JCBカードでAppleアカウントチャージすると20%キャッシュバック!Apple貯金のチャンス!

この記事には広告が含まれています

JCBカードでたまに開催されるAppleでのお支払いでキャッシュバック!キャンペーンが・・。

2022年冬も華麗に開催中です(笑)。

なんと、Appleでのお支払いで20%最大1,000円がキャッシュバックされるんですよね。

え・・たったの1,000円?ってことは・・5,000円までしか使えないの?って思われたかもしれませんが・・。

このキャンペーン、JCBマークがついたカードであれば何枚でも、持っている限り適用でき、適用できるカードの種類もめちゃ多いんです。

そしてこのキャンペーンの最大の特徴は、なんとAppleアカウントにチャージしてもキャッシュバック適用・・つまりすぐにApple製品の支払いに利用しなくても20%キャッシュバックが適用されるってことなんですよね。

例えばJCBマークのついたカードを10枚持っている場合、1枚5,000円×10枚分チャージしておけば・・50,000円のAppleアカウント残高を20%オフで獲得できる・・。

つまり40,000円で50,000円分の買い物ができる!ってことになります。

そして、Appleアカウントの残高には有効期限がないので・・。

このキャンペーンでApple残高貯金をしておけば、次のApple製品の買い替えのタイミング等でなんと20%オフでお買い物できるんです!!

早速、ご紹介します!

スポンサーリンク

キャンペーン概要

では、早速JCBのApple Store等での購入で最大20%キャッシュバック!キャンペーンを解説していきます。

キャンペーン期間は上記のとおり2022年12月16日(金)〜2023年1月15日(日)までですが・・。

これが最大の注意点ですが、このキャンペーンカードごとに要エントリーとなっています。

エントリーをしていないJCBカードでAppleアカウントチャージしても、単純にAppleアカウントにチャージしただけの人になるので、この点はくれぐれもご注意を。

キャンペーンの利用方法がこちら。

まずは前述のとおり特設サイトからエントリーが必須です。

対象カードを複数枚持っている方は、カードごとに参加登録が必要、そして利用金額は参加登録したカードごとに個別で集計される・・と明記されているので・・。

1枚5,000円まで20%(1,000円)キャッシュバックが、所有枚数分もらえる!ってのもここで読み取れますね。

エントリーが完了したら、対象のJCBカードをAppleIDの支払いカードとして設定します。

これは、上記の特設サイトでの「支払い方法の設定」などのリンクからもやり方は確認できるのでご心配なく。

支払い方法をエントリー済みのJCBカードとしたら、対象のAppleメディアサービスで支払うことで・・。

利用代金の最大20%相当(上限1,000円)がキャッシュバックされます。

上限が1,000円ですので、5,000円が1枚のカードの利用上限だと思ってください。

で、肝心の対象のAppleメディアサービスって何?ってのがこちらです。

色々と書かれていますが、狙いは正直なところ上記の赤矢印のAppleアカウントにチャージ一択で良いと思います。

Appleアカウントにチャージしておけば、Appleデバイス(MacやiPhone、AppleWatchなど)の支払いにも使えますからね。

また、前述のとおり有効期限はないので、この機会にAppleアカウント貯金(笑)しておいて買い替えの時期などに利用するのが鉄板でしょう。

なお、ここで注意点として・・これ実際に凄まじいだと思うんですが・・。

なんと今回のキャンペーンでApple Storeでハードウェア製品(Mac、iPhone、Apple Watchなど)を購入した場合キャッシュバックの対象にはならないんです。

ハードウェアの買い方
  • 対象:Appleアカウントにチャージ → Apple Store(Web)でハードウェア購入
  • 対象外:Apple Storeで直接ハードウェア購入

ということで、このキャンペーンでAppleのハードウェアを20%オフで買いたい!って方は・・。

上記のとおり、Appleアカウントにチャージした上でApple Store(Web)でハードウェア購入すれば、無事(笑)20%オフで買える!ってことになります。

Apple Store(Web&実店舗)で直接ハードウェア購入すると、キャッシュバック対象にならないのでご注意を。

あともう一つの注意点としては・・。

上記の通り、Appleギフトカードの購入は対象外です。

AppleギフトカードをAppleアカウントに適用するとAppleアカウント残高になるので、この違いってなんなの?って思いますが・・。

この罠も脅威の罠ですので(笑)、ここもご注意ください。

あくまで、Appleアカウントへの直接のチャージのみがキャッシュバックの対象です。

スポンサーリンク

Appleアカウント残高の使い方

そして、このチャージしたAppleアカウント残高ですが・・。

以前までは、Appleのサブスクサービス(iCloudやAppleミュージック等)への支払いにしか使えなかったんですが、2022年12月現在は、普通にApple製品(Mac、iPhone、Apple Watch等)の支払いにも使えるようになっています。

上記のとおり、Apple Store(Web)から普通にハードウェアの買い物を進めると、上記のとおりAppleアカウントの残高で支払うというメニューがでるので、こちらで「適用」をクリック。

あとは、残額をクレジットカードなどで支払えばOKです。

上記のとおり、Apple公式HPにもAppleアカウント残高は「Apple製品」にも使える・・という記述がありますからね。

つまり、このキャンペーンを利用してAppleアカウント残高貯金をしておけば、いずれ欲しいハードウェアが20%オフで購入できちゃう!ってことになります。

これ・・やらない理由がないですね(笑)。

あ、もちろん普通にサブスクサービスの支払いにも使えますからね(笑)。

スポンサーリンク

対象のJCBカード

そして、このキャンペーン・・ここまでご紹介のとおりかなりお得なんですが・・。

20%キャッシュバックの上限が1,000円というのが、ちょっと惜しいんですよね。

でも、ご安心ください。

キャンペーンの対象となるカードが正直半端ないくらい多いんです。

JCBマークが入っていれば・・正直PayPayカード以外はほぼ対象じゃね?って感じなので、家中のカードを総動員してチャージしておきましょう(笑)。

あ、私は妻の分と合わせて約10枚持ってました(笑)。

あとは、とにかくカードごとにキャンペーンへのエントリーをお忘れなく。

スポンサーリンク

Appleアカウント残高貯金のチャンス!

以上、Appleアカウント残高貯金の絶好のチャンス!と言える・・。

JCBカードのAppleメディア利用で20%(上限1,000円)キャッシュバック!キャンペーンをご紹介しました。

この機会にAppleアカウント残高にチャージしておけば、いずれハードの買い替え時期に20%オフで使えるので、チャージしておくのがおすすめですね。

あ、もう一度繰り返しですが、Appleギフトカードの購入は対象外ですので、くれぐれもご注意を。

必ず、Appleアカウントへのチャージを行なってください。

以上、超得JCBキャンペーンをご紹介しました!

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ



AD