JQカードセゾンの入会キャンペーンで超得最大4,900マイル!陸マイラー必携カード発行の大チャンス!

「JQカードセゾン」が、11月16日(土)から冬の大型入会キャンペーンを実施中です。

ちなみに、JQカードセゾンはJR九州の提携カードです。じゃあ、九州に住んでいない自分にとっては関係ないカード・・なんかじゃないんです。このカード、陸マイラーにとって多くのメリットがある、陸マイラー必携のカードと言っても良いカードなんです。

そして、JQカードセゾン新規発券案件はポイントサイト広告にも掲載されていることがありますが、今回の入会キャンペーンはこれまでのポイントサイト案件でもらえたポイント(マイル)数を大幅に上回っています。

陸マイラーがJQカードセゾンを発行する大チャンスだと思います。

JQカードセゾンが陸マイラー必携の理由と、今回のお得な入会キャンペーンの全貌を公開します。

スポンサーリンク

JQカードカードセゾンが陸マイラー必携の理由

JQカードセゾンのメリット
  • ANAマイルへ0.7倍で交換できる「みずほルート」の必携カード
  • Tポイントを0.7倍でANAマイルに交換可能
  • ポイントサイトのポイントを等倍でプリンスポイントに交換可能

今回ご紹介するJQカードセゾンが陸マイラー必携である理由がこちらです。

まず、最も大きいのはANAマイルに0.7倍の倍率で交換できる、TOKYUルートの次に重要な「みずほルート」の必携カードであることです。

ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するためには、特定の交換ルートを経由する必要があります。2019年12月27日まではソラチカ(LINE)ルートですが、2020年以降はTOKYUルートに主役の座が変わります。

ただ・・このTOKYUルートもそんなに長続きするかというと・・改悪も十分予想しておく必要があるんですよね。

そんなTOKYUルートの「次」のルートとして押さえておきたいのが、ポイントサイトの1円=0.7ANAマイルに交換できる「みずほルート」です。

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

そして、このみずほルートに必携のカードなのが、このJQカードセゾンなんです。

その他、TポイントをANAマイルに0.7倍で交換するのにもこのJQカードセゾンが必要になります。また、ポイントサイトのポイントを、高級ホテルに超額お得に泊まれる「プリンスポイント」に等倍で交換するためにも、このJQカードセゾンは必携のカードです。

陸マイラーにとって、一枚は持っておくべきカード。それが、JQカードセゾンと言えると思います。JQカードセゾンのメリットの詳細は、下記の関連記事で詳しく紹介しています。

JQカードセゾンは陸マイラー必携カード!3大メリットを徹底解説!

スポンサーリンク

JQセゾンカード入会キャンペーンの概要

では早速、このJQカードセゾンのWeb入会キャンペーンの概要を見て行きましょう。

ちなみに、JQカードのHPでは上記のとおり「最大8,000Pもらえる!」との表記がありますが、実はこの記事でご紹介するJQカードセゾンは最大7,000Pしか貰えません。

そして、陸マイラー的にはJQカードセゾン以外のカードを発券する必要性は皆無ですので、1,000Pの違いに騙されないようにご注意ください。

では、JQカードセゾンのキャンペーンの概要を見てみましょう。

2019年11月16日~2020年1月15日までの間に入会し、2020年2月15日(土)までの間に一定額のカード利用を行うことで、最大7,000P(円)のJRキューポがもらえます

そして、この一定額のカード利用のハードルが滅茶苦茶低く、なんと最大利用額はカードショッピング50,000円の利用だけでOKなんです。

SUGOCAオートチャージ6,000円も、これ交通系の電子マネーですので、関東圏のSuica、関西圏のIcoca、東海圏のSuicaと互換性があります。このため、電車に乗るのにも、またコンビニ等での決済にも普通に使えます。

最後の④カード申し込み時の「リボ宣言」の申込も申込するだけなので特段問題ないでしょう。ただし、カード利用時の支払い回数が全てリボ払いになってしまうので、繰り上げ返済の登録を忘れないようにしてください。

つまり、カード申し込み時に「リボ宣言」を同時に申し込みし、SUGOCAオートチャージで6,000円、ショッピングで50,000円利用する。これだけで、7,000円分のJRキューポがもらえます。

簡単ですね。

注意事項

キャンペーンの注意事項がこちらです。

キャンペーン登録等も不要なので、特段難しい条件はありませんが一応何点か注意点を。

まず、特典①と②③の利用金額は合算が不可です。Sugocaのチャージは②③のショッピング利用額には含まれませんので、別々に利用する必要があります。つまり、最低56,000円利用する必要があるということです。

また、微妙に厄介なのが「カード利用期間内にカードを利用しても、売上計上月がキャンペーン期間外となる場合、キャンペーン利用金額には含まれない」という点ですね。

少なくとも2月10日くらいまでには50,000円のカード利用を済ませておくとよいと思います。

その他、難しい条件等はありませんが、ポイント付与は2020年4月1日となっています。つまり、ソラチカ(LINE)ルートでANAマイルに交換することはできませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク

JRキューポをANAマイルに交換する方法

さて、このキャンペーンで手に入れたJRキューポですが、当然のことながらANAマイルに交換することができます。

一番オーソドックスな交換ルートはこちらですね。上記のとおり通称「みずほルート」で、0.7倍・・つまり7,000JRキューポは最大4,900ANAマイルに交換できる、ということになります。

ただし、この交換を行うためには「みずほマイレージクラブカード/ANA」が必要になります。

これ・・持ってない・・って方も多いですよね。このみずほマイレージクラブカード/ANAを持っていない方のための代替ルートが以下のとおりです。

JRキューポの最大の特徴は、永久不滅ポイントに相互交換可能なことです。

ただし、この交換が可能なのはJQセゾンカードだけです。だから、JQセゾンカードが陸マイラーにとって重要なんですけどね。

そして、永久不滅ポイントはドットマネーに0.9倍で交換できるので、TOKYUルートで0.675倍でANAマイルに交換できます。7,000JRキューポは4,725ANAマイルに交換できる計算になりますので、みずほルートと遜色ない交換率でANAマイルに交換できます。

JQカードセゾンの発券+56,000円(Sugocaチャージ6,000円含む)の利用で最大4,900ANAマイルですから、マイル還元率は8.8%という計算になりますね。

超絶お得な入会キャンペーンですし、前述の通りこのJQセゾンカードは陸マイラー必携のカードですので、この機会に申し込んでも絶対に後悔はしないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

JQカードセゾンのお得な「冬の入会キャンペーン」について解説しました。

そもそもJQカードセゾンはTポイントや永久不滅ポイント等と相互交換可能という機能を持つ、陸マイラー必携のカードです。キャンペーンが開催されていなくても発券をおすすめしたいくらいのカードの発券で約5,000ANAマイルがもらえるんですから、このチャンスを活かしたいですね。

なお、このキャンペーン期間中はこのキャンペーンに広告費を大量投入するためか、ポイントサイトから消えてしまっています。

以上、JQカードセゾンの冬の入会キャンペーンについてご紹介しました。キャンペーンの特設ページはこちらからどうぞ。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD