の常連顧客が生み出している・・もちろん、この15%には本当の常連顧客も、陸マイラーなどそれ以外も含まれているわけですが(笑)、航空会社にとって、上級会員は優遇するに足る利益を生み出す存在なんです。

そして、その反対に航空会社にとって約8割の顧客は1年に1度程度しか利用しない客であり、その顧客は会社の収益の約半分しか生み出さない客なんです。

つまり、上級会員資格を獲得するほど継続的に何度も飛行機に乗ってくれる上級会員は、航空会社にとってはぜひとも囲い込みたい顧客ということなんですよね。

JALの後追いで、すぐにANAも同じ特別対応を表明した理由がよくわかりますね。

スポンサーリンク

2021年のラウンジは混雑する?

この、神対応ともいえるJALとANAの上級会員ステータスの延長。

気が早い方の中には、「2021年度はラウンジとか優先搭乗とか滅茶苦茶混雑するんじゃね?」って心配をされている方も多いわけですが・・今の状況を考えれば、混雑するほど飛行機に乗れる環境なら、もうそれに越したことはなくないですか?

ラウンジがステータスホルダーで混雑するほど飛行機に乗れる。

そういうコロナを克服した世界が実現するなら、もうラウンジの混雑ぐらい全然OKだと思うんですけどね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、JALに追随しANAも打ち出したまさに「神対応」と言える新型コロナ特別対応、「上級会員ステータス1年延長」について速報としてご紹介しました。

JAL、ANAともに自社の優良顧客である上級会員を囲い込みたいという思惑はあるにせよ、この1年延長は、自社の経営も厳しい中かなりの英断だと思います。

この神対応に応えるには・・まずは自粛ですね(笑)。

コロナ感染拡大を抑え込むしか、コロナ以前の世界を取り戻す方法はありません。

2021年度中までステータスは延長されたわけですから、平穏な日常を取り戻すためにも、少なくとも2020年のGWは活動や旅行を自粛。乗れる時期になったらバンバン乗って、JALさん、ANAさんに貢献しましょう!

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD